MENU
企業VP(ビデオパッケージ)とは?目的、メリット、活用事例について解説!

これまでは企業が制作する動画はテレビCMがほとんどでしたが、現在では「企業VP」を活用して、Webサイト、YouTube、各種SNSなどあらゆる場面で動画が活用されています。

本記事では、企業VPの概要や、メリット、活用シーン、制作ポイント、企業事例について解説しています。

企業VPの活用をご検討されている場合には、ぜひ最後までご覧ください。

企業VPとは?概要について解説

企業VP(ビデオパッケージ)とは、「企業が特定の目的を達成するために制作する動画」です。

企業VPには、目的に応じて以下のように、さまざまな種類が存在します。

  • 商品やサービスの紹介動画
  • ブランディング動画
  • マニュアル動画
  • セールス動画
  • 採用動画

企業VPは、文字や画像よりも情報量が多く、短時間で印象に残るコンテンツに仕上げることが可能です。

企業PVと企業VPの違い

企業VPと似ている言葉に「企業PV」があります。

企業PVの「PV」は「Promotion Video」の略であり、企業PVは、商品やサービスの宣伝・販促目的に使用される動画を指します。

企業VPは、商品・サービスの宣伝以外にも幅広い目的で制作される動画コンテンツなので、企業PVは企業VPの一種といえます。

企業VPのメリット・特徴

企業VPのメリット・特徴は以下の4つです。

  • 企業のブランディングができる
  • マーケティング・営業ツールとして活用できる
  • 社内マニュアルとして活用できる
  • SNSでの拡散を期待できる

それぞれ、詳しく解説していきます。

企業のブランディングができる

企業VPのメリットは、企業理念やビジョンなどを動画内で伝えることで、企業のブランディングができることです。

企業理念やビジョンなどは抽象的な内容であることから、どうしても視聴者に理解してもらうのが難しいですが、企業VPを活用することで理解を促進できます。

企業サイトに掲載したり、企業説明会などのイベントで使用したりすることで、多くの人の印象に残すことが可能です。

企業のブランドイメージアップのために、企業VPは効果的なコンテンツといえます。

マーケティング・営業ツールとして活用できる

企業VPを制作することで、マーケティング・営業ツールとして活用することも可能です。

マーケティングでは、Web上で配信される動画広告に企業VPを活用することが一般的です。

YouTubeや、Facebook、Instagramなどの各種SNSや、Webメディアの広告枠で動画を配信することで、自社の商品・サービスを見込み顧客にアピールできます。

また取引先との商談時や、資料と一緒に動画を紹介することで、より深くサービスのことを理解してもらうことが可能です。

企業VPを利用することで、無形商材もわかりやすく伝えれます。

また営業担当者ごとに説明のクオリティにバラつきが出ないので、ノウハウの標準化も可能です。

社内マニュアルとして活用できる

企業VPを社内マニュアルとして活用することも効果的です。

とくにシステムの操作など、画面を見ながら説明した方が理解しやすい内容の場合には、企業VPが非常に役立ちます。

また一度動画を制作すれば、何度でも使い回しができるので、新人が入社する度に説明する工数も削減できます。

SNSでの拡散を期待できる

企業VPは、自社のWebサイトだけでなく、あらゆるSNSなどで幅広く配信することができます。

話題性のあるテーマや、ユニークな動画は拡散されやすいため、低コストで幅広いターゲットにリーチできる可能性もあります。

企業の認知度を高めたい場合には、積極的にSNSも活用していきましょう。

企業VPの活用シーン

企業VPには主に以下の5つの活用シーンがあります。

  • Webサイト・LPへの掲載
  • Web広告
  • SNS
  • 採用活動
  • 社内マニュアル

それぞれの活用シーンについて詳しく解説していきます。

Webサイト・LPへの掲載

企業VPの活用シーンとして最も多いのはWebサイト・LP(ランディングページ)への掲載です。

企業のWebサイトやLPに企業VPを掲載することで、サイト訪問者の理解を促進できます。

結果としてブランドイメージの向上につながったり、商品・サービスの購入率を高めることが可能です。

Web広告

企業VPをWeb広告として活用する方法もあります。

動画による広告手法は非常に注目されており、株式会社サイバーエージェントと株式会社デジタルインファクトの調査では、2022年の動画広告市場規模は昨年対比133.2%もの成長を遂げました。

参考:https://www.cyberagent.co.jp/news/detail/id=28533

本調査では、今後も動画広告市場が拡大されていくことが予想されており、さらに多くの企業が動画広告への取り組みを強化するでしょう。

Web広告であれば、少額から広告を出稿することも可能なので、企業VPの活用シーンとして、ぜひ検討してみましょう。

SNS

現在では、SNSアカウントを開設している企業も非常に多くなりました。

企業のSNSは顧客だけでなく、求職者やパートナー企業、投資家などあらゆる関係者と接点を持つことができる場でもあります。

制作した企業VPを積極的にSNSアカウントに投稿することで、より多くの関係者に動画を視聴してもらいましょう。

採用活動

会社説明会や就活イベント、各種セミナーといった採用活動の場においても、企業VPは非常に役立ちます。

事業内容はどうしても複雑な説明になってしまう場合がありますが、企業VPを活用することで就職活動生にもわかりやすく事業内容を伝えられます。

また実際に働いている社員の雰囲気や、オフィス環境などもリアルに伝えられるので、求職者の志望度を高めることに役立ちます。

社内マニュアル

企業VPは社内マニュアルとしても活用できます。

動画マニュアルは、テキストのマニュアルよりも視覚的で理解しやすいことがメリットです。

業務マニュアルや新人研修などの企業VPを充実させることで、教育担当者の負担も下げられます。

効果的な企業VPを制作するポイント

効果的な企業VPを制作するためには、以下の4つのポイントがあります。

  • 企業VPの制作前に動画の目的と配信媒体を決める
  • 企業の強みを明確にしてからシナリオを作る
  • 動画のターゲットをはっきりさせる
  • ナレーションにこだわる

それぞれのポイントについて具体的に解説していきます。

企業VPの制作前に動画の目的と配信媒体を決める

企業VPの制作をする際には、まずは動画の目的と配信媒体を具体的に決めましょう。

動画の目的が異なれば、制作すべき動画の内容も異なります。

たとえば同じサービス紹介用の動画であっても、認知度を高めるために拡散しやすい動画を作るのと、サービスの機能を具体的に知ってもらうための動画を作る場合では、動画内容は全く異なります。

また配信媒体を事前に決めておくことも重要です。

配信する媒体ごとに動画の尺やサイズなどの仕様が決められている場合も多いので、仕様に合わせた動画を制作する必要があるためです。

企業の強みを明確にしてからシナリオを作る

魅力的な企業VPを作るためには、動画内で企業の強みをしっかりと訴求する必要があります。

事前に企業としての強みを整理しておくことで、その強みを軸としたシナリオを作ることができます。

伝えたいコンセプトがブレないように、企業の強みや競合他社との違いは動画を制作する前に整理しておくのが望ましいです。

動画のターゲットをはっきりさせる

動画を視聴するターゲット層を意識して企業VPを制作することも重要です。

たとえば採用目的の企業VPを制作する場合、新卒採用向けの動画と中途採用向けの動画では、伝えるべきメッセージが異なります。

商品・サービスを紹介する企業VPの場合でも、既存顧客のリピートを促す動画なのか、新規顧客向けの動画なのかで動画の内容は異なるでしょう。

企業VPを届けるターゲットをはっきりとさせて、より効果の高い企業VPを制作しましょう。

ナレーションにこだわる

企業VPの制作では、ナレーションにこだわることも重要です。

企業VPを制作する場合、つい映像情報にばかり目を向けてしまいますが、ナレーションのクオリティによっても、動画のパフォーマンスは大きく異なります。

動画の内容に合わせたトンマナにすることや、強調したい内容で声の強弱をつけてもらうなど、ナレーションにおける工夫も重要です。

制作した動画をチェックする際には、ナレーションの出来にも着目しましょう。

企業VPの活用事例(株式会社Lumii制作動画実績)

ここでは、企業VPの活用事例として、弊社が制作した動画実績について紹介します。

株式会社サテライトオフィス

動画の種類実写動画
予算250〜300万円程度
ポイント企業の認知度向上のためのテレビCMを制作しました。実写とCGを組み合わせた映像にすることで、クラウドサービスの印象を強くしています。

株式会社マイホム

動画の種類実写動画
予算150〜200万円程度
ポイント家づくりにおける課題をテクノロジーを用いて解決できる様子をサービス紹介動画として制作しました。サービス利用による満足感を表現するために、キャストの細かい表情にこだわっています。

ファストドクター株式会社

動画の種類アニメーション動画
予算40〜60万円程度
ポイント実写ではなく、アニメーション動画を採用することで、コストを抑えた上でサービス紹介動画を制作しました。表やグラフを動画内で活用することで、サービス内容をスムーズに理解できる動画にしています。

高品質な企業VP動画を制作して企業イメージを高めよう

本記事では、企業VPの概要やメリット、活用シーン、制作ポイント、企業の動画事例について解説しました。

企業VPを活用することで、企業や商品・サービスの魅力をこれまで以上に伝えることができます。

自社のブランディングや営業ツール、採用活動など、さまざまな使い道があるので、ぜひ本記事を参考に企業VPの制作をご検討ください。

弊社では高品質な企業VPを通常相場の1/3の価格で制作する「Lumii Video Hub」を提供しています。

企業VPの制作をご検討されている場合には、ぜひ弊社サービスもあわせてご覧ください。

資料ダウンロード
Lumiiの動画制作・動画マーケティングサービスについて紹介している資料です。Lumiiのサービス詳細や、制作実績をご覧いただけます。

企業VPに関するよくあるご質問

ここでは、企業VPに関するよくあるご質問に回答します。

企業VPとは何ですか?

企業VP(ビデオパッケージ)とは、「企業が特定の目的を達成するために制作する動画」です。

企業VPの相場はいくらですか?

企業VPの相場は30〜300万円程度と幅が広いです。

企業VPには、さまざまな種類の動画があるため、動画内容によって金額は大きく変わります。