MENU
実写動画とは?制作のステップとメリット・デメリットを解説!
実写動画のメリット・デメリットと制作のステップ

企業での動画活用を検討する際に、多くの方が実写動画での制作を考えられると思います。

本記事では、実写動画のメリットやデメリット、制作のステップ、活用シーン、企業事例などについて解説します。

実写動画の制作をご検討されている場合には、ぜひ最後までご覧ください。

実写動画とは?

実写動画とは、実在する人物や商品などを撮影した動画です。

実写動画はテレビCMでよく使われており、脚本をもとにしてキャストが演じる動画が一般的です。

その他にも実写動画は、会社紹介やインタビュー、採用活動、広報などあらゆる場面でBtoC、BtoB問わず活用されています。

実写動画とアニメーション動画の違い

実写動画とよく比較されるのは、アニメーション動画です。

アニメーション動画は、写真やイラストなどの静止画に動きをつけた動画です。

本来は実在しないものを、視覚化できるので、抽象的な内容を伝えることに向いています。

実写動画とは異なり撮影などを必要としないため、費用を抑えやすい傾向があります。

アニメーション動画についてより詳しく知りたい場合には、以下をご覧ください。

参考:アニメーション動画とは?10種類の映像表現特徴とメリットを解説

実写動画の活用シーン

実写動画は、主に以下のシーンで活用されます。

  • 商品・サービス紹介、会社紹介
  • インタビュー
  • イベント、セミナー

それぞれの活用シーンについて解説していきます。

商品・サービス紹介、会社紹介

実写動画は、商品・サービス紹介や、会社紹介のシーンで活用されることが多いです。

商品・サービスの紹介では、実物を映しながら、特徴やメリットについて伝える動画が一般的です。

また会社の紹介では、オフィスの様子やスタッフが働いている様子などを映しながら、会社の歴史や事業内容について説明することが多いです。

インタビュー

インタビューの様子を実写動画にすることも非常に多いです。

商品・サービスのアピールが目的の場合には、「顧客の声」として、顧客にどのような点が気に入ってもらえたかなどをインタビューします。

また採用の場面では、社長や社員インタビューを通して、会社の魅力を伝えることができます。

イベント、セミナー

イベントやセミナーの様子を実写動画にすることもあります。

イベントやセミナーの臨場感を表現できるのは、実写動画ならではのメリットといえます。

実写動画のメリット

実写動画には、主に以下の3つのメリットがあります。

  • 直感的に動画の内容を理解できる
  • 信頼性・説得力が高い
  • 視聴者の共感を得やすい

それぞれのメリットについて詳しく解説します。

直感的に動画の内容を理解できる

実写動画のメリットは、直感的に動画の内容を理解できることです。

実写動画では、人や物がそのまま映像として映し出されるため、ダイレクトに視聴者に内容を伝えることができます。

またキャストの表情などから、細かな心理描写を表現することも可能です。

信頼性・説得力が高い

実写動画は、信頼性・説得力が高いというメリットがあります。

たとえば、採用向けの動画であれば、社長や社員が出演することで、信頼性の高い動画に仕上げることができます。

また有名タレントなどに出演してもらうことで、一緒に紹介されている商品・サービスに対しても、一定以上の信頼感を持ってもらえます。

信頼性や説得力を高められるのは実写動画ならではのメリットといえます。

視聴者の共感を得やすい

実写動画は視聴者の共感を得やすいという特徴もあります。

実写動画では、ドラマのようなストーリー性のある動画が制作される場合もあり、多くの視聴者の共感を生むこともあります。

共感を得やすい動画はSNS上などで拡散されやすく、想定以上の数の人々に動画を視聴してもらえる可能性もあります。

実写動画のデメリット

実写動画には、主に以下の3つのデメリットがあります。

  • 費用が高額になりやすい
  • 動画が完成するまでの期間が長い
  • 修正に多くの工数がかかる

それぞれのデメリットについて詳しく解説します。

費用が高額になりやすい

実写動画は費用が高額になりやすいというデメリットがあります。

実写動画の場合、撮影のための人件費や、機材費、キャスティング費など、あらゆる費用が発生するため、どうしても動画制作の費用が高くなってしまいます。

費用を抑えたい場合には、小規模な撮影で制作できる内容に変更したり、アニメーション動画で制作したりするのがおすすめです。

動画が完成するまでの期間が長い

実写動画は、動画が完成するまでの期間が長い傾向にあります。

一般的な実写動画では、1.5〜2ヶ月程度の期間が必要となり、大掛かりな撮影になると3ヶ月以上の期間が必要となることもあります。

実写動画を制作する場合には、あらかじめ余裕を持ったスケジュールを組んでおく必要があります。

修正に多くの工数がかかる

実写動画は、修正に多くの工数がかかる可能性があります。

編集を多少変更するような場合であれば、あまり時間はかかりませんが、再度撮影が必要な場合には、非常に多くの工数がかかります。

その分だけ、追加で動画制作費用がかかってしまうため、注意が必要です。

修正に多くの工数がかかってしまうので、実写動画は企画段階で細かい内容まですり合わせすることが重要です。

実写動画の制作ステップ

実写動画を完成させるまでには、以下の制作ステップがあります。

  • 目的の明確化
  • ターゲットの明確化
  • 企画
  • ロケハン
  • 撮影
  • 編集
  • 試写
  • 納品

通常、プロジェクトが開始してから最終的な納品まで1.5〜2ヶ月程度の期間がかかります。

それぞれの制作ステップについて見ていきましょう。

目的の明確化

実写動画を制作する場合には、まず目的を明確にすることから始めましょう。

目的が曖昧なまま、実写動画を作り始めてしまうと、誰にも響かない動画になってしまう可能性があります。

実写動画を制作することによって、どのような目的を達成したいのかを、まずはしっかりと決めましょう。

ターゲットの明確化

目的を決めたら、次はターゲットを明確にします。

たとえば、同じ商品を紹介する実写動画であっても、ターゲットの年代が異なれば、動画内で伝えるべきメッセージも変わります。

年齢、性別、抱えている悩みなど、どのようなターゲットに動画を届けたいのかを明確にしましょう。

企画

続いてのステップでは、実写動画の企画案を制作します。

ここまでに整理した目的とターゲットに合わせて、最適な動画企画を作っていきます。

また企画のタイミングで、絵コンテや香盤表なども作成し、キャスティングや全体スケジュールを決定します。

ロケハン

企画が具体的に決まったら、ロケハンを行います。

ロケハンとは、「ロケーション・ハンティング」の略で、撮影場所の下見を意味します。

実際に撮影機材を設置して、想定しているカットが撮影できるかなどを調査します。

撮影

続いては、撮影です。

事前に制作した台本や香盤表を見ながら、必要なカットを撮影していきます。

動画制作会社に依頼している場合にも、可能であれば撮影に立ち会い、イメージ通りのカットが撮影できているか確認しましょう。

編集

撮影した素材をもとに、動画を編集していきます。

不要なシーンをカットしながら、テロップやBGMを挿入して、よりわかりやすい動画に仕上げていきます。

試写

編集を終えた段階で、実写動画の試写をします。

通しで動画をチェックして、修正の必要がありそうかを確認します。

ただし、実写動画の場合には、修正に大幅な費用がかかってしまう可能性もあるので、注意しましょう。

納品

修正を終えたら、実写動画の納品です。

完成した動画を自社サイトに掲載したり、各種広告媒体で配信するなどして、実写動画を活用していきましょう。

実写動画を外注するときのポイント

実写動画を外注する場合には、以下の3つのポイントを押さえることが重要です。

  • 自社と同業界の制作実績があるか確認する
  • 過去実績のクオリティを確認する
  • 目的・ターゲットを明確にしてから依頼する

それぞれのポイントについて詳しく解説します。

自社と同業界の制作実績があるか確認する

実写動画を外注する場合には、自社と同業界の制作実績があるかを確認しましょう。

同業界の動画制作経験がある場合、ビジネスモデルや顧客について、すでにある程度理解をしてもらえている可能性があります。

すでに理解してもらえている場合、動画イメージのすり合わせもしやすく、スムーズにコミュニケーションを取れるでしょう。

また過去の動画制作経験から、自社に合わせた具体的なアドバイスをもらいやすいというメリットもあります。

実写動画を外注する前には、同業界の制作実績があるかをチェックしておきましょう。

過去実績のクオリティを確認する

実写動画を外注する場合には、動画制作会社の過去実績のクオリティを確認しておくことも重要です。

過去に制作した動画を見ることで、実際に動画制作を依頼した場合のクオリティが大まかにイメージできます。

イメージしている動画のクオリティを満たしている動画実績がない場合には、依頼をしても希望通りのクオリティに仕上がらない可能性が高いです。

実写動画はクオリティが低いと、視聴者にネガティブなイメージを与えてしまう可能性があるので、注意しましょう。

目的・ターゲットを明確にしてから依頼する

目的・ターゲットを明確にした上で、動画制作を依頼することも重要です。

実写動画制作の前提となる情報が曖昧なままだと、動画制作会社もどのような動画を制作したら良いかわからず、結果としてクオリティの低い動画になってしまう可能性があります。

動画制作の依頼前に、目的やターゲットについては社内で整理しておきましょう。

実写動画の事例(株式会社Lumii制作動画実績)

ここでは、弊社が制作した実写動画の制作事例について紹介します。

実写動画を制作する際に、ぜひ参考にしてください。

株式会社サテライトオフィス

動画の種類実写動画
予算250〜300万円程度
ポイントクラウドサービスであることを印象づけるために、動画の冒頭からクラウドに関するセリフを伝えるようにしています。またテキストグラフィックにより、導入実績などを印象的に演出しています。

株式会社東京チェンソーズ

動画の種類実写動画
予算50〜70万円程度
ポイント会社紹介のための実写動画です。ドローン撮影によって、森全体を俯瞰的に捉えて、林業の壮大さを表現しています。

テランクリニック

動画の種類実写動画
予算50〜70万円程度
ポイントクリニックの紹介動画を実写で制作しました。リラックスした雰囲気を表現できる動画素材を使用して、クリニックのイメージ付けをしています。

実写動画を制作して効果的に動画を活用しよう!

本記事では、実写動画の概要、活用シーン、メリット・デメリット、企業事例などについて解説しました。

実写動画を活用することで、信頼性や説得力を高めることができ、あらゆる場面でメリットを得られるでしょう。

本記事を参考にして、ぜひ実写動画の制作をご検討ください。

資料ダウンロード
Lumiiの動画制作・動画マーケティングサービスについて紹介している資料です。Lumiiのサービス詳細や、制作実績をご覧いただけます。

実写動画に関するよくあるご質問

ここでは、実写動画に関するよくあるご質問に回答します。

実写動画とは何ですか?

実写動画とは、実在する人物や商品などを撮影した動画です。

実写動画のメリットは?

実写動画には、主に以下の3つのメリットがあります。

  • 直感的に動画の内容を理解できる
  • 信頼性・説得力が高い
  • 視聴者の共感を得やすい

詳しくは「実写動画のメリット」をご覧ください。

実写とアニメーションの違いは何ですか?

実写は、実在する人物や商品を映し出します。
一方、アニメーションは、実在しないものも視覚化できます。

関連記事
Related post