MENU
インフォマーシャルとは? テレビCMとの違いや種類、メリット・デメリットについて解説

インフォマーシャルは商品・サービスの魅力を深く知ってもらうための広告として知られています。

一方でインフォマーシャルは具体的にはどのようなものなのか知らない方も多いのではないでしょうか?

本記事ではインフォマーシャルの概要をはじめ、テレビCMとの違いや種類、メリット・デメリットなどについて解説します。

効果の高いインフォマーシャルを制作するコツについても解説するので、あわせて参考にしてみましょう。

インフォマーシャルとは?テレビCMとの違い

インフォマーシャルとは、商品やサービスをテレビで紹介するCMの一種です。

インフォマーシャルは、情報を意味する「インフォメーション」と、広告を意味する「コマーシャル」を組み合わせた造語です。

元々はアメリカで生まれたテレビショッピングのジャンルで、近年はテレビを用いたCM全般をあらわす言葉として知られています。

インフォマーシャルについて理解を深めるために、以下の3点について見ていきましょう。

  • 尺の長さ・情報量
  • 目的
  • 広告効果

尺の長さ・情報量

インフォマーシャルは、一般的なテレビCMとは違って、尺を柔軟に調整できます。

基本的には60秒以上の尺が設けられることが多く、中には1時間以上の尺が設けられることもあります。

通常のテレビCMでは尺が短いことから、商品・サービスの詳細までは伝えきれないのが一般的ですが、インフォマーシャルの場合には詳細な情報まで伝えられます。

目的

インフォマーシャルの目的は商品・サービスの購入を早期的に決断させることです。

たとえば、番組を視聴した人がすぐに商品を購入できるように、リアルタイムで電話注文を促すことがあります。

一方、テレビCMの場合には、ブランドイメージや認知度を高めることが主な目的になっています。

広告効果

インフォマーシャルは動画内で購入を積極的に促すため、短期的に広告効果を得られます。

一方、テレビCMの場合には、ブランドのイメージや会社のビジョンを伝えることが多く、中長期で広告効果を高めていくことを目指す傾向があります。

インフォマーシャルの種類

インフォマーシャルは大きく分けると以下の種類に分けられます。

  • テレビショッピング
  • テレビ番組
  • テレビ番組内のコーナー
  • キャラバン型テレビ番組

それぞれの種類について解説します。

テレビショッピング

テレビショッピングはテレビで商品を紹介して、電話、ファックス、インターネットなどから注文を受けるインフォマーシャルです。

「ジャパネットたかた」は国内で最も有名なテレビショッピングの一つで、一度は目にしたことがあるのではないでしょうか?

テレビショッピングはコメンテーターが商品を詳しく紹介し、視聴者の購買意欲を高めます。

家電製品や家事用品、健康器具に関する宣伝が多いです。

テレビ番組

食品会社や旅行会社がスポンサーとなって制作されるテレビ番組もインフォマーシャルの一種です。

グルメリポーターが美味しそうに食事をしてコメントする様子を見て、お店に行ってみたくなったことがある方も多いかと思います。

このように番組を見ている視聴者が自然と紹介されるお店や土地に足を運びたくなるように設計されているのが、テレビ番組型のインフォマーシャルです。

テレビ番組内のコーナー

番組内のコーナーで商品・サービスの宣伝をするインフォマーシャルもあります。

番組の出演者が特定の商品・サービスの紹介をするので、番組の続きの一部として見てもらいやすくなる効果があります。

人気のある出演者が商品・サービスを紹介することで、視聴者に好感を持ってもらいやすいという効果も期待できます。

キャラバン型テレビ番組

キャラバン型のインフォマーシャルは複数の企業が協賛スポンサーとなって、番組を制作します。

元々「キャラバン」はイスラム地方の隊商を表す言葉で、複数の企業が協力し合う様子から「キャラバン型」と呼ばれています。

複数の企業が協賛するので、1社あたりのコストを下げられるメリットがあります。

まずは低コストでインフォマーシャルに取り組んでみたいという場合にはぴったりのタイプです。

インフォマーシャルのメリット

インフォマーシャルには主に以下3点のメリットがあります。

  • 売上に直接的につながる
  • 情報量が多い
  • テレビを利用するので信頼性が高い

売上に直接的につながる

インフォマーシャルは売上に直接的につながる宣伝手法です。

インフォマーシャル内で商品やサービスの詳細について紹介をし、最終的に購買まで促します。

そのためインフォマーシャルを実施することで短期的な売上増加を見込めます。

情報量が多い

インフォマーシャルは尺を長めに設定できることから、必然的に情報量が多くなります。

15秒程度のテレビCMでは伝えきれないような、商品のスペック、メリット、お得な割引キャンペーンなど、あらゆる情報を一つの動画で伝えきれます。

商品・サービスの購入に必要な情報を網羅的に伝えたい場合にインフォマーシャルは最適です。

テレビを利用するので信頼性が高い

今ではインターネットが当たり前の時代となっていますが、それでも公共放送のテレビと比較すると信頼性は高いとは言えません。

インフォマーシャルはテレビで放映されるので、信頼性が高く、視聴者は安心して購入しやすい傾向にあります。

特に有名な番組のコーナーであったり、人気のあるタレントが出演していたりする場合には、視聴者から信頼を得やすいです。

インフォマーシャルのデメリット

インフォマーシャルのデメリットは主に以下の3点です。

  • 動画制作費・媒体費が高額
  • 細かいターゲティングができない
  • 若年層にはリーチできない可能性がある

動画制作費・媒体費が高額

インフォマーシャルは、動画制作費・媒体費が高額です。

インフォマーシャルを実施するには、数百万円のコストが発生するのが一般的であり、制作費と媒体費を合わせると1,000万円以上の費用かかる場合もあります。

尺が長く、多くの工数がかかることに加えて、テレビの放映費が高額なためです。

特にゴールデンタイムと呼ばれる19時〜22時の時間帯で放映する場合にはさらに費用がかさみます。

可能な限り費用を抑えたい場合には、複数企業で協賛するキャラバン型でインフォマーシャルを制作するのがおすすめです。

細かいターゲティングができない

インフォマーシャルはテレビでの放映となるため、細かいターゲティングはできません。

Facebook広告やYouTube広告などのインターネット広告の場合には細かなターゲティングが可能ですが、インフォマーシャルではそのような調整はできません。

一度に多くの視聴者に見てもらえますが、ターゲット外の人の視聴も多く含まれることを事前に想定しておく必要があります。

若年層にはリーチできない可能性がある

「若者のテレビ離れ」という言葉があるように、年々若年層はテレビを見なくなっています。

そのため、インフォマーシャルでは若年層へのリーチができない可能性があります。

以下のデータは、2015年と2020年の若年層のテレビ視聴率の変化を表しています。

年齢層2015年2020年変化
10~15歳78%56%-22%
16~19歳71%47%-24%
20代69%51%-18%

参考:NHK放送文化研究所の世論調査部「国民生活時間調査2020」

このデータを見てもわかるように、10代・20代の若年層はテレビを視聴しなくなってきています。

自社のターゲットが若年層である場合には、インフォマーシャルは向いていない可能性があります。

効果の高いインフォマーシャルを制作するコツ

より効果の高いインフォマーシャルを制作するためには以下の4つのコツがあります。

  • ターゲットを明確にしてからインフォマーシャルを企画する
  • 商品が手に入ったときの状態をリアルに演出する
  • 顧客の声を適切に使う
  • お得な割引や特典をつけて今すぐに行動する理由を作る

それぞれ詳しく解説していきます。

ターゲットを明確にしてからインフォマーシャルを企画する

インフォマーシャルの企画をする際には、まずはターゲットを明確にすることが重要です。

ターゲットが明確であればあるほど、効果的な動画構成やメッセージを選択できます。

またターゲットが明確になっていることで、より最適な放送時間帯に放映できます。

いきなり動画の企画に入るのではなく、まずはターゲットを明確にすることから始めてみましょう。

商品が手に入ったときの状態をリアルに演出する

インフォマーシャルでは、商品・サービスを購入した後の様子を映像でリアルに表現できます。

「商品・サービスを手に入れると、こんなにいいことがあるんだ!」と思ってもらえると、自然と購買意欲も高まります。

商品・サービスを購入した後の満足した状態を上手く表現しましょう。

顧客の声を適切に使う

「顧客の声」は適切に使うことで視聴者の購買意欲を効果的に高めることができます。

以下の内容を中心に実際の顧客にインタビューしてみましょう。

  • どのように商品・サービスを活用しているか
  • 商品・サービスを購入すると、どのような良いことがあるのか
  • 商品・サービスに対してどれだけ満足しているか

また顧客が実際に映像に登場することで、より信ぴょう性の高いインフォマーシャルに仕上げることができます。

積極的に顧客の声をインフォマーシャル内に入れてみましょう。

お得な割引や特典をつけて今すぐに行動する理由を作る

インフォマーシャルでは「今すぐ」に購入してもらう理由を作ることが重要です。

インフォマーシャルは費用が高額なため、予算上何回も実施できない場合が多いです。

ですので、可能な限り一度の放映で成果につなげていく必要があります。

インフォマーシャルを視聴してもらった方に、すぐに購入してもらうためには期間限定のお得な割引や特典をつけるのがおすすめです。

「今だけ○%OFF!」
「今なら、○○もついてきます!」

テレビ通販でこのようなセリフを聞いたことがある方も多いと思います。

このように「今すぐ」購入するメリットを作ることで、よりインフォマーシャルの効果が高まります。

インフォマーシャルのメリット・デメリットを理解して効果的なマーケティングを実施しよう

今回は、インフォマーシャルとテレビCMの違いやインフォマーシャルの種類、メリット・デメリット、制作のコツについて解説しました。

インフォマーシャルは効果的に活用することで、短期間で売上の増加を期待できる施策です。

インフォマーシャルの実施をご検討されている場合には、本記事をお役立ていただけますと幸いです。

また弊社ではインフォマーシャル制作のご相談を受け付けています。

効果の高いインフォマーシャル動画を制作したいという場合には、ぜひお問い合わせください。

資料ダウンロード
Lumiiの動画制作・動画マーケティングサービスについて紹介している資料です。Lumiiのサービス詳細や、制作実績をご覧いただけます。

インフォマーシャルに関するよくあるご質問

ここではインフォマーシャルに関するよくあるご質問に回答します。

インフォマーシャルの例は?

インフォマーシャルの例はテレビショッピング、テレビ番組、テレビ番組内のコーナー、キャラバン型テレビ番組です。

インフォマーシャル動画とは何ですか?

インフォマーシャルとは、商品やサービスをテレビで紹介するCMの一種です。