MENU
動画マーケティングとは?メリット、成功のポイント、企業事例を徹底解説!

近年、動画マーケティングに取り組む企業も増え、動画マーケティングを実施したいというご相談をよくいただくようになりました。

テキストや静止画と比較して、動画は短時間で多くの情報を視聴者に伝えることができるので、マーケティング効果を高めることが期待できます。

本記事では、動画マーケティングの概要や、メリット・デメリット、成功させるためのポイント、企業事例、注意点などについて解説します。

動画マーケティングの実施をご検討されている場合には、ぜひ最後までご覧ください。

動画マーケティングとは?役割と重要性

動画マーケティングとは、動画・映像を活用して集客や販売、宣伝活動を行うことです。

ここでは、動画マーケティングの役割と手法について解説します。

動画マーケティングの役割

動画マーケティングの役割は、動画のコンテンツ特性を活かして、顧客に効果的なアプローチをすることです。

動画マーケティングには以下の役割があります。

  • 会社や商品・サービスを紹介する
  • 潜在顧客や見込み顧客を増やす
  • SNSでの拡散により認知を拡大する
  • ブランディング
  • リピーターやファンを増やす

テキストや静止画と比較して動画は短時間で多くの情報を与えることができます。

アメリカの調査会社Forrester Research社によると、1分間の動画には英単語180万単語と同等の情報量があると言われています。

動画ならではの特性により、動画マーケティングには幅広い役割があります。

重要性

動画マーケティングの重要性は年々高まっています。

以下は直近3ヶ月のネット動画コンテンツ視聴経験を表した図です。

2017年から毎年ネット動画の視聴者が増加していることがわかります。

参考:https://www.videor.co.jp/digestplus/media/2021/11/46092.html

多くの人が当たり前のようにネットで動画を視聴するため、動画でコンテンツを届けることが重要になっているのです。

ネット動画の視聴者数が増加しているということは、それだけ動画マーケティングによって得られる効果も大きくなることが予想されます。

企業のマーケティング活動において、動画マーケティングは欠かせない施策の一つになるでしょう。

動画マーケティングのメリット

動画マーケティングには主に以下のメリットがあります。

  • テキスト・静止画と比較して情報量が多く理解しやすい
  • 記憶に残りやすい
  • 効果検証がしやすい

テキスト・静止画と比較して情報量が多く理解しやすい

動画はテキスト・静止画と比較して情報量が多いので、理解しやすいコンテンツです。

1分間の動画には英単語180万単語と同等の情報量があるという研究結果もあります。

テキストであれば何時間もかけて読んでもらう必要がある情報量を動画であればわずか数分で届けられるのです。

内容が複雑な無形商材やBtoBサービスなどの紹介には、動画を活用するのが最適です。

またテキストでは伝えるのが難しい会社の雰囲気やビジョンなども、動画であれば直感的に理解してもらえます。

時間あたりの情報量は、動画が非常に優れています。

記憶に残りやすい

動画は理解しやすいだけでなく、記憶にも残りやすいことがわかっています。

アメリカ国立訓練研究所が発表した研究結果では、テキストを読むよりも動画を視聴する方が「2倍」記憶の定着率が高いことが発表されています。

記憶に残りやすければ、それだけ思い出してもらいやすくなります。

何らかの商品やサービスを探している人が、「あ、そういえばこの前こんな動画を見たな。」と思い出してくれることにより、購買につながる可能性があります。

記憶に残りやすい動画マーケティングは短期的な効果だけでなく、中長期の効果も期待できます。

効果検証がしやすい

動画は再生回数や試聴時間、クリック率など、あらゆるデータを蓄積できます。

そのため効果検証がしやすく、改善点も見つけやすいというメリットがあります。

動画マーケティングであれば、具体的な数値をもとにして、短期間で検証・改善を繰り返すことが可能です。

動画マーケティングのデメリット

動画マーケティングの主なデメリットは以下の3点です。

  • 専門的なスキルが必要
  • 動画の制作に時間とコストがかかる
  • すぐに修正できない

専門的なスキルが必要

動画マーケティングを実施するには専門的なスキルが必要です。

ノウハウがないと、目的に合わせた動画企画を作るのが難しく、撮影や動画の編集にも高度な専門スキルが求められます。

さらに広告を出稿する場合には、広告運用に関するスキルも必要です。

動画マーケティングを実行するための体制が社内にない場合には、まずは専門の動画制作会社に依頼するのがおすすめです。

動画の制作に時間とコストがかかる

動画の制作には時間とコストがかかります。

一般的には1本の動画を完成するまでには、1ヶ月〜2ヶ月程度の期間が必要です。

またコストに関しては内容にもよりますが、30万〜200万程度はかかります。

テキストや単純な静止画を制作することと比較すると、多くの人を巻き込む必要があり、専門性の高い技術も求められるためです。

動画マーケティングの実施をする際には、一定以上の予算を準備し、少し余裕を持たせたスケジュールにすることが重要です。

すぐに修正できない

動画はテキストのように、すぐに修正ができません。

字幕を一部変えたり、編集で簡単に変更できる内容であれば、あまり時間はかかりませんが、再度撮影が必要なケースなどは非常に時間がかかります。

そのため動画制作においては、大幅な修正が発生しないように、動画制作前に綿密な設計が必要になります。

修正が発生してしまうと、コストや時間がさらにかかってしまいます。

動画の修正をしている余裕がない場合にも、専門の動画制作会社に相談するのが良いでしょう。

動画マーケティングを成功させるポイント

動画マーケティングを成功させるためには、以下5つのポイントを押さえることが重要です。

  • 動画を制作する目的を明確にする
  • 事前にKPIを設定する
  • 相性の良い配信媒体を選ぶ
  • マーケティングに強い動画制作パートナーに依頼する
  • 効果検証をして改善を続ける

動画を制作する目的を明確にする

動画マーケティングを成功させるためには、動画コンテンツを作成する前に、目的を明確にすることが重要です。

たとえば同じサービス紹介動画を制作する場合でも、以下のように目的によって制作すべき動画は変わります。

  • サービスの特徴を知ってもらいたい:サービスのメリットを紹介した動画
  • サービスを利用した顧客が満足していることを伝えたい:サービス利用者へのインタビュー動画

動画マーケティングは、まずは目的を明確にすることから始めましょう。

事前にKPIを設定する

事前のKPIを設定することも動画マーケティングを実施する上では重要です。

動画マーケティングの場合には以下のようなKPIが考えられます。

  • 再生回数
  • インプレッション数
  • クリック率
  • 視聴維持率
  • 動画からLPへの遷移率
  • LPでのコンバージョン率
  • 認知度

事前にKPIを定めておくことで、目的の達成率を定量的に分析できるようになります。

KPIを決めておくことは、改善策を考える上でも重要なので、念入りに設計しましょう。

相性の良い配信媒体を選ぶ

動画マーケティングでは、相性の良い配信媒体を選ぶことも重要です。

ビジネスマンがターゲットであれば、ビジネス目的で利用している人が多いFacebookが適しているでしょう。

一方、美容関連の商材などであれば、Instagramの相性が良い可能性が高いです。

このように、配信する動画の内容によって、最適な配信媒体は異なります。

動画内容と配信先の媒体の相性が良いかは事前に確認しておきましょう。

マーケティングに強い動画制作パートナーに依頼する

動画制作を外部に依頼する場合には、マーケティングに強い動画制作会社を選びましょう。

同じ動画制作といっても、TVCMに強い制作会社もあれば、採用向けの動画に強い制作会社もあります。

動画マーケティングの実施を検討している場合には、やはりマーケティングに強みを持つ会社がおすすめです。

マーケティング視点で、どのような動画を制作した方が良いかのアドバイスがもらえる上に、その後の広告運用の相談もできます。

効果検証をして改善を続ける

動画マーケティングを実施してみたものの、思うような成果につながらなかったということもあるかと思います。

重要なことは一度だけの実施で終えてしまうのではなく、結果をもとに改善を繰り返すことです。

各種KPIを測定し、効果検証をしながら改善を続けてみましょう。

効果検証と改善を繰り返すことで、自社に最適な動画のパターンや配信媒体が見えてきます。

動画マーケティング事例(株式会社Lumii動画制作実績)

ここでは、弊社が制作した動画実績を紹介します。

自社で動画マーケティングを実施する際に参考にしてください。

Fintertech株式会社

動画の種類サービス紹介動画
予算40〜60万円程度
ポイント「Funvest」のサービス理解促進を目的としたWebCMを制作。短時間で直感的なメリットを訴求するためにアニメーション動画を採用しました。動画の最後にキャンペーンを告知することで、動画視聴後の行動を促しています。

ロバート・ウォルターズ・ジャパン株式会社

動画の種類プロモーション動画
予算20〜30万円程度
ポイントキャリアコンサルタントの信頼感を醸成するWebCM。グローバルの転職事情をアピールするためにあえて英語でのインタビュー映像を撮影。

株式会社atta

動画の種類サービス紹介動画
予算40〜60万円程度
ポイントサービスの新機能の認知拡大を目的にしたWebCM。アニメーション動画を採用することで、本来可視化できないシステムの機能をビジュアル化しています。

動画マーケティングを外注する際の注意点

動画マーケティングを外注する場合には、以下の3点に注意しましょう。

  • マーケティングに精通している会社であるか
  • 豊富な実績を持っているか
  • 費用対効果が合うか

それぞれ解説します。

マーケティングに精通している会社であるか

動画マーケティングを実施する場合には、マーケティングに精通しているパートナー会社を見つけることが重要です。

動画制作会社の中には、動画制作のみを請け負っている会社も多いため、必ずしもマーケティングに精通しているわけではありません。

マーケティングに対しての理解がない会社に依頼してしまうと、自社で実現したい動画マーケティングに対して最適な提案をもらうことができません。

動画広告や動画の活用支援を積極的に行っている会社なのかチェックしておきましょう。

豊富な実績を持っているか

動画マーケティングを外注する際には、これまでの実績を必ず確認しましょう。

これまでの実績によって、提案の質や動画のクオリティは大きく異なります。

制作を検討している動画に近い事例があるのか、これまでどのような支援をしてきたのかなど、依頼前には具体的な実績について聞いてみましょう。

費用対効果が合うか

動画マーケティングを外注する際には、費用対効果が合うのかも、念入りに確認しましょう。

動画を制作しても、その制作にかかる費用以上のリターンがなければ、動画マーケティングを実施する価値はないでしょう。

継続的に動画マーケティングを実施できるように、必ず費用対効果の計算をした上で外注をしましょう。

動画を活用してより効果的なマーケティングを実施しよう

本記事では、動画マーケティングの概要やメリット、成功させるためのポイント、企業事例、注意点などについて解説しました。

動画マーケティングは、テキストや静止画と比較してコストがかかりやすい傾向はありますが、その分非常に効果が出やすい施策でもあります。

マーケティングに動画を活用していきたいとお考えの場合には、ぜひ本記事を参考に動画マーケティングに取り組んでみましょう。

弊社では、従来の業界相場の1/3の価格で動画を制作する「Lumii Video Hub」を提供しています。

動画広告など動画マーケティング全般についても支援が可能ですので、ぜひ詳細をご覧ください。

資料ダウンロード
Lumiiの動画制作・動画マーケティングサービスについて紹介している資料です。Lumiiのサービス詳細や、制作実績をご覧いただけます。

動画マーケティングに関するよくあるご質問

ここでは動画マーケティングに関するよくあるご質問に回答します。

動画を活用したマーケティングとは?

動画マーケティングとは、動画・映像を活用して集客や販売、宣伝活動を行うことです。

動画マーケティングのやり方は?

動画マーケティングには、主に以下の手法があります。

  • 動画広告の出稿
  • Webサイト・LPへの掲載
  • メールマガジンでの発信
  • SNSでの発信
  • YouTubeチャンネルでの動画配信
  • デジタルサイネージでの配信
  • 展示会・イベントなどでの配信

動画マーケティングのメリットは?

動画マーケティングには主に以下のメリットがあります。

  • テキスト・静止画と比較して情報量が多く理解しやすい
  • 記憶に残りやすい
  • 効果検証がしやすい

詳しくは「動画マーケティングのメリット」をご覧ください。

動画マーケティングの重要性とは?

年々、ネット動画の視聴者が増加していることから、動画マーケティングの重要性は高まっているといえます。

動画はテキストや静止画と比較して、短時間で多くの情報を与えることができるので、効果的に消費者の興味や関心を引きやすいです。