MENU
動画制作・映像制作を個人のフリーランスに依頼する場合の料金相場

動画制作・映像制作を検討しているときに、個人(フリーランス)に依頼すべきか、動画制作会社に依頼すべきか迷うこともあります。

個人(フリーランス)に依頼する場合、動画制作にかかる料金を大幅に抑えることができますが、品質やスケジュール管理が不安定になりやすいなど、デメリットも存在します。

本記事では、動画制作・映像制作を個人(フリーランス)に依頼する場合の料金相場や、メリット・デメリット、依頼先を選ぶ基準などについて解説します。

動画制作の依頼先で悩んでいる場合には、ぜひ参考にしてください。

「動画制作会社に依頼した場合の費用・料金相場について知りたい」という場合には、下記ページをご覧ください。

参考:【2023年最新】動画制作費用・料金の相場表を用途別・時間別(1分・3分)に解説!料金を抑えるポイントは?

動画制作・映像制作を個人のフリーランスに依頼する場合と、会社に依頼する場合の料金相場

ここでは、動画制作・映像制作を個人(フリーランス)に依頼する場合と、動画制作会社に依頼する場合の料金相場を紹介します。

それぞれの料金相場を確認して、予算のイメージを掴みましょう。

動画の種類個人(フリーランス)動画制作会社
アニメーション動画5万円〜30万円程度30万円〜100万円程度
実写動画10万円〜50万円程度50万円〜150万円程度
3DCG50万円〜150万円程度100万円〜300万円程度

上記の表を見ていただくとわかるように、動画制作会社よりも、個人(フリーランス)に依頼をした方が費用は低く抑えることができます。

個人の場合には、動画制作会社と比較して人件費を抑えられるので、結果的に動画制作の費用も安くすることができます。

同じ動画を依頼するのであれば、個人(フリーランス)に依頼した方が安く収まります。

ただし、個人(フリーランス)に依頼する場合には、注意すべきデメリットもあります。

次からは、個人(フリーランス)に依頼するメリットとデメリットを見ていきましょう。

動画制作を個人(フリーランス)に依頼するメリット

動画制作を個人(フリーランス)に依頼するメリットは、主に以下の2点です。

  • 料金相場が安い
  • 部分的な対応など細かい調整がしやすい

それぞれのメリットについて見ていきましょう。

料金相場が安い

動画制作を個人(フリーランス)に依頼する最も大きなメリットは、料金相場が安いことです。

先ほど解説したように、個人(フリーランス)であれば、動画制作会社に依頼する半額以下の料金で動画を制作してもらえる場合もあります。

動画制作用の予算がなく、とにかく安く動画を制作したいという場合には、個人(フリーランス)に依頼するのがおすすめです。

部分的な対応など細かい調整がしやすい

動画制作を個人(フリーランス)に依頼する場合、細かい編集や、ちょっとした修正など、部分的な細かい調整をしてもらえるメリットがあります。

動画制作会社では、人件費などの問題から、発注における最低金額が決められているケースもあり、あまりにも小さな規模感の仕事だと依頼できない場合があります。

一方、個人(フリーランス)の場合には、細かい依頼のみでも対応してもらえる可能性があるので、細かい仕事を依頼したい場合にもおすすめです。

動画制作を個人(フリーランス)に依頼するデメリット・注意点

動画制作を個人(フリーランス)に依頼するデメリット・注意点は、主に以下の3点です。

  • 品質にばらつきがある
  • スケジュールがずれる可能性がある
  • セキュリティ面で不安がある

それぞれのデメリットについて詳しく見ていきましょう。

品質にばらつきがある

動画制作を個人(フリーランス)に依頼するデメリットは、動画の品質にばらつきがあることです。

「動画クリエイター」と一言でいっても、それぞれ技術力には大きな差があります。

また動画クリエイターによって、得意・不得意もあるので、実績がある動画クリエイターが必ずしも品質の高い動画を作れるとは限りません。

企業の公式サイトに掲載する動画や、動画広告で多くの人に視聴してもらう動画は、クオリティが非常に重要です。

動画の品質にこだわる必要がある場合には、注意が必要です。

スケジュールがずれる可能性がある

動画制作を個人(フリーランス)に依頼する場合、スケジュールがずれる可能性があります。

なぜなら、何らかのトラブルがあった場合に、代わりに対応する人がいないためです。

あらかじめ余裕を持ったスケジュールで依頼をするか、スケジュールがタイトな場合には、複数人体制の動画制作会社に依頼する方が望ましいです。

セキュリティ面で不安がある

動画制作の際には、発売前の商品情報などの、企業の機密情報を制作者に伝える必要があるケースも多いでしょう。

企業であれば、セキュリティ対策や情報漏洩対策ができている可能性が高いですが、個人(フリーランス)の場合にはどうしても対策が十分でないこともあります。

個人(フリーランス)に依頼する場合には、セキュリティ面でのリスクも考慮しておく必要があります。

映像制作を個人(フリーランス)か会社のどちらに依頼すべきか迷った場合の基準

ここまで、動画制作を個人(フリーランス)に依頼する際の料金相場や、メリット・デメリットについて解説してきました。

しかし、個人(フリーランス)に依頼すべきか、動画制作会社に依頼すべきか、まだ判断がつかない方もいらっしゃるでしょう。

個人(フリーランス)に依頼すべきか、動画制作会社に依頼すべきか迷った場合には、以下の基準で考えてみると、どちらに依頼するか決めやすいです。

  • 予算が10万円以上あるか
  • クオリティを重視しているか
  • 動画の活用方法も含めて相談したいか

それぞれの基準について解説していきます。

予算が10万円以上あるか

まず最初に考えるべきなのは、予算が10万円以上あるか否かです。

予算が10万円に満たない場合、動画制作会社では対応してもらえないケースがほとんどだと思った方が良いでしょう。

そのため、予算が10万円に満たない場合には、個人(フリーランス)に依頼する方が望ましいです。

クオリティを重視しているか

クオリティを重視しているかどうかも重要な基準です。

もちろん、高クオリティな動画を制作する個人(フリーランス)の動画クリエイターも多くいますが、誰に依頼するかによって、動画のクオリティは大きく変わってしまいます。

実際に動画が完成するまでは、どの程度のクオリティになるかはわかりません。

会社としてクオリティを重視している動画の場合には、動画制作会社に依頼をした方が安心だといえるでしょう。

動画の活用方法も含めて相談したいか

動画の活用方法も含めて動画したい場合には、動画制作会社に依頼しましょう。

たとえば、動画を動画広告で活用したり、採用活動で活用したりする際に、どのように使うと効果的なのかをアドバイスしてくれる会社もあります。

一方、個人(フリーランス)の場合には、あくまでも「動画の制作」に重きを置いているケースが多いので、それをどのように活用するかについては、専門家レベルの知識がないことがほとんどです。

動画制作会社によって、マーケティングに強かったり、採用に強かったりと得意領域は異なるので、動画の活用方法を軸にして、依頼先を決めるのもおすすめです。

まずは気軽に相談するのがおすすめ

本記事では、動画制作・映像制作を個人(フリーランス)に依頼する場合の料金相場、個人(フリーランス)に依頼するメリット・デメリット、動画制作会社に依頼する場合との違いなどについて解説しました。

それぞれにメリット・デメリットがありますが、個人(フリーランス)に依頼する場合には、費用を大幅に抑えられるのが魅力です。

しかし、総合的に判断をして、動画制作の依頼先を決めるのは簡単なことではありません。

弊社では、まだ発注を決めていない検討段階の状態であっても、動画制作のプロの視点から適切なアドバイスをしています。

相談にあたっては、費用なども一切かかりませんので、まずはお気軽にご相談ください。

資料ダウンロード
Lumiiの動画制作・動画マーケティングサービスについて紹介している資料です。Lumiiのサービス詳細や、制作実績をご覧いただけます。

よくあるご質問

ここでは、よくあるご質問に回答します。

動画制作・映像制作を個人(フリーランス)に依頼する場合のデメリット・注意点は?

動画制作・映像制作を個人(フリーランス)に依頼する場合のデメリット・注意点は、以下の3点です。

  • 品質にばらつきがある
  • スケジュールがずれる可能性がある
  • セキュリティ面で不安がある

詳しくは「動画制作を個人(フリーランス)に依頼するデメリット・注意点」をご覧ください。

個人か会社のどちらに依頼するか迷った場合はどうしたらいい?

個人か会社のどちらに依頼するか迷った場合には、以下の基準で依頼先を決めましょう。

  • 予算が10万円以上あるか
  • クオリティを重視しているか
  • 動画の活用方法も含めて相談したいか

詳しくは「映像制作を個人(フリーランス)か会社のどちらに依頼すべきか迷った場合の基準」をご覧ください。

関連記事
Related post