イベント動画とは?イベントを成功に導く活用方法と効果的な動画の種類【2024年7月最新】

MENU
イベント動画とは?成功に導く効果的な制作ポイントや動画の種類を解説【2024年7月最新】
イベント動画の種類や効果的な動画制作方法を解説

イベントを盛り上げるために効果的なコンテンツとして、イベント動画が注目を集めています。

イベント動画を活用することで、参加者の期待感を高めたり、イベントの一体感を醸成したりできます。

本記事では、イベント動画の概要、種類、メリット、制作ポイントなどについて解説しています。

イベント動画の制作をご検討されている場合や、イベント動画の制作にお悩みの場合には、ぜひ最後までご覧ください。

イベント動画とは?

イベント動画とは、イベントで使用される動画の総称です。

周年記念や社員総会などの社内向けのイベントで活用される場合もあれば、展示会やセミナーなどの外部向けのイベントで活用されることもあります。

イベント動画を活用することで、イベント参加者の期待感を高めて、イベントの満足度を向上させることができます。

またオフラインのイベントだけでなく、最近ではオンラインイベントでもイベント動画が活用されることが増えてきています。

イベント動画の種類

イベント動画には、主に以下の4つの種類があります。

  • オープニングムービー
  • アタックムービー
  • エンディングムービー
  • ティザームービー

それぞれのイベント動画の特徴や目的について解説します。

オープニングムービー

オープニングムービーは、イベントの冒頭で利用される動画です。

イベント動画の中でも、よく使われる動画の種類です。

オープニングムービーでは、イベント開始までのカウントダウンを入れたり、イベントのテーマを伝えたりすることが一般的です。

オープニングムービーを上手く活用することで、参加者の期待感を一気に高めることができます。

アタックムービー

アタックムービーとは、イベントの節目のタイミングで、利用される動画です。

イベント内で次のテーマに移るタイミングや、表彰式などのタイミングで使われ、次の展開を期待させる効果があります。

視聴者の期待感を高めるために、アップテンポなBGMを使用したり、カットを頻繁に入れ替えたりする演出が使われることが多いです。

エンディングムービー

エンディングムービーは、イベントの最後に流す動画です。

イベント当日に撮影した動画や写真をその場で動画化して、イベント当日の振り返りができる内容になっていることが多いです。

感動的なBGMとともに動画を制作することで、視聴者のイベントに対する満足度を高める役割があります。

またイベントの最後に当日の振り返りをすることで、イベントの内容を長く覚えてもらえる効果も期待できます。

ティザームービー

ティザームービーは、情報を小出しにして、期待感を高める動画です。

英語の「teaser(ティザー)」には、「じらす」という意味があり、あえて公開しない情報を残すことで、視聴者の好奇心を刺激します。

ティザームービーは、イベントの告知の際に使われることが多く、イベント集客用の動画として、広告などで配信されます。

イベント動画を制作するメリット

イベント動画を制作するメリットは、主に以下の5点です。

  • イベント参加者の期待感を高められる
  • イベントにおけるコンバージョン率を高められる
  • 短時間でイベントの概要をわかりやすく伝えられる
  • 印刷コストなどの広告費用を削減できる
  • 次回イベントの集客力を高められる

イベント動画を導入するメリットについて、それぞれ解説します。

イベント参加者の期待感を高められる

イベント動画の最も大きなメリットは、イベント参加者の期待感を高められることです。

イベントを楽しみにしていた人も、そうでない人も、イベント動画を視聴することで、自然とワクワクした気持ちになり、イベントへの期待感が高まります。

イベント参加者の期待感を一斉に高めることできると、参加者同士の一体感が生まれ、イベントをより楽しめる状態にすることが可能です。

イベント自体の内容も重要ですが、どのような気持ちでイベントに参加するのかという点も非常に重要な要素なので、イベント動画を活用して、参加者の期待感を高めていきましょう。

イベントにおけるコンバージョン率を高められる

イベント内で商品やサービスの販売を行う場合には、イベント動画の活用によって、購入率(コンバージョン率)を高めることが可能です。

イベント会場では通常多くの人が来場するので、一人一人に対して丁寧に説明する時間がありません。

そのような場合に、イベント動画を視聴してもらうことで、多くの人にまとめて商品やサービスの告知を行うことができます。

結果的に購入率やコンバージョン率を高められます。

短時間でイベントの概要をわかりやすく伝えられる

イベント動画を制作することで、短時間でイベントの概要を分かりやすく伝えられます。

同じ内容を伝える場合でも、テキストのみで内容を理解してもらうよりも、視覚化された情報も含まれる動画の方がスムーズに内容を理解してもらえます。

イベントの集客時であれば、動画の視聴により、興味を持ってもらえる可能性が高まるので、来場数の増加が期待できます。

動画の場合には、SNS上での情報の拡散も期待しやすいので、より多くの集客につながります。

またイベント当日のオープニングムービーで動画を流すことで、短時間でイベントの流れなどを把握してもらうことも可能です。

印刷コストなどの広告費用を削減できる

イベントを開催する場合、集客用のチラシやパンフレットを印刷するために、高額な費用がかかる場合もあります。

またイベント当日に、イベントの概要を説明した資料を配布することもあるでしょう。

これらの情報を「動画」に置き換えることで、印刷コストを大幅に抑えることが可能です。

もちろん、イベント動画の制作自体にも費用はかかりますが、一度動画を作成すれば、何万人もの人に動画を視聴してもらえます。

ペーパーレス化によって、環境にも配慮できるので、動画で代替できないかを一度検討してみましょう。

次回イベントの集客力を高められる

イベント動画を制作することで、次回イベントの集客力を高めることが可能です。

たとえば次回のイベントを告知するWebサイトに、前回のイベントのハイライト動画を掲載することで、イベントへの申込率を高める効果が期待できます。

またWebサイト以外にも、イベント用のYouTubeチャンネルや、SNSなどあらゆる媒体で動画を活用し、注目を集めることができます。

イベント動画の制作で失敗しないためのポイント

イベント動画の制作で失敗しないためのポイントは、以下の3つです。

  • 動画を通じて伝えたいコンセプトを一つに絞る
  • イベントのテーマに合わせた動画を制作する
  • 編集やBGMで期待感を高めやすい演出に仕上げる

いずれのポイントも、イベント動画の制作において重要なので、しっかりと確認しておきましょう。

動画を通じて伝えたいコンセプトを一つに絞る

イベント動画の制作で失敗しないためのポイントは、動画を通じて伝えたいコンセプトを一つに絞ることです。

イベントではさまざまなテーマが扱われることもあり、あらゆる魅力を伝えたくなるかと思います。

しかし、動画内にあらゆる情報を詰め込みすぎてしまうと、視聴者は混乱してしまい、理解できない可能性があります。

動画を通じて伝えたいメッセージを一つに絞ることで、視聴者は内容をスムーズに理解でき、動画の効果を発揮できます。

「ここだけは視聴者全員に伝えたい」という重要なコンセプトを決めてから、イベント動画の制作を始めましょう。

イベントのテーマに合わせた動画を制作する

イベントのテーマに合わせた動画にすることも、イベント動画の制作では重要です。

テクノロジーに関するイベントであれば、未来を感じさせるような動画にしたり、美容に関するテーマであれば、おしゃれさを感じさせるような動画にしたりするなど、イベントに合わせた動画を制作します。

実際のイベントテーマとずれた動画を制作してしまうと、視聴者の期待感を高めることは難しいでしょう。

イベント全体の内容や、デザインのトンナマを確認した上で、イベント動画を制作するようにしましょう。

編集やBGMで期待感を高めやすい演出に仕上げる

イベント動画の制作では、編集・BGMが非常に重要です。

イベントに関する情報を単純に動画化したとしても、イベント参加者の期待感は高まりません。

視聴者の感情が動くように、シーンをテンポ良く切り替えながら、リズミカルなBGMを挿入しましょう。

このような編集やBGMを加えることで、ワクワクとした気持ちが醸成され、イベントへの期待感が高まっていきます。

イベント動画の制作事例(株式会社Lumii制作動画実績)

ここからは、弊社が制作したイベント動画の制作事例を紹介します。

イベント動画を制作する際に、ぜひご参考ください。

VeevaJapan株式会社

動画の種類アニメーション動画
予算40万円〜60万円程度
ポイントイベントのオープニングムービーを制作しました。疾走感のあるBGMとともに、イベントのコアとなるコンセプトを各カットで表現しています。

レバレジーズメディカルケア株式会社

動画の種類実写動画
予算30万円〜50万円程度
ポイント社内イベントを盛り上げるためのオープニングムービーを制作しました。ドキュメンタリー風の撮影とスピード感を意識した編集を行っており、視聴者の気持ちを盛り上げる動画になっています。

参加者を引き込むイベント動画を制作しよう!

本記事では、イベント動画の概要や種類、メリット、制作のポイントなどについて解説しました。

イベント動画を制作することで、イベント参加者の期待感を高めて、イベントの満足度を向上できます。

イベント動画を用意するだけで、イベントに対する参加者のモチベーションが大きく変わるので、ぜひイベント動画の制作をご検討ください。

従来相場の1/3以下の金額で動画を提供する弊社サービス「Lumii Video Hub」では、イベント動画の企画・制作にも対応しています。

金額を抑えながらも高品質なイベント動画を制作できるので、ご興味があれば詳細をご覧の上、ぜひお気軽にご相談ください。

資料ダウンロード
Lumiiの動画制作・動画マーケティングサービスについて紹介している資料です。Lumiiのサービス詳細や、制作実績をご覧いただけます。

イベント動画に関するよくあるご質問

ここでは、イベント動画に関するよくあるご質問に回答します。

イベント動画とは何ですか?

イベント動画とは、イベントで使用される動画の総称です。

周年記念や社員総会などの社内向けのイベントで活用される場合もあれば、展示会やセミナーなどの外部向けのイベントで活用されることもあります。

イベント動画にはどのような種類がありますか?

イベント動画には、主に以下の4つの種類があります。

  • オープニングムービー
  • アタックムービー
  • エンディングムービー
  • ティザームービー

詳しくは「イベント動画の種類」をご覧ください。

イベント動画のメリットは何ですか?

イベント動画には以下のメリットがあります。

  • イベント参加者の期待感を高められる
  • イベントにおけるコンバージョン率を高められる
  • 短時間でイベントの概要をわかりやすく伝えられる
  • 印刷コストなどの広告費用を削減できる
  • 次回イベントの集客力を高められる

詳しくは「イベント動画を制作するメリット」をご覧ください。

イベント動画を制作する際のポイントはありますか?

イベント動画動画を制作する際のポイントは以下の3点です。

  • 動画を通じて伝えたいコンセプトを一つに絞る
  • イベントのテーマに合わせた動画を制作する
  • 編集やBGMで期待感を高めやすい演出に仕上げる

詳しくは「イベント動画の制作で失敗しないためのポイント」をご覧ください。

アタック動画とは何ですか?

アタック動画とは、イベントの節目のタイミングで、流す動画です。

イベント内で次のテーマに移るタイミングや、表彰式などのタイミングで使われ、次の展開を期待させる効果があります。

関連記事
Related post