MENU
動画制作会社・映像制作会社の選び方を解説!【2024年最新版】

動画制作会社・映像制作会社には多くの会社があり、選び方がわからず困ってしまうこともあるかと思います。

そこで本記事では、自社にとって最適な動画制作会社・映像制作会社の選び方について、わかりやすく解説します。

また動画制作会社の選び方だけでなく、発注前に社内で決めておくべきことや、複数の動画制作会社を比較する際のポイント、費用を抑える方法などについても解説します。

ぜひ本記事を参考にして、自社に最適な動画制作会社を選んでいただければ幸いです。

目次

動画制作会社・映像制作会社の選び方

動画制作会社・映像制作会社の選ぶ際には下記の8つのポイントをチェックしましょう。

  • 動画制作会社の過去実績を確認する
  • 得意な動画の種類や業界を確認する
  • 動画制作の費用感を確認する
  • 企画案をもらい目的を達成できる動画になりそうかを確認する
  • 担当者とスムーズなコミュニケーションができそうか確認する
  • 修正回数は十分かを確認する
  • スケジュールの細かさを確認する
  • 動画制作後のフォロー体制を確認する

それぞれの選び方のポイントについて解説します。

動画制作会社の過去実績を確認する

動画制作会社の選び方において、動画制作会社の過去実績は非常に重要なポイントです。

多くの場合、動画制作会社のWebサイトに過去制作した動画が掲載されているので、それらの動画のクオリティを確認しましょう。

制作を検討している動画内容と比較した際に、十分なクオリティの動画制作実績があるかを確認することが大切です。

十分なクオリティの動画を制作している場合には、問い合わせの候補先にしましょう。

得意な動画の種類や業界を確認する

動画制作会社によって、得意な動画の種類や業界は異なります。

たとえばアニメーション動画に強い動画制作会社もあれば、美容業界のWebCMに強い動画制作会社もあります。

動画制作会社の過去実績や、サービス紹介ページを確認することで、どのような強みがあるのかを確認することができます。

複数の動画制作会社のWebサイトを確認し、自社と相性の良さそうな会社を選ぶようにしましょう。

動画制作の費用感を確認する

動画制作の費用感を確認しておくことも重要です。

動画は制作する内容によって、1本あたり数万円〜数千万円まで大きく費用感が異なる商品です。

自社が想定している予算感とあまりにも違いがあると、良い提案をもらうことはできません。

多くの場合、動画制作会社のWebサイト上で、費用感の目安に関するページや資料が用意されているので、まずは費用感を確認するようにしましょう。

企画案をもらい目的を達成できる動画になりそうかを確認する

良さそうな動画制作会社をピックアップできたら、実際に問い合わせをして、企画案をもらってみましょう。

企画案までは無料でもらえることが多いため、複数社から企画案をもらうのがおすすめです。

各動画制作会社によって、さまざまな企画案が提案されるかと思いますが、動画制作の「目的」を達成できそうな企画になっているかを注意して確認しましょう。

感動的な企画や、笑いを誘うような企画は一見すると印象に残りますが、必ずしも動画制作の目的を達成する内容になっているわけではありません。

動画制作の目的に立ち返り、どの企画であれば動画制作の目的を達成できそうかを冷静に判断することが重要です。

担当者とスムーズなコミュニケーションができそうか確認する

動画制作会社を選ぶ際には、担当者とスムーズなコミュニケーションができそうかも重要なポイントです。

動画制作は一般的に1ヶ月〜3ヶ月程度の期間がかかります。

動画制作期間中にスムーズなコミュニケーションが取れないと、最悪の場合、納期が後ろ倒しになってしまう可能性もあります。

商談時に担当者との相性が良さそうかも確認しておきましょう。

修正回数は十分かを確認する

動画制作は一度で完成することはほとんどなく、多くの場合で、修正が発生します。

修正についての条件は動画制作会社によって異なり、1回まで無料、2回まで無料などさまざまです。

動画制作会社を選ぶ際には、どのような条件になっているかを必ず確認するようにしましょう。

スケジュールの細かさを確認する

動画制作会社の選び方において、スケジュールの細かさも重要なポイントです。

動画制作は数ヶ月単位のプロジェクトになることが多く、完成までの工程も非常に多いです。

そのため、スケジュールの見積もりが甘いと、想定していた納期に間に合わなくなってしまう場合があります。

提案されたスケジュールを確認し、工程ごとに細かくスケジュールが調整されているかをチェックしましょう。

動画制作後のフォロー体制を確認する

動画制作会社を選ぶ際には、動画制作後のフォロー体制を確認することも重要です。

動画制作会社によっては、動画制作後のマーケティング支援を依頼できたり、動画活用の支援を依頼できたりします。

動画制作後のフォロー体制があると、動画が完成してからスムーズに動画を活用できるので、動画制作の目的を達成しやすくなります。

動画制作を発注する前に、動画制作後にどのような支援が可能なのかを確認しておけると良いです。

動画制作会社・映像制作会社を選ぶ前に社内で決めておくべきこと

動画制作会社・映像制作会社を選ぶ前には、社内で下記の点について決めておきましょう。

  • 動画制作の目的・KPIを明確にする
  • 動画の視聴ターゲットを明確にする
  • 社内で予算の調整をしておく
  • 納期を明確にする
  • 動画の活用方法を明確にする
  • 可能であれば理想としている参考動画を見つけておく

それぞれのポイントについて詳しく解説します。

動画制作の目的・KPIを整理する

動画制作会社を選ぶ前に、まずは動画制作の目的・KPIを社内で整理しておきましょう。

たとえば、広告用の動画であれば、その動画によってどの程度認知度を向上させたいのかをあらかじめ決めたり、採用向けの動画であれば、目標のエントリー数を設定したりしましょう。

動画制作による目的やKPIが明確だと、動画制作会社も目的に沿った企画を作りやすくなるので、より効果的な動画を制作できます。

逆に目的が曖昧なまま動画を制作してしまうと、あまり意味のない動画になってしまうこともあります。

社内で動画制作の目的やKPIを丁寧に整理した上で、動画制作会社に相談するようにしましょう。

動画の視聴ターゲットを明確にする

動画制作会社・映像制作会社を選ぶ前には、動画の視聴ターゲットを明確にしておきましょう。

動画の視聴ターゲットの年代や性別、職業、性格、興味関心など可能な限り具体的にターゲットを定めましょう。

視聴ターゲットが明確になると、ターゲットに対してより効果的な動画を制作しやすくなります。

動画制作の依頼をする際に、「このようなターゲットに向けた動画を制作したい」と伝えられると、よりクオリティの高い動画を制作してもらえます。

社内で予算の調整をしておく

動画制作会社に問い合わせをする前に、社内で予算の調整をしておけると望ましいです。

動画制作は1本あたり数万円〜数百万円と、費用に大きな幅があります。

そのため、予算によって動画のクオリティに大きな差が出ます。

事前に予算感を伝えておくことで、動画制作会社も予算に合わせた提案をすることができ、予算の範囲内で効果的な動画を制作できるようになります。

納期を明確にする

動画制作の納期を明確にしておくことも重要です。

これは納期によって、実現できる動画内容が異なるためです。

納期がタイトであれば、撮影をなくしたり、簡易的な動画編集にしたりする必要があります。

一方、納期に余裕があれば、多くの工数がかかる動画制作にも対応できます。

一般的には1本の動画が完成するまでには、1ヶ月〜3ヶ月程度の期間が必要なので、余裕を持って動画制作会社に相談するようにしましょう。

動画の活用方法を明確にする

動画制作の依頼をする前には、動画の活用方法も明確にしておきましょう。

広告出稿を予定している場合には、広告媒体によって、出稿できる動画フォーマットに違いがあるため、媒体に合わせた動画を制作する必要があります。

事前に動画の用途が決まっていないと、最適な形式で動画を制作できなくなってしまうので、あらかじめ活用方法を明確にしておきましょう。

可能であれば理想としている参考動画を見つけておく

動画制作会社を選ぶ前には、可能であれば理想としている参考動画を見つけておけると良いです。

なぜなら、理想の完成イメージを伝えるには、参考となる動画を共有することが最も確実だからです。

理想としている動画のイメージを正確に伝えるためにも、社内で参考動画を見つけておきましょう。

複数の動画制作会社・映像制作会社を比較する際のポイント

複数の動画制作会社・映像制作会社を比較する際には、下記のポイントを確認しましょう。

  • 3社程度を目安に動画制作会社に相談するのがおすすめ
  • 動画の企画案に対する納得感
  • 価格の妥当性と追加費用の有無

それぞれのポイントについて詳しく解説します。

3社程度を目安に動画制作会社に相談するのがおすすめ

動画制作会社・映像制作会社を比較する際には、3社程度に相談するのがおすすめです。

3社から企画案と見積もりをもらうことができれば、比較するのに十分な情報を揃えることができます。

4社以上の会社に相談することもできますが、それぞれの会社との打ち合わせ時間ややりとりの工数を考えると、リソースがかかりすぎてしまう可能性があります。

Webサイトなどの情報をもとにして、まずは3社程度問い合わせをして相談してみましょう。

動画の企画案に対する納得感

動画制作会社を比較する際に重要なのは、動画の企画案に対する納得感です。

「どの企画案が最も目的を達成できそうか?」と考えて動画の企画案を精査しましょう。

ここでは企画のインパクトに流されず、改めて動画制作の目的に立ち返ることが重要です。

価格の妥当性と追加費用の有無

動画制作会社を比較する際には、価格の妥当性と追加費用の有無についても確認しましょう。

3社程度から見積もりをもらうことで、制作したい動画に対する費用の相場感は把握することができます。

また追加費用の有無についても確認しておきましょう。

一見すると安く見えていた見積もりも、必要なオプションを足していくと、結果的に高額になってしまうというケースもあります。

各制作会社の見積もりを公平に判断するためにも、オプションも含め、実現したい内容を動画に反映したときにいくらになるのかを確認しましょう。

動画制作の見積もりが想定していたよりも高かった場合の対処方法

動画制作会社から見積もりをもらった結果、想定していたよりも費用が高いという可能性もあります。

そのような場合には、下記の方法で費用を抑えられないか検討してみましょう。

  • 費用を抑えた動画にできないか相談してみる
  • 自社で動画素材を用意する
  • 自社のスタッフに動画出演を依頼する
  • 個人クリエイターに依頼する

それぞれの対処方法について詳しく解説します。

費用を抑えた動画にできないか相談してみる

費用を抑えたい場合に最も確実なのは、動画制作会社に費用を抑えられないか相談してみることです。

現実的な予算感であれば、希望する予算を伝えることで、予算の範囲内で制作できる動画を提案してもらうことができます。

シンプルですが、最も簡単な方法なので、まずは動画制作会社に相談してみましょう。

自社で動画素材を用意する

自社で動画素材を用意することで、費用を抑えることが可能です。

過去に撮影した動画素材を使用したり、既存の素材を購入したりすることで、新たに素材を制作するコストを削減できます。

自社で用意できそうな動画素材がないかを一度確認してみましょう。

自社のスタッフに動画出演を依頼する

動画に出演するキャストを自社のスタッフにすることで、キャスティング費用を削減できます。

難しい演技を必要としないような内容であれば、自社スタッフの方でも十分対応できます。

実際に多くの企業で、自社スタッフを活用した動画制作を行なっており、制作費用を削減しています。

自社スタッフの方に出演してもらう場合には、締結しておいた方が良い契約書などもあるので、契約関連についても動画制作会社に相談することをおすすめします。

個人クリエイターに依頼する

個人クリエイターに動画制作を依頼することで、動画制作費用を抑えることも可能です。

一般的な相場としては、動画制作会社に依頼する3分の1程度の費用感で動画を制作できます。

しかし、費用を抑えられる一方で、クリエイターの方を探す手間が発生したり、品質のコントロールが難しいという問題もあったりするので注意が必要です。

弊社では、動画コンサルタントのサポート付きで、個人クリエイターに直接依頼ができる「Lumii Video Hub」を提供しているので、費用を抑えた動画制作をご検討されている場合には、ぜひサービス詳細をご覧ください。

自社にとって最適な動画制作会社・映像制作会社を選ぼう!

本記事では、動画制作会社・映像制作会社の選び方、動画制作会社・映像制作会社を選ぶ前に社内で決めておくべきこと、制作会社を比較するポイント、動画制作費用を抑える方法について解説しました。

動画制作・映像制作会社にはさまざまな特徴を持った会社があるので、ぜひ本記事を参考にして自社にとって最適な動画制作会社を選んでいただければ幸いです。

弊社では、企業様とトップ動画クリエイターを直接マッチングすることで、高品質な動画を従来の1/3以下の価格で制作する「Lumii Video Hub」を提供しています。

動画の企画案を無料で作成しているので、動画制作をご検討されている場合には、ぜひお気軽にご相談ください。

資料ダウンロード
Lumiiの動画制作・動画マーケティングサービスについて紹介している資料です。Lumiiのサービス詳細や、制作実績をご覧いただけます。

動画制作会社・映像制作会社の選び方に関するよくあるご質問

ここでは、動画制作会社・映像制作会社の選び方に関するよくあるご質問に回答します。

動画制作会社・映像制作会社の選び方のポイントは何ですか?

動画制作会社・映像制作会社の選び方のポイントは、下記の8点です。

  • 動画制作会社の過去実績を確認する
  • 得意な動画の種類や業界を確認する
  • 動画制作の費用感を確認する
  • 企画案をもらい目的を達成できる動画になりそうかを確認する
  • 担当者とスムーズなコミュニケーションができそうか確認する
  • 修正回数は十分かを確認する
  • スケジュールの細かさを確認する
  • 動画制作後のフォロー体制を確認する

詳しくは「動画制作会社・映像制作会社の選び方」をご覧ください。

動画制作会社・映像制作会社に依頼する前に準備することはありますか?

動画制作会社・映像制作会社に依頼する前に準備することは、下記の6点です。

  • 動画制作の目的・KPIを明確にする
  • 動画の視聴ターゲットを明確にする
  • 社内で予算の調整をしておく
  • 納期を明確にする
  • 動画の活用方法を明確にする
  • 可能であれば理想としている参考動画を見つけておく

詳しくは「動画制作会社・映像制作会社を選ぶ前に社内で決めておくべきこと」をご覧ください。

動画制作会社・映像制作会社を比較するポイントはありますか?

動画制作会社・映像制作会社を比較するポイントは下記の3点です。

  • 3社程度を目安に動画制作会社に相談するのがおすすめ
  • 動画の企画案に対する納得感
  • 価格の妥当性と追加費用の有無

詳しくは「複数の動画制作会社・映像制作会社を比較する際のポイント」をご覧ください。

動画制作会社の見積もりが思っていたよりも高かった場合には、どのようにしたらよいですか?

動画制作会社の見積もりが思っていたよりも高かった場合には、下記の方法を検討してみましょう。

  • 費用を抑えた動画にできないか相談してみる
  • 自社で動画素材を用意する
  • 自社のスタッフに動画出演を依頼する
  • 個人クリエイターに依頼する

詳しくは「動画制作の見積もりが想定していたよりも高かった場合の対処方法」をご覧ください。

関連記事
Related post