MENU
保険業界で動画を活用するメリットとは?制作時のポイントを解説

保険業界で扱われている商品は内容が複雑であることから、見込み顧客への商品紹介に課題を感じている企業が少なくありません。

よりわかりやすく商品内容を伝える手段として、多くの保険会社が注目しているのが「動画」の活用です。

本記事では保険業界の企業様向けに、保険業界で動画を活用するメリット、動画の活用シーン、保険業界で動画を制作するポイント、動画の活用事例について解説します。

保険業界向けの動画制作をご検討されている場合には、ぜひ本記事の内容を参考にしていただければ幸いです。

保険業界で動画を活用するメリット

保険業界で動画を活用するメリットは下記の3点です。

  • 複雑な保険内容をわかりやすく伝えられる
  • 営業活動を効率化できる
  • 社内育成を効果的に行える

それぞれのメリットについて詳しく解説します。

複雑な保険内容をわかりやすく伝えられる

動画を活用することで、複雑な保険内容をわかりやすく伝えられます。

保険商品にはさまざまな種類があり、その内容も複雑です。

そのため、紙の資料だけでは顧客が十分に理解できないことも多々あります。

一方、動画を活用すれば、情報を視覚的に表現できるので、視聴者は直感的に保険内容を理解できるようになります。

営業活動を効率化できる

保険業界で動画を活用することで、営業活動を効率化できます。

動画を活用することで、複雑な内容を直感的に伝えることができるので、説明に大きな労力をかけずとも、顧客に商品を理解してもらえるようになります。

またWebサイトなどに動画を掲載して、顧客が事前に情報を入手できるようにしておけば、前もって商品に対する理解を深めてもらった状態で商談することができます。

営業担当者による説明のクオリティも均一化できるので、営業活動全体が効率化されます。

社内育成を効果的に行える

制作した動画は顧客だけでなく、社内教育にも活用できます。

通常、口頭で社内教育を行う場合には、教える側の工数も取られてしまうので、さらなる人件費がかかってしまいます。

また教育担当者によって、説明のクオリティにも差が出てしまう場合があります。

動画を活用した教育であれば、教育に工数がかからず、説明のクオリティも均一化できます。

このように、保険業界で動画を活用することで、社内教育を効果的に行うことも可能です。

保険業界で動画を活用するシーン

保険業界で動画を活用する主なシーンは下記です。

  • 保険商品の紹介
  • 保険に関する基礎知識の解説
  • お客様インタビュー
  • 社内研修・社内教育

それぞれの活用シーンについて解説します。

保険商品の紹介

プロモーションとして保険商品を紹介する際に動画は最適です。

短時間で商品の特徴をわかりやすく伝えることでき、他の保険商品との違いも明確に理解してもらうことができます。

保険商品の紹介を動画にすることで、成約率の向上も期待できます。

保険に関する基礎知識の解説

動画は保険商品の説明以外にも、「生命保険の仕組み」や「保険に申し込む際の手続き方法」など、保険に関する基礎知識の解説にも向いています。

保険の仕組みそのものを難しく感じてしまう人も多いため、動画を活用するメリットは大きいと言えるでしょう。

また専門用語が登場する場合には、キャプションをつけるなど工夫することで、よりわかりやすい解説動画に仕上げることができます。

お客様インタビュー

保険への加入を検討する際に、他の加入者がどのような評価をしているのか気になる方も少なくありません。

そのような方に向けて「お客様インタビュー動画」を制作することで、加入の後押しをすることが可能です。

第三者の情報は信頼性が高い情報なので、インタビュー動画を視聴してもらうことで、より安心して保険に加入してもらうことができます。

社内研修・社内教育

社内研修・社内教育の場面でも、動画を活用することができます。

一度動画を制作すれば、何度も研修を行う必要がなくなるので、工数の削減につながります。

また同じ動画を見てもらうことになるので、社内教育の標準化も可能です。

動画コンテンツであれば、社員の都合の良いタイミングで復習もできるので、効率的なスキルアップを実現できます。

保険業界で動画を制作する際のポイント

保険業界で動画を制作する際のポイントは下記の4点です。

  • 目的を明確にしてから動画を作る
  • 図解などを活用してわかりやすいビジュアルにする
  • 専門用語には補足を入れる
  • 「自分ごと」と捉えてもらうためのストーリーを入れる

それぞれの制作ポイントについて詳しく解説します。

目的を明確にしてから動画を作る

動画を制作する際には、目的を明確にしてから動画を作ることが重要です。

同じ保険商品のプロモーション動画であっても、認知拡大を目的とした動画と商品への申し込みを目的とした動画では、動画の構成が大きく異なります。

まずは目的をしっかりと整理して、その後動画制作を進めていくようにしましょう。

図解などを活用してわかりやすいビジュアルにする

保険商品は仕組みが複雑であることから、図解などを活用したわかりやすいビジュアルが重要なポイントになります。

たとえばアニメーション動画を活用して、図解したビジュアルに動きをつけることで直感的に理解できる動画を作ることが可能です。

保険商品用の動画では、わかりやすさが重要なので、意識して図解を取り入れましょう。

専門用語には補足を入れる

保険商品の説明では、どうしても専門用語の使用が多くなります。

動画の視聴者がわからない専門用語が出てくると、動画内容を理解できなくなってしまい、離脱の原因になってしまいます。

専門用語が出てくる場面では必ず補足を入れるようにして、視聴者が疑問を持たない動画を制作しましょう。

「自分ごと」だと捉えてもらうためのストーリーを入れる

保険商品は未来への投資であることから、関心を持ってもらうのが難しい商材です。

そのため、「これは自分に関係のある重要な情報だ」と思ってもらうための工夫が欠かせません。

視聴者が「自分ごと」だと捉えられるような、感情に訴えかけるストーリーを積極的に動画に入れるようにしましょう。

自分ごとだと捉えてもらうことができると、成約率の向上も期待できます。

保険業界における動画の活用事例

ここでは、保険業界における動画の活用方法を紹介します。

自社で動画を制作する際にぜひ参考にしてみてください。

日本生命

複雑な保険商品をアニメーションでわかりやすく解説している動画です。

パッと見て内容が理解できる直感的なビジュアルに動きを加えることで、保険の内容が深く理解できる動画になっています。

アクサダイレクト

100歳になるまでにどのようなことが起きるのかを、ポップな映像とともに紹介している動画です。

今後自分に起こり得ることを伝えていくことで、将来に備えることの重要性を伝えています。

保険商品を「自分ごと」として捉えてもらうための工夫がされている動画です。

ライフネット生命

アニメーションで保険の基礎知識について解説をしている動画です。

保険の加入を検討する方が持ちそうな疑問について網羅的に解説されているので、保険の基礎知識を把握することができます。

保険業界で動画を活用し、より効果的に情報を伝えよう

本記事では、保険業界で動画を活用するメリット、動画の活用シーン、保険業界で動画を制作する際のポイント、動画の活用事例などについて解説しました。

内容が複雑で理解しにくい保険商品だからこそ、動画活用がより効果を生んでくれます。

動画の活用シーンも豊富になるので、ぜひ本記事を参考にして動画制作をご検討いただければ幸いです。

また保険業界の企業様向けに、弊社では高品質な動画を従来の1/3以下の価格で制作する「Lumii Video Hub」を提供しています。

動画の制作をご検討されている場合には、本サービスもあわせてご覧ください。

資料ダウンロード
Lumiiの動画制作・動画マーケティングサービスについて紹介している資料です。Lumiiのサービス詳細や、制作実績をご覧いただけます。

保険業界の動画活用に関するよくあるご質問

ここでは、保険業界の動画活用に関するよくあるご質問に回答します。

保険業界で動画を活用するメリットは何ですか?

保険業界で動画を活用するメリットは下記の3点です。

  • 複雑な保険内容をわかりやすく伝えられる
  • 営業活動を効率化できる
  • 社内育成を効果的に行える

詳しくは「保険業界で動画を活用するメリット」をご覧ください。

保険業界ではどのようなシーンで動画を活用できますか?

保険業界で動画を活用する主なシーンは下記です。

  • 保険商品の紹介
  • 保険に関する基礎知識の解説
  • お客様インタビュー
  • 社内研修・社内教育

詳しくは「保険業界で動画を活用するシーン」をご覧ください。

保険業界で動画を制作する際のポイントは何ですか?

保険業界で動画を制作する際のポイントは下記の4点です。

  • 目的を明確にしてから動画を作る
  • 図解などを活用してわかりやすいビジュアルにする
  • 専門用語には補足を入れる
  • 「自分ごと」と捉えてもらうためのストーリーを入れる

詳しくは「保険業界で動画を制作する際のポイント」をご覧ください。

関連記事
Related post