MENU
動画コンテンツとは?種類・メリット・作成のポイントを解説

最近では、企業による動画コンテンツ活用が増加しており、多くの企業が動画コンテンツに注目しています。

動画コンテンツは、テキストや画像と比較して多くのメリットがあり、販促や採用、社内教育などの場面で非常に効果的です。

本記事では、動画コンテンツの概要、メリット、作成のポイントなどについて解説しています。

動画コンテンツの活用をご検討されている場合には、ぜひ最後までご覧ください。

動画コンテンツとは?

動画コンテンツとは、「情報発信を目的にした動画」です。

もともと「コンテンツ(content)」は、直訳すると「中身」という意味です。

日本では、「情報を届ける何らかのもの」を指すことが多いです。

YouTube上の動画も動画コンテンツですし、会社紹介動画やWebの動画広告も動画コンテンツといえます。

動画コンテンツの種類

動画コンテンツには以下の種類があります。

  • 商品・サービス紹介動画
  • 広告プロモーション動画
  • インタビュー動画
  • YouTubeチャンネル用動画
  • 採用動画
  • 社内用(研修など)動画

それぞれ詳しく解説していきます。

商品・サービス紹介動画

商品・サービスを紹介するために動画コンテンツを活用している企業は多いです。

テキストや画像では説明が難しい商品やサービスでも、動画を活用することでわかりやすく伝えることができます。

またブランドストーリーなども動画コンテンツにすることで視聴者の印象に残しやすいです。

企業ではテキストの営業資料と合わせて動画コンテンツも活用することで、サービスの理解促進を行っていることもあります。

広告プロモーション動画

広告プロモーションで動画コンテンツを活用するケースも多いです。

広告用の動画は一般的に「動画広告」と呼ばれます。

最近ではYouTubeを始めとして、Facebook、Instagram、Twitterなどの各種SNSでも動画広告を出稿できるようになっています。

動画広告は従来のテキスト・画像の広告よりもパフォーマンスがよくなるケースも多数あります。

インタビュー動画

顧客の声や従業員のインタビューを動画コンテンツとして活用することも有効です。

顧客や従業員が実際に話している姿を映像にできるので、テキストなどと比較して信頼性が高いという特徴があります。

商品を購入しようか迷っているときや、会社の求人に応募しようか迷っているタイミングでは、インタビュー動画が非常に効果的なので、制作しておきたい動画コンテンツの一つです。

YouTubeチャンネル用動画

「動画コンテンツ」と聞くと、一番イメージしやすいのはYouTubeなどの動画ではないでしょうか?

最近では企業がYouTubeチャンネルを開設して、動画コンテンツを投稿することも増えてきました。

YouTubeは国内の月間アクティブユーザーが6,500万人以上いる非常に巨大なプラットフォームなので、多くの人に動画を視聴してもらえることが期待できます。

採用動画

求職者に対して、自社の事業内容やビジョン、働く環境、福利厚生を動画コンテンツとして届けることもできます。

とくにBtoBビジネスの場合には、学生に会社の事業内容を伝えるのはハードルが高い場合があります。

そのような場合でも、動画を活用することで、視覚的にわかりやすく事業を伝えることが可能です。

社内用(研修など)動画

社内用に動画コンテンツを活用することもできます。

新人研修や、業務マニュアル、企業理念の共有など、動画コンテンツを活用することで、効率的に情報を伝えることが可能です。

会社の資産として、一度制作すれば繰り返し活用できることも大きなメリットです。

動画コンテンツのメリット

動画コンテンツには主に以下のメリットがあります。

  • テキスト・画像よりも情報量が多い
  • 記憶に定着しやすい
  • SNSでの拡散力が高い

動画コンテンツのそれぞれのメリットについて解説していきます。

テキスト・画像よりも情報量が多い

動画コンテンツはテキスト・画像のコンテンツと比較して情報量が多いというメリットがあります。

アメリカの調査会社Forrester ResearchのJames L. McQuivey博士の研究結果では、1分間の動画から伝わる情報量は、英単語180万語、Webページに換算すると約3,600ページとなっています。

実際に1分間テキストを読むのと、1分間動画を視聴するのでは、動画を視聴した方がインプット効果が高いと感じることも多いのではないでしょうか?

動画コンテンツは情報の圧縮性に優れているので、短時間で多くの情報を伝えたい場合に効果的なコンテンツです。

記憶に定着しやすい

動画コンテンツは記憶に定着しやすいというメリットもあります。

アメリカ国立訓練研究所が発表した「ラーニングピラミッド」では、テキスト(読書)での学習と比較して、ビデオによる学習は学習定着率が2倍高いことが示されています。

動画コンテンツを配信する目的はさまざまですが、ターゲットに対する認知を拡大したいことがほとんどでしょう。

記憶に残りやすいということは、それだけ認知拡大の効果も高くなるといえます。

動画コンテンツを活用することで、効率的に認知を広げていきましょう。

SNSでの拡散力が高い

動画コンテンツにはSNSでの拡散力が高いというメリットもあります。

SNS上で爆発的に情報が拡散されることを「バズる」と呼びますが、バズが起きやすいのは動画コンテンツです。

動画コンテンツは共感しやすく、視聴者に「他の人にも教えたい」と思ってもらいやすい特徴があります。

拡散されることで、広告費をかけずに、多くの人に情報をリーチできるのは動画コンテンツの大きなメリットといえます。

動画コンテンツを作成する際のポイント

動画コンテンツを作成する際には以下のポイントを意識しましょう。

  • 目的を明確にする
  • ターゲットを特定する
  • 他社の成功事例を探す
  • 冒頭10秒間でユーザーの興味を引く
  • ストーリー性を持たせる

それぞれのポイントについて詳しく見ていきましょう。

目的を明確にする

動画コンテンツを作成する際にはまずは目的を明確にしましょう。

目的が定まっていない状況だと、どのような企画、メッセージが適切なのかがわかりません。

動画コンテンツが曖昧で漠然とした内容にならないように、動画コンテンツを作成する前に、目的を明確にしましょう。

ターゲットを特定する

動画コンテンツを作成する際には、動画を届けるターゲットを明確にしましょう。

ターゲットの年齢、性別、居住地域、家族構成、ニーズなど、可能な限りターゲット像を明確にしましょう。

同じ商品・サービスを紹介する動画コンテンツだとしても、ターゲットによって届けるべき内容は変わります。

ターゲットを明確にすることで、より効果的な動画コンテンツを作るようにしましょう。

他社の成功事例を探す

現在では多くの企業が動画コンテンツの活用に取り組んでいます。

リサーチすることで、自社のコンテンツに応用できる、他社の成功事例を見つけることができるでしょう。

Web上のリサーチで、参考事例を見つけるのが難しい場合には、動画制作会社や動画マーケティングの支援をしている会社に相談してみるのもおすすめです。

自社と同じような業界で成功した事例などを紹介してもらえますし、自社でどのように動画コンテンツを活用したらよいかのアドバイスももらえるでしょう。

冒頭10秒間でユーザーの興味を引く

動画コンテンツは冒頭の10秒間が最重要です。

なぜなら、Web上の動画コンテンツは、おもしろくないと判断されるとすぐに離脱されてしまうためです。

テレビCMは15〜30秒の動画が最後まで放映されますが、興味のない動画コンテンツはすぐにスキップされてしまいます。

工数をかけて動画コンテンツを作成しても、最初に興味を持ってもらえなければ、残念ながら動画を見てもらうことはできません。

動画コンテンツを作る際には、冒頭の10秒間に特にこだわりましょう。

ストーリー性を持たせる

視聴者に興味を持ってもらいたい場合には、「ストーリー性」を動画内に含めることが効果的です。

アニメ、ドラマ、映画などが人気であることからも、人はストーリーを好みやすいことがわかります。

企業の商品・サービスを販売することが最終的な目的だとしても、動画をドラマ仕立てにするなど工夫することで、より多くの人々に興味を持ってもらうことができます。

慣れていない場合には、いきなりストーリーを作ることは難しいと思うので、専門の動画制作会社に相談してみることをおすすめします。

悩んだら専門の動画制作会社に依頼するのがおすすめ

「動画コンテンツを自社でも活用していきたいけれど、どのように進めていけばいいかわからない…。」

動画コンテンツの制作や、活用方法で悩む場合には、専門の動画制作会社に依頼するのがおすすめです。

動画制作会社に依頼するメリットは主に以下の3点です。

  • 要件整理から支援してもらえる
  • 目的に沿った高クオリティな動画を制作できる
  • 納品までのスケジュール管理をしてもらえる

それぞれのメリットについて見ていきましょう。

要件整理から支援してもらえる

一つ目のメリットは、要件整理から支援してもらえることです。

通常動画コンテンツを制作するには以下のような要件を整理する必要があります。

  • 現状の課題
  • 動画制作の目的
  • KGI・KPI
  • ターゲット
  • 動画の企画構成
  • 動画のフォーマット
  • 予算
  • 動画制作のスケジュール

動画制作に慣れていない場合には、このような要件を整理するのに時間がかかりますし、整理した内容が間違ってしまっている可能性もあります。

動画コンテンツの制作が不安な場合には、動画制作会社に依頼して、要件整理からサポートしてもらいましょう。

目的に沿った高クオリティな動画を制作できる

二つ目のメリットは、動画制作会社に依頼することで高クオリティな動画を制作できることです。

高クオリティな動画を制作するには、動画の企画を始め、撮影、編集とあらゆる専門技術が必要です。

社内で簡易的な動画を作ることはできますが、多くの企業にとって、動画コンテンツは一定以上のクオリティで公開したいと考えているはずです。

社内に動画制作の専門チームがない場合には、動画制作会社に依頼して、高クオリティな動画を制作してもらいましょう。

納品までのスケジュール管理をしてもらえる

三つ目のメリットは動画納品までのスケジュール管理をしてもらえることです。

動画制作には多くの工程があるため、スケジュール管理が複雑で、慣れていない場合にはスケジュールが後ろ倒しになってしまうこともよく発生します。

動画の公開タイミングが事前に決まっている場合には、その日までに動画が完成しないと会社として大きな損失を被ってしまうこともあるでしょう。

遅延が許されない動画の制作の場合には、動画制作会社に依頼して、余裕を持ったスケジュール管理をしてもらいましょう。

動画コンテンツの特徴を押さえて上手に活用しよう

本記事では、動画コンテンツの概要や種類、メリット、作成する際のポイントについてお伝えしました。

ここまで解説してきたように、動画はテキストや画像と比較して多くのメリットがある効果的なコンテンツです。

動画コンテンツは汎用性が高いので、販促や採用、社内教育などあらゆる場面で効果的に活用していきましょう。

資料ダウンロード
Lumiiの動画制作・動画マーケティングサービスについて紹介している資料です。Lumiiのサービス詳細や、制作実績をご覧いただけます。

動画コンテンツに関するよくあるご質問

ここでは、動画コンテンツに関するよくあるご質問に回答します。

動画コンテンツの種類は?

動画コンテンツには以下の種類があります。

  • 商品・サービス紹介動画
  • 広告プロモーション動画
  • インタビュー動画
  • YouTubeチャンネル用動画
  • 採用動画
  • 社内用(研修など)動画

詳細は「動画コンテンツの種類」をご覧ください。

動画コンテンツの強みは?

動画コンテンツの強みは以下の3点です。

  • テキスト・画像よりも情報量が多い
  • 記憶に定着しやすい
  • SNSでの拡散力が高い

詳細は「動画コンテンツのメリット」をご覧ください。

動画コンテンツの有効性とは?

動画コンテンツは、テキスト・画像よりも情報量が多く、記憶に定着しやすいです。
またSNSでの拡散力が高いという特徴もあります。