MENU
効果的なPR動画の制作方法や費用・料金相場を徹底解説

昨今では動画に注目する企業も非常に多く、あらゆる企業にとって、商品・サービスをプロモーションするPR動画は重要なコンテンツとなりました。

一方で、初めてのPR動画制作ではわからないことも多くあるかと思います。

そこで、本ページでは、PR動画制作の種類から、制作するメリット・デメリット、PR動画の費用相場など、PR動画に関して知っておきたいことをまとめました。

PR動画の制作をご検討中の場合には、ぜひ本ページを参考にして、動画制作にお役立ていただければと思います。

目次

PR動画とは

PR動画とは

PR動画とは、商品やサービスの魅力を動画にし、プロモーションするための動画を指します。

一般的なサービス紹介動画や、商品紹介動画と比べて、より情報の拡散性が高いことが特徴です。

近年ますます動画コンテンツの視聴が進むようになり、企業のマーケティング活動において、動画でのPRは欠かせない手法になってきています。

また、YouTubeやTikTokなどの動画メディアに投稿されたコンテンツが、ユーザーによって他のSNSに投稿されるなどして、二次的な拡散も増えています。

動画フォーマットの種類

動画フォーマットの種類

「PR動画」と言ってもその種類は多岐に渡ります。

PR動画にはどのような、動画フォーマットの種類があるのかについて見ていきましょう。

インタラクティブ型PR動画


視聴者参加型のPR動画です。

ドラマ型PR動画


ドラマ形式で商品やサービスの魅力を訴求する、PR動画のフォーマットです。

ドキュメンタリー型PR動画


出演者に密着し、ありのままを映し出すPR動画です。

ミュージック型PR動画


音楽やダンスに合わせて、商品やサービスの魅力を伝えるPR動画です。

フルアニメーション型PR動画


映画さながらのクオリティのフルアニメーションで魅力を訴求するPR動画フォーマットです。

制作するメリット

制作するメリット

ここでは、企業がPR動画を制作するメリットについて解説していきます。

多くの人にアプローチすることができる

PR動画を制作することで、YouTubeなどの動画メディアで視聴され、多くの人にPR動画を届けることが可能になります。
これによって、商品やサービスの認知向上が期待できます。

記憶に残りやすい

動画コンテンツは静止画のコンテンツに比べて記憶に定着しやすいフォーマットです。

大手広告代理店のスーパーシップ社の調査によると、動画広告は静止画広告に比べて約1.6倍記憶に残りやすいという調査結果が出ています。
参照元:https://supership.jp/magazine/product/1900/

PR動画を視聴してもらうことで、多くの人に自社の商品やサービスを記憶に残してもらうことができます。

信頼度が高まる

「テレビCMを放映している企業は安心感がある」と感じる人は多いのではないでしょうか?

このように、積極的にプロモーション活動を行っている企業は、何度も目にすることから、信頼を得やすいです。

PR動画の制作は信頼度を高めることにもつながります。

SNSなどで拡散されやすい

PR動画は、エンタメ性が高く、視聴者から共感を得られたり、楽しんでもらいやすい性質を持っています。

この性質から、PR動画を観たユーザーがSNS上で拡散(共有)してくれる可能性があります。

二次拡散に対しては広告費用はかからないため、広告費用をかけずとも、多くのユーザーと接触することが可能です。

社員のモチベーションアップに繋がる

副次的なメリットではありますが、会社のPR動画が露出されることによって、勤めている社員のモチベーションアップにも繋がります。

結果として、会社への帰属意識が高まり、離職率を抑えることも期待できます。

制作するデメリット

制作するデメリット

先ほどはPR動画を制作するメリットについて、見てきましたが、ここではPR動画を制作することによるデメリットについても説明します。

費用がかかる

当然ですが、PR動画を制作する際には費用がかかります。

また、通常のサービス紹介動画や、商品紹介動画に比べてキャストのアサインや、ロケ地の確保など、大規模になるケースも多く、その分費用が高くなってしまう傾向にあります。

良くも悪くも印象に残る

先ほども解説したように、PR動画は記憶に残りやすいという性質を持っています。

正しく表現ができれば問題ないのですが、誤った表現や誤解を招くようなPR動画になってしまうと、意図しない形でイメージが残ってしまうことも考えられます。

また、二次的な拡散が発生しやすいので、元の動画コンテンツを削除したとしても、半永久的にWeb上にPR動画が残ることになります。

自社の印象を間違った形で伝えないように、動画制作時には慎重に内容を精査する必要があります。

PR動画の活用方法

PR動画の活用方法

ここでは、制作したPR動画の活用方法について解説していきます。

広告出稿する

制作したPR動画を広告出稿することで、多くの視聴者に届けることが可能です。

また、動画として広告出稿できる媒体は非常に多いので、届けたいターゲットに合わせて媒体選定を行う必要があります。

例えば、経営者に届けたいのであれば、タクシー広告やFacebook広告などが考えられますし、若年層に届けたいのであれば、Instagram、Twitter、TikTokなどが考えられます。

せっかく制作したPR動画も届けたいターゲットに届かなければあまり意味がないので、媒体の選定まで含めて丁寧に行う必要があります。

自社のYouTubeチャンネルに投稿する

自社のYouTubeチャンネルに投稿することで、YouTube上のユーザーにPR動画を観てもらうことができます。

ニュースリリースとして投稿する

制作したPR動画を自社のニュースリリースとして投稿することによって、様々なメディアでそのPR動画が取り上げられる可能性があります。

動画制作時のポイント

動画制作時のポイント

ここでは、PR動画を制作する際のポイントについて解説していきます。

ターゲットを明確にする

PR動画の制作をしようとすると、多くの人に見てもらいたいという思いから、曖昧なターゲット設定になってしまい、結局誰にとっても魅力的でない動画になってしまうことがあります。

例えば、黒色の洋服が好きな人と、白色の洋服が好きな人がいたとして、両方のニーズを満たそうとしてグレーの服を販売したとします。

これだと、どちらの人にとっても魅力的でない服になってしまいます。

PR動画も同じように、ターゲット明確にして、訴求を絞ることが重要です。

商品やサービスの強みを整理する

PR動画の訴求ポイントを決めるために、商品やサービスの強みを整理していく必要があります。

訴求ポイントはターゲットによって変わるため注意が必要です。

同じ商品やサービスであっても、顧客によって魅力的に感じることは異なるためです。

そのため、商品やサービスの強みは自社の一方的な考えで決定するのではなく、ターゲットに合わせて柔軟に調整しましょう。

キャスティングにこだわる

PR動画を制作する場合、キャストをアサインすることも少なくありません。

キャストは動画の印象を大きく左右する要素になるので、こだわってキャスティングを行いましょう。

BGMにこだわる

PR動画制作の際には、BGMにこだわるという点も欠かせません。

PR動画における聴覚へのアプローチはセリフ(ナレーション)とBGMしかありません。

そのため、BGMがPR動画に対してもたらす影響は非常に大きいのです。

なんとなくBGMを選ばずに、PR動画で伝えたい世界観に適したBGMなのかを確認しましょう。

制作後のプランニングも考える

制作したPR動画をどのように届けていくのかもあわせて考えておく必要があります。

広告出稿をするのであれば、どの媒体に出稿するのかを事前に考えておくことで、媒体に合わせたPR動画の制作が可能です。

PR動画制作の流れ

PR動画制作の流れ

ここでは、PR動画を制作する際の流れについて解説していきます。

目的の明確化

まずはPR動画を制作する目的について明確にしましょう。

目的が明確になっていない場合、PR動画の訴求内容もバラバラになってしまい、一貫性のない施策になってしまいます。

ターゲットの明確化

続いて、ターゲットを明確にします。

この際には、年齢や性別などのデモグラフィック情報の他にも、どのようなことに興味があるのか何に課題を持っているのかなど、あらゆる角度からターゲットを明確にしていきましょう。

訴求ポイントの決定

PR動画の中で何を訴求していくのかを決定しましょう。

この訴求ポイントは当然、ターゲットに伝えて効果のある訴求ポイントである必要があります。

コミュニケーションプランニング

動画制作を行った後に、どのようなプランで動画を露出させていくのかを決定していきましょう。

配信する媒体ごとに作るべき動画の内容は異なります。

動画制作後のコミュニケーションプランニングができていないと、最悪の場合、PR動画を制作し直さなければいけなくなることもあります。

そうならないように、配信する予定の媒体に合わせた動画を制作しましょう。

企画立案

訴求ポイントを軸にした企画を立案します。

ここは制作会社が担当することがほとんどですが、会社として立てている目標を達成できそうな内容なのかを確認しましょう。

キャストの決定

オーディションを行い、出演するキャストを決定します。

その際には見た目や演技力だけでなく、キャストの口コミなども調べておきましょう。

炎上しやすいキャストを選んでしまうと、本来望まない形で動画を露出することになってしまいます。

ロケ地の決定

撮影する場所を決定します。

撮影

PR動画を制作するための動画を撮影します。
撮影時には、企画案と照らし合わせながら、必要なカットが全て撮れているかをチェックしましょう。

ナレーション収録

ナレーションが必要な場合には収録します。

細かい音質の調整ができるため、ナレーション収録はスタジオ収録をするのがおすすめです。

BGM

BGMは素材を購入する方法と、楽曲制作を行う方法の2種類があります。

今では素材でも、高いクオリティの音が多いですが、柔軟に対応できる点では新たに楽曲制作することをおすすめします。

納品

最後にPR動画を編集して、納品となります。

気になるところはフィードバックを出して、修正をしてもらいましょう。

企業や自治体のPR動画制作事例

企業や自治体のPR動画制作事例

ここでは、企業や自治体のPR動画の制作事例を紹介していきます。

大村市


逆説的に「大嫌い」と言いながら、街の魅力を訴求してるPR動画です。

クロス新宿ビジョン


街頭ビジョンをうまく活用したPR動画です。

PR動画の費用・料金相場

PR動画の費用・料金相場

ここではPR動画を制作した際の料金について解説していきます。

また、弊社の「Lumii」では、クリエイターと企業を直接マッチングするサービスを提供しています。

PR動画を通常の費用相場の1/3程度の価格で制作することが可能なため、Lumiiの価格もぜひご参考ください。

ミュージック型PR動画

  • 通常の動画制作会社で制作した場合:700-1,000万円程度
  • Lumiiで動画制作を行った場合:200-300万円程度

インタラクティブ型PR動画

  • 通常の動画制作会社で制作した場合:1,000-1,200万円程度
  • Lumiiで動画制作を行った場合:400-600万円程度

ドラマ型PR動画

  • 通常の動画制作会社で制作した場合:500-800万円程度
  • Lumiiで動画制作を行った場合:200-300万円程度

ドキュメンタリー型PR動画

  • 通常の動画制作会社で制作した場合:300-500万円程度
  • Lumiiで動画制作を行った場合:100-150万円程度

フルアニメーション型PR動画

  • 通常の動画制作会社で制作した場合:500-700万円程度
  • Lumiiで動画制作を行った場合:150-200万円程度

まとめ

今回は、PR動画のメリットや制作時のポイント、料金相場など、PR動画について幅広く解説しました。

PR動画の制作をご検討されている場合には、ぜひ本ページの内容を参考に、PR動画制作にお役立ていただければと思います。

また、弊社の「Lumii」では通常の動画制作費用の1/3程度の価格でPR動画を制作することが可能です。

ご興味がございましたら、ぜひLumiiのPR動画制作サービスをご覧いただけますと幸いです。

資料ダウンロード
Lumiiの動画制作・動画マーケティングサービスについて紹介している資料です。Lumiiのサービス詳細や、制作実績をご覧いただけます。