MENU
動画制作初心者のための動画編集の基本を徹底解説!
初心者向けはじめての動画制作・動画編集

「動画制作初心者で、どのように動画を作ればいいかわからない…。」
「動画制作初心者におすすめの動画編集ソフトを知りたい。」

そのようにお考えの方に向けて、本記事では、動画制作初心者の方が押さえておきたいポイントについてわかりやすく解説しています。

また動画制作初心者の方向けの編集ソフトについても解説しているので、ぜひご参考にしてください。

【初心者向け】動画制作に必要なツール

初めて動画制作を行う場合に、最低限必要となるツールは下記です。

  • パソコン
  • カメラ
  • 動画編集ソフト

それぞれ具体的に解説していきます。

パソコン

まず必要となるのが、パソコンです。

スマホやタブレットなどで動画編集できるアプリもありますが、動画編集作業は使用するメモリ容量が大きいため、可能であればパソコンを用意できるのが理想的です。

またパソコンのスペックも低いものを選んでしまうと、編集作業がスムーズに行えない可能性があります。

編集ソフトによって、推奨されるパソコンスペックは異なるので、編集ソフトを決めてからパソコンの購入も検討しましょう。

カメラ

アニメーション動画など、撮影を必要としない場合を除いて、基本的には動画を制作するためにはカメラを用意する必要があります。

最近では、スマホのカメラの性能が高いため、必ずしも本格的なカメラを用意しなくとも、十分クオリティの高い動画を制作することができます。

最近では、手ブレ補正機能がついているスマホがほとんどですが、三脚などを用意しておくとより安定した撮影を行うことが可能です。

動画編集ソフト

動画制作のためには、動画編集ソフトも欠かせません。

動画編集ソフトにもさまざまな種類があるので、各編集ソフトの特徴を比べながら、自分に合ったものを選ぶのが重要です。

本記事でも「初心者におすすめの動画編集ソフト」を紹介しているので、こちらもぜひ参考にしてください。

動画制作・動画編集の基本ステップ

ここからは、動画制作・動画編集の基本ステップについて解説します。

動画制作・動画編集の基本的なステップは下記です。

  • 動画制作の目的・ターゲットを整理
  • 目的・ターゲットに適した企画案の作成
  • 撮影・素材の準備
  • 動画編集
  • 動画の書き出し

それぞれのステップについて解説します。

動画制作の目的・ターゲットを整理

まずは動画制作の目的・ターゲットの整理から行いましょう。

動画制作の目的とターゲットが明確になっていないと、本来の目的を達成できない動画を制作してしまう可能性があります。

「動画制作によって何を実現したいのか?」
「制作した動画は誰に視聴してもらうのか?」

この2点を最初に明確にしましょう。

目的・ターゲットに適した動画企画案の作成

目的とターゲットが明確になったら、続いて動画の企画案を作成します。

  • 動画のストーリー
  • セリフ
  • 必要なカット
  • 動画の尺

上記の情報などを整理して、動画の全体像を明確にしましょう。

撮影・素材の準備

続いて、撮影・素材の準備を行います。

実写の場合であれば撮影を行い、アニメーションの場合にはイラストを作成して、必要なカットを一つ一つ準備していきます。

動画編集

準備をした素材を動画編集ソフトに取り込み、動画の編集作業を行います。

素材の不要な部分をカットしてつなげたり、テロップ(字幕)やBGM、ナレーションをつけたりして、より見やすい動画に整えていきます。

動画の書き出し(出力)

動画編集作業が完了したら、動画の書き出し(出力)を行い、掲載したい媒体に合わせたフォーマットに変換します。

動画を書き出す際には、画質の設定などができますので、掲載先の推奨基準に合わせて書き出すようにしましょう。

基準に対して高画質すぎると、ファイル容量が大きくなりすぎて、アップロードに時間がかかったり、場合によってはアップロードできなかったりするので、気をつけましょう。

動画制作・動画編集のポイント

動画制作・動画編集のポイントは下記の3つです。

  • いろいろな情報を詰め込みすぎない
  • テンポ感を意識して編集する
  • 動画のトンマナを合わせる

それぞれのポイントについて詳しく解説していきます。

いろいろな情報を詰め込みすぎない

動画制作・動画編集の初心者の頃によくやってしまうのは、ついいろいろな情報を詰め込みすぎてしまうことです。

動画素材を多く使いすぎてしまったり、過度にテロップや効果音をつけてしまったりします。

動画の情報量が多すぎると、結局何を伝えたい動画なのかがはっきりせず、視聴者の印象に残らない動画になってしまいます。

テンポ感を意識して編集する

動画編集では、テンポ感を意識して編集するのが重要です。

テンポが良くない動画は視聴者に飽きられてしまいやすく、動画の途中で離脱されてしまうリスクが高まります。

退屈だと感じないテンポ感のよい動画になっているかを確認しながら、動画を編集しましょう。

動画と商品・サービスのトンマナを合わせる

動画制作の際には、動画と商品・サービスのトンマナを合わせることも重要です。

たとえば、ポップな印象を持つ商品・サービスであれば、カラフルな色使いをしたり、明るいBGMを挿入したりします。

一方、高級感を売りにしている商品・サービスの場合には、落ち着いた洗練されたトンマナにすべきです。

商品・サービスの持つ印象と、動画のトンマナがずれてしまうと、視聴者に違和感を与えてしまうことになるので、注意しましょう。

初心者におすすめの動画編集ソフト

ここからは動画制作の初心者におすすめの動画編集ソフトを3つ紹介します。

  • Microsoftフォト(Windows)
  • iMovie(Mac)
  • Adobe Premiere Pro

初めて動画制作・動画編集に取り組む場合には、ぜひ参考にしてください。

Microsoftフォト(Windows)

Windowsユーザーの方におすすめなのは、Windows10に標準で搭載されている「Microsoftフォト」です。

カット、BGM・テキスト挿入、モーションなどの効果の追加が可能です。

動画制作初心者の方が必要となる機能は一通り搭載されているので、windowsユーザーの方はまず「Microsoftフォト」から利用するのがおすすめです。

iMovie(Mac)

Macユーザーの方におすすめなのは、Macに標準搭載されている「iMovie」です。

カット、BGM・テキスト挿入、トランジション効果の追加など、基本的な機能は一通り網羅されています。

普段からMacを使われている方であれば、直感的に操作できるので、動画制作の初心者の方であってもスムーズに利用できます。

Adobe Premiere Pro

「Adobe Premiere Pro」はプロクリエイターの方も使用する動画編集ソフトです。

「プロクリエイターも使っている」と聞くと難しい印象を持つ方もいるかと思いますが、動画制作初心者の方であっても非常に使いやすい動画編集ツールです。

ツールの仕様に慣れるまでは難しく感じるかもしれませんが、すぐに慣れることができます。

動画制作初心者の場合には、動画制作会社に依頼する選択肢も

本記事では、動画制作初心者の方向けに、動画制作に必要なツール、動画制作ステップ、動画制作のポイント、おすすめの動画編集ソフトについて解説しました。

ここまでの説明を聞いてみて、「自分には難しそうだ…」と感じられた場合には、動画制作会社に依頼をするという選択肢もあります。

弊社では、従来の1/3以下の価格で動画を制作するサービス「Lumii Video Hub」を提供しているので、コストを抑えて動画を制作したい場合には、ぜひ参考にしてください。

資料ダウンロード
Lumiiの動画制作・動画マーケティングサービスについて紹介している資料です。Lumiiのサービス詳細や、制作実績をご覧いただけます。

動画制作初心者に関するよくあるご質問

ここからは、動画制作初心者に関するよくあるご質問に回答します。

動画制作に最低限必要なものは何ですか?

動画制作に最低限必要なものは下記の3点です。

  • パソコン
  • カメラ
  • 動画編集ソフト

詳しくは「【初心者向け】動画制作に必要なツール」をご覧ください。

動画制作・動画編集のステップについて教えてください。

動画制作・動画編集のステップは下記です。

  • 動画制作の目的・ターゲットを整理
  • 目的・ターゲットに適した企画案の作成
  • 撮影・素材の準備
  • 動画編集
  • 動画の書き出し

詳しくは「動画制作・動画編集の基本ステップ」をご覧ください。

動画制作・動画編集のポイントはありますか?

動画制作・動画編集のポイントは下記です。

  • いろいろな情報を詰め込みすぎない
  • テンポ感を意識して編集する
  • 動画のトンマナを合わせる

詳しくは「動画制作・動画編集のポイント」をご覧ください。

関連記事
Related post