MENU
採用動画を制作するメリットや制作のコツ・費用・料金相場を徹底解説!

採用動画を制作することによって、求職者に対して、社員の魅力や会社のビジョン、事業内容をわかりやすく伝えることが可能です。

最近では、新卒・中途採用に関わらず、多くの企業が採用動画を制作して、採用活動において動画を使用しています。

本記事では、採用動画の種類、制作するメリット・デメリット、制作のポイントや費用・料金相場について解説します。

ぜひ、本記事をご覧いただき、自社で採用動画を制作する際の参考にしていただければと思います。

採用動画の種類と特徴

採用動画の種類と特徴

「採用動画」とは、採用を目的として制作された動画のことを指します。

採用動画と一口に言ってもその種類は多岐に渡ります。

ここからは採用動画の種類とそれぞれの特徴について解説していきます。

インタビュー型採用動画

インタビュー形式で実際に働いている社員や経営陣の仕事に対する思いを演出していく動画フォーマットです。

インタビュー型採用動画は社員のリアルな姿を映し出すことができます。

通常、動画には「演出」がつきものですが、採用動画においてはリアリティのある動画が好まれる傾向にあります。

会社紹介型採用動画

採用を目的とした会社紹介動画です。

事業の紹介や、会社の歴史などを訴求することができるので、視聴者は会社の理解をした上で選考などに進むことができます。

コンセプト型採用動画

コンセプト型採用動画を制作することで、会社が目指していく方向性やビジョンを訴求することが可能です。

求職者の期待感を醸成し、応募率を高めることが可能です。

事業紹介型採用動画

事業紹介が中心の採用動画です。

事業内容をより詳細に伝えることが可能なため、伝わりにくい事業の魅力を理解してもらうことができます。

制作するメリット

制作するメリット

ここでは、採用動画を制作するメリットについて解説していきます。

働いている人や社風を伝えることができる

求職者は事業の内容や会社のネームバリュー、給与などの条件面外にも、そこで働いている社員がどんな人なのかも気になるものです。

静止画やテキストだけだと働いている人の様子が伝わりにくく、社員の魅力を伝えることが難しいです。

動画であれば、働いている人のありのままの様子を映し出すことが可能ですし、社員間同士のコミュニケーションも見えるので社風も伝えやすくなります。

事業の内容を理解してもらえる

学生の場合、社会人経験がないため、知識ギャップが生まれやすく、事業内容が複雑な場合、理解してもらうことが難しいです。

こうした複雑な事業内容であっても、動画であればわかりやすく伝えることが可能です。

学習の定着率を表す「ラーニングピラミッド」でも講義形式の説明よりも動画などの視聴覚を使った学習の方が4倍定着率が高いとされており、動画を活用することで、求職者の理解を深められます。

採用説明会に参加できない人にも訴求できる

地方に住んでいるなどの理由で、会社説明会に参加できない人も多くいます。

そのような人に対しても、採用動画を制作することで会社のことについて理解してもらえます。

会社のイメージを記憶に残すことができる

動画は他のあらゆるコンテンツフォーマットと比べても記憶に残りやすいことが調査からわかっています。

電通・ディーツーコミュニケーションズ社の調査によると、バナー広告を見た人に比べて、動画広告を見た人の方が、内容を覚えていると回答した人の割合が2割程度高いという調査結果を発表しています。

参考:dentsu.co.jp/news/release/pdf-cms/2011017-0221.pdf

会社紹介も動画を活用することで、会社のイメージをより記憶に残すができます。

制作するデメリット

制作するデメリット

ここまで採用動画を制作するメリットについて解説していきましたが、採用動画を制作するデメリットについても事前に理解しておきましょう。

コストがかかる

当然ですが、採用動画の制作にはコストがかかります。

動画制作はテキストコンテンツなどと比べると、非常に多くの工数がかかるため、金額も高くなる傾向があります。

採用動画制作の手間がかかる

採用動画を制作するには、1.5〜2ヶ月程度の期間が必要になります。

また、その期間では、出演する社員やオフィス撮影に向けての調整など様々なタスクが発生します。

出演者への許可取りが必要

採用動画では社員に出演してもらうケースも多くあります。

その場合には、事前に出演者に対して説明をして、許可を取る必要があります。

また、退職した場合に、動画をどのように取り扱うかなどを事前に決めておかないと、後々トラブルになってしまうこともあるので、注意が必要です。

採用動画制作時のポイント

採用動画制作時のポイント

ここでは、採用動画を制作する際のポイントについて解説していきます。

採用したい人物像を明確にする

採用動画を制作するときにも、まずはどんな人物を採用したいのかを明確にする必要があります。

年齢や性別などのデモグラフィック情報以外にも、出身大学やどんな強み・弱みを持っている人なのかを明確にしましょう。

採用したいターゲットはどんな企業に就職したいと思っているのかを整理する

採用したい人物像を明確にしたら、その人はどんな企業に就職したいと思っているのかを整理しましょう。

自社の魅力を整理する

続いて、自社の魅力を洗い出します。

その上で、求職者が企業に求めたい要素と自社の魅力がマッチする要素の整理をします。

これらの要素が、採用動画の訴求軸として相応しいものになります。

適切な採用動画フォーマットを選ぶ

インタビュー型採用動画や、会社紹介型採用動画など、採用動画には多くのフォーマットが存在しています。

適切な動画フォーマットを選ばないと、求職者に自社の魅力が十分に伝わらない可能性もあります。

採用動画のフォーマット選びは、動画制作会社も支援してくれるケースが多いので、専門家の意見を聞きながら、適切なフォーマットを選びましょう。

採用動画制作の費用・料金相場

採用動画制作の費用・料金相場

続いて、採用動画の費用・料金相場について解説していきます。

同じ採用動画といっても、各動画フォーマットによって、費用・料金相場は異なります。

また、弊社Lumiiでは、トップ動画クリエイターと企業を直接マッチングすることで、通常の動画制作費用相場の約1/3程度の価格で動画の制作が可能です。

Lumiiの費用・料金相場もあわせて、ご確認いただければと思います。

インタビュー型採用動画

  • 通常の動画制作会社で制作した場合:70-120万円程度
  • Lumiiで制作した場合:30-50万円程度

会社紹介型採用動画

  • 通常の動画制作会社で制作した場合:100-200万円程度
  • Lumiiで制作した場合:30-70万円程度

コンセプト型採用動画

  • 通常の動画制作会社で制作した場合:250-400万円程度
  • Lumiiで制作した場合:50-150万円程度

企業の採用動画事例

企業の採用動画事例

ここでは、企業の採用動画制作事例を紹介します。

他社の事例を見ることで、自社で作る採用動画のイメージ作りに役立てましょう。

株式会社アカツキ様


コンセプト型の採用動画です。

動画を観ただけで、どんな人を採用したいのかが明確にわかる演出になっています。
また、動画のトンマナも会社のカルチャーをうまく表現しています。

全日本空輸株式会社


インタビュー型の採用動画です。

カット割を細かく早くすることによって、一般的にはあまり面白みのないインタビュー動画を飽きさせないように工夫しています。

NOK株式会社


会社紹介型の採用動画です。

静止画やグラフィックを使ってイメージしづらい部分を誰でもわかるように演出しています。

株式会社デジタルガレージ


事業紹介型の動画です。

事業の内容を説明するだけでなく、各事業のつながり等をわかりやすく演出しています。

まとめ

今回は採用動画について制作するメリットや、制作のコツ、料金相場などについて解説しました。

ぜひ、本記事を参考に、自社の採用動画制作にお役立ていただければと思います。

また、弊社Lumiiでは、採用動画に特化した動画制作サービスを提供しております。

Lumiiでは、厳選された20名のトップクリエイターと、直接マッチングすることで、通常相場の1/3程度の金額で採用動画を制作することができます。

もしご興味がありましたら、ぜひ詳細をご確認いただけますと幸いです。

資料ダウンロード
Lumiiの動画制作・動画マーケティングサービスについて紹介している資料です。Lumiiのサービス詳細や、制作実績をご覧いただけます。