MENU
動画広告の効果は高い?メリットや成功させるポイントについて解説!

動画広告に取り組む企業が非常に多いことから、動画広告にはどのような効果があるのか気になっている方も多いのではないでしょうか?

本記事では、動画広告の効果やメリット、動画広告の種類、成功させるためのポイントなどについて解説しています。

動画広告の活用をご検討されている場合には、ぜひ最後までご覧ください。

動画広告の効果・メリット

動画広告の効果・メリットは主に以下の5点です。

  • 情報量が多いので、理解を促進しやすい
  • 商品・サービスの魅力が伝わりやすい
  • 広告が印象に残りやすい
  • SNSなどで拡散されやすい
  • クリック率が高い

それぞれの効果・メリットを詳しく解説していきます。

情報量が多いので、理解を促進しやすい

動画はテキストや画像と比較すると、情報量を多く届ける効果があります。

アメリカの調査会社Forrester Research社の研究では、1分間の動画には英単語180万単語と同等の情報量があることがわかっています。

それだけ短時間で多くの情報を届けることができるので、視聴者の理解を促進しやすい効果があります。

Supership株式会社によると、静止画広告と比較して動画広告は約1.8倍広告理解度が高かったという調査結果が発表されています。

参考:https://supership.jp/magazine/product/1900/

商品・サービスの魅力が伝わりやすい

動画広告は、商品・サービスの魅力が伝わりやすい効果があります。

先ほどお伝えしたように、動画はテキストや画像と比較すると多くの情報を短時間で届けることができます。

また動画は視覚と聴覚の両方から情報を届けることができるので、映像だけでなく、BGMなどを効果的に使うことで、商品・サービスの魅力を際立たせることも可能です。

商品・サービスを利用している様子を動画にすることで、商品・サービスの魅力をよりリアルに伝えられます。

広告が印象に残りやすい

動画広告は、視聴者の印象に残りやすい効果があります。

株式会社電通と株式会社ディーツーコミュニケーションズの調査では、バナー広告よりも動画広告の方が印象に残ると答えた人は約1.7倍多くいました。

視聴者の印象に残りやすいため、テキストや画像の広告と比較して、広告効果を高めることを期待できます。

参考:https://www.dentsu.co.jp/news/release/pdf-cms/2011017-0221.pdf

SNSなどで拡散されやすい

動画広告はSNSなどで拡散されやすい効果もあります。

一般的には広告が拡散されることは稀ですが、動画広告の場合には内容が面白かったり、共感を生んだりする場合には、動画が拡散されます。

結果的に、広告費よりも多くの視聴効果を生み出し、急激に認知度が高まる場合もあります。

クリック率が高い

動画広告は動きがあることからユーザーの視認性が高く、クリック率を高める効果があります。

SmaatoとLiftoffの調査では、動画広告はディスプレイ広告よりもCTRが7.5倍高いことが発表されています。

参考:https://www.marketingdive.com/news/study-video-ads-see-75x-higher-ctr-than-display/555298/

クリック率が高ければ、その分広告を見てもらえる回数が増えるので、売上増加につながる効果が期待できます。

動画広告が効果の高い施策として注目されている背景

動画広告が効果の高い施策として注目されている背景として以下の2点が挙げられます。

  • 動画広告市場が急速に拡大している
  • 動画の視聴時間が年々増えている

それぞれの背景について解説していきます。

動画広告市場が急速に拡大している

動画広告が効果の高い施策として注目されている背景の1つが動画広告市場の急速な拡大です。

株式会社サイバーエージェントと株式会社デジタルインファクトの共同調査によると、2022年の動画広告市場規模は、5,601憶円に到達し、前年対比133.2%と急速に市場規模が拡大しました。

また2025年には動画広告市場規模が1兆円を超えると見込まれており、今後も市場が成長していくことが予想されています。

動画広告による効果を感じている企業が多いからこそ、動画広告市場規模が拡大しているともいえます。

参考:https://www.cyberagent.co.jp/news/detail/id=28533

動画の視聴時間が年々増えている

動画広告が効果の高い施策として注目されているもう1つの背景は、動画の試聴時間の増加です。

ニールセンデジタル株式会社の調査結果では、スマートフォンからの月間動画視聴時間は2015年からの5年間で約4倍に成長しています。

多くの時間を動画を視聴することに使っているので、動画広告はユーザーにとって馴染みやすいコンテンツの形だといえるでしょう。

参考:https://www.netratings.co.jp/news_release/2019/11/Newsrelease20191121.html

動画広告の目的

動画広告には主に以下の目的があります。

  • 販売促進
  • 認知拡大
  • ブランディング

それぞれの動画広告の目的について解説していきます。

販売促進

動画広告の目的として最もわかりやすいのは、販売促進です。

商品・サービスの魅力を広告を通じて伝えることで、視聴者の購買意欲を高めます。

販売促進を目的とする動画広告の場合には、動画視聴後にどのような行動をして欲しいのかを明確に伝えることが重要です。

ECサイトへの遷移や、電話、資料請求など、自社に合わせたコンバージョンを設定しましょう。

認知拡大

動画広告は、認知拡大をはかるために有効な施策の一つです。

昨今では、動画を視聴する時間が年々増加傾向にあるため、動画広告を活用することで多くのユーザーにリーチできる可能性があります。

動画配信プラットフォームのYouTubeは、2020年12月に国内の月間アクティブユーザー数が6,500万人を超えています。

参考:https://www.thinkwithgoogle.com/intl/ja-jp/marketing-strategies/video/youtube-recap2020-2/

動画広告を活用することで、効果的に認知を拡大しましょう。

ブランディング

動画広告は、ブランディング目的としても有効です。

商品やサービスのブランディングはもちろんのこと、会社自体のビジョンなどに焦点を当てることで会社のブランディングも可能です。

テキストや画像では表現しにくい、会社や商品の雰囲気を伝える手段として動画広告は非常に優れています。

動画広告の種類

動画広告は大きく以下の3種類に分けられます。

  • インストリーム動画広告
  • インフィード・インリード動画広告
  • インバナー動画広告

それぞれの動画広告の種類について詳しく解説していきます。

インストリーム動画広告

インストリーム動画広告は、動画再生画面内に表示される動画広告です。

代表的なのはYouTube動画を視聴しているときに再生される広告です。

動画コンテンツ内の動画広告なので、親和性が高く、まず最初に取り組むべき動画広告です。

インフィード・インリード動画広告

インフィード・インリード広告は、Facebook、Instagram、Twitterなどのタイムライン上に表示される動画広告です。

タイムラインを眺めているユーザーの興味を引く必要があるので、インパクトのある動画を作る必要があります。

またターゲットによって適切なSNSを選択して、広告出稿することが重要です。

インバナー動画広告

Yahoo!のトップページや、Webサイトのサイドバーなどに掲載されている広告がインバナー広告です。

DSP(Demand-Side Platform)を利用することで、動画を視聴してもらいたいターゲット層に効率的に動画広告を配信できます。

より幅広い媒体で動画広告を出稿したい場合におすすめの動画広告です。

動画広告においてクリエイティブは非常に重要

動画広告においても、他の広告と同様にクリエイティブが非常に重要です。

以下は、GoogleがYouTube広告のクリエイティブ別の効果を比較した図です。

YouTube広告のクリエイティブ別の効果比較図

参考:https://www.thinkwithgoogle.com/intl/ja-jp/marketing-strategies/video/creativeanalysis2/

結果を見ると、YouTube広告のために制作された広告クリエイティブは、TVCM用の広告クリエイティブと比較して、高い広告効果を生み出していることがわかります。

広告効果を最大化するためにも、動画広告のクリエイティブは非常に重要です。

動画広告を成功させるポイント

動画広告を成功させるには、以下の5つのポイントがあります。

  • テレビCMとは別に動画広告用の動画を制作する
  • 動画広告の目的とターゲットを明確にする
  • 冒頭5秒で興味を引く
  • 商品・サービスに最適な媒体を選定する
  • KPI設定を適切に行い改善する

それぞれのポイントについて詳しく解説していきます。

テレビCMとは別に動画広告用の動画を制作する

テレビCMとWebの動画広告は、視聴者層や視聴環境が全く異なります。

テレビCMでは15〜30秒程度の動画をスキップすることはできませんが、動画広告では興味がなければすぐにスキップされてしまいます。

動画広告で使用する動画は、動画広告の出稿媒体に最適化された別動画を制作することが重要です。

動画広告の目的とターゲットを明確にする

動画広告を成功させるには、動画広告の目的とターゲットを明確にすることも重要です。

「動画広告によってどのような目的を達成したいのか?」
「どのようなターゲットに動画を視聴してもらいのか?」

これらを明確にすることで、より適切な動画を制作できるようになります。

冒頭5秒で興味を引く

動画広告を成功させるためには、動画の冒頭5秒でユーザーの興味を引くことが重要です。

Web上の動画広告は興味がないと判断されると、すぐにスキップされてしまいます。

どれだけ良い内容の動画を制作できても、動画を視聴してもらえないことには効果も出ません。

動画広告では、いかにインパクトのあるオープニングを作れるかに集中すべきです。

商品・サービスに最適な媒体を選定する

動画広告は、動画の内容だけでなく、出稿する媒体選びも重要です。

代表的な広告出稿先である、YouTubeやFacebook、Instagram、Twitterなどは、それぞれメインのユーザー層が異なります。

そのため、自社の商品・サービスと相性の良い媒体を選ぶことが重要です。

各種SNSの特徴について知りたい場合には、「動画配信ならこのSNSがおすすめ!最適な動画の長さと制作のポイント」をご覧ください。

KPI設定を適切に行い改善する

動画広告を成功させるためには、KPIを設定した上で、継続的な改善が欠かせません。

最初の広告出稿で想定していた以上の効果が出ることもありますが、多くの場合では、各要素を改善しながら費用対効果を合わせていくことになります。

動画広告を出稿する前に、目安となるKPIを設定し、各KPIを計測しながら動画広告を改善しましょう。

動画広告を活用して効率的に事業を伸ばそう

本記事では、動画広告の効果やメリット、目的、動画広告の種類、成功させるポイントについて解説しました。

人々が動画を視聴する時間が長くなっている背景もあり、今後ますます動画広告の重要性は高まっていくでしょう。

動画広告に取り組むことで、効率的に事業を伸ばしましょう。

弊社では、動画広告に特化した高品質な動画を従来の1/3の価格で制作する「Lumii Video Hub」を提供しています。

動画広告用の動画制作をご検討されている場合には、ぜひ詳細をご覧ください。

また動画広告の運用代行支援もしておりますので、こちらも合わせてご覧ください。

資料ダウンロード
Lumiiの動画制作・動画マーケティングサービスについて紹介している資料です。Lumiiのサービス詳細や、制作実績をご覧いただけます。

動画広告の効果に関するよくあるご質問

ここでは、動画広告の効果に関するよくあるご質問に回答します。

動画広告の効果・メリットは?

動画広告の効果・メリットは主に以下の5点です。

  • 情報量が多いので、理解を促進しやすい
  • 商品・サービスの魅力が伝わりやすい
  • 広告が印象に残りやすい
  • SNSなどで拡散されやすい
  • クリック率が高い

詳しくは「動画広告の効果・メリット」をご覧ください。

YouTube広告の効果は何ですか?

YouTube広告では、「認知獲得」「興味・関心層の理解促進」「コンバージョン獲得」の3つの効果が得られます。

動画広告の役割は?

動画広告の役割は、テキストや画像のみでは伝えにくい、商品・サービスの魅力を視覚・聴覚の両方から訴求することです。