MENU
展示会動画とは?効果やメリット、費用、制作時のポイントを徹底解説!【2024年3月最新】
展示会動画のメリット・料金相場と制作のポイント

展示会のパフォーマンスを高められることから、展示会動画は非常に注目されている施策です。

本記事では、展示会動画の種類、効果・メリット、制作時のポイント・コツ、費用相場、企業の動画事例について解説します。

展示会動画の制作をご検討されている場合には、ぜひ最後までご覧ください。

展示会で使用する動画の種類

展示会で使用する動画は、主に以下の3種類です。

  • サービス・商品紹介動画
  • 会社紹介動画
  • ティザー動画

それぞれの動画の詳細について解説します。

サービス・商品紹介動画

展示会で使われることが最も多いのは、サービスや商品の紹介動画です。

サービス・商品紹介動画とは、サービス・商品の特徴、解決できる課題、メリット、利用者の声などを映像化したものです。

一般的に展示会では、何らかのサービスや商品を出展するので、そのサービス・商品の紹介動画を制作して、来場者の理解を促進します。

会社紹介動画

展示会では、会社紹介動画を使うこともあります。

会社紹介動画とは、会社の事業内容、会社のビジョン、社長・従業員の紹介などがメインの動画です。

特定の商品・サービスではなく、会社全体の魅力を展示会の来場者にアピールしたい場合に、会社紹介動画を活用します。

ティザー動画

展示会では、ティザー動画を使うのも効果的です。

ディザー動画とは、商品・サービスに関する情報を断片的に見せることで、視聴者の興味関心を引く動画です。

英語の「teaser(ティザー)」には、「じらす」という意味があり、全ての情報を開示せずに、視聴者をじらすことから、ティザー動画と呼ばれています。

展示会では、自社ブースの入り口などでティザー動画を流すことで、動画の内容が気になった来場者をブースに誘導することができます。

ティザー動画は通常短時間の動画なので、展示会のブースを通りがかった来場者にもアプローチできるのがメリットです。

展示会動画を制作することで期待できる効果・メリット

展示会動画を制作することで期待できる効果・メリットは主に以下の4点です。

  • 来場者の足を止められる
  • 短時間で効率的に情報を伝えられる
  • より効果的な営業ができるようになる
  • オンライン展示会などその他の場面でも動画を活用できる

それぞれの効果・メリットについて解説していきます。

来場者の足を止められる

展示会の会場では、いかに来場者の足を止められるかが重要なポイントになります。

展示会動画を制作するメリットは、来場者の足を止め、ブースへの集客を強化できることです。

展示会の会場では、来場者は各社のブースをざっと見ながら歩いていることがほとんどです。

少しでも興味が引かれるポイントがなければ、自社のブース内に入ってもらえることはありません。

そこで、ブースの入り口付近で来場者向けに動画を流すことで、足を止めてもらうきっかけを作ります。

動画は動きがあったり、BGMがあったりするので、文章や画像と比較して、興味関心を引きやすいというメリットがあります。

その後、動画内容をじっくりと視聴してもらうことで、自社ブース内に呼び込みやすくなります。

短時間で効率的に情報を伝えられる

展示会動画は、視覚と聴覚の両方にアプローチすることで、短時間で効率的に情報を伝えられる効果があります。

アメリカの調査会社Forrester Researchの研究結果では、1分間の動画コンテンツは、英単語180万語の情報量に匹敵することがわかっています。

参考:https://idearocketanimation.com/4293-video-worth-1-million-words/

多くの来場者は一つのブースで長い時間過ごそうとは思っておらず、まずはざっと情報収集することを目的にしていることがほとんどです。

そのため、短い時間で情報を理解しやすい動画コンテンツは、展示会来場者にとってもメリットが大きいといえます。

より効果的な営業ができるようになる

展示会動画を制作することで、より効果的な営業を実現可能です。

たとえば、展示会用に1分程度のサービス・商品紹介動画を制作しておき、商談前にその動画を視聴してもらいます。

このように動画を視聴してもらうことで、来場者はサービス・商品に対する基本的な理解ができている状態で営業担当者と商談が可能です。

基本的な理解をしてもらえていることで、営業担当者は来場者に合わせたより具体的な説明をできるようになり、効果的な営業行うことができます。

オンライン展示会などその他の場面でも動画を活用できる

展示会動画は、一度制作すれば、オンライン展示会や、その他の場面でも動画を活用できます。

たとえばサービス紹介動画であれば、LP(ランディングページ)に掲載したり、Web広告動画として配信したりできます。

また会社紹介動画であれば、採用サイトや、会社のSNSアカウント、会社説明会でも活用できます。

展示会のみの使用だと、数日間のみしか動画を活用できませんが、実際には幅広い場面で動画を活用できます。

効果的な展示会動画を制作するポイント

効果的な展示会動画を制作するポイントは以下の5つです。

  • 配信するモニターサイズや形を事前に確認する
  • テロップをつける
  • 動画の長さは1分以内を目安にする
  • 映像・BGMはインパクトの強いものを選ぶ
  • 企業のブランドイメージを向上できる動画に仕上げる

それぞれのポイントを押さえておきましょう。

配信するモニターのサイズや形を事前に確認する

効果的な展示会動画を制作するためには、配信するモニターのサイズや形を事前に確認しておきましょう。

展示会で動画を使用する場合には、自社ブースの入り口付近に大きなディスプレイを設置する方法や、手元のPCで動画を見せる方法が考えられます。

またモニターは横長のタイプや縦長のタイプなどがあります。

事前にモニターサイズ・形を確認しておくことで、適切な設定で動画を制作できるように準備をしておきましょう。

テロップをつける

展示会で使用する動画には、必ずテロップをつけるようにしましょう。

展示会場では、周りのブースの音や、人々が話している声で、動画のナレーションが聞こえにくい場合があります。

そのため、テロップが入っていないと、視聴者が内容を理解できない可能性があります。

展示会動画では、必ずテロップを入れて、ナレーションが聞こえなくても動画内容が理解でいるようにしておきましょう。

また会場の遠くからでも動画内容がわかるように、テロップの文字サイズは大きめにして、読みやすいフォントにすることが大切です。

動画の長さは30秒以内を目安にする

展示会動画を制作する場合には、動画の長さ(尺)は30秒以内にするのがおすすめです。

展示会の来場者のほとんどは、短時間で可能な限り多くの情報収集をしたいと考えています。

そのため一つ一つのブースで長く話を聞きたいとは思っていません。

そのような来場者のニーズに合わせるためにも、展示会用の動画は要点をまとめて30秒以内にすることを意識して作りましょう。

動画の内容上、どうしても長くなってしまう場合でも、1分以内に留めましょう。

映像・BGMはインパクトの強いものを選ぶ

展示会動画を制作する際には、映像・BGMはインパクトの強いものを選びましょう。

基本的に、展示会の来場者は歩きながら、さっとしかブースを見ることはありません。

その一瞬で興味を持ってもらえなければ、自社ブースに誘導することは難しいです。

そのため、パッと見で印象に残るような、インパクトの強い映像・BGMを利用することが重要です。

シンプルすぎる動画だと、展示会場で来場者の興味関心を引けないので、動きや演出に派手な要素を加えてみましょう。

また離れた場所からでも印象に残るような動画になっているかもチェックしましょう。

企業のブランドイメージを向上できる動画に仕上げる

展示会動画を制作する際には、企業のブランドイメージを向上できる動画に仕上げることも大切です。

たとえば、会社紹介用の動画であれば、CSR活動やSDGs活動など、会社の社会貢献活動をアピールできる内容にします。

またサービス・商品紹介動画の場合であれば、サービス・商品のイメージに適切なタレントに出演してもらうことでイメージアップを図れます。

このように、ブランドイメージを向上させられる動画に仕上げることで、展示会で初めて会社のことを知ってもらった方にも、ポジティブな印象を持ってもらうことができます。

展示会動画の制作費用相場

ここでは、展示会動画の制作費用相場に関して、実写動画とアニメーション動画の場合に分けて解説します。

実写動画の費用相場

実写動画の費用相場は、30万円〜300万円程度です。

実写動画の場合には、撮影にかかる日数や、撮影班の規模、撮影機材、キャスティングなどによって、費用が変動します。

3DCGのような技術を使用したり、撮影規模が大きかったりすると費用は高くなります。

具体的な動画内容によって、実写動画の制作費用は異なるので、貴社に合わせたお見積もりが必要な場合には、お気軽にお問い合わせください。

アニメーション動画の費用相場

アニメーション動画の費用相場は、30万円〜100万円程度です。

アニメーションのクオリティや、必要な編集技術、イラスト作成の有無などにより、費用は変動します。

アニメーション動画は、実写動画と比較すると、撮影工数がかからないことから、費用を抑えられる傾向があります。

予算の都合上、高い見積もりになってしまうと困るという場合には、アニメーション動画を検討してみることをおすすめします。

貴社に合わせたアニメーション動画のお見積もりが必要な場合には、一度お問い合わせください。

展示会動画の事例(株式会社Lumii制作動画実績)

ここでは、弊社が制作した展示会動画の事例について紹介します。

株式会社DATAFLUCT

動画の種類アニメーション動画
予算40〜60万円程度
ポイントアニメーション用の素材を活用して、サービス紹介用の動画を制作しました。サービスの革新性を表現するために、主に寒色系の色を使っています。

株式会社マイホム

動画の種類実写動画
予算150〜200万円程度
ポイントサービスの利用前と利用後の違いを明確に表現することで、サービスのメリットを表現しています。またグラフィックを使用することで、サービス内で使用可能な機能をビジュアル化しています。

日本ビジネスシステムズ株式会社

動画の種類アニメーション動画
予算40〜60万円程度
ポイント展示会での使用が主な目的であるため、動画内で紹介する機能を絞り、適切な尺に調整しました。ツールの製品デザインとトンマナを合わせるために、派手なデザインは避けつつも、アニメーションを豊富に使用して、視聴者の目を引く動画に仕上げました。

展示会のチャンスを最大限に活かそう

本記事では、展示会動画の種類、効果・メリット、制作ポイント、費用相場などについて解説しました。

展示会は、多くの見込み顧客との接点を持てる重要な施策の一つです。

展示会動画を活用することで、展示会のパフォーマンスをより高めることができるので、ぜひ本記事を参考に展示会動画の制作をご検討ください。

また弊社では、展示会動画を通常相場の1/3以下の費用で制作する「Lumii Video Hub」を提供しています。

展示会動画の企画案を無料で作成しているので、お気軽にご相談ください。

資料ダウンロード
Lumiiの動画制作・動画マーケティングサービスについて紹介している資料です。Lumiiのサービス詳細や、制作実績をご覧いただけます。

展示会動画に関するよくあるご質問

ここでは、展示会動画に関するよくあるご質問に回答します。

展示会動画の種類は?

展示会で使用する動画は、主に以下の3種類です。

  • サービス・商品紹介動画
  • 会社紹介動画
  • ティザー動画

詳細は「展示会で使用する動画の種類」をご覧ください。

展示会動画にはどのような効果・メリットがある?

展示会動画を制作することで期待できる効果・メリットは主に以下の4点です。

  • 来場者の足を止められる
  • 短時間で効率的に情報を伝えられる
  • より効果的な営業ができるようになる
  • オンライン展示会などその他の場面でも動画を活用できる

詳細は「展示会動画を制作することで期待できる効果・メリット」をご覧ください。

展示会動画の制作ポイントは?

効果的な展示会動画を制作するポイントは以下の5つです。

  • 配信するモニターサイズや形を事前に確認する
  • テロップをつける
  • 動画の長さは1分以内を目安にする
  • 映像・BGMはインパクトの強いものを選ぶ
  • 企業のブランドイメージを向上できる動画に仕上げる

詳細は「効果的な展示会動画を制作するポイント」をご覧ください。

関連記事
Related post