MENU
会社紹介動画の制作ポイントを解説!メリット・企業の動画事例も紹介

会社紹介動画は、企業の魅力をわかりやすく伝えるために非常に有効な動画コンテンツです。

本記事では、会社紹介動画の事例や、メリット、制作ポイントなどについて解説します。

会社紹介動画の制作をご検討されている場合には、ぜひ参考にしてください。

会社紹介動画とは?

会社紹介動画とは、会社を紹介することを目的にした動画です。

会社の事業内容を紹介したり、社長や従業員のインタビュー映像を流したり、会社紹介動画にはさまざまな種類があります。

会社紹介動画を制作することで、顧客や投資家、求職者などに対して、会社の魅力を伝えることができます。

会社紹介動画を制作するメリット・効果

会社紹介動画を制作するメリット・効果は以下です。

  • テキストでは伝わりにくい企業理念やカルチャーを伝えやすい
  • 短時間で効率的に情報を伝えられる
  • 会社の信頼度アップにつながる
  • 会社のバーチャル見学ができる
  • あらゆる場面で活用できる

それぞれのメリット・効果について解説していきます。

テキストでは伝わりにくい企業理念やカルチャーを伝えやすい

会社紹介動画を制作することで、テキストでは伝わりにくい企業理念やカルチャーを伝えられるようになります。

企業理念や従業員の雰囲気などの抽象的な概念は、テキストでは説明が難しく、受け手も理解しにくい場合があります。

動画であれば、抽象的な概念であっても視覚化して伝えることができるので、視聴者はスムーズに内容を理解できます。

短時間で効率的に情報を伝えられる

会社紹介動画を制作することで、短時間で効率的に情報を伝えられます。

アメリカの調査会社Forrester ResearchのJames L. McQuivey博士の研究では、1分間の動画で、英単語180万単語、Webページ3,600ページ分の情報を伝えられることがわかっています。

動画は情報の圧縮性に優れているので、短時間で会社のことを理解してもらいたい場合に、最適なコンテンツです。

会社の信頼度アップにつながる

会社紹介動画を制作することで、会社の信頼度アップにつなげることができます。

動画を視聴してもらうことで、これまで以上に動画のことを深く知ってもらえるでしょう。

またクオリティの高い動画をWebサイトに掲載しておくことで、サイトに訪問したユーザーに、信頼性の高い会社だと思ってもらえる可能性もあります。

会社の信頼度を高める目的でも、会社紹介動画の制作は効果的です。

会社のバーチャル見学ができる

会社紹介動画では、オフィスの様子や会社の保有する工場の様子などを映像で伝えることができます。

直接現場まで足を運ばなくても、動画を通じてバーチャル見学ができるので、リアルな会社の様子を知ってもらうことが可能です。

また通常の会社見学の場合、案内するための工数なども必要ですが、動画であればそのような工数もかかりません。

あらゆる場面で活用できる

会社紹介動画は、マーケティング、営業、採用、IRなど、あらゆる場面で活用できる動画です。

またオンライン・オフライン問わず、繰り返し動画を使えるため、非常に費用対効果が高いです。

あらゆる場面で会社の説明コストを削減することにもつながるので、メリットが大きい動画です。

会社紹介動画の種類

会社紹介動画には、主に以下3種類の動画があります。

  • 事業紹介型
  • コンセプト紹介型
  • インタビュー型

それぞれの動画について解説していきます。

事業紹介型

会社紹介動画で最も多いのは、「事業紹介型」の動画です。

事業紹介型の動画は、その名の通り、事業を紹介するための動画です。

事業内容や、事業の歴史、事業に関わる人のメッセージなどを動画にします。

顧客向けにも、求職者向けにも活用できる動画なので、汎用性が高いおすすめの動画の一つです。

コンセプト紹介型

コンセプト紹介型動画は、事業内容などではなく、会社のビジョンや企業理念など、企業の「想い」に焦点を当てた動画です。

ストーリー性のある動画が用いられることが多く、視聴者の感情に訴えかけることで、共感を生みます。

コンセプト紹介型の動画を制作する場合には、会社内でコンセプトを明確に決めておく必要があります。

一貫性のないメッセージだと、会社のコンセプトが伝わらない動画になってしまいます。

インタビュー型

インタビュー型動画は、会社の社長や従業員のインタビューを映像化したものです。

インタビューを通じて、人柄がわかるような動画を制作することで、会社で働く人の魅力を伝えることができます。

インタビュー動画を視聴してもらうことで、求職者の志望度を高めることも期待できます。

会社紹介動画の活用場面

会社紹介動画は主に以下の活用場面があります。

  • 会社の公式サイト
  • 会社の公式SNS
  • 展示会などのイベント
  • 会社説明会
  • 株主総会

それぞれの活用場面について解説します。

会社の公式サイト

会社紹介動画は、会社の公式サイトで掲載されることが多いです。

初めて会社のことを知った人に会社紹介動画を視聴してもらうことで、すぐに会社のことを理解してもらえます。

また以前から会社のことを知っていた人であっても、会社紹介動画を視聴することで、これまでとは異なる角度から会社を理解できます。

会社紹介動画を制作したら、まずは公式サイトに掲載することを検討してみましょう。

会社の公式SNS

会社紹介動画を会社の公式SNSにアップロードしているケースも非常に多いです。

最近では、YouTubeやFacebook、Twitterなど、公式SNSアカウントを開設している企業も増えています。

各SNSに会社紹介動画をアップロードしておくことで、アカウントをフォローしてもらった際などに動画を視聴してもらえます。

展示会などのイベント

会社紹介動画は、展示会などのイベントでも活用できます。

展示会を含め、多くのイベントでは、短時間で来場者に会社のことを理解してもらう必要があります。

そのような場面において、会社紹介動画は非常に効果的です。

イベント来場者に興味を持ってもらえる動画を制作して、イベント出展の効果を高めましょう。

会社説明会

会社紹介動画は、求職者向けの会社説明会でもよく使用されます。

特に求職者がまだビジネス経験のない学生の場合には、事業内容をわかりやすく伝えられる会社紹介動画は効果的です。

会社説明会の冒頭などで動画を視聴してもらい、前提となる知識をインプットしてもらった上で、説明会の内容を聞くことで、より深く会社のことを理解してもらえるでしょう。

株主総会

会社紹介動画は、株主総会の場面でも活用できます。

株主総会では、会社の業績や、今後のビジョン・戦略をわかりやすく投資家に伝えることが求められます。

会社紹介動画を用いて、データをわかりやすいアニメーションなどで表示することで、テキストだけで伝えるよりもスムーズに内容を理解してもらうことができます。

説明がわかりやすければ、その分会社に対する信頼性も高まり、投資家からも高評価を得られるでしょう。

会社紹介動画の作り方とポイント

ここからは、会社紹介動画の作り方とポイントについて解説します。

以下が会社紹介動画の作り方とポイントです。

  • 目的を明確にする
  • ターゲットを明確にする
  • 動画の活用場面を決める
  • 訴求するコンセプトを絞る
  • 社内または社外で動画を制作する

それぞれ詳しく解説していきます。

目的を明確にする

会社紹介動画を制作する際には、まず目的を明確にしましょう。

同じ事業内容を紹介する動画であっても、見込み顧客向けにブランドイメージを向上させたい場合と、求職者向けに会社への入社志望度を高めたい場合では、動画内容が変わります。

目的によって、制作する会社紹介動画の内容が変わるので、まずは明確な目的を設定しましょう。

ターゲットを明確にする

目的を明確にしたら、続いてターゲットを明確にします。

たとえば、求職者をターゲットにする場合でも、新卒入社の学生に対しての動画と、中途入社の社会人に対しての動画では内容を変えた方が望ましいでしょう。

ターゲットを可能な限り具体的にして、解像度を高めることで、動画内でどのような内容を伝えればよいのかが明確になります。

動画の活用場面を決める

続いて、会社紹介動画の活用場所を決めます。

オンラインで使用するのか、オフラインで使用するのかによって、最適な動画の尺や動画サイズが異なります。

どこで動画を使用するのかがわかっていると、動画制作会社に依頼するときもスムーズです。

訴求するコンセプトを絞る

続いて、会社紹介動画内で訴求するコンセプトを絞ります。

よくある間違いは、会社の魅力を伝えたいという気持ちから、さまざまな情報を詰め込んでしまうということです。

多くのケースでは、会社紹介動画は数分程度の短い動画になるので、多くの情報を入れてしまうと、何を伝えたい動画なのかがわからなくなってしまいます。

伝えたいコンセプトを可能な限り絞り、視聴者にとって理解しやすい動画に仕上げましょう。

社内または社外で動画を制作する

一通り会社紹介動画の制作準備が整ったら、社内または社外で動画を制作します。

社内に動画を制作する体制が整っている場合には、社内で問題ありませんが、多くの会社では専門のチームがないかと思います。

そのような場合には、社外の動画制作会社に依頼することをおすすめします。

特に会社紹介動画のような、多くの人に見られる可能性が高い動画は、クオリティの高い動画を制作することが望ましいです。

動画制作には、専門知識が必要なので、不安な場合には動画制作会社に依頼するのが望ましいです。

会社紹介動画の制作事例(株式会社Lumii制作動画実績)

弊社の会社紹介動画の制作事例を紹介します。
ぜひ、自社の会社紹介動画を制作する際に参考にしてください。

株式会社東京チェンソーズ

動画の種類実写動画
予算50万円〜70万円程度
ポイント事業内容である林業をアピールするために、森の中での撮影を行いました。ドローンを用いて撮影することで、森全体を俯瞰的に撮影する動画に仕上げています。

株式会社ヘラルボニー

動画の種類実写動画
予算50万円〜70万円程度
ポイントインタビュー動画のフォーマットを採用した会社紹介動画です。随所に会社の特徴を表現するインサートカットを挿入することで、感情に訴えかける動画に仕上げています。

メディカル・データ・ビジョン株式会社

動画の種類実写動画
予算150万円〜200万円程度
ポイント会社のビジョンを紹介する動画を制作しました。CGを随所に使用することで、未来のテクノロジー活用を印象づけています。

ロバート・ウォルターズ・ジャパン株式会社

動画の種類実写動画
予算20万円〜30万円程度
ポイント社内のキャリアコンサルタントを紹介する動画を制作しました。仕事の様子がわかるインサートカットを多く使用することで、飽きずに最後まで動画を視聴してもらえるように編集しています。

会社紹介動画の制作にかかる費用と期間の相場

会社紹介動画の制作にかかる費用と期間の相場は以下です。

ただし、あくまでも目安の相場となるので、具体的な見積もりが必要な場合には、一度ご相談ください。

動画の種類費用制作期間
事業紹介型30万円〜100万円程度1.5〜2ヶ月程度
コンセプト紹介型100万円〜200万円程度2〜3ヶ月程度
インタビュー型10万円〜30万円程度1ヶ月程度

会社紹介動画を制作して会社の魅力を伝えよう

本記事では、会社紹介動画の事例やメリット、種類、活用場面、制作ポイント、費用相場などについて解説しました。

会社紹介動画は、会社の魅力を効果的に伝えられる動画コンテンツです。

本記事を会社紹介動画作りにお役立ていただければ幸いです。

また弊社では、会社紹介動画を通常相場の1/3以下の料金で制作する動画制作サービス「Lumii Video Hub」を提供しています。

高クオリティな会社紹介動画を費用を抑えて制作したい場合には、ぜひサービス詳細もご覧ください。

資料ダウンロード
Lumiiの動画制作・動画マーケティングサービスについて紹介している資料です。Lumiiのサービス詳細や、制作実績をご覧いただけます。

会社紹介動画に関するよくあるご質問

ここでは、会社紹介動画に関するよくあるご質問にお答えします。

会社紹介動画の作り方は?

会社紹介動画の作り方は以下です。

  • 目的を明確にする
  • ターゲットを明確にする
  • 動画の活用場面を決める
  • 訴求するコンセプトを絞る
  • 社内または社外で動画を制作する

詳しくは「会社紹介動画の作り方とポイント」をご覧ください。

会社紹介動画とは何ですか?

会社紹介動画とは、会社を紹介することを目的にした動画です。

会社紹介動画の効果は?

会社紹介動画の効果は以下です。

  • テキストでは伝わりにくい企業理念やカルチャーを伝えやすい
  • 短時間で効率的に情報を伝えられる
  • 会社の信頼度アップにつながる
  • 会社のバーチャル見学ができる
  • あらゆる場面で活用できる

詳しくは「会社紹介動画を制作するメリット・効果」をご覧ください。

関連記事
Related post