MENU
YouTubeチャンネル名の失敗しない決め方と変更方法

YouTubeを活用したマーケティングを実施する上では、「チャンネル名」が非常に重要です。

しかしYouTubeチャンネル名をあまり考えずに決めてしまったという方も多いのではないでしょうか?

YouTubeのチャンネル名を適切に決めることで、新規の視聴者を増やすきっかけを作れます。

また繰り返しYouTubeの動画を見てもらう上でも効果的なので、チャンネル名の決め方を理解して失敗を防ぎましょう。

本記事では、YouTubeチャンネル名の失敗しない決め方について解説します。

YouTubeチャンネル名の変更方法や変更するときの注意点も解説するので、ぜひ最後までご覧ください。

YouTubeチャンネル名を決める5つのポイント

自社で公開した動画コンテンツをより多くの視聴者に見てもらうためには、動画の内容だけでなく「YouTubeチャンネル名」も重要です。

YouTubeのチャンネル名を決める際に重要なのは次の5つのポイントです。

  • 一目見てチャンネルの内容がわかるようにする
  • YouTube内検索で上位表示させたいキーワードを入れる
  • ユニークな要素を取り入れる
  • ターゲットに合ったタイトル名にする
  • シンプルなタイトルで文字数は10文字以内にする

1つずつ詳しく解説していきます。

一目見てチャンネルの内容がわかるようにする

YouTubeのチャンネル名は一目見て、投稿されている動画の内容がわかるように設定するのが重要です。

例えば、「会社名」をそのままチャンネル名にした場合、その企業が運営するYouTubeチャンネルであることはわかりますが、どのような動画を配信しているのかはわかりません。

動画の内容がイメージできなければユーザーは視聴しようとは思わず、そのまま別の動画に流れてしまうリスクがあります。

食品会社のYouTubeチャンネルで料理動画を配信するなら、チャンネル名に「クッキング」を入れるなど、動画の中身に触れる工夫も必要です。

もちろん誰もが知っている大企業であれば会社名をそのままチャンネル名にしても問題はないですが、企業の知名度が低い場合にはチャンネル名に動画の中身を関連づけたネーミングを意識するのが望ましいです。

YouTube内検索で上位表示させたいキーワードを含める

YouTubeのチャンネル名にはYouTube内の検索で上位表示させたいキーワードを含めましょう。

ターゲットとなるキーワードをチャンネル名に含むことで、検索結果の上位に表示される可能性が高まります。

ユニークな要素を取り入れる

YouTubeチャンネル名を決める際には他社とは異なるユニークな要素を取り入れることも重要です。

シンプルすぎるチャンネル名だと視聴者の印象に残らず、覚えてもらいにくいです。

自社のブランドイメージや動画コンテンツの雰囲気など、統一感を意識しながらもユニークなネーミングを考えてみましょう。

たとえば、老舗書店の有隣堂は、「有隣堂しか知らない世界」というチャンネル名で、書店にまつわる情報をユニークに紹介しています。

ターゲットに合ったタイトル名にする

YouTubeの動画を視聴してもらいたいターゲットに合わせたチャンネル名を決めることも重要です。

年齢や性別、ターゲットのニーズを事前に整理することで、よりターゲットが好みやすいチャンネル名を設定できます。

たとえば若年層向けのYouTubeチャンネルであれば、ポップなチャンネル名の方が好まれる可能性があります。

一方、ビジネスパーソン向けのチャンネルであれば、真面目な雰囲気が伝わるチャンネルの方が好まれる可能性があります。

このように最も動画を見てもらいたいターゲット層に合わせたチャンネル名を決めましょう。

シンプルなタイトルで文字数は10文字以内にする

YouTubeのチャンネル名は10文字以内のシンプルな名前が良いです。

長いチャンネル名をつけてしまうと、視聴者に覚えてもらいにくくなる上に、YouTube画面上で表示が見切れてしまうという問題があります。

あまり長いチャンネル名を決めてしまうと、スマホで表示したときに見切れてしまうことがあります。

どうしてもチャンネル名が長くなってしまう場合には、強調したいキーワードを文頭に設置することで、視聴者に重要な部分は見てもらえます。

実際の企業事例

ここからは、実際に企業が運営しているYouTubeチャンネル名を紹介します。

企業のYouTubeチャンネル名は大きく分けると以下の3種類があります。

  • 会社名
  • 会社名+TV・チャンネル・ch
  • ジャンル名

ぜひ自社のYouTubeチャンネル名を決める際の参考にしてください。

会社名

会社名YouTubeチャンネル名主なコンテンツ
キリンビバレッジキリンビバレッジ商品CM
ローソン(LAWSON)ローソン(LAWSON)商品CM
キャンペーン情報
GoProゴープロ商品使用動画(アクションカムで制作された動画)

最もシンプルなのは会社名をそのままYouTubeチャンネル名に設定することです。

知名度の高い企業の場合には、企業名の検索ボリュームも高いので、会社名のみでも集客しやすい傾向があります。

シンプルなチャンネル名だからこそ、余計な情報を排除することですっきりとした印象を与えることができます。

企業の知名度が高くない場合には、チャンネル名のみで注目されにくいため注意が必要です。

会社名+TV・チャンネル・ch

会社名YouTubeチャンネル名主なコンテンツ
サントリー(SUNTORY)サントリー公式チャンネル (SUNTORY)商品CM
日清食品グループ日清食品グループ公式チャンネル商品CM
長崎バイオパーク公式長崎バイオパーク企画動画

会社名に「TV」や「チャンネル」、「ch」などを加えたシンプルなYouTubeチャンネル名を設定する会社も数多くあります。

その他にも「公式チャンネル」や「Officialチャンネル」などもよく使われており、会社の「公式動画」であることをアピールすることで、信頼性をアピールできます。

しかし「会社名+TV・チャンネル・ch」のパターンも会社自体の知名度が高くない場合には、注目されにくいので注意が必要です。

ジャンル名

会社名YouTubeチャンネル名主なコンテンツ
ハウス食品ハウスcookingチャンネルレシピ動画
MIZUNOMIZUNO BASEBALL JP商品動画スキル解説動画インタビュー動画
ANABLUE SKY NEWS職員による情報発信

投稿する動画コンテンツのジャンルを軸にYouTubeのチャンネル名を決める方法もあります。

料理動画を投稿するなら「○○クッキング」やスポーツ関連の動画なら「○○スポーツ」など、ジャンルをチャンネル名に含めることで、チャンネルの内容を分かりやすく伝えることができます。

パッと見のわかりやすさからもおすすめのチャンネル名です。

YouTubeチャンネル名の変更方法

YouTubeのチャンネル名は以下の手順で変更できます。

  1. YouTubeにログインする
  2. プロフィールアイコンから「設定」を開く
  3. 「Googleアカウントの設定または表示を変更する」をクリックする
  4. 「個人情報」をクリックする
  5. 「基本情報」の中の「名前」欄をクリックする
  6. 新しいチャンネル名を入力して「保存」をクリックする

チャンネル名変更の注意点

YouTubeチャンネル名を変更する際には、以下の注意点があります。

  • 権限がないとチャンネル名を変更できない
  • 認証バッジが外れる
  • 回数制限がある
  • 特殊記号や有名人の名前は承認されないことがある
  • 過去のチャンネル名で検索しても表示されない可能性がある

チャンネル名の変更自体は簡単にできますが、事前に注意点を確認しておきましょう。

権限がないとチャンネル名を変更できない

YouTubeチャンネル名の変更は、管理者権限がある人でなければできません。

変更する前にYouTubeチャンネル名を変更する権限を持っているかを確認しましょう。

認証バッジが外れる

チャンネル名を変更すると「認証バッジ」が削除されてしまいます。

認証バッジはYouTubeが認証した証でもあり、視聴者から信頼されやすいなどのメリットがあるため、認証バッジが外れる影響は少なからずあります。

チャンネル名を変更するメリットと認証バッジが外れるデメリットを比較した上で検討しましょう。

回数制限がある

YouTubeチャンネル名の変更は90日間で3回までと回数に制限があります。

そのため、短期間に繰り返しチャンネル名の変更はできません。

事前に検討期間をしっかりと設けてからチャンネル名の変更をしましょう。

特殊記号や有名人の名前は承認されないことがある

チャンネル名に使える文字には制限があるため、特殊な記号や有名人の名前が含まれていると承認されない可能性があります。

特殊な記号が使われていると視聴者にとってもわかりにくいので、複雑な文字や記号は使わないようにしましょう。

変更前のチャンネル名で検索しても表示されない可能性がある

変更前のチャンネル名で検索をしてもYouTube上で表示されなくなる可能性があります。

そのため、チャンネル名を変更する際には、既存の視聴者に向けてもれなく告知をして機会損失をなくしましょう。

チャンネル名は本当に重要なのか?

YouTubeチャンネルの運営を成功させるためには、YouTubeチャンネル名は非常に重要です。

なぜなら、YouTubeチャンネル名はそのチャンネルの看板であり、視聴者の第一印象を決める要素の一つだからです。

YouTubeチャンネル名を決めるのが大変だと感じることもあるかもしれませんが、時間をかけて決める価値があります。

魅力的なYouTubeチャンネル名をつけてファンを獲得しよう

本記事ではYouTubeチャンネル名の失敗しない決め方について解説しました。

YouTubeチャンネル名を決める上でのポイントや具体的な事例を見ながら、自社のYouTubeチャンネル名を決めてみましょう。

株式会社LumiiではYouTubeチャンネル用の動画制作も行っています。

1本5万円からのリーズナブルな料金で高クオリティなYouTube動画を制作できます。

ご興味がありましたら、以下からサービス詳細をご覧ください。

資料ダウンロード
Lumiiの動画制作・動画マーケティングサービスについて紹介している資料です。Lumiiのサービス詳細や、制作実績をご覧いただけます。

YouTubeのチャンネル名を決める際のよくある質問

ここでは、YouTubeのチャンネル名を決める際のよくある質問に回答します。

YouTubeのチャンネル名は何がいい?

YouTubeのチャンネル名は一目で投稿されている動画内容がわかる名前にしましょう。

料理チャンネルであれば「〇〇クッキング」、スポーツチャンネルであれば「○○スポーツ」のようにジャンル名が含まれているとわかりやすいです。

YouTubeチャンネルの名前の決め方は?

YouTubeチャンネルの名前の決め方は以下の5つのポイントを意識しましょう。

  • 一目見てチャンネルの内容がわかるようにする
  • YouTube内検索で上位表示させたいキーワードを入れる
  • ユニークな要素を取り入れる
  • ターゲットに合ったタイトル名にする
  • シンプルなタイトルで文字数は10文字以内にする

詳細は「YouTubeチャンネル名を決める5つのポイント」をご覧ください。

YouTubeのユーザー名はどれ?

YouTubeにログインをし、左側のメニューの「詳細設定」をクリックするとユーザーIDが表示されます。

YouTubeのチャンネル名は何回変えられる?

YouTubeのチャンネル名は90日間で3回まで変更可能です。

関連記事
Related post