MENU
BtoB企業が動画制作を成功させるポイントと活用事例を解説!
BtoB企業が動画制作を成功させるポイントを解説

近年では、BtoC企業だけでなく、BtoB企業においても動画活用が盛んになっています。

BtoB企業のマーケティング活動においても、動画を活用できるシーンは多く、動画制作の重要性が高まっています。

本記事では、BtoB企業が動画を活用すべき理由や、動画活用のメリット、動画の活用シーン、動画制作を成功させるポイントなどについて解説しています。

今後動画を活用していくことをご検討されている場合には、ぜひ最後までご覧ください。

目次

BtoB企業が動画を活用すべき理由

BtoB企業が動画を活用すべき理由は主に以下の2点です。

  • 動画広告市場が急成長しているため
  • BtoBサービスは検討期間が長く、認知の拡大が重要なため

それぞれの理由について、詳しく解説していきます。

動画広告市場が急成長しているため

BtoB企業が動画を活用すべき一つ目の理由は、動画広告市場が急成長しているためです。

株式会社サイバーエージェントと株式会社デジタルインファクトが発表した調査結果では、2022年の動画広告市場規模は、昨年対比133.2%の5,601億円と高い成長を遂げました。

また2026年には、1兆円を超える市場規模になることが予想されています。

参考:https://www.cyberagent.co.jp/news/detail/id=28533

人々の動画試聴時間が長くなっている背景もあり、多くの企業が動画広告を活用していることがわかります。

動画広告市場が今後も拡大していく状況において、動画活用は企業にとって非常に重要な手段といえます。

BtoBサービスは検討期間が長く、認知の拡大が重要なため

BtoB企業が動画を活用すべき二つ目の理由は、BtoBサービスは検討期間が長く、認知の拡大が重要なためです。

BtoCのサービスと比較すると、BtoBのサービスは意思決定に関与する人が多く、検討期間が長くなる傾向があります。

そのため、継続的に認知を拡大していかなければ、事業の成長は難しいといえます。

またBtoBサービスは契約金額が高額になることも多く、企業の信用性も重要視されます。

信用性が重要であるという点からも、多くの人々にポジティブな印象を持ってもらうことは、非常に重要な活動だといえます。

BtoB企業が動画を活用するメリット

BtoB企業が動画を活用するメリットは主に以下の3点です。

  • 複雑なサービス内容もわかりやすく伝えられる
  • 広告、展示会・イベント、営業など活用シーンが幅広い
  • SNSなどでの拡散を期待できる

それぞれのメリットについて詳しく解説していきます。

複雑なサービス内容もわかりやすく伝えられる

BtoB企業が動画を活用することで、複雑なサービス内容もわかりやすく伝えられるメリットがあります。

BtoB向けのサービスは、内容が複雑であったり、馴染みのない内容であったりして、見込み顧客に理解してもらうのが難しいことがあります。

サービス紹介用の動画を制作することで、視覚化してサービスを紹介できるので、見込み顧客の理解を促進できます。

また実写での表現が難しい場合には、アニメーション動画を活用することで、サービス内容をわかりやすく伝えられます。

広告、展示会・イベント、営業など活用シーンが幅広い

BtoB企業が動画を制作した場合、広告や展示会・イベント、営業など幅広い活用シーンが想定できます。

一度制作すれば、何度でもさまざまな場面で活用できるので、動画コンテンツは非常に費用対効果が高いコンテンツといえます。

また反応の良い動画は似たようなパターンの動画を作るなど、動画の配信効果をもとに、動画コンテンツの幅を広げていくこともできます。

SNSなどでの拡散を期待できる

SNSなどの拡散を期待できるのは、動画ならではのメリットといえます。

通常、BtoB企業に関する情報が拡散されることは、多くはありません。

しかし、動画の場合には、ストーリー性のあるドラマ仕立ての動画を制作したり、クスッと笑える面白い動画を制作したりすることで、一気に情報が拡散される可能性があります。

SNSなどで動画が拡散されると、企業の認知度が高まり、売上増加やブランドイメージの向上につながることが期待できます。

BtoBマーケティングの動画活用シーン

BtoBマーケティングにおける動画活用シーンは主に以下の4つです。

  • リード獲得
  • ナーチャリング(購買意欲の醸成)
  • 商談
  • カスタマーサクセス・カスタマーサポート

それぞれの活用シーンについて詳しく解説していきます。

リード獲得

BtoBマーケティングにおけるリード獲得の場面で、動画を活用することができます。

YouTubeやFacebook、Instagramなどあらゆるメディアで動画広告を出稿してリードを獲得することが可能です。

また最近では、タクシー広告や街頭広告などで動画を配信するケースも増えています。

動画を活用することで、効果的に認知拡大からリードを獲得できます。

ナーチャリング(購買意欲の醸成)

ナーチャリングとは、購買意欲の醸成を目的とした活動のことを指します。

BtoBサービスの場合には、検討期間が長く、リードを獲得してもすぐにサービスを導入してもらえるわけではありません。

そのため、BtoB企業はナーチャリングが非常に重要です。

ナーチャリングの際にも、見込み顧客の状態に合わせた動画を配信することで、効率的に購買意欲の醸成ができます。

サービスの紹介だけでなく、顧客のインタビュー動画や、システムのデモ動画など、あらゆる動画コンテンツを視聴してもらい、購買意欲を醸成しましょう。

商談

商談の際にも動画を活用できます。

たとえば、サービス紹介動画を制作し、商談前や商談後に動画を視聴してもらうことで、よりサービス内容を深く理解してもらえます。

また動画であれば、営業担当によって説明内容のバラつきが出ないので、営業の質を高める効果も期待できます。

カスタマーサクセス・カスタマーサポート

BtoBマーケティングにおいては、カスタマーサクセス・カスタマーサポートでも動画を活用することができます。

顧客向けに操作マニュアルや、よくある質問の回答、お役立ち情報など、あらゆる動画を用意することが可能です。

顧客が知りたいと思っているあらゆる情報を提供することで、顧客満足度の向上が期待できます。

また顧客が自ら問題を解決できるようになるので、顧客対応の工数削減にもつながります。

BtoBマーケティングにおける動画制作を成功させるポイント

BtoBマーケティングにおける動画制作を成功させるには、以下の5つのポイントがあります。

  • ターゲットを明確にする
  • 配信媒体や動画の活用シーンを事前に決めておく
  • 意思決定しやすいロジックを組み立てる
  • CTAのハードルを下げる
  • 動画のクオリティにこだわる

それぞれのポイントについて詳しく解説していきます。

ターゲットを明確にする

BtoBマーケティングにおける動画制作を成功させるためには、まずはターゲットを明確にすることが重要です。

ターゲットを明確にし切れていないケースがよく見受けられます。

同じサービスであっても、企業の担当者をターゲットにする場合と、経営者をターゲットにする場合では最適なメッセージも変わります。

可能な限りターゲット像を具体的にすることで、ターゲットに合わせた訴求ができるようにしておきましょう。

配信媒体や動画の活用シーンを事前に決めておく

配信媒体や、動画の活用シーンを事前に決めておくことも重要です。

BtoB向けの動画であれば、FacebookやYouTubeなどのWeb広告や、タクシー広告などの交通広告、展示会やイベントなどのオフラインでの使用など、活用シーンが幅広いです。

配信媒体によって、動画サイズや動画尺の入稿基準が異なります。

またどこで動画を配信するかによって、動画内容を変更した方が良い場合もあります。

事前に配信媒体や、動画の活用シーンを決めておくことで、最適な動画内容に調整していくことができます。

意思決定しやすいロジックを組み立てる

BtoBサービスの場合には、意思決定しやすいロジックを組み立てることが重要です。

BtoBはBtoCの場合と異なり、個人だけでなく、複数人の人々に納得してもらう必要があります。

そのため、サービス導入のメリットや、導入による費用対効果、導入後に問題なく運用できるのかなど、導入にあたって必要な情報をわかりやすく伝えることが重要です。

動画の企画を作成する際には、意思決定しやすいロジックが組み立てられているかを慎重に確認しましょう。

CTAのハードルを下げる

BtoB向けの動画の場合には、CTAのハードルを下げることも重要です。

CTAは「Call To Action(コールトゥーアクション)」の略で、「行動を喚起すること」を意味します。

BtoC向けの動画では、動画の視聴者に対して、購入を促すCTAを設定している場合もありますが、BtoBの場合には、動画を視聴してすぐにサービスの導入を決定することは稀です。

そのため、CTAのハードルを下げて、まずは資料請求をしてもらったり、無料診断を受けてもらったりするのが望ましいです。

動画内のCTAのハードルを下げて、視聴者が行動しやすい内容にしましょう。

動画のクオリティにこだわる

BtoB向けの動画では、クオリティにこだわることも重要です。

なぜなら、動画のクオリティはそのまま企業イメージに直結してしまうためです。

広告などで配信されている動画のクオリティが低い場合、視聴者にはどうしてもネガティブな印象を感じさせてしまうことになります。

逆に動画のクオリティを高めることで、企業のブランドイメージの向上につながります。

社内での動画制作が不安な場合には、外部の動画制作会社に依頼するのがおすすめです。

BtoB企業の動画事例(株式会社Lumii制作実績)

ここでは、弊社が制作したBtoB企業の動画事例を紹介します。

株式会社建設ドットウェブ

動画の種類アニメーション動画
予算40〜60万円程度
ポイントサービスのわかりやすさを重視したアニメーション動画です。使いやすいシステムであることを印象づけるために、親しみやすいデザイントンマナに仕上げています。

イニシャル・ポイント株式会社

動画の種類アニメーション動画
予算40〜60万円程度
ポイントセキュリティツールのサービス紹介動画を制作しました。現状のセキュリティレベルと、あるべき企業のセキュリティレベルの差を明確に表現することで、サービスメリットを訴求しています。

メディカル・データ・ビジョン株式会社

動画の種類実写動画
予算150〜200万円程度
ポイント企業の目指すビジョンを動画化しました。CGを効果的に使用することで、テクノロジーを活用するイメージを印象づけて、期待感を醸成しています。

BtoB企業も動画を積極的に活用して、効果的なマーケティングを実行しよう

本記事では、BtoB企業が動画を制作すべき理由や、メリット、活用シーン、成功させるポイントなどについて詳しく解説しました。

近年、動画コンテンツは非常に注目されており、BtoB企業にとってもその重要性は年々高まっています。

本記事を自社の動画活用にお役立ていただけますと幸いです。

また弊社では、BtoB向けの動画制作を数多く担当しています。

過去1,000本以上の動画制作実績をもとにしたノウハウで、効果の出る動画を制作します。

通常相場の1/3以下の金額で動画を制作できるため、コストを抑えた動画制作が可能です。

ご興味がありましたら、ぜひ動画制作サービスの詳細をご覧ください。

資料ダウンロード
Lumiiの動画制作・動画マーケティングサービスについて紹介している資料です。Lumiiのサービス詳細や、制作実績をご覧いただけます。

BtoBマーケティングの動画活用に関するよくある質問

ここでは、BtoBマーケティングの動画活用に関するよくあるご質問に回答します。

BtoBとBtoCは動画制作の違いはありますか?

BtoBでは意思決定者が複数人いるため、よりロジカルな動画内容を重要視します。
また意思決定期間が長いため、視聴後は資料ダウンロードや無料トライアルなど、ハードルが低いCTAを用意します。

BtoBマーケティングではどのように動画を活用しますか?

BtoBマーケティングでは、主に以下4つのシーンで動画を活用します。

  • リード獲得
  • ナーチャリング(購買意欲の醸成)
  • 商談
  • カスタマーサクセス・カスタマーサポート

詳しくは「BtoBマーケティングの動画活用シーン」をご覧ください。

BtoBの動画制作を成功させるためのポイントは何ですか?

BtoBの動画制作を成功させるためのポイントは以下です。

  • ターゲットを明確にする
  • 配信媒体や動画の活用シーンを事前に決めておく
  • 意思決定しやすいロジックを組み立てる
  • CTAのハードルを下げる
  • 動画のクオリティにこだわる

詳しくは「BtoBマーケティングにおける動画制作を成功させるポイント」をご覧ください。

BtoB企業の動画制作費用はいくらかかりますか?

BtoB企業の動画制作費用は、30万〜200万円程度の費用がかかります。
動画の内容によって、費用感は異なります。