MENU
採用動画の最新トレンドと制作ポイントを解説!企業の動画事例も紹介

採用活動が激化する現代において、特に注目されている手法の一つが「採用動画」の活用です。

本記事では、採用動画の概要や最新トレンド、動画の制作ポイント、企業の動画事例について解説しています。

最新のトレンドに合わせた採用動画を制作することで、採用活動をより効果的に進めることが可能です。

採用動画の制作をご検討されている場合には、ぜひ最後までご覧ください。

採用動画とは

採用動画とは、人材の雇用を目的とした採用活動で用いられる動画です。

事業紹介動画や、ビジョン動画、社員のインタビュー動画などの種類があり、動画を通じて企業の魅力を伝えることができます。

アメリカの調査会社Forrester ResearchのJames L. McQuivey博士の研究結果では、1分間の動画には、英単語に換算して180万語、Webページに換算して約3,600ページ分の情報量があることがわかっています。

そのため、採用動画を活用することで、テキストでは伝えきれない会社のカルチャーや、社員の人柄などを効果的に伝えることができます。

また実際に採用動画を視聴した就職活動生の7割以上が「会社への志望度が上がった」と回答しているアンケート結果もあります。

その他にも、採用動画は入社後のミスマッチを減らすことを期待できるなど、さまざまなメリットがあります。

採用動画の効果やメリットについては、以下の記事で詳しく解説しているので、ぜひご覧ください。

参考:採用動画で企業が得られる効果は?動画事例・制作のポイントを解説!

採用動画の最新トレンド

ここからは採用動画の最新トレンドについて解説します。

現在、採用動画の最新トレンドは以下の動画です。

  • インタラクティブ動画
  • ドローンによるオフィス紹介動画
  • ドキュメンタリー動画
  • 座談会動画
  • 縦型動画

それぞれの動画について詳しく解説していきます。

インタラクティブ動画

インタラクティブ動画とは、視聴者のアクションによって、動画内容が変化する動画です。

たとえば、動画内で選択肢が表示され、クリックした選択肢によってその後の動画内容が変わります。

従来の動画は、動画を配信する側が一方的に情報を発信する形でしたが、インタラクティブ動画は視聴者も参加できる双方向型の動画です。

このインタラクティブ動画を採用動画として活用することで、求職者がより知りたい内容を中心に情報を届けたり、求職者の興味を引きやすくなったりするなどの効果が期待できます。

ドローンによるオフィス紹介動画

ドローンによるオフィス紹介動画も、採用動画のトレンドとなっています。

ドローンを活用することで、通常のカメラ撮影では再現できない臨場感のある映像を撮影できます。

通常のオフィス撮影とは雰囲気を大きく変えることができるので、他社との差別化にもつながります。

オフィスの様子もアピールしたいという場合には、ドローン撮影を活用した採用動画を制作するのも効果的です。

ドキュメンタリー動画

採用動画の最新トレンドとして、よく活用されているのがドキュメンタリー動画です。

社員の一人に焦点を当て、一日の仕事の様子や、仕事への思い、職場に対してどのように思っているかなどを、映像化します。

ドキュメンタリータッチの動画にすることで、社員の魅力を際立たせることが可能です。

また視聴者は、入社後の働き方がリアルに想像できるので、会社への志望度を高めることを期待できます。

座談会動画

座談会動画も採用動画の最新トレンドの一つです。

とくに座談会動画は、社員の雰囲気を伝えたい場合におすすめです。

座談会動画を制作する場合には、決められた台本を話すのではなく、テーマだけを決めて自由に話し合ってもらうことが重要です。

あらかじめ決められた台本をそのまま話してしまうと、リアルさがなくなってしまい、求職者に興味を持ってもらうのが難しくなります。

求職者は社員のリアルな様子を知ることを求めているので、細かい設定は設けないようにしましょう。

縦型動画

最近ではTikTokやYouTubeのショート動画の人気が高まっていることを背景に、縦型動画も採用動画のトレンドになっています。

縦型動画は短尺のエンタメ性の高い動画が好まれる傾向があります。

会社の楽しさを全面にアピールしていきたい会社の場合には、非常に相性の良い採用動画です。

また縦型動画はSNSで拡散されやすいので、一気に会社の知名度を高めることも期待できます。

採用動画の種類

先ほどは採用動画の最新トレンドについて解説しましたが、採用動画には他にもさまざまな種類があります。

採用動画には、主に以下の3種類の動画があります。

  • 企業紹介動画
  • 社長インタビュー動画
  • 社員インタビュー動画

それぞれの採用動画について解説します。

事業紹介動画

採用動画として最も利用されるのは、事業紹介動画です。

会社ではどのような事業を展開しているかを動画でわかりやすく伝えることが目的の動画です。

就職活動生はこれまでビジネスの経験がないことがほとんどなので、どうしても事業内容を理解するのは難しいと感じてしまう方が多いです。

アニメーション動画を使ってわかりやすく図式化したり、わかりやすいナレーションを入れたりすることで、就職活動生に事業内容を深く知ってもらうことができます。

社長インタビュー動画

社長のインタビュー動画は、以前からよく利用される採用動画のフォーマットですが、効果が非常に高いです。

社長だからこそ、創業の思いや、会社のビジョンを熱量を込めて伝えることができます。

企業理念やビジョンに共感してもらうことができれば、やりがいを持って、長期間に渡って働いてもらうことが期待できるでしょう。

テキストや写真だけでは、社長の人柄を伝えることはできないので、ぜひ利用したい採用動画の一つです。

社員インタビュー動画

社長のインタビュー動画と同様に、社員のインタビュー動画も効果的な採用動画です。

求職者の多くは事業内容だけでなく、どのような人たちと一緒に働くのかを知りたいと思っています。

社員のインタビュー動画を視聴することで、社員の雰囲気や、どのような思いで働いているのかなどを理解できるようになります。

また社員のインタビュー動画を制作する場合には、入社1〜2年程度の若手層から、ベテラン層まで幅広い社員にインタビューすることをおすすめします。

幅広い層のインタビュー動画を用意しておくことで、求職者の年齢や状況に合わせた動画を視聴してもらうことができるためです。

採用動画の料金相場

種類別の採用動画の料金相場は以下です。

採用動画の種類料金相場
インタラクティブ動画50〜100万円程度
ドローンによるオフィス紹介動画30〜50万円程度
ドキュメンタリー動画50〜100万円程度
座談会動画10〜30万円程度
縦型動画10〜30万円程度
企業紹介動画30〜50万円程度
社長インタビュー動画10〜30万円程度
社員インタビュー動画10〜30万円程度

具体的な動画内容によって、金額は変わるため、詳細については一度お問い合わせください。

トレンドに合わせた採用動画を制作するポイント

トレンドに合わせた採用動画を制作するには以下の5つのポイントがあります。

  • 企業のカルチャーを伝える
  • ビジョンなど未来の姿を映像化する
  • 社長・社員の人柄を見せる
  • 実際に働いたときのイメージを伝える
  • デメリットになり得る情報も正直に伝える

それぞれのポイントについて見ていきましょう。

企業のカルチャーを伝える

採用動画では積極的に企業のカルチャーを伝えましょう。

事業内容や給与・福利厚生などの情報は、Webサイトのテキスト情報でも伝わりますが、企業の持つカルチャーは動画だからこそ伝えられる要素の一つです。

採用動画で企業のカルチャーを明確に伝えることができれば、自然とカルチャーにマッチした人材からの応募が集まりやすくなります。

採用動画の制作では、カルチャーをいかに伝えるかにこだわってみましょう。

ビジョンなど会社の未来の姿を映像化する

トレンドに合わせた採用動画を制作するには、ビジョンなど会社の未来の姿を映像化することがポイントです。

ビジョンなどの抽象的な概念はテキストではイメージがしにくいため、動画を活用して視覚化することが重要です。

会社の目指しているビジョンを採用動画として映像化しましょう。

社長・社員の人柄を見せる

社長・社員の人柄を見せることも、採用動画における制作ポイントの一つです。

社長・社員の人柄が求職者に伝わることで、会社への志望度を高めることが期待できますし、性格が合わないなどのミスマッチも事前に防げます。

社長・社員のインタビュー動画や、座談会動画などを活用して、積極的に人柄を見せましょう。

実際に働いたときのイメージを伝える

一日の働いている様子や、オフィス環境などを動画にすることで、実際に働いたときのイメージを伝えることも重要です。

実際に働くイメージが湧くことで、求職者は入社するモチベーションが高まり、会社への志望度が上がります。

社員のドキュメンタリー動画や、オフィス紹介動画を活用して、入社後のイメージがしやすい採用動画を制作しましょう。

デメリットになり得る情報も正直に伝える

トレンドに合わせた採用動画を制作する上では、デメリットになり得る情報も正直に伝えることが重要です。

求職者は採用動画に、「リアルさ」を求めています。

そのため、良いことばかりが語られている採用動画を制作しても、どうしても疑いの目で見られてしまうでしょう。

作られた台本ではなく、社員が正直に受け答えしている様子を動画にしたり、デメリットも含めた会社紹介をしたりすることで、信頼できる採用動画を制作できます。

もちろんデメリットの伝え方に工夫は必要ですが、採用動画を制作する際には、デメリットになり得る情報も正直に伝えてみましょう。

採用動画を動画制作会社に依頼するときのポイント

採用動画を制作する場合には、動画制作会社に依頼するのが一般的です。

動画制作会社に依頼するときには、以下の3つのポイントを意識しましょう。

  • 採用動画の目的を明確にする
  • 給与などの条件面以外の魅力を整理する
  • 採用動画を配信する媒体を決めておく

それぞれのポイントについて解説します。

採用動画の目的を明確にする

動画制作会社に依頼する上で最も重要なことは、採用動画の目的を明確にすることです。

同じ採用動画であっても、母集団を形成するための動画なのか、より詳細な事業内容を理解してもらうための動画なのかで、伝えるべきメッセージは異なります。

その他にも採用動画にはさまざまな目的が存在します。

今回制作する動画では、具体的にどのような目的を達成したいのかを明確にしてから、動画制作会社に目的を共有しましょう。

給与などの条件面以外の魅力を整理する

効果的な採用動画を制作するためには、企業の魅力を整理することが欠かせません。

この際に重要なことは、給与などの条件面以外の魅力を整理しておくことです。

もちろん給与や福利厚生などの条件は重要な要素ではありますが、求職者は会社のビジョンやカルチャー、社員との相性など、さまざまな要素を見て入社の判断をします。

その企業ならではの魅力は、動画制作会社にはわからない部分になるので、自社で明確にしておく必要があります。

動画制作会社に依頼する際には、動画内で訴求したい企業の魅力をしっかりと整理しておきましょう。

採用動画を配信する媒体を決めておく

採用動画を配信する媒体をあらかじめ決めておくことも重要です。

たとえば自社のWebサイトと、採用媒体では適切な動画サイズやフォーマットが異なる可能性があります。

また広告などで出稿する場合には、媒体ごとに入稿できる動画の再生時間が異なります。

事前に配信する媒体を決めておかないと、いざ完成した採用動画を活用しようと思ったタイミングで、使えなかったということが発生してしまうかもしれません。

採用動画を配信する媒体を決めておき、動画制作会社にも、配信予定の媒体を共有しておきましょう。

採用動画の事例(株式会社Lumii動画制作実績)

ここでは、弊社が制作した採用動画の事例について紹介します。

ぜひ自社の採用動画を制作する際に参考にしてみてください。

メディカル・データ・ビジョン株式会社

動画の種類ビジョン動画
予算150〜200万円程度
ポイント会社のビジョンを実写で映像化しました。テクノロジーを活用した企業であることを印象づけられるように、グラフィックはクールなデザインを採用しています。

イニシャル・ポイント株式会社

動画の種類事業紹介動画
予算40〜60万円程度
ポイント事業内容を紹介するための動画を制作しました。セキュリティ関連の複雑なサービスをリテラシーがない方であっても理解できるように、理解しやすいアニメーションフォーマットを採用しています。

トレンドに合わせた採用動画で求職者の志望度を高めましょう

本記事では、採用動画の概要や最新トレンド、採用動画の種類、料金相場などのついて解説しました。

優秀な人材を獲得することは、企業の成長にとって最重要項目の一つです。

ぜひ本記事を参考にして、トレンドに合わせた効果的な採用動画を制作しましょう。

弊社ではトレンドの採用動画を従来の1/3以下の価格で制作する「Lumii Video Hub」を提供しています。

求職者の志望度を高める高クオリティな動画をコストを抑えて制作できます。

ご興味がありましたら、ぜひサービスの詳細もご覧ください。

資料ダウンロード
Lumiiの動画制作・動画マーケティングサービスについて紹介している資料です。Lumiiのサービス詳細や、制作実績をご覧いただけます。

採用動画に関するよくあるご質問

ここでは、採用動画に関するよくあるご質問にお答えします。

採用動画の効果は何ですか?

採用動画の効果は、企業の魅力を伝えることで、会社への志望度を高めることです。

テキストや画像だけでは伝えきれない、会社のカルチャーや職場の雰囲気を効果的に伝えられます。

採用動画の長さは?

採用動画の長さは、WebサイトやSNSに掲載する場合には1分程度、会社説明会で使用する場合には5〜10分程度がおすすめです。

採用動画の目的に合わせて、適切な採用動画の長さに調整しましょう。

関連記事
Related post