MENU
デジタルサイネージ動画とは?制作ポイント、企業事例、費用相場を解説!【2024年2月最新】

デジタルサイネージ動画とは、電子看板で配信する動画のことです。

デジタルサイネージの特徴や制作ポイントを理解することで、今までリーチできていなかったターゲット層に対して、効果的にアプローチできるようになります。

本記事では、デジタルサイネージ動画のメリットや制作のポイント、導入事例などについて解説しているので、ぜひ最後までご覧ください。

目次

デジタルサイネージ動画とは

デジタルサイネージとは、屋外や公的な場所で見かける「電子看板」のことで、デジタルサイネージでの訴求に特化した動画を「デジタルサイネージ動画」と呼んでいます。

駅の構内などで見かけたことがある方も多いかと思います。

デジタルサイネージは建物の屋上や壁面、飲食店のメニュー表など、施設の規模に関わらず設置可能なツールです。

また「映像」で訴求するため、紙媒体よりも多くの人に情報を効果的に届けられます。

デジタルサイネージの種類

デジタルサイネージの種類は以下の4つです。

  • スタンドアローン型
  • ローカルネットワーク型
  • クラウド型
  • インタラクティブ型

それぞれ見ていきましょう。

スタンドアローン型

スタンドアローン型はディスプレイにUSBなどの記憶媒体をセットし、記憶されているコンテンツを流すデジタルサイネージです。

テレビでDVD鑑賞するのと原理は同じで、情報を更新する際は記憶媒体にコピーしたり、ディスプレイまで出向き再生内容を変更します。

コンテンツの更新に時間がかかりますが、情報漏洩のリスクは低いです。

加えて「ランニングコストがかからない」「配信トラブルがあっても比較的簡単に解決できる」といったメリットがあり、初期費用を抑えたい場合や、小型〜中型のディスプレイを検討している場合に適しています。

ローカルネットワーク型

ローカルネットワーク型は配信システムをインストールしたパソコンから、ネットワークを通じて配信するデジタルサイネージです。

一つの拠点から複数のディスプレイを同時に操作可能で、リアルタイムで配信できるなどのメリットがあります。

またインターネットからデータの読み込みを行うため、広告の更新が容易で、高所など扱いにくい場所にデジタルサイネージを設置したい場合にも最適です。

ローカルネットワーク型は、運用管理者やランニングコストが必要になるので、コストは大きくなりやすいです。

中型から大型のディスプレイを検討している場合におすすめのデジタルサイネージです。

クラウド型

クラウド型は、自社のパソコンからクラウドサーバーにデータが発信されてディスプレイに流れる仕組みで、大規模広告のLEDビジョンなどで使用されます。

クラウドサーバーを利用するので、社内に専用サーバーを構築する必要がありません。

ただし、クラウドサーバーで何か問題があった場合には、デジタルサイネージの表示も停止してしまうので、管理には注意が必要です。

インタラクティブ型

インタラクティブ型とは、ディスプレイにタッチパネルやセンサー機能を搭載したデジタルサイネージです。

ユーザー側の行動によって映像を変えられるため、ユーザーに合わせた情報を届けられます。

最近では大型のショッピングモール内の施設で、インタラクティブ型のデジタルサイネージを見かけることも増えてきました。

インタラクティブ型のデジタルサイネージは機能性の高さから、どうしてもコストは高くなってしまいます。

デジタルサイネージ動画の効果・メリット

デジタルサイネージの主な効果やメリットは以下の3つです。

  • Web以外の場所で多くの人の目に触れる
  • ターゲットに合わせて動画を配信できる
  • ポスター・看板よりも変更が簡単

それぞれ解説していきます。

Web以外の場所で多くの人の目に触れる

デジタルサイネージは「店頭」「駅構内」「街頭のLEDビジョン」など多くの人が行き交う場所に設置するため、Web以外の場所で情報を広範囲に届けられます。

従来のネット広告やテレビCMと組み合わせることで、より広範囲のリーチを実現できます。

ターゲットに合わせて動画を配信できる

デジタルサイネージは時間や場所によって配信する動画を切り替えられるため、ターゲットに合わせて動画を配信できます。

学生が多い場所では、受験や進学関連の情報を配信したり、サラリーマンが多い場所では、ビジネス情報を配信したりするなど、柔軟に動画を変更できます。

また大手ファストフード店のメニュー表では、午前中は朝限定メニュー、午後はおすすめのランチメニューを表示するなど、時間帯に合わせて動画配信内容を変えています。

このようにターゲットに合わせて動画を配信することで、商品やサービスを効果的に宣伝することが可能です。

ポスター・看板よりも変更が簡単

デジタルサイネージは、パソコンで内容を更新したり、USBを変更したりするだけで動画内容を変更できます。

従来のポスターや看板では取り替えに時間がかかるため、リアルタイムで変更することはできません。

また変更に工数がかかるため、人件費もその分かかってしまいます。

一方、デジタルサイネージであれば、変更したいタイミングですぐに動画の切り替えが可能です。

デジタルサイネージは効果測定が難しい

デジタルサイネージは効果測定が難しいというデメリットがあります。

デジタルサイネージは店頭や駅構内など多くの人が行き交う場所に設置されるため、一気に認知を拡大できる一方、効果測定は困難です。

「デジタルサイネージ動画を見たことによって、商品やサービスを購入した人」がどれだけいるのか、具体的な数字まではわかりません。

しかし、最近ではAIを使った映像解析により、デジタルサイネージ動画の視聴者を分析できる機能も登場しています。

AI分析によって、視聴者数、視聴者の性別・年齢層などを把握できるので、一定の効果測定は可能です。

効果的なデジタルサイネージ動画の制作ポイント・コツ

効果的なデジタルサイネージ動画を制作したい場合に押さえておきたい3つのポイント・コツは以下です。

  • 事前にターゲット・ロケーションを明確にしておく
  • 通行人の目を引くインパクトのある動画にする
  • ディスプレイのサイズ・型に動画内容を合わせる

それぞれ具体的に解説していきます。

事前にターゲット・ロケーションを明確にしておく

デジタルサイネージ動画を制作する際には、ターゲット・ロケーションを明確にしておきましょう。

デジタルサイネージ動画はどのような場所に設置されるかによって、制作すべき動画内容が大きく異なります。

駅構内など人が素通りしていく場所の場合には、短く印象的な動画の方が望ましいです。

一方、人がゆっくりと時間を過ごす場所では、情報量を増やした方が広告効果を高めやすくなるでしょう。

ターゲット・ロケーションによって、制作する動画の内容は変わるので、事前の戦略設計が重要です。

通行人の目を引くインパクトのある動画にする

デジタルサイネージは街頭や駅構内など、人々が素通りして歩いていく場所に設置させるのが一般的です。

そのため一瞬で通行人の目を引くインパクトのある動画でないと、デジタルサイネージ動画を見てもらえません。

話題のタレントを起用する、話題の音楽をBGMに使う、キャッチコピーを大きく目立たせるなど、パッと見たときの映像の印象が重要です。

ディスプレイのサイズ・型に動画内容を合わせる

デジタルサイネージのディスプレイは設置場所によって、サイズや型が異なるので、動画を制作する前に事前に確認しておきましょう。

特にデジタルサイネージには縦型のタイプも多く見られるので、注意が必要です。

ネット広告やテレビCMで作られる動画は横型の場合がほとんどなので、そのまま流用できない場合もあります。

デジタルサイネージ動画の事例(株式会社Lumii制作動画実績)

ここでは、弊社のデジタルサイネージ動画の事例を紹介します。

自社のデジタルサイネージ動画制作の参考にしましょう。

株式会社東京チェンソーズ様

動画の種類会社紹介動画
予算50〜70万円程度
ポイント事業内業が林業だったため、木々が感じられるロケ地にて撮影しました。ドローンにより、森を俯瞰的に撮影し、林業の壮大さ、自然の美しさをアピールしています。

テランクリニック様

動画の種類クリニック紹介動画
予算50〜70万円程度
ポイント音がない再生を想定した動画だったため、ナレーションや説明がなくても内容が伝わるように動画を構成しています。またリラックスしている状態を想起できるような動画素材を使用することで、クリニックの落ち着いたイメージを伝えています。

Veeva Japan株式会社様

動画の種類ティザー動画
予算50〜70万円程度
ポイントイベントの期待感を醸成するために、テンポの早いカット割やBGM、動きの大きなアニメーションを採用しました。重要なキーワードはテキストグラフィックにすることで、印象付けをしています。

デジタルサイネージ動画の活用場所

デジタルサイネージ動画は主に以下の3箇所で活用されています。

  • 交通広告
  • ビルボード広告
  • インストア広告

デジタルサイネージ動画の活用場所について、具体的に解説していきます。

交通広告

交通広告とは、駅の構内広告や電車、タクシーなどの車内広告を指します。

駅構内では急いでいる人が多いため、インパクトのあるデジタルサイネージ動画にすることが重要です。

また通路に複数のディスプレイが設置されている場合には、連続してデジタルサイネージ動画を放映することで目を留めてもらいやすくなります。

電車・タクシーの車内広告はじっくりと見てもらえる可能性がありますが、車内でスマホを見ている人も多いので、注意を引く工夫は求められます。

ビルボード広告

ビルボード広告とは屋外広告の看板や掲示板のことで、駅前のビル壁面に設置されている巨大モニターなど比較的大型な広告を指します。

不特定多数の人が集まる場所に設置されるため、テレビCMのような動画や、そのサイズを利用したインパクトのある動画を配信することに適しています。

インストア広告

インストア広告とは、店頭や店内に設置されたデジタルサイネージ広告です。

たとえば、ショップ店頭のデジタルサイネージ動画でセール品やバーゲン情報を配信することで、通りがかりの人の来店を促せます。

飲食店であれば、デジタルサイネージに期間限定の新商品を表示することで、客単価の向上が期待できます。

デジタルサイネージの費用相場

デジタルサイネージにかかる費用相場は下記の表をご覧ください。

項目費用相場
ディスプレイ費用(レンタル)月額1万円程度
ディスプレイ費用(購入)10万円〜70万円程度
STB(Set Top Boc)費用2万円〜20万円程度
CMS(Contents Management System)費用月額数千円〜1万円程度
デジタルサイネージ用の動画制作費用10万円〜30万円程度

※STB費用とCMS費用はネットワーク型のデジタルサイネージを使用する場合に必要です。スタンドアロン型の場合には、USBメモリで対応できます。

デジタルサイネージの活用でターゲットの認知を拡大しよう

本記事では、デジタルサイネージ動画の特徴や種類、効果、制作ポイント、事例などについて解説をしました。

デジタルサイネージを活用することで、Web広告ではリーチできなかったターゲット層にアプローチすることが可能です。

デジタルサイネージ動画は認知拡大施策として有効な施策の一つなので、本記事を参考に施策の検討をしてみましょう。

弊社では、デジタルサイネージ動画を業界相場の1/3以下の価格で制作する動画制作サービスを提供しています。

費用対効果の高いデジタルサイネージ動画を制作したいという場合には、ぜひ詳細をご覧ください。

資料ダウンロード
Lumiiの動画制作・動画マーケティングサービスについて紹介している資料です。Lumiiのサービス詳細や、制作実績をご覧いただけます。

デジタルサイネージ動画に関するよくあるご質問

ここではデジタルサイネージ動画に関するよくあるご質問に回答します。

デジタルサイネージ動画の費用はいくらですか?

デジタルサイネージ動画の制作費用は40〜70万円程度です。

動画内容によって金額は変わるため、一度お問い合わせください。

デジタルサイネージ動画の制作のコツは?

デジタルサイネージ動画の制作のコツは以下の3点です。

  • 事前にターゲット・ロケーションを明確にしておく
  • 通行人の目を引くインパクトのある動画にする
  • ディスプレイのサイズ・型に動画内容を合わせる

詳しくは「効果的なデジタルサイネージ動画の制作ポイント・コツ」をご覧ください。

デジタルサイネージ配信とは何ですか?

デジタルサイネージ配信とは、クラウドサーバーなどを通じてディスプレイに動画や静止画などのコンテンツを配信することです。

デジタルサイネージの強みは?

デジタルサイネージの強みは主に以下の3点です。

  • Web以外の場所で多くの人の目に触れる
  • ターゲットに合わせて動画を配信できる
  • ポスター・看板よりも変更が簡単

詳しくは「デジタルサイネージ動画の効果・メリット」をご覧ください。

関連記事
Related post