MENU
【テンプレートあり】動画制作の企画書の作り方をわかりやすく解説!【2024年最新】

動画制作の企画書作りは、動画制作のプロジェクトを進めていく上で、非常に重要な作業です。

本記事では、動画制作の企画書のテンプレートを紹介しているので、ぜひ本テンプレートに沿って企画書を作成していただければ幸いです。

また企画書の作り方や、良い企画書のポイントについても紹介しています。

動画制作の企画書を作る必要がある場合には、ぜひ最後までご覧ください。

動画制作の企画書テンプレート

動画制作の企画書に必要な項目と記入例について、以下のテンプレートをご参考ください。

動画制作会社に依頼をする場合には、各項目の整理を動画制作会社が支援してくれます。

「何を書いたらよいかわからない…。」という場合には、制作パートナーに相談してみましょう。

企画タイトル会計ソフト「〇〇」のWebCM制作
背景・目的広告出稿により、サービスの認知度を高めて、商談数を増加させる。
現状の課題現状の商談獲得チャネルが頭打ちしてしまっているため、新たな商談獲得チャネルを開拓する必要がある。
ターゲット ・企業の売上規模:10億円〜100億円
・役職:経営者
ターゲットが抱えている悩み 現状導入している会計ソフトはクラウド型でないため、ソフトを使用できる場所やイミングが限られていることに課題を感じている。
商品・サービスの強み ・クラウド型のソフトウェアなので、どこからでもアクセス可能
・エクセルでの運用などと比較して工数を大幅に下げられる
・競合他社製品と比較して安価な料金体系
配信媒体 ・Facebook広告
・YouTube広告
・タクシー広告
KPI ・指名検索数を〇〇%向上させる
・流入数を〇〇%向上させる
・CV数を〇〇%向上させる
・CPA〇〇円以内
動画のポイント いつでも、どこでもソフトウェアにアクセスできることを直感的に理解してもらうために、あらゆる時間帯のさまざまなロケーションを映し出す。どのシチュエーションであっても快適にソフトウェアを操作している様子を強調する。
参考動画参考動画のURLを記載。
動画の長さ ・15秒
・30秒
ストーリーボード(絵コンテ)別資料などでストーリーボード(絵コンテ)を作成。
予算 ・制作費用:〇〇万円
・キャスト費:〇〇万円
・スタジオ費:〇〇万円
・合計:〇〇万円
制作スケジュール ・企画作成:〇月〇日〜〇月〇日
・撮影準備:〇月〇日〜〇月〇日
・撮影:〇月〇日〜〇月〇日
・編集:〇月〇日〜〇月〇日
・MA:〇月〇日〜〇月〇日
・公開日:〇月〇日

企画タイトル

企画のタイトルを記載します。誰が見ても一目で企画内容が理解できるように簡潔に記載しましょう。

背景・目的

動画制作の背景と目的を整理します。
達成したい目的によって制作すべき動画の内容が大きく異なるので、動画制作において重要な情報です。

現状の課題

現状の課題を整理します。

ターゲット

制作する動画の視聴ターゲットを記載します。
BtoBの場合には、企業の特徴も整理しましょう。
ターゲットに関する情報は具体的であればあるほど、動画の訴求軸が明確になります。

ターゲットが抱えている悩み

ターゲットの整理ができたら、ターゲットの抱えている悩みも記載しましょう。
動画の目的にもよりますが、一般的にはターゲットの抱えている悩みを解決できることを動画内で訴求するので、重要な情報となります。

商品・サービスの強み

商品・サービスの強みを整理することで、動画内で強調したいポイントを明確にします。

配信媒体

動画の配信媒体を記載します。
配信媒体によって、動画の尺や縦横比率など入稿フォーマットが異なるので、企画書を制作するタイミングで配信媒体を整理できているのが望ましいです。

KPI

「指名検索数」「流入数」「CPA」など、達成したい目的に合わせて、重要な指標を記載します。

動画のポイント

動画において最も重要なポイントを記載します。
動画制作前に強調したい箇所が明確になっていることで、軸をぶらさずに動画の制作を進められます。

参考動画

参考となる動画を整理します。
参考動画があることで、今後制作する動画について、関係者の認識を解像度高く合わせられます。

動画の長さ

制作する動画の長さ(尺)を記載します。
動画の配信媒体によって、配信できる長さは異なるため、複数パターンが必要な場合には、その旨も記載しましょう。

ストーリーボード(絵コンテ)

ストーリーボード(絵コンテ)とは、動画の構成がわかるように、「動画のカット」と「セリフ」が一つになった資料です。
ストーリーボード(絵コンテ)を用意することで、動画に必要な素材が明確になります。

予算

動画制作にかかる予算を記載します。
合計金額だけでなく、動画の内訳も記載するのが望ましいです。

制作スケジュール

動画完成までの制作スケジュールを記載します。
動画制作は通常1ヶ月〜2ヶ月程度の期間を要するので、各工程ごとのスケジュールを把握できるようにしておきましょう。

動画制作の企画書の作り方

ここからは、動画制作の企画書の作り方について解説します。

動画制作の企画書は以下の手順で作成します。

  • 動画制作の目的と現状の課題を整理する
  • 動画制作のターゲットとターゲットの悩みを明確にする
  • 商品・サービスの強みを明確にして訴求軸を決める
  • 配信媒体を決める
  • 動画の長さ(尺)を決める
  • 参考動画を集めて表現方法を決める
  • ストーリーボード(絵コンテ)を作成する
  • 予算・制作スケジュールを決める

動画制作会社に依頼する場合には、制作パートナーに相談しながら企画書を制作することをおすすめします。

動画制作の目的と現状の課題を整理する

動画制作の企画書を作成する際には、まず動画制作の目的と現状の課題を整理します。

「どのような背景があり、何を目的として動画を制作するのか?」
「現状はどのような課題があり、何を解決したいのか?」

目的と課題を整理することで、動画にどのような役割を持たせるのかを洗い出しましょう。

動画制作のターゲットとターゲットの悩みを明確にする

続いて動画制作のターゲットとターゲットの悩みを明確にします。

ターゲットの年齢、性別、特徴や、日々どのようなことに困っているのかを整理します。

商品・サービスの強みを明確にして訴求軸を決める

ターゲットとターゲットの悩みの整理ができたら、商品・サービスの強みを明確にして訴求軸を決めます。

「商品・サービスの強みによって、ターゲットのどのような悩みを解決できるのか?」
「ターゲットの悩みを解決することで、ターゲットにはどのようなメリットがあるのか?」

このようなポイントを中心に動画の訴求軸を決めていきましょう。

配信媒体を決める

動画制作の企画書では、「配信媒体」に関する情報も記載しましょう。

配信先によって、制作する動画の長さやフォーマットが異なるためです。

また配信先によって、動画の視聴環境も異なるので、動画の内容自体にも影響を与えます。

動画の長さ(尺)を決める

制作する動画の長さ(尺)を決めます。

動画の配信先や利用目的によって動画の長さ(尺)は異なります。

複数パターンの動画が必要なこともあります。

参考動画を集めて表現方法を決める

続いて、参考動画を集めて動画の表現方法を決めましょう。

参考動画をベースにして、アニメーションにするのか、実写にするのか、3DCGを使うのかなど表現方法を決定しましょう。

ストーリーボード(絵コンテ)を作成する

ストーリーボード(絵コンテ)を作成します。

動画の大枠の展開がわかるように、各カットのイメージと、そのカットで表現したい内容・セリフを整理しましょう。

予算・制作スケジュールを決める

最後に今回の動画制作プロジェクトにかけられる予算と、具体的なスケジュールを決めましょう。

良い企画書を作るポイント

良い動画制作の企画書を作るポイントは下記です。

  • 動画制作の目的を丁寧に整理する
  • 誰のどんな悩み・課題を解決できるのかを明確にする
  • あらゆる観点から参考動画を探す

それぞれのポイントについて詳しく解説します。

動画制作の目的を丁寧に整理する

良い動画制作の企画書を作る1つ目のポイントは「動画制作の目的を丁寧に整理する」ことです。

動画制作の目的が曖昧なまま、動画制作を進めてしまうと、動画の軸が定まらず、メッセージが響かない動画になってしまいます。

「何となく動画を作りたい」という理由ではなく、明確な目的を設定することで、動画の効果を最大限引き上げることができます。

動画制作の企画書を作る際には、動画制作の目的を丁寧に整理することから始めましょう。

誰のどんな悩みを、どのように解決できるのかを明確にする

良い動画制作の企画書を作る2つ目のポイントは「誰のどんな悩みを、どのように解決できるのかを明確にする」ことです。

  • 誰の
  • どんな悩み
  • どのように解決するのか

ほとんどの動画では、この3つの情報がコアメッセージとなります。

これらの情報を具体的にしていくことで、視聴者に商品・サービスの良さをしっかりと理解してもらえるようになります。

あらゆる観点から参考動画を探す

良い動画制作の企画書を作る3つ目のポイントは「あらゆる観点から参考動画を探す」ことです。

たとえば動画の要素の一部としては下記が挙げられます。

  • ストーリー
  • 表現方法
  • ナレーション
  • BGM
  • キャスト
  • 背景
  • デザインのトンマナ

このようなあらゆる観点から参考動画を見つけておくことができると、作りたい動画のイメージがはっきりとしてきます。

「動画」という性質上、テキストや口頭の説明のみでは、どうしても周りの人にイメージを持ってもらうことが難しいです。

そこで、可能な限りあらゆる観点で参考動画を用意することで、関係者間で動画の共通認識を持ちやすくなります。

動画制作の企画書を準備して高品質な動画を制作しよう!

本記事では、動画制作の企画書のテンプレートや、企画書の作り方、良い企画書作りのポイントについて解説しました。

質の高い企画書を作ることができれば、社内での調整もスムーズになり、動画自体のクオリティも高めることができます。

動画制作の企画書を作られる場合には、ぜひ本記事を参考にしていただければ幸いです。

また弊社では従来の1/3以下の価格で高品質な動画を制作するサービスを提供していますので、動画制作をご検討されている場合には、あわせてご覧ください。

資料ダウンロード
Lumiiの動画制作・動画マーケティングサービスについて紹介している資料です。Lumiiのサービス詳細や、制作実績をご覧いただけます。

動画制作の企画書に関するよくあるご質問

ここでは、動画制作の企画書に関するよくあるご質問に回答します。

動画制作の企画書とは何ですか?

動画制作の企画書とは、動画制作の目的、ターゲット、動画内容、予算、スケジュールなどの情報を整理した書類です。

企画書には何を書けばいいですか?

動画制作の企画書に書く内容は下記です。

  • 企画タイトル
  • 背景・目的
  • 現状の課題
  • ターゲット
  • ターゲットが抱えている悩み
  • 商品・サービスの強み
  • 配信媒体
  • KPI
  • 動画のポイント
  • 参考動画
  • 動画の長さ
  • ストーリーボード(絵コンテ)
  • 予算
  • 制作スケジュール

詳しくは「動画制作の企画書テンプレート」をご覧ください。

関連記事
Related post