MENU
ハウツー(How To)動画とは?制作方法やポイント、活用事例について解説!

利便性の高さから、今ではハウツー(How To)動画は非常に人気のある動画の一つとなりました。

企業はハウツー動画を制作することで、顧客満足度の向上や、商品・サービスの購入率の改善、業務効率化など、さまざまなメリットを得られます。

本記事では、ハウツー動画の概要や、活用事例、メリット、制作ポイントなどについて、わかりやすく解説します。

ハウツー動画の制作をご検討している場合には、ぜひ最後までご覧ください。

ハウツー(How To)動画とは?

ハウツー(How To)動画とは、商品やサービスの使い方や作業の手順について説明する動画です。

料理の作り方や、家具の組み立て方、ネクタイの結び方などさまざまなハウツー(How To)動画が存在します。

動画を視聴しながら、一緒に作業できるので、テキストや画像よりも理解しやすく、効率的に作業できます。

また商品やサービスの使い方だけでなく、社内研修など業務効率化としてハウツー動画が活用されることも増えています。

ハウツー動画はその利便性の高さから、非常に需要が高まっている動画コンテンツです。

ハウツー動画の種類と活用事例

ハウツー動画には主に以下の種類があります。

  • 商品やサービスの使い方
  • レシピ
  • 申し込み方法などの手順
  • 社内研修

それぞれのハウツー動画の活用事例について解説します。

商品やサービスの使い方

ハウツー動画が最も活用されるのは、商品やサービスの使い方を説明する動画です。

商品やサービスの使い方を説明するハウツー動画には、購入前に活用する動画と、購入後に活用する動画があります。

購入前に活用するハウツー動画は、商品やサービスの購入を検討している視聴者の理解を促進する役割があります。

商品やサービスの具体的な使い方が理解できることで安心でき、購入意欲が高まります。

一方、商品やサービスの購入後に使用されるサービス紹介動画はマニュアルの役割を果たします。

動画を視聴することで、購入後にスムーズに商品やサービスを利用できるので、満足度の向上につながります。

レシピ

ハウツー動画を活用してレシピを紹介することも多いです。

レシピ動画は、動画を見ながら簡単に料理が作れるので、視聴者からも非常に人気のある動画です。

レシピを紹介する場合には、字幕やテロップを効果的に使うことで、よりわかりやすい動画に仕上げられます。

申し込み方法などの手順

ハウツー動画を活用して、申し込み方法などの手順を紹介する動画を制作することもあります。

サービス申し込みなどの手続きは、どうしても面倒に感じてしまい後回しにされてしまうことが多いですが、ハウツー動画を用意しておくことで、申し込みのハードルを下げられます。

手順が多いと大変だと避けられてしまう可能性があるので、可能な限り手順を少なくし、ハウツー動画自体の尺も短めのものを作りましょう。

社内研修

近年では、社内研修にハウツー動画を活用している企業も多いです。

ビジネスマナーの習得を目的とした研修や、社内ルールや備品の使い方を伝える研修など、幅広い研修にハウツー動画を活用できます。

一度ハウツー動画を制作すれば、何度も同じ説明をする必要がなくなり、非常に大きな工数削減へとつながります。

また研修を受けている社員は、わからない部分があっても、理解できるまで動画を繰り返し見ることができます。

ハウツー動画の効果やメリット

ハウツー動画の効果・メリットは主に以下の4点です。

  • テキストや画像よりもわかりやすい
  • 顧客満足度の向上
  • 商品・サービス購入率の向上
  • 業務効率化やコストの削減

それぞれの効果・メリットについて解説していきます。

テキストや画像よりもわかりやすい

ハウツー動画はテキストや画像よりもわかりやすいメリットがあります。

テキストや画像の場合には、すべての場面の説明をするのは限界がありますが、動画であれば最初から最後まで全て映像化して説明できます。

細かい複雑な作業や、テキストでは表現しにくい動きであっても、ハウツー動画にすることで視聴者に直感的に理解してもらえます。

顧客満足度の向上

ハウツー動画を用意しておくことで、顧客満足度の向上が期待できます。

商品やサービスを購入して簡単に使用できるものであれば問題ありませんが、家具やシステムなど、どうしても購入後に工数が発生してしまう場合があります。

そのような場面でハウツー動画を用意しておくと、顧客はスムーズに商品・サービスを使用開始できるので、顧客満足度の向上につながります。

商品・サービス購入率の向上

ハウツー動画は、商品・サービスの購入率を向上させる効果もあります。

Webサイトや販売用のLPにハウツー動画を掲載することで、訪れたユーザーは商品・サービスの使い方を簡単に理解することができます。

購入前に使用方法を理解できることが安心感を生み、購入率を高めてくれます。

使い方が難しそうな商品・サービスであればあるほど、見込み顧客は、使いこなせるかが不安で購入をためらっている可能性があります。

ハウツー動画をWebサイトやLPに掲載することで、不安を払拭できるようにしておきましょう。

業務効率化やコスト削減

ハウツー動画を制作することで、業務効率化やコスト削減の効果が見込めます。

ハウツー動画を社内研修用の動画として使うことで、新入社員は効率的に仕事を覚えていくことができます。

また業務マニュアルが用意されていれば、わざわざ他の社員などに確認する必要がないので、会社全体では大きなコスト削減につながるでしょう。

顧客サポートの一環でハウツー動画を活用すれば、顧客が自ら動画を視聴して問題を解決してくれる可能性が高まります。

ハウツー動画を活用することで、これまで顧客対応にかかっていた工数を削減できるため、業務効率化やコスト削減につながります。

ハウツー動画の制作方法

ハウツー動画を制作は、以下の5つのステップで行います。

  • ハウツー動画の目的を決める
  • 目的に沿った動画企画を作る
  • 撮影をする
  • 撮影素材を編集する
  • ナレーション・BGMを挿入する

それぞれのステップについて詳しく解説していきます。

ハウツー動画の目的を決める

ハウツー動画を制作する場合には、まずはハウツー動画の目的から決めましょう。

同じ商品・サービスに関するハウツー動画であっても、購入前に視聴してもらい購買意欲を高めるのが目的な場合と、購入後の顧客満足度を高めるのが目的の場合では、制作するハウツー動画の内容は異なります。

  • どのようなシチュエーションなのか
  • どのような課題があるのか
  • どのようにその課題を解決するのか

このような要素をあらかじめ整理し、ハウツー動画を制作する目的を明確にしておきましょう。

目的に沿った動画企画を作る

最初のステップで目的が定ったら、続いて目的に沿った動画企画を作ります。

動画企画を作る場合には、テキストのみの企画ではなく、どのようなカットを使用するのかを画像やイラストとともに整理しておくのがおすすめです。

テキストのみの企画だと具体性がなく、実際の撮影場面でどのような映像を撮ったら良いのかがわからなくなってしまうためです。

イメージしている動画に近い画像を選び、どのような映像が必要になるかをあらかじめ明確にしておきましょう。

撮影をする

動画企画まで完成したら、必要な動画素材を撮影していきます。

簡単な動画で問題ない場合には、スマホなどの動画でも問題ありませんが、高いクオリティを求めるのであれば、専用のカメラ機材などを用意しておくべきです。

後から再撮影が必要ないように、あらゆる想定をして、多めにカットを撮影しておきましょう。

撮影素材を編集する

一通り素材を撮影し終えたら、動画を編集していきます。

視聴者がスムーズに動画を理解できるように、余分な情報は省きながら、重要なパートを丁寧に残していきます。

ナレーション・BGMを挿入する

ハウツー動画では、ナレーションやBGMも重要な役割を果たします。

ナレーションをつけることで、視聴者はよりスムーズにハウツー動画の内容を理解できます。

またハウツー動画に合わせたBGMをつけることで、視聴体験が向上するので、動画に対する満足度を高める効果が期待できます。

ハウツー動画の制作ポイント

ハウツー動画を制作する際には以下の3つのポイントがあります。

  • 需要の大きな情報から動画化する
  • 動画の尺は短くして、わかりやすさを重視する
  • 動画内容が一目でわかるサムネイルを用意する

それぞれのポイントについて解説していきます。

需要の大きな情報から動画化する

ハウツー動画を制作する際には、需要の大きな情報から動画化しましょう。

たとえば、ハウツー動画を制作することになった場合、「基本編」など、視聴する順番を考慮して動画制作の優先順位を決めてしまうことがあります。

同時並行ですぐに一通りのハウツー動画が揃うのであれば、この方法でも問題ないのですが、一般的にはハウツー動画の制作には時間がかかります。

そのため、まずは動画を見たいという需要の大きな動画から制作し始めることが重要です。

需要な大きな動画から制作することで、ハウツー動画の効果をすぐに得られます。

動画の尺は短くして、わかりやすさを重視する

ハウツー動画の尺は可能な限り短くして、わかりやすさを重視することが重要です。

動画には、知りたい情報がピンポイントで見つけられないというデメリットがあります。

そのため、動画の尺を短くすることで、視聴者が求めている情報だけを伝えられるように動画を工夫することがポイントです。

作業工程を細かく分けて、その工程ごとのハウツー動画を制作しましょう。

また動画編集の際に、アニメーションやテロップ、BGMなどを追加して、よりわかりやすい動画にすることも重要です。

動画内容が一目でわかるサムネイルを用意する

ハウツー動画をアップロードする際には、サムネイルにも気をつかいましょう。

たとえば、商品購入者向けのサポートページに動画が並んでいる場合、サムネイルを見て何に関するハウツー動画なのかをすぐに理解できないと、動画を視聴するモチベーションは下がってしまうでしょう。

またYouTubeなどにアップロードする場合には、似たような動画とサムネイルで差別化できないと、動画を再生してもらえません。

とくにスマホでは、思った以上にサムネイル画像のテキストが小さく感じてしまうことがあるので、テキストの大きさにも注意が必要です。

視認性の高いサムネイルを作成することで、ハウツー動画を再生してもらいやすい状態にしましょう。

ハウツー動画の事例(株式会社Lumii制作動画実績)

ここでは、弊社が制作したハウツー動画の事例について紹介します。

ぜひ、自社でハウツー動画を制作する際の参考にしてください。

株式会社エフェクティム

動画の種類実写動画
予算40〜60万円程度
ポイント美顔器のハウツー動画を制作しました。美容商品であるため、高級感を演出できる照明を使用しています。また落ち着いたBGMを使用することで、リラックスして美顔器を使用できる印象を与えています。

株式会社永和システムマネジメント

動画の種類アニメーション動画
予算30〜50万円程度
ポイントサービス紹介型のハウツー動画を制作しました。実際のUIを使用することで、サービス利用時のイメージを湧きやすくしています。また操作方法の説明だけでなく、サービスのメリットについても触れることで、マーケティングや営業時にも活用できる動画にしています。

ハウツー動画を制作して顧客満足度の向上や業務効率化を図ろう

本記事では、ハウツー動画の概要、活用事例、効果・メリット、制作ポイントなどについて解説しました。

ハウツー動画は顧客満足度を高めるだけでなく、社内の業務効率化も促進できる、メリットの多い動画です。

ぜひ本記事を参考にして、効果的なハウツー動画を制作してみましょう。

資料ダウンロード
Lumiiの動画制作・動画マーケティングサービスについて紹介している資料です。Lumiiのサービス詳細や、制作実績をご覧いただけます。

ハウツー動画の制作に関するよくあるご質問

ここでは、ハウツー動画の制作に関するよくあるご質問に回答します。

ハウツー動画とは何ですか?

ハウツー(How To)動画とは、商品やサービスの使い方や作業の手順について説明する動画です。

ハウツー動画にはどんな種類がありますか?

ハウツー動画には主に以下の種類があります。

  • 商品やサービスの使い方
  • レシピ
  • 申し込み方法などの手順
  • 社内研修

詳しくは「ハウツー動画の種類と活用事例」をご覧ください。

ハウツー動画のメリットは何ですか?

ハウツー動画のメリットは主に以下の4点です。

  • テキストや画像よりもわかりやすい
  • 顧客満足度の向上
  • 商品・サービス購入率の向上
  • 業務効率化やコストの削減

詳しくは「ハウツー動画の効果やメリット」をご覧ください。

ハウツー動画の制作ポイントは何ですか?

ハウツー動画を制作する際には以下の3つのポイントがあります。

  • 需要の大きな情報から動画化する
  • 動画の尺は短くして、わかりやすさを重視する
  • 動画内容が一目でわかるサムネイルを用意する

詳しくは「ハウツー動画の制作ポイント」をご覧ください。