MENU
YouTubeチャンネルの登録者数を最速で増やす10個のテクニック
YouTubeチャンネル登録者数を増やすためのテクニック

「YouTubeチャンネルの登録者数を増やしたいけど、思うように増えない…。」
「YouTubeチャンネルの登録者数を増やすために何をしたらいいのかわからない…。」

YouTubeチャンネルの運営をしていると、そのような悩みをお持ちの方も多いかと思います。

そこで本記事では、YouTubeコンサルタントとして活動する私がYouTubeチャンネルの登録者数を最速で増やすための10個のテクニックについて解説をします。

具体的には、以下の10個のテクニックについて解説します。

  • ターゲットを明確にして専門性のあるチャンネルにする
  • 動画の冒頭10秒でユーザーを惹きつける
  • 動画内でチャンネル登録を促す
  • 透かしを設定する
  • 動画内に次回予告を入れる
  • 終了画面にチャンネル登録ボタンを設置する
  • コメントやいいねを促してユーザーとコミュニケーションを取る
  • 再生リストを作成する
  • YouTube以外のプラットフォームでも動画を共有する
  • 関連性が高いチャンネルの動画にコメントする

1つ1つ取り組んで、YouTubeチャンネルの登録者数を最速で増やしていきましょう。

ターゲットを明確にして専門性のあるチャンネルにする

YouTubeチャンネルの登録者数を増やす上で最も重要なポイントの1つが「ターゲットを明確にして専門性のあるチャンネルにすること」です。

なぜなら専門性の高いチャンネルであるほど、YouTubeのアルゴリズム上、有利に働くためです。

YouTubeでは、視聴者の関心に合わせて、さまざまな動画を視聴者に表示します。

あなたも何かの動画を視聴した後に同じような動画ばかりがYouTubeに並んでいるのを見たことがあるかもしれません。

このようにYouTubeでは、ユーザーの視聴傾向に合わせた動画を表示してくれます。

この際にYouTubeチャンネルの専門性が明確になっていないと、YouTubeはあなたのチャンネルをどのようなユーザーに届けたら良いのかわからなくなってしまいます。

YouTubeがチャンネルの内容を理解できない場合、露出の機会は大幅に減り、チャンネル登録者数は増えにくくなってしまうのです。

このような状況を避けるために、まずはターゲットを明確にして、可能な限り専門的なYouTubeチャンネルを作りましょう。

たとえば料理に関するチャンネルであれば料理動画だけ、旅行に関するチャンネルであれば旅行動画だけにするなど、ジャンルに特化した動画だけをアップロードするのがポイントです。

動画の冒頭10秒でユーザーを惹きつける

YouTubeチャンネルの登録者数を増やすためには、「動画の冒頭10秒でユーザーを惹きつけること」が重要です。

YouTube上のユーザーは基本的に暇つぶしで何となく動画を視聴しています。

そのような状態の人に動画を視聴してもらうためには、動画の冒頭で興味を持ってもらう必要があります。

冒頭で興味を引けない場合、ユーザーはすぐに離脱して、他の動画に移ってしまいます。

具体的には、動画の冒頭10秒間で以下の内容を伝えましょう。

  • 動画の結論
  • 動画を視聴してもらうことのメリット
  • インパクトのあるフレーズ

最近では、動画内のダイジェストを切り抜き、動画内で盛り上がっている場面を冒頭の5〜10秒程度流す動画も増えてきています。

動画のオープニングが以下のような場合には、ユーザーの離脱を生んでしまうので気をつけましょう。

  • 自己紹介や前置きが長く、なかなか本題に入らない
  • 動画の全体像がわからず、何が見れる動画なのかわからない
  • テンポが悪く場面の切り替わりが遅い

悪いパターンに当てはまらないように注意をして動画の冒頭部分を作り込みましょう。

動画内でチャンネル登録を促す

YouTubeチャンネルの登録者数を増やすためには、YouTubeの動画内でチャンネル登録を促すことも欠かせません。

シンプルにチャンネル登録を促す他にもいくつかポイントがあります。

  • 動画の冒頭と最後の2回チャンネル登録を促す
  • チャンネル登録することで通知が届くので動画を見逃しにくくなることを伝える
  • チャンネル登録してもらった場合の特典を用意しておく

このような工夫を取り入れることで、チャンネル登録率が高まります。

YouTubeチャンネルの登録者数を増やすために対応しておきましょう。

透かしを設定する

YouTubeチャンネルの登録者数を増やすためには「透かし」を活用するのもポイントです。

「透かし」とは動画の右下に表示される、薄い画像のことを指します。

動画内に透かしを入れておくことで、視聴者の自由なタイミングでチャンネル登録ができるようになります。

地味な設定のように思われるかもしれませんが、YouTubeチャンネルの登録者数を増やす上では非常に効果的なので、設定しておきましょう。

YouTubeが公式に提供している「YouTube Studio」の「ブランディング」タブから簡単に設定できます。

動画内に次回予告を入れる

動画内に次回予告を入れることも、YouTubeチャンネルの登録者数を増やす上で効果的です。

ドラマなどを思い浮かべていただくと分かりやすいと思いますが、人には「続き」があると気になってしまう性質があります。

「次はこんな動画がアップロードされるんだ。見逃したくないな。」と思ってもらうことができれば、自然とチャンネル登録をしてもらえます。

次回アップロードする動画も事前に制作しておき、動画の最後にダイジェストを入れるようにしてみましょう。

また動画をアップロードするタイミングは可能な限り同じタイミングが望ましいです。

「毎週○曜日の○時」や「毎日○時」など、タイミングが一定だと視聴者に思い出してもらいやすくなります。

終了画面にチャンネル登録ボタンを設置する

YouTubeチャンネルの登録者数を増やしたい場合には、終了画面に必ずチャンネル登録ボタンを設置しましょう。

YouTubeには、終了画面に任意のボタンを設置できる機能があるので、この機能を活用しましょう。

チャンネル登録ボタンを設置する際には以下のポイントを意識しましょう。

  • 登録ボタンを目立つデザインにして視聴者が注目しやすくする
  • 登録ボタンを設置するだけでなく、チャンネル登録を促すナレーションも加える

また複数の動画を見てから、チャンネル登録をするかどうかの判断をするユーザーも多いです。

そのため、チャンネル登録ボタン以外にも、関連するおすすめ動画や再生リストのボタンを終了画面に設置するのが望ましいです。

コメントやいいねを促してユーザーとコミュニケーションを取る

ユーザーとのコミュニケーションが活発なYouTubeチャンネルは登録者数も増えやすいです。

YouTubeチャンネルに登録するというのは、「チャンネルのファンになる」とも言い換えられます。

ファンになってもらうためには、積極的にユーザーとコミュニケーションを取るのが効果的です。

全く関わりがない人よりも、動画のコメント欄で返信があったり、コメントに対するいいねがついていたりする方が好感度を持てるはずです。

ユーザーとのコミュニケーションを活性化させるために、動画内では積極的にコメントやいいねを促しましょう。

今後企画して欲しい動画内容についてリクエストを送ってもらうように依頼するのも効果的です。

ユーザーとの接点を増やすためにどのような工夫ができそうかを考えてみましょう。

再生リストを作成する

YouTubeチャンネルの登録者数を増やすために再生リストを作成するのも効果的です。

「再生リスト」とは関連のある動画をリストにして、ユーザーに連続再生してもらえる仕組みです。

カテゴリーごとで再生リストを整理することで、ユーザーは自分の関心に合った動画を簡単に見つけられるようになります。

再生リスト内の動画を数多く視聴してもらえると、ユーザーも価値を感じて、チャンネル登録をしてもらいやすくなります。

YouTubeチャンネル内の動画数が少ないときは必要ないかもしれませんが、30本程度を超えるあたりから、見たい動画を見つけるのが難しくなります。

YouTubeチャンネル内の動画本数が増えてきたタイミングで再生リストを作成することを検討してみましょう。

YouTube以外のプラットフォームでも動画を共有する

YouTube以外のプラットフォームでも動画を共有することで、YouTubeチャンネルの登録者数を増やしやすくなります。

たとえば以下のプラットフォームを活用してみましょう。

  • 自社サイト
  • オウンドメディア
  • ブログ
  • Facebook
  • Instagram
  • Twitter
  • RedditやQuoraなどのコミュニティサイト

YouTube以外の媒体も活用しながら、YouTubeチャンネルの登録者数を増やしていきましょう。

関連性が高いチャンネルの動画にコメントする

関連性が高いチャンネルの動画にコメントすることも、YouTubeチャンネルの登録者数を増やす上で有効な施策です。

YouTubeを視聴しているユーザーはコメント欄を閲覧することも多いため、関連する動画に対して有益なコメントをしていると、ユーザーに自社チャンネルを発見してもらえる可能性があります。

動画再生回数が多い人気のあるチャンネルであればあるほど、コメントを見てもらえる可能性は高まります。

また関連性が高いチャンネルであれば、コラボ動画など何かしらの提携チャンスにつながる場合もあります。

関連するYouTubeチャンネルを調査して、積極的にコミュニケーションを取ってみましょう。

YouTubeチャンネル登録者数を増やすテクニックを使って、最短でチャンネルを伸ばそう

本記事では、YouTubeチャンネル登録者数を増やす10個のテクニックについて解説しました。

  • ターゲットを明確にして専門性のあるチャンネルにする
  • 動画の冒頭10秒でユーザーを惹きつける
  • 動画内でチャンネル登録を促す
  • 透かしを設定する
  • 動画内に次回予告を入れる
  • 終了画面にチャンネル登録ボタンを設置する
  • コメントやいいねを促してユーザーとコミュニケーションを取る
  • 再生リストを作成する
  • YouTube以外のプラットフォームでも動画を共有する
  • 関連性が高いチャンネルの動画にコメントする

まずは可能なポイントからでも構わないので、自社のYouTubeチャンネルで試してみてください。

また弊社ではYouTubeチャンネルの登録者数を増やすためのコンサルティングサービスも提供しています。

より効果的なYouTubeチャンネル運営をしていきたいという場合には、ぜひ本サービスの詳細をご覧ください。

資料ダウンロード
LumiiのYouTubeコンサルティングについて紹介している資料です。コンサルティングサービスの詳細や、支援実績をご覧いただけます。

YouTubeチャンネル登録者数を増やす上でのよくあるご質問

ここでは、YouTubeチャンネル登録者数を増やす上でのよくあるご質問に回答します。

YouTubeの登録者を増やすには?

YouTubeチャンネルの登録者数を増やすには以下の10個の方法があります。

  • ターゲットを明確にして専門性のあるチャンネルにする
  • 動画の冒頭10秒でユーザーを惹きつける
  • 動画内でチャンネル登録を促す
  • 透かしを設定する
  • 動画内に次回予告を入れる
  • 終了画面にチャンネル登録ボタンを設置する
  • コメントやいいねを促してユーザーとコミュニケーションを取る
  • 再生リストを作成する
  • YouTube以外のプラットフォームでも動画を共有する
  • 関連性が高いチャンネルの動画にコメントする

YouTubeの登録者が増えない理由は何ですか?

YouTubeの登録者が増えない理由は、ユーザーが動画の内容に満足していない可能性があります。

ユーザーが動画に期待している以上の価値を提供できているかを改めて確認しましょう。

チャンネル登録者1,000人を達成するには何ヶ月かかる?

チャンネル登録者1,000人を達成するには、3ヶ月〜1年程度かかります。

ただし、動画の内容や競合状況、世の中のトレンドによっても、登録者1,000人に到達するまでの期間は大きく異なります。

関連記事
Related post