MENU
アプリ紹介動画の特徴や制作ポイントを解説!種類やプロモーション方法、作り方も紹介

最近では、アプリのダウンロード数を増やすために、アプリ紹介動画を活用する企業も増えてきました。

一方、アプリ紹介動画を制作するノウハウがなく、動画の制作やプロモーション方法などに悩んでいる方も多いでしょう。

本記事では、アプリ紹介動画の制作を検討している方向けに、アプリ紹介動画の特徴や種類、プロモーション方法などについて解説しています。

ぜひ本記事をアプリ紹介動画の制作にお役立ていただければ幸いです。

アプリ紹介動画の特徴・メリット

アプリ紹介動画には以下の特徴・メリットがあります。

  • アプリ利用のイメージを直感的に伝えられる
  • SNSとの相性が良く、拡散されやすい
  • テキストよりも情報量が多いので、興味を持ってもらいやすい

それぞれ詳しく解説していきます。

アプリ利用のイメージを直感的に伝えられる

アプリを利用するイメージを直感的に伝えられることがアプリ紹介動画の特徴です。

テキストと画像のみでアプリの使用方法を伝えるのは難しいですが、動画であればすぐに理解できます。

またアプリは「使ってみないとわからない」部分が大きいですが、動画であれば実際にアプリを使用しているイメージを映像化できるので、アプリの操作性も伝えやすいです。

SNSとの相性が良く、拡散されやすい

アプリ紹介動画はSNSとの相性が良く、拡散されやすいメリットがあります。

話題性のあるティザー動画やアプリの世界観を表現したブランディング動画は特にSNSで拡散されやすく、認知拡大やブランドイメージの向上につながります。

ストーリ性やエンタメ性を動画内に採り入れて、拡散されやすいアプリ紹介動画を制作しましょう。

テキストよりも情報量が多いので、興味を持ってもらいやすい

動画はテキストよりも情報量が多いので、興味を持ってもらいやすいという特徴があります。

アメリカの調査会社Forrester Researchの研究結果では、1分間の動画から伝わる情報量は、英単語180万語、Webページに換算すると約3,600ページと発表されています。

アプリ紹介動画を視聴してもらうことで、短い時間であっても、多くの情報を視聴者に伝えて興味を醸成できます。

結果として、アプリのダウンロード数を増加させることが期待できます。

アプリ紹介動画の種類

アプリ紹介動画には、主に以下の4種類の動画があります。

  • 広告動画
  • ハウツー(How To)動画
  • ティザー動画
  • ブランディング動画

それぞれのアプリ紹介動画の特徴について解説します。

広告動画

最もメジャーなアプリ紹介動画は「広告動画」です。

名前の通り、広告で配信することを目的にしたアプリ紹介動画です。

アプリの機能やメリット、利用シーンなど、アプリの魅力を伝える動画を制作します。

また動画の視聴者にすぐにアプリをダウンロードしてもらえるように、ダウンロードページへ誘導することも重要です。

期間限定のキャンペーンやプレゼントなどを用意して、アプリをダウンロードするモチベーションを高めることもポイントです。

ハウツー(How To)動画

ハウツー(How To)動画はアプリの使い方を紹介する動画です。

アプリの実際の画面を表示しながら、機能や使い方を紹介します。

画面のどこをタップしているかわかりやすくしたり、テキストを強調する編集を加えることで、よりわかりやすい動画にできます。

また動画を見て疑問を解消できるユーザーも増えるため、カスタマーサポートの負担を軽減できる効果も期待できます。

ティザー動画

ティザー動画は、商品・サービスのリリース前に、情報を小出しにすることで期待感を醸成する動画です。

ティザーは英語「teaser=じらす」が由来となっており、リリースまでの間にじらすことで、リリース後のダウンロード数を一気に伸ばすことが期待できます。

話題性のあるアプリの続編など、すでに一定以上の認知があるアプリの場合には効果を発揮しやすいです。

ブランディング動画

ブランディング動画は、ブランドイメージを向上させることが目的の動画です。

アプリの具体的な機能や操作方法ではなく、アプリの世界観を映像として表現します。

ブランディング動画を制作することで、アプリのブランドイメージ向上はもちろんのこと、企業全体のイメージアップにもつながります。

またブランディング動画は、視聴者にアプリの良い印象を与えられるため、SNSや動画配信サイトなどで拡散されやすいこともメリットです。

アプリ紹介動画のプロモーション方法

アプリ紹介動画を制作した後には、以下のプロモーション方法があります。

  • アプリダウンロードストア
  • Web広告
  • Webサイト・LPへの掲載

それぞれのプロモーション方法について具体的に解説します。

アプリダウンロードストア

アプリ紹介動画を制作したら、まずはアプリダウンロードストアに掲載しましょう。

アプリダウンロードストアで動画を配信すると、アプリのダウンロードを検討しているユーザーが最終的にダウンロードする際のひと押しになるでしょう。

アプリ紹介動画は、「App Store」や「Google Play」などのアプリダウンロードストアに無料で掲載できます。

アプリダウンロードストアに掲載する際は審査があるため、事前に規約を確認しておくことが必要です。

Web広告

アプリのダウンロード数を積極的に増やしていきたい場合には、Web広告上でアプリ紹介動画を配信しましょう。

YouTubeや、Instagram、Twitter、その他のWebメディアなど、広告配信できる媒体はさまざまです。

アプリのターゲット層との相性や、競合がどれだけ広告を配信しているかなどを見ながら、適切な媒体を選びましょう。

Webサイト・LPへの掲載

アプリ紹介動画を自社のWebサイトやLP(ランディングページ)に埋め込むことで、WebサイトやLPを訪問した人に、アプリ紹介動画を視聴してもらえます。

アプリ紹介動画を掲載することで、テキストのみの状態よりも、アプリの理解を促しやすく、ダウンロード率の向上が期待できます。

YouTubeの埋め込み機能などを利用することで、動画の設置も簡単に行えるので、アプリ紹介動画の制作後にはWebサイト・LPにも動画を掲載しましょう。

アプリ紹介動画の作り方

続いてアプリ紹介動画の作り方について解説します。

アプリ紹介動画は下記の工程で制作します。

  • 企画
  • 撮影・素材作成
  • 動画編集

それぞれの工程について詳しく解説します。

企画

まずはアプリ紹介動画の企画を作ります。

企画では、アプリ紹介動画の目的、ターゲット、動画構成、制作スケジュール、KPIなどを決定します。

企画段階で可能な限り情報を細かく整理できていると、その後の制作工程がスムーズに進みます。

多少時間がかかってしまっても企画は丁寧に進めることが大切です。

撮影・素材作成

続いて、撮影・素材作成を行います。

実写の場合であれば、キャスティングを行い、動画の制作に必要な撮影を行いましょう。

アニメーションの場合であれば、イラスト素材の作成・購入をしましょう。

アプリ紹介動画の場合、実際のアプリの画面がある方が視聴者がイメージしやすくなるので、アプリ画面の素材を集めておくことも重要です。

動画編集

アプリ紹介動画の制作に必要な素材が揃ったら、動画を編集します。

アプリ紹介動画をより魅力的に見せるためのBGMやナレーションを加えて、動画を制作します。

可能な限り動画の尺(長さ)は短くなるように意識しながら、わかりやすい動画に仕上げましょう。

社内に動画制作のノウハウがない場合には外注がおすすめ

ここまでアプリ紹介動画の作り方について紹介しましたが、社内に動画制作のノウハウがない場合には、動画制作会社に外注するのがおすすめです。

アプリ紹介動画の制作実績が豊富な動画制作会社に相談することで、アプリを魅力的に見せるためのさまざまな提案をもらうことができます。

弊社Lumiiでは、アプリ紹介動画の企画案を無料で作成しているので、「企画案を一度見てみたい」という場合には、お気軽にご相談ください。

効果的なアプリ紹介動画の制作ポイント

効果的なアプリ紹介動画を制作するには、以下の5つのポイントがあります。

  • 動画制作の目的を明確にする
  • アプリの強みを明確にする
  • 冒頭5秒以内にユーザーの興味を引く
  • 実際の操作画面を動画内で使う
  • アプリと動画のトンマナを合わせる

それぞれの作り方のポイントについて見ていきましょう。

動画制作の目的を明確にする

最初のポイントは、アプリ紹介動画を制作する目的を明確にすることです。

アプリ紹介動画には、ハウツー動画やティザー動画、ブランディング動画などの種類があり、目的によって制作する動画は異なります。

最終的な目的はアプリのダウンロード促進ですが、ユーザーにアプリの使い方をわかりやすく伝えたい場合にはハウツー動画が適していますし、リリースまでの期待感の醸成が目的であればティザー動画が適しています。

アプリ紹介動画の制作前には、必ず明確な目的を設定しましょう。

アプリの強みを明確にする

アプリの強みを明確にすることも、アプリ紹介動画を制作する上では重要です。

一般的にアプリ紹介動画は短い尺で制作することが推奨されるため、短時間でアプリのコンセプトを伝える必要があります。

そのため、アプリの強みを明確にできていないと、訴求軸がブレてしまい、視聴者に理解されづらい動画になってしまいます。

アプリ紹介動画の制作前には、競合調査なども行い、アプリの強みを整理しておきましょう。

冒頭5秒以内にユーザーの興味を引く

アプリ紹介動画を制作する際には、「冒頭5秒」を丁寧に作り込むことが重要です。

アプリ紹介動画はWeb広告で配信されるケースが多いですが、冒頭の5秒間で興味を引けない場合、残念ながら広告はスキップされてしまいます。

スキップできない広告を利用することもできますが、いずれにしても興味が引けない場合には、アプリ紹介動画に注目してもらうことはできません。

アプリ紹介動画を制作する際には、冒頭で強い印象を残せるような動画を制作しましょう。

実際の操作画面を動画内で使う

アプリ紹介動画では、積極的に実際の操作画面を動画内で使いましょう。

アプリのダウンロードを検討している多くのユーザーは、ダウンロードする価値のあるアプリなのかを見極めたいと考えています。

そのため、「アプリを実際にダウンロードしたらどうなるのか?」を知りたいと思っている場合がほとんどです。

そのようなユーザーに対して、実際のアプリの操作画面を動画内で見せることで、リアルな操作イメージが湧き、アプリをダウンロードしたいと思うようになります。

重要な箇所は強調する編集を加えるなどして、ビジュアル面の工夫をしながら、映像化しましょう。

アプリと動画のトンマナを合わせる

アプリと動画のトンマナを合わせることはも非常に重要です。

アプリがポップなイメージにも関わらず、アプリ紹介動画のトンマナがクールだと、視聴者は違和感を覚えてしまいます。

アプリ紹介動画がアプリの内容とズレていないかは丁寧に確認しましょう。

企業のアプリ紹介動画事例(株式会社Lumii制作動画実績)

ここでは、弊社が制作したアプリ紹介動画の事例を紹介します。

株式会社atta

動画の種類実写動画
予算40〜60万円程度
ポイント旅行予約アプリの紹介動画を制作しました。アプリの機能を紹介するだけでなく、アニメーションやBGMで旅行のワクワク感を演出できる動画に仕上げました。またスマホで利用できることをアピールするために、動画内では積極的にスマホを持たせた映像を利用しています。

アプリ紹介動画を制作することでアプリユーザーを効果的に増やそう

本記事では、アプリ紹介動画の特徴・メリット、種類、プロモーション方法、制作のポイントなどについて解説しました。

アプリ紹介動画は、アプリの機能やメリットをわかりやすく伝えられる効果的な動画コンテンツです。

本記事を参考にアプリ紹介動画の制作ご検討いただければ幸いです。

弊社では、アプリ紹介動画を業界相場の1/3以下の価格で制作する「Lumii Video Hub」を提供しています。

アプリ紹介動画を制作する場合には、コストを抑えながら高品質な動画を制作できるので、ぜひ詳細をご覧ください。

資料ダウンロード
Lumiiの動画制作・動画マーケティングサービスについて紹介している資料です。Lumiiのサービス詳細や、制作実績をご覧いただけます。

アプリ紹介動画のよくある質問

ここでは、アプリ紹介動画のよくある質問に回答します。

アプリ紹介動画はどのような内容がいいですか?

アプリ紹介動画では、アプリの特徴やメリット、使用方法について紹介しましょう。

また目的に合わせて、ティザー動画や、ブランディング動画を制作することもおすすめです。

アプリ紹介動画をどのように活用したらいいですか?

アプリ紹介動画の活用方法は主に以下の3つです。

  • アプリダウンロードストア
  • Web広告
  • Webサイト・LPへの掲載

詳細は「アプリ紹介動画のプロモーション方法」をご覧ください。

自分で簡単に動画を作る方法はありますか?

動画編集ソフトを利用することで、動画を自作することも可能です。

ただし、広告目的で動画を利用する場合には、高い品質が求められます。

品質の高い動画を制作する場合には、専門の動画制作会社に依頼するのが望ましいです。

関連記事
Related post