MENU
YouTubeショート動画の収益化方法や条件、1再生あたりの目安収益について解説

2023年2月から収益化が可能となったYouTubeショート動画。

動画を活用する企業が増えている中、YouTubeショート動画に注目する企業も増加しています。

本記事では、YouTubeショート動画の収益化方法や条件、1再生あたりの目安収益について、初心者にも分かりやすく解説します。

本記事を参考にして、YouTubeショート動画をぜひ活用してみてください。

目次

YouTubeショートとは

YouTubeショートとは、YouTube公式が提供しているスマホアプリから再生時間最大60秒・縦長の動画を作成・投稿・閲覧できる機能です。

日本では2021年7月13日から開始された、比較的新しいサービスです。

若い世代を中心に利用されているTikTok(ティックトック)と同様に縦型の短尺動画を投稿でき、2023年2月から収益化が可能になったことから、注目されています。

YouTubeショート動画とは

YouTubeショート動画とは、前述したYouTubeショートを利用して制作された、再生時間最大60秒の縦型動画です。

従来のようにパソコンからも投稿できますが、スマホアプリの「YouTube ショートカメラ」から動画を撮影し、そのまま編集・投稿できる点が魅力のひとつと言えるでしょう。

視聴者は「YouTube ショート」タブからYouTubeショート動画を視聴でき、従来の動画と同様に「高評価ボタン」「低評価ボタン」「コメント」機能も利用できます。

YouTubeショート動画の特徴と投稿フォーマットの違い

通常のYouTube動画と比較しながら、YouTubeショート動画の特徴を見ていきましょう。

YouTubeショート動画通常のYouTube動画
アスペクト比(横:縦)1:116:9
画面表示縦長横長
再生時間最大60秒12時間まで
視聴方法動画をスクロール動画をクリック
収益額少ない多い

通常のYouTube動画は横長のものがほとんどなので、スマホで視聴する場合は横に向けないと小さく表示されてしまいます。

一方、YouTubeショート動画なら縦向きのままで画面全体に表示されるため、スマホを横に向ける必要はありません。

また通常のYouTube動画は気になる動画をクリックして視聴しますが、YouTubeショート動画では画面をスクロールすることで別の動画へ切り替えることができます。

2023年2月から収益化が可能に

YouTubeショートが登場した2021年7月時点では収益化できませんでしたが、2023年2月から収益化が可能になりました。

現状では、通常のYouTube動画より収益性は低いです。

1再生あたりいくら?

YouTubeショート動画の1再生あたりの収益は0.003円〜0.01円程度です。

※YouTubeショートクリエイターが公表している情報をもとにした大まかな目安です。実際の収益は動画ジャンルなどにより異なります。

一般的に、通常のYouTube動画は1再生あたりの収益が0.05円〜0.7円と言われているため、現状のYouTubeショート動画の収益率は低いです。

収益化の条件

YouTubeショート動画の収益化条件は以下です。

  • 「チャンネル登録者1,000人以上」に加えて
  • 「直近12ヶ月間の有効な公開動画の総再生数4,000時間」または「直近90日間の有効な公開ショート動画の視聴回数1,000万回」

※2023年4月現在。

参考:https://support.google.com/youtube/answer/72851?hl=ja

収益化条件は変更になる可能性があるので、YouTubeの公式サイトを確認するようにしましょう。

YouTubeショート動画の収益化の仕組み

YouTubeショート動画の収益化の仕組みは以下の図がわかりやすいです。

出典:https://support.google.com/youtube/answer/12504220?hl=ja

YouTubeショート動画は、ショートフィード広告収益の45%がクリエイターに支払われる仕組みです。

通常のYouTube動画の収益とは別に計算されます。

以下の条件を例にして見てみましょう。

  • YouTubeショート動画全体の総再生回数が1,000万回
  • YouTubeショート動画間で再生された広告の収益額が1,000万円
  • クリエイターAのYouTubeショート動画の再生回数が10万回

上記の場合、クリエイターAの総再生回数は全体の1%なので、割り当てられる収益は1,000万円×1%=10万円となります。

割り当てられた収益の45%が分配されるので、クリエイターに支払われる金額は10万円×45%=4.5万円です。

YouTubeショート動画の収益化の仕組みは下記ページで詳しく解説されているので参考にしてください。

参考ページ:YouTubeショートの収益化ポリシー

YouTubeショートで動画を作成・投稿するメリット

YouTubeショートで動画を投稿するメリットは以下の3つです。

  • 動画の収益化にチャレンジしやすい
  • 通常の動画より視聴されやすい
  • 他のSNSに動画を再利用できる

動画の収益化にチャレンジしやすい

YouTubeショートで動画を作成・投稿するメリットは、今まで動画を投稿したことがない方や収益化したことがない方でもチャレンジしやすいことです。

通常のYouTube動画の場合は企画から構成、撮影、編集といった複数の工程に対応するためのスキルが必要になります。

クオリティを高くするためには、複数のスタッフに依頼したり、高額な機材を使用したりすることもあるでしょう。

一方、YouTubeショートはスマホアプリの「YouTube ショートカメラ」から動画を撮影し、そのまま編集・投稿できます。

再生時間が最大で60秒なので、動画を編集する手間がほとんどかからずに投稿可能です。

通常の動画より視聴されやすい

YouTubeショートで動画を作成・投稿するメリットは、通常の動画より視聴されやすいことです。

YouTubeショート動画は、YouTubeホーム画面の「ショート」タブをタップすると画面に表示され、下から上にスワイプすると別の動画に切り替わる仕組みになっています。

通常の動画と比べて再生時間が短く、スワイプするだけで次々に別の動画へ切り替えられることから、不特定多数のユーザーに動画を視聴してもらえます。

他のSNSに動画を再利用できる

YouTubeショートで動画を作成・投稿するメリットは、InstagramやTikTokなど他のSNSで動画を再利用できることです。

通常のYouTube動画は横長のフォーマットで再生時間も長いため、YouTubeショートやInstagram・TikTokに動画を投稿場合、改めて編集しなければなりません。

一方、YouTubeショート動画は、Instagram・TikTokと同様に縦型フォーマットの短尺動画です。

一度YouTubeショート動画を作成しておけば、最小限の編集だけでInstagramやTikTokなどの他のSNSにも動画を投稿できます。

YouTubeショートで動画を作成・投稿するデメリット

YouTubeショートで動画を作成・投稿するデメリットは以下の3つです。

  • 通常のYouTube動画より1再生あたりの収益額が少ない
  • 通常のYouTube動画より離脱されやすい
  • 概要欄まで見てもらえない

通常のYouTube動画より1再生あたりの収益額が少ない

YouTubeショートで動画を作成・投稿するデメリットは、YouTubeショート動画は通常のYouTube動画と比べて1再生あたりの収益額が少ないことです。

  • YouTubeショート動画の1再生あたりの収益目安:0.003円〜0.01円程度
  • 通常のYouTube動画の1再生あたりの収益目安:0.05円〜0.7円程度

再生回数が増えても、通常のYouTube動画ほどの収益は発生しないことを想定しておく必要があります。

収益を増加させるには、YouTubeショートだけでなく、通常のYouTube動画と併用するのが望ましいです。

通常のYouTube動画より離脱されやすい

YouTubeショートで動画を作成・投稿するデメリットは、通常のYouTube動画より離脱されやすいことです。

YouTubeショートを視聴しているユーザーは「短い動画」を視聴する前提で動画を視聴しているので、長い時間動画を視聴しようと思っていない場合がほとんどです。

そのため、最初の数秒で面白いと感じなければ、すぐに次の動画にスワイプします。

通常のYouTube動画でも動画の冒頭は重要ですが、YouTubeショート動画ではより気を使う必要があります。

概要欄まで見てもらえない

YouTubeショートで動画を作成・投稿するデメリットは、概要欄まで見てもらえないことです。

通常のYouTube動画では、概要欄から動画の内容やチャンネルの特徴、動画の運営者などのさまざまな情報をユーザーへ提供でき、設置したリンクから運営サイトへ移動してもらうことも可能です。

一方、YouTubeショート動画では通常のYouTube動画と同様にタイトルやチャンネル名、チャンネル登録ボタンは表示されますが、概要欄が表示されません。

通常の動画を視聴してもらうためには、チャンネルページへ移動してもらう必要があります。

YouTubeショート動画を作成・投稿する方法

YouTube公式アプリからYouTubeショート動画を作成・投稿する手順は以下の通りです。

  1. YouTube公式アプリにログインする
  2. 画面下のメニューから「+」をタップし「ショート動画を作成」を選択する
  3. 再生時間を設定する
  4. 録画ボタンを押して撮影する
  5. 画面下のメニューから動画を編集する
  6. 画面右下の「次へ」をタップする
  7. タイトルや公開範囲、視聴者層などを設定する
  8. 「ショート動画をアップロード」をタップする

YouTube公式アプリでは、動画制作・投稿時に以下の機能を利用できるので、必要に応じて利用しましょう。

  • タイマー
  • フィルター
  • グリーンスクリーン
  • 速度変更
  • 音楽の追加
  • テキストの追加

動画を制作するコツ

YouTubeショート動画を制作するコツは以下の4つです。

  • ターゲットを設定し、投稿テーマを絞る
  • 冒頭の数秒でユーザーを引き込む
  • テンポの良さを意識する
  • 動画の最後に他動画やメイン動画へ誘導する

ターゲットを設定し、投稿テーマを絞る

YouTubeショート動画を制作する際には、まずターゲットを設定して投稿テーマを絞りましょう。

YouTubeショート動画は最大でも60秒しか視聴してもらえないので、動画で主張したいことを簡潔に伝える必要があります。

明確なターゲットを設定し、投稿テーマを絞ることで、ターゲットユーザーから注目してもらいやすくなります。

冒頭の数秒でユーザーを引き込む

YouTubeショート動画は画面をスワイプするだけで別の動画に切り替えられてしまうため、冒頭の数秒で気に入ってもらえなければ、簡単に離脱されてしまいます。

ユーザーの注意を引けるようなインパクトのあるシーンを冒頭に持ってくるようにしましょう。

テンポの良さを意識する

YouTubeショート動画は通常のYouTube動画のようにスキップすることができないため、動画のテンポが悪ければ視聴者は画面をスワイプして別の動画へ切り替えてしまいます。

最大60秒間という短い動画の中でも細かく場面を切り替えたり、テンポの良いBGMを利用したりすることで、テンポの良い動画を制作しましょう。

動画の最後に他動画やメイン動画へ誘導する

YouTubeショート動画では、通常のYouTube動画のように動画の最後で他動画やメイン動画へ誘導することができません。概要欄も表示されないため、他の動画へ直接誘導しにくい仕組みです。

動画の最後に他動画やメイン動画へ誘導するには、動画にテロップを挿入し、画面下のアイコンをクリックしてもらい、チャンネルページへ移動してもらう必要があります。

企業のYouTubeショート動画活用例

YouTubeショート動画をマーケティングに活用している企業の事例を紹介します。

パーソルキャリア株式会社

パーソルキャリア株式会社は、現役キャリアアドバイザーが転職に関する悩みや疑問に回答するYouTubeショート動画を公開し、転職サイトdodaへの集客に活用しています。

資生堂

資生堂は、自社商品を使用したメークのコツを紹介するYouTubeショート動画を公開し、商品の販売促進やブランディングに活用しています。

アトム法律事務所

アトム法律事務所は、法律に関する素朴な疑問に答えるYouTubeショート動画を公開し、集客やブランディングに活用しています。

ライオン株式会社

ライオン株式会社は、販売している商品の活用法を紹介するYouTubeショート動画を公開し、自社商品のプロモーションに活用しています。

YouTubeショート動画にチャレンジしてみよう

今回は、YouTubeショート動画の概要から収益化方法、収益の目安、制作のコツ、企業の活用事例まで解説しました。

YouTubeショート動画は高度な編集技術を必要としないため、手軽に動画マーケティングに取り組みたい場合におすすめです。

またTikTokの成長を見てわかるように、今後短尺動画はますます人気になるでしょう。

新たな動画の形として、ぜひ取り組んでみましょう。

弊社では高品質なYouTube動画を通常相場の1/3の価格で提供しているので、ご興味があればこちらもご覧ください。

資料ダウンロード
Lumiiの動画制作・動画マーケティングサービスについて紹介している資料です。Lumiiのサービス詳細や、制作実績をご覧いただけます。

YouTubeショート動画に関するよくある質問

ここでは、YouTubeショート動画に関するよくある質問に回答します。

YouTubeショートって何?

YouTubeショートとは、YouTubeが提供しているスマホアプリから再生時間最大60秒・縦長の動画を作成・投稿できる機能です。

総再生時間4,000時間にショート動画は含まれる?

視聴者がYouTubeショート動画を視聴した時間は、収益化の条件のひとつである「総再生時間4,000時間」には含まれません。

YouTubeショート動画の収益はどれくらい?

YouTubeショート動画で得られる収益の目安は、1再生当たり「0.003円〜0.01円程度」です。通常のYouTube動画の収益と比較すると少ないです。

YouTubeショート動画は最大何分?何秒?

YouTubeショート動画の再生時間は最大で60秒です。

YouTubeショートの収益化はいつから?

YouTubeショートの収益化は、2023年2月1日に開始されました。

YouTubeショートにならない原因は?

動画のアスペクト比が横長になっているか、動画の再生時間が60秒以下になっていないことが原因です。

アスペクト比を正方形もしくは縦長に設定し、動画の再生時間を60秒以下に変更しましょう。

関連記事
Related post