MENU
【2024年最新】動画制作ツール9選!ビジネス向けのおすすめツールを目的別に紹介
動画制作ツール9選ビジネス向けのおすすめツールを紹介

「動画制作ツールを導入して、動画制作を内製化したい!」とお考えの方に向けて、本記事ではおすすめの動画制作ツールを紹介しています。

また動画制作ツールを選ぶ際のポイントや、導入後の活用ポイントなどについても解説しているので、ぜひ最後までご覧ください。

目次

動画制作ツールとは?

動画制作ツールとは、動画の制作・編集をするためのツールです。

動画の不要な部分をカットしたり、動画の結合やテロップ・BGMの挿入をしたりできます。

動画制作ツールを活用することで、動画制作・動画編集作業を効率化できるようになります。

動画制作ツールでできること・機能

動画制作ツールでできること(機能)は、主に以下です。
※動画制作ツールによって、搭載されている機能は異なります。

動画編集動画のカット、動画のつなぎ合わせ、テロップの追加、BGMの挿入、エフェクト効果の追加などの動画編集機能。
素材選択画像、映像、BGM、エフェクト、フォントなどの素材を選択可能。
テンプレートあらかじめデザインなどが統一されたテンプレートを利用可能。フォーマットに合わせて、素材を入れ替えるだけで高クオリティな動画を制作できる。
動画の書き出し掲載先のフォーマットに合わせて動画の書き出しが可能。
配信・分析動画制作ツールによっては、制作した動画の配信と、その後の視聴分析を行える機能もある。
管理制作した動画をツール上で管理できる。閲覧・編集権限の管理や、フォルダ別の保存なども可能。

動画制作ツールのメリット

動画制作ツールのメリットは以下の3点です。

  • 動画制作・編集作業を効率化できる
  • 複数人で動画を制作・編集できる
  • 動画制作に関するノウハウを蓄積できる

動画制作ツールのそれぞれのメリットについて詳しく解説します。

動画制作・編集作業を効率化できる

動画制作ツールを活用することで、動画制作・編集作業を効率化できます。

特に最近では、動画テンプレートが充実している動画制作ツールが増えてきています。

業界・業種や目的ごとに細かく設定されたテンプレートが数多く用意されているので、テンプレートを利用すると、高品質な動画を短時間で簡単に制作できます。

複数人で動画を制作・編集できる

動画制作ツールを活用することで、複数人で動画を制作・編集できます。

簡単な動画制作であれば、1人で完結できますが、一定以上の動画制作プロジェクトになると、複数人で共同で作業を行う必要があります。

ブラウザでリアルタイムに共同編集できる動画制作ツールもあるので、チームで動画制作・編集をする際に便利です。

動画制作に関するノウハウを蓄積できる

動画制作ツールを活用することで、動画制作に関するノウハウを社内に蓄積していくことができます。

一度反応の良い動画を制作できれば、その動画データを複製することで、似たような動画を制作することも可能です。

動画制作に関するあらゆるノウハウが社内に蓄積されればされるほど、日々の動画制作の効率性が高まっていきます。

動画制作ツールのデメリット・注意点

動画制作ツールのデメリット・注意点は以下の3点です。

  • 動画制作の頻度が高くない場合には割高になる
  • 動画制作ツールの使用方法を覚える必要がある
  • 継続してノウハウを蓄積する必要がある

動画制作の頻度が高くない場合には割高になる

動画制作の頻度が高くない企業の場合には、結果的に動画1本あたりの価格が割高になってしまうので注意が必要です。

たとえば月に1本程度の制作のみであれば、動画制作会社に依頼をした方がコストを抑えられる可能性があります。

動画制作ツールを導入する際には、継続的に動画制作を行う機会があるかを事前に確認しておきましょう。

動画制作ツールの使用方法を覚える必要がある

動画制作ツールを導入する場合には、ツールの使用方法を覚える必要があります。

最近では、簡単に使える動画制作ツールも増えてきてはいますが、慣れるまでは一定以上の時間がかかるものです。

ツールをうまく使いこなせないと、最終的には誰もツールを使わなくなってしまいます。

慣れるまでは多少時間がかかることを理解した上で動画制作ツールを導入しましょう。

継続してノウハウを蓄積する必要がある

動画制作に関するノウハウを社内に蓄積できることはメリットでもありますが、今後将来にわたって継続的にノウハウを蓄積していく必要があるのはそれだけ手間もかかります。

主担当者が入れ替わったとしても、継続して運用していくために、社内マニュアルを継続して更新する必要があります。

動画制作ツールを導入する際には、どのようにノウハウを蓄積していくかもあわせて考えるようにしましょう。

動画制作ツールのタイプ・種類

動画制作ツールは、主に以下の3種類に分けられます。

  • 営業活動向け
  • 動画広告向け
  • 無料で手軽に制作したい方向け

それぞれの動画制作ツールについて詳しく見ていきましょう。

営業活動向け

営業活動向けの動画制作ツールは、自社Webサイト上や、商談時、店頭のサイネージなど、あらゆる営業活動で活用できる動画制作ツールです。

また新製品の発表イベントや、セミナー開催などのタイミングでも活用できます。

動画広告向け

動画広告向けの動画制作ツールは、主にInstagram、Facebook、YouTube、TikTokなど、主要なSNS媒体に広告出稿する動画を制作できます。

それぞれの媒体ごとのフォーマットに合わせた動画を簡単に制作できるという強みがあります。

無料で手軽に制作したい方向け

動画制作ツールには、無料で手軽に制作したい方向けのツールもあります。

機能性は有料ツールには劣るものの、手軽な動画で問題ない場合には、無料の動画制作ツールでも十分良い動画を制作できます。

動画制作ツールを比較するポイント

動画制作ツールを比較するポイントは下記の4点です。

  • 自社に合うテンプレートの豊富さ
  • 搭載されている機能
  • 動画編集の自由度
  • コスト

それぞれのポイントについて見ていきましょう。

自社に合うテンプレートの豊富さ

動画制作ツールを活用する場合、テンプレートを利用することで、動画制作作業を効率化できるのが大きなメリットです。

そのため、自社に合うテンプレートがどの程度あるのかを確認することが非常に重要です。

動画制作ツールによって、テンプレートの強みを持つ業界や業種が異なるので、事前に確認しておきましょう。

搭載されている機能

動画制作ツールに搭載されている機能が十分かどうかも確認が必要です。

特殊な使い方をするという場合には、特に念入りにチェックする必要があります。

通常の動画制作作業を想定している場合には、どの動画制作ツールを選んでも問題にはならないでしょう。

動画編集の自由度

動画編集の自由度も重要なポイントです。

文字サイズや色の微調整、アニメーションやエフェクトの調整など、各動画制作ツールによって、どこまで細かく編集できるかは異なります。

細かい編集まで柔軟に対応できる動画制作ツールだと自由度も高くおすすめです。

コスト

動画制作ツールを選ぶ上では、コストの比較も欠かせません。

ここでのポイントは、「自社が必要としている条件を十分に満たしている動画制作ツールなのか?」という点です。

いくら安いとは言え、自社が必要としている機能が備わっていなければ、想定している活用ができません。

また高額で高機能な動画制作ツールを選んでも、使用しない機能ばかりなのであれば、無駄なコストとなってしまいます。

会社として、どこまでの機能が必要になるかを事前に慎重に整理した上で、動画制作ツールを選ぶようにしましょう。

営業活動向けのおすすめ動画制作ツール

営業活動向けのおすすめ動画制作ツールは以下です。

  • Video BRAIN
  • メディア博士
  • SoVeC Smart Video

それぞれ詳しく解説します。

Video BRAIN

Video BRAIN

出典:https://video-b.com/

「Video BRAIN」は手持ちの素材を入れるだけで、簡単に動画を制作できるツールです。

業務平準化、顧客獲得、顧客体験(CX)の向上などあらゆる営業活動の場面で活用できます。

導入・運用サポート体制も整っているので、安心して導入できます。

メディア博士

メディア博士

出典:https://media-hakase.com/

「メディア博士」はAIによる自動ナレーション作成や、自動テロップ作成など、AI機能が充実した動画制作ツールです。

製品紹介、マニュアル動画、お客様の声など、多くの動画制作実績があります。

動画配信プラットフォームの立ち上げ支援も行っているのが特徴です。

SoVeC Smart Video

SoVeC Smart Video

出典:https://www.sovec.net/smartvideo/

「SoVeC Smart Video」は、1,600種類以上の豊富なデザインフォーマットが用意された動画制作ツールです。

ビジネス課題を解決することを目的に作られた動画フォーマットなので、簡単に効果的な動画を制作できます。

動画広告向けのおすすめ動画制作ツール

動画広告向けのおすすめ動画制作ツールは以下です。

  • LetroStudio
  • RICHKA CLOUD STUDIO
  • Canva

それぞれ詳しく解説します。

LetroStudio

LetroStudio

出典:https://service.aainc.co.jp/product/letrostudio/

「LetroStudio」は制作だけでなく、制作から検証・改善、設計・企画までを迅速に行えるツールです。

成果の出る動画マーケティングを実践したい会社に適したサービスです。

動画広告を活用している多くの企業に導入されている動画制作ツールで、導入後のサクセス支援の内容も充実しています。

RICHKA CLOUD STUDIO

RICHKA CLOUD STUDIO

出典:https://richka.co/

「RICHKA CLOUD STUDIO」は、デジタル広告に特化した、動画制作ツールです。

動画の目的・配信面ごとに2,000以上のフォーマットが用意されているので、自社に最適な動画を簡単に制作できます。

広告用の動画を量産していきたい会社にぴったりのサービスです。

Canva

Canva

出典:https://www.canva.com/

「Canva」は無料でも利用できるデザインツール。

25万点を超える豊富な素材やテンプレートを活用できるのがポイントです。

初心者でも簡単に操作できるシンプルなUIが特徴です。

無料で手軽に制作したい方向けのおすすめ動画制作ツール

無料で手軽に制作したい方向けのおすすめ動画制作ツールは以下です。

  • Microsoftフォト
  • iMovie
  • PowerDirector Essential

それぞれ詳しく解説します。

Microsoftフォト(Windows)

Microsoftフォト

出典:https://apps.microsoft.com/store/detail/microsoft-%E3%83%95%E3%82%A9%E3%83%88/9WZDNCRFJBH4?hl=ja-jp&gl=jp

Windowsユーザーであれば、Windows10に標準搭載されている「Microsoftフォト」がおすすめです。

基本的な動画編集であれば、これ一つで問題ありません。

初めて操作する場合でも直感的に操作できる動画制作ツールなので、Windowsをお使いの場合には、まずは一度使ってみましょう。

iMovie(Mac)

iMovie

出典:https://www.apple.com/jp/imovie/

「iMovie」はMacに標準搭載されている動画制作ツールです。

普段からiPhoneを使っている方であれば、比較的簡単に操作を覚えることができます。

基本的な動画編集機能は一通り揃っているので、Macユーザーの場合には、ぜひ試してみましょう。

PowerDirector Essential

PowerDirector Essential

出典:https://jp.cyberlink.com/products/powerdirector-video-editing-software/overview_ja_JP.html

人気動画制作ツール「PowerDirector」の無料版が「PowerDirector Essential」です。

無料版でも動画制作に必要な機能は十分備わっています。

「Windows、Macの標準搭載ツールだと物足りない」と感じられている場合には、試してみる価値がある動画制作ツールです。

動画制作ツールを活用するポイント

動画制作ツールを活用するポイントは以下の3点です。

  • 動画制作の目的を明確にする
  • 最新の動画制作トレンドをインプットする
  • チームで動画制作ノウハウを蓄積できる仕組みを整える

それぞれのポイントについて詳しく解説します。

動画制作の目的を明確にする

動画制作ツールを用いて、動画を制作する際には、事前に動画制作の目的を明確にしましょう。

たとえば、広告用の動画を制作する場合、「認知を拡大する」目的と、「問い合わせや購入を獲得する」目的とでは制作する動画の内容が異なります。

動画制作ツールがあると比較的簡単に動画を制作できるため、目的が曖昧なまま動画を作り始めてしまうことがありますが、それだと目的に適さない動画を制作してしまう可能性があります。

動画制作の前には、必ず目的を明確にするところから始めましょう。

最新の動画制作トレンドをインプットする

最新の動画制作トレンドをインプットすることで、より効果的な動画を制作できるようになります。

動画制作ツールを提供している会社によっては、ユーザー向けの学習コンテンツや勉強会などを開催している会社もあります。

動画クリエイティブはトレンドの移り変わりが激しいので、積極的に最新情報をインプットして、動画制作に反映できるようにしましょう。

チームで動画制作ノウハウを蓄積できる仕組みを整える

動画制作ツールをチームで活用している会社も多いかと思います。

その場合、チームで動画制作のノウハウを蓄積できる仕組みを整えておくことが非常に重要です。

ノウハウが蓄積されていくことで、新たに動画を制作する場合でも短時間で効果的な動画を制作できるようになります。

相談できる場合には、動画制作ツールの提供会社にノウハウを蓄積するコツについても聞いておきましょう。

動画制作会社に依頼する選択肢もある

本記事では、動画制作ツールの特徴、メリット、種類、おすすめツール、活用ポイントなどについて解説しました。

動画制作を内製化する上で、動画制作ツールは非常に効果的なツールです。

一方、そもそも動画制作をするリソースが社内にないという場合もあるかと思います。

そのような場合には、動画制作会社に依頼するという選択肢もあります。

外注となるので、その分費用は高くなる可能性がありますが、リソースがない状態であっても、高品質な動画を制作することが可能です。

弊社では、従来の1/3の価格で動画を制作できる「Lumii Video Hub」を提供しているので、コストを抑えながら外注で動画を制作したいという場合には、ぜひ詳細をご覧ください。

資料ダウンロード
Lumiiの動画制作・動画マーケティングサービスについて紹介している資料です。Lumiiのサービス詳細や、制作実績をご覧いただけます。

動画制作ツールに関するよくあるご質問

ここでは、動画制作ツールに関するよくあるご質問に回答します。

動画制作ツールのおすすめは?

動画制作ツールのおすすめは以下です。

  • Video BRAIN
  • メディア博士
  • SoVeC Smart Video
  • LetroStudio
  • RICHKA CLOUD STUDIO
  • Canva
  • Microsoftフォト
  • iMovie
  • PowerDirector Essential

動画作成ツールとは何ですか?

動画作成ツールとは、動画の制作・編集をするためのツールです。
動画作成ツールを活用することで、動画制作・動画編集作業を効率化できます。

無料で動画を作成するツールはありますか?

無料で動画を作成できるおすすめのツールは以下です。

  • Microsoftフォト
  • iMovie
  • PowerDirector Essential

詳しくは「無料で手軽に制作したい方向けのおすすめ動画制作ツール」をご覧ください。

関連記事
Related post