MENU
インタビュー動画の作り方を解説!企画・編集などの押さえておくべきコツ

「インタビュー」というリアルな演出によって、信頼性の醸成が可能な、インタビュー動画。

商品・サービス紹介、採用など多くの場面で使われるインタビュー動画には、さまざまなメリットがあります。

本記事では、インタビュー動画を制作するメリット、制作する際のポイント、インタビュー動画の費用相場などについてまとめました。

インタビュー動画の制作をご検討中の方にとって、役に立つ記事となっているので、ぜひ最後までご覧ください。

目次

インタビュー動画は何に活用できる?

インタビュー動画は大きく分けて以下の活用方法があります。

  • お客様の声
  • 会社紹介動画
  • 採用動画

インタビュー動画のそれぞれの活用方法について詳しく解説します。

お客様の声

インタビュー動画の代表的な活用例は「お客様の声」です。

実際に使用している顧客・ユーザーの生の声だからこそ信ぴょう性があり、購入を検討している方の意欲を高める効果が期待できます。

インタビューで語る様子だけでなく、実際に商品・サービスを利用しているシーンなどを差し込むとより利用イメージを鮮明に伝えることができます。

会社紹介動画

会社紹介を目的とするインタビュー動画では、代表者のメッセージや、社員のメッセージを発信することが一般的です。

実際に働いている生の声を届けるため、リアリティーがあり、現場の熱量を伝えやすいです。

採用動画

採用を目的とした動画でもインタビュー動画は活用されます。

主には、会社代表へのインタビューと、現場で働く社員へのインタビュー動画に分かれます。

会社代表へのインタビューでは、代表者の考える会社に魅力や今後のビジョンなどについてインタビューをすることが一般的です。

現場で働く社員へのインタビューでは、部署や職種ごとの魅力や、その会社の風土・カルチャーについてインタビューをします。

インタビュー動画を視聴することで、求職者は入社後のイメージをより明確にできます。

テキストでは伝えにくい、社員の熱量や、会社の雰囲気を伝えることができるのが、インタビュー動画ならではのメリットです。

インタビュー動画を制作するメリット

ここでは、インタビュー動画を制作するメリットについて解説していきます。

インタビュー動画を制作するメリットは以下の4点です。

  • 第三者の意見なので信ぴょう性が高い
  • 臨場感のある動画にできる
  • 視覚・聴覚に訴えることができるのでわかりやすい
  • 動画の制作費が比較的安価

インタビュー動画のそれぞれのメリットについて解説します。

第三者の意見なので信ぴょう性が高い

インタビュー動画は、「第三者の意見」として情報を伝えることができるため、信ぴょう性の高い情報だと感じてもらいやすいメリットがあります。

たとえば、商品の魅力をアピールする内容の動画であっても、商品を提供している会社による発信なのか、その商品を使っている顧客による発信なのかで受け手の印象は大きく変わります。

またインタビュー動画では、インタビューを受けている人の表情や感情なども伝わります。

より説得力の高い訴求をしていきたい場合に、インタビュー動画は効果的です。

臨場感のある動画にできる

インタビュー動画は、話者の声だけでなく、表情やジェスチャーなども一緒に伝えられるので、臨場感のある動画にできるというメリットがあります。

またインサートカット(インタビュー映像以外のカット)を挿入することで、よりインタビュー内容をイメージしやすく工夫もできます。

臨場感のある動画に仕上げることで「かっこいい・先進的」というポジティブな印象も与えられます。

期待感の醸成が重要となる、説明会やイベント、オンライン商談の場面でも効果的です。

視覚・聴覚に訴えることができるので理解しやすい

インタビュー動画は映像と音声を使い、視覚・聴覚に訴えることができるので、理解しやすいというメリットもあります。

インタビュー内の重要なキーワードをテロップで強調したり、効果音・BGMを挿入することで、より印象的なインタビュー動画に仕上げることができます。

動画の制作費が比較的安価

インタビュー動画は出演者が自社のスタッフや顧客の従業員で、ロケ地はオフィスというケースが多いです。

そのため、キャストのアサインやスタジオの手配が必要ないため、他の実写動画の撮影よりも比較的制作コストを抑えることができます。

インタビュー動画の作り方

ここからは、インタビュー動画の作り方について解説します。

インタビュー動画の制作ステップは以下です。

  • 目的とターゲットを明確にする
  • 企画の作成
  • 構成の決定
  • 撮影
  • 編集

それぞれのステップについて解説していきます。

目的とターゲットを明確にする

インタビュー動画を制作する際には、まずインタビュー動画を制作する目的と動画の視聴ターゲットを明確にしましょう。

目的とターゲットが明確になっていないままインタビュー動画を作り始めてしまうと、動画の企画や伝えるメッセージが曖昧なものになってしまい、期待していた成果を得られません。

インタビュー動画の制作を依頼する前に、社内で慎重に議論しておくのがおすすめです。

企画の作成

インタビュー動画を制作する目的とターゲットが決まったら、動画の企画を作成します。

目的とターゲットに合わせて、誰に対してどのような質問をするのかを事前に決定します。

細かい台本を作成する必要はありませんが、インタビューの意図や流れを出演者に伝えておき、回答の準備をしてもらうことも重要です。

構成の決定

企画内容が決まったら、構成を決める作業に移ります。

撮影場所、当日の服装、撮影の構図などを決めていきます。

撮影

続いて、インタビュー動画の撮影を行います。

動画制作会社に依頼する場合には、機材などを用意する必要はありませんが、もし内製する場合には、あらかじめカメラ・三脚・ライト・マイクなどの機材を用意しておきましょう。

インタビュー動画の撮影の場合には、出演者の方の緊張がほぐれるように、本番前の時間で雑談などをして、話しやすい雰囲気を作っておくことも重要です。

編集

インタビュー動画の撮影が終わったら、動画の編集作業を行います。

インタビュー途中に不要な内容がある場合にはカットしたり、テロップなど挿入してわかりやすくしたりします。

また最近では、インタビュー動画に飽きないようにする工夫として「インサートカット(インタビュー映像意外のカット)」を挿入するのが一般的です。

配信するプラットフォームに合わせてフォーマットを調整することも忘れないようにしましょう。

インタビュー動画の品質は、編集のクオリティにも大きく左右されるので、非常に重要な工程です。

インタビュー動画を撮影するときの構図

インタビュー動画の撮影では、動画の構図によって、動画の印象が大きく異なります。

配置、構図、アングルの3つの観点に分けて、インタビュー動画のポイントについて解説します。

配置

インタビュー動画では、インタビューを受ける方、インタビュアー、カメラで三角形を作るように配置することが一般的です。

このような配置にすることで、インタビューを受ける方もインタビュアーもカメラから目線を外すことができ、自然に会話をしている映像を撮影することができます。

カメラと話者を直線上に配置してしまうと、プレゼンテーションのような印象を与えてしまう可能性があるので、注意しましょう。

構図

インタビュー動画では、「三分割法」によって撮影されることが多いです。

三分割法は、画面を縦と横に三分割して、縦線と横線が重なる位置に被写体を置く構図です。

三分割法を意識してインタビュー動画を撮影することで、視聴者に安心感を与えることができます。

アングル

インタビュー動画では、複数台のカメラを用意して、異なったアングルの撮影をしておくことも効果的です。

「アイアングル」と呼ばれる目線の高さでの撮影や、高めの位置から撮影する「ハイアングル」、低めの位置から撮影する「ローアングル」など、複数のアングルパターンを混ぜることで飽きにくい動画に仕上げられます。

インタビュー動画制作のコツ

インタビュー動画を制作するコツは下記です。

  • 視聴者が知りたいことを伝える
  • インサートカットを多めに入れる
  • カメラは2台以上使用する
  • グラフィックを使用してわかりやすく訴求する
  • 台本は作成しない

それぞれ詳しく解説します。

視聴者が知りたいことを伝える

インタビュー動画を制作する際には、「視聴者が知りたいことを伝える」ことを意識しましょう。

一見すると当たり前のことのように感じますが、インタビューという場面だと、自分が話したいことを一方的に話してしまうことがよくあります。

動画を視聴するターゲットが求めている情報について、情報を伝えるのが重要です。

インサートカットを多めに入れる

インタビュー動画では、「インサートカット」を多めに入れることが重要です。

インサートカットとは、インタビューされている動画ではなく、話の内容をイメージできるようなカットのことを指します。

インサートカットを多めに入れた方が良い理由は以下の2点です。

話している内容のイメージが湧く

インタビュー動画では、基本的にインタビューされている人が画面に映っており、話している内容を視聴者自身でイメージしていく必要があります。

そこで、インサートカットを使用することによって、話の内容のイメージを直接訴求できるようになります。

視聴者に飽きさせない

インタビューカットだけのインタビュー動画は画面の切り替わりが少なく、視聴者はすぐに飽きてしまいます。

インサートカットを多く入れることによって、頻繁に画面が切り替わるので、視聴者に飽きさせずに最後まで動画を見てもらうことができます。

カメラは2台以上使用する

被写体に対してカメラを2台以上使用することで、カットの切り替わりを作ることが可能です。

カットの切り替わりによって、視聴者に飽きさせないようにすることも可能ですし、編集ポイントも自然に作ることができます。

グラフィックを使用してわかりやすく訴求する

実写動画だけだと抽象的な概念などは伝えることが難しいです。

そこで、可視化しにくいものはグラフィックも活用することでわかりやすい動画に編集することができます。

細かい台本は作成しない

台本を作成すると、どうしても演技をしている様子が視聴者に伝わってしまいます。

大枠のテーマのみを決めておき、細かい台本は作成しないようにしましょう。

多少言い間違えたり、噛んでしまっても後で編集することが可能なので、あえて台本は作成せずにリアリティのあるインタビュー動画を撮影することが重要です。

インタビュー動画の活用事例(株式会社Lumiiの制作動画事例)

ロバート・ウォルターズ・ジャパン株式会社

動画の種類実写動画
予算20万円〜30万円程度
ポイントキャリアコンサルタントの信頼感を醸成するインタビュー動画です。グローバルな転職市場における専門性をアピールするために、あえて英語で語る形式のインタビューにしています。

株式会社東京チェンソーズ

動画の種類実写動画
予算50万円〜70万円程度
ポイント会社の事業紹介を目的としたインタビュー動画です。林業を行っている印象を与えたいことから、ドローン撮影を行い、「森」や「木」を連想させるカットを多く使用しています。

株式会社ヘラルボニー

動画の種類実写動画
予算50万円〜70万円程度
ポイント会社の事業内容とともにビジョンが伝わるインタビュー動画です。インタビューを通じて、仕事のやりがいを伝えられる動画になっています。インサートカットを多用することでテンポ感の良い動画に仕上げているのが特徴です。

インタビュー動画の費用相場

ここからは、インタビュー動画の費用相場について、撮影日数ごとで紹介します。

弊社の動画制作プラットフォーム「Lumii」では、企業とトップ動画クリエイターを直接マッチングすることで通常相場の1/3程度の費用で動画を制作することが可能なので、あわせてご参考ください。

1日撮影の場合

  • 通常の動画制作会社:70万円〜150万円程度
  • Lumiiで動画制作を行った場合:30万円〜40万円程度

2日撮影の場合

  • 通常の動画制作会社:120万円〜200万円程度
  • Lumiiで動画制作を行った場合:50万円〜70万円程度

3日撮影の場合

  • 通常の動画制作会社:150万円〜300万円程度
  • Lumiiで動画制作を行った場合:70万円〜100万円程度

ポイントを押さえて効果的なインタビュー動画を制作しよう

本記事では、インタビュー動画の活用方法、メリット、作り方、構図、活用事例、費用相場などについて解説をしました。

信ぴょう性の高い情報を届けられることから、インタビュー動画はあらゆる場面において、非常に効果的な動画の種類です。

ぜひ本記事を参考にして、インタビュー動画の制作をご検討いただければ幸いです。

また弊社では、高品質なインタビュー動画を従来の1/3の価格で提供する「Lumii Video Hub」を運営していますので、ご興味がありましたらこちらもご覧ください。

資料ダウンロード
Lumiiの動画制作・動画マーケティングサービスについて紹介している資料です。Lumiiのサービス詳細や、制作実績をご覧いただけます。

インタビュー動画に関するよくあるご質問

ここでは、インタビュー動画に関するよくあるご質問について回答します。

インタビュー動画の作り方は?

インタビュー動画の作り方は以下です。

  • 目的とターゲットを明確にする
  • 企画の作成
  • 構成の決定
  • 撮影
  • 編集

詳しくは「インタビュー動画の作り方」をご覧ください。

インタビュー動画の料金は?

インタビュー動画の料金は、30万円〜100万円程度です。

インタビュー動画を撮影するコツは?

インタビュー動画を制作するコツは下記です。

  • 視聴者が知りたいことを伝える
  • インサートカットを多めに入れる
  • カメラは2台以上使用する
  • グラフィックを使用してわかりやすく訴求する
  • 台本は作成しない

詳しくは「インタビュー動画制作のコツ」をご覧ください。

関連記事
Related post