MENU
販促動画とは?効果を最大限に高める制作ポイントと活用事例を解説!
販促動画とは?制作ポイントと活用事例を解説!

販促動画は、商品・サービスの購入率を高めることができる手段として、非常に注目されている動画コンテンツの一種です。

本記事では、販促動画の概要、効果・メリット、動画事例、制作ポイント、活用方法などについて解説します。

販促動画の活用をご検討されている場合には、ぜひ最後までご覧ください。

販促動画とは?

販促動画とは、販促を目的とした動画です。

販促動画を活用することで、見込み顧客の購買意欲を高めて、商品・サービスの購入率を高めることができます。

普段から目にするテレビCMも販促動画の一つですし、街頭のデジタルサイネージや、Web上で見る動画広告など、販促動画にはさまざまな種類があります。

販促動画の効果・メリット

販促動画の効果・メリットは、主に以下の5点です。

  • 文章・画像よりも多くの情報を伝えられる
  • 無形商材も視覚化できる
  • 聴覚にもアプローチできる
  • 記憶に残りやすい
  • SNSで拡散されやすい

それぞれの効果・メリットについて解説していきます。

文章・画像よりも多くの情報を伝えられる

販促動画は文章・画像よりも多くの情報を伝えられるメリットがあります。

アメリカの調査会社Forrester ResearchのJames L. McQuivey博士が2014年に発表した研究結果によると、1分間の動画から伝わる情報量は、英単語180万語、Webページに換算すると3,600ページ分になるといわれています。

つまり販促動画は、文章・画像よりも、はるかに効率的に情報を伝えることができるのです。

伝えられる情報量が多い分、視聴者の理解を促しやすくなるので、購入率の向上が期待できます。

無形商材も視覚化できる

販促動画を活用することで、本来は形がない無形商材も視覚化することができます。

無形商材の場合、有形商品と異なり、実物の商品がないのでサービス内容をイメージしにくい場合があります。

販促動画であれば、アニメーション動画を活用することなどでサービス内容を視覚的に表現することが可能です。

サービス内容が視覚化されると、具体的なイメージが湧くので、サービスの購入にも至りやすくなります。

聴覚にもアプローチできる

販促動画は、「聴覚」にもアプローチできるというメリットがあります。

テキストや画像は視覚にはアプローチできるものの、聴覚にはアプローチできません。

ナレーションやBGMは、動画内容の理解を助けてくれるので、視聴者はより深く商品・サービスのことを理解できます。

記憶に残りやすい

販促動画には、記憶に残りやすいというメリットもあります。

アメリカ国立訓練研究所の研究では、読書と比較して、視聴覚を刺激するビデオでの学習は学習定着率が2倍高かったことが発表されています。

脳に刺激を与えやすいため、より記憶に残すことができるのです。

販促動画が記憶に残っていれば、何かのきっかけで商品を思い出してもらえる可能性もあります。

テキストよりも、記憶に残りやすいのは販促動画の大きなメリットの一つといえます。

SNSで拡散されやすい

販促動画はSNSで拡散されやすい効果もあります。

通常、販促を目的としたWebページや画像などのコンテンツが拡散されることは稀です。

販促を目的としたコンテンツは広告色が強く、広告を共有したいと思う人は少ないためです。

しかし、販促動画の場合には、ドラマ仕立てのストーリー性のある動画や、人々の共感を生むような動画を制作することで、SNS上での拡散を期待できます。

SNSで拡散されることで、広告費をかけずに多くの人々にリーチすることが可能です。

SNSでの拡散を期待できることは、販促動画ならではのメリットといえるでしょう。

販促動画の事例(株式会社Lumii制作動画実績)

ここでは、弊社の制作した販促動画の事例を紹介します。

ぜひ、自社で販促動画を制作する際に参考にされてください。

ファストドクター株式会社

動画の種類アニメーション動画
予算40〜60万円程度
ポイントアニメーションフォーマットを採用した販促動画です。アニメーション動画にすることで、初めてサービスを知った人にも理解しやすい動画に仕上げています。またキャスティング費用や撮影費用をカットすることで、コストパフォーマンスの高い動画を制作しています。

株式会社DATAFLUCT

動画の種類アニメーション動画
予算40〜60万円程度
ポイントテキストでの説明だと理解しにくいITサービスをアニメーション動画でわかりやすく表現しました。寒色系の色をメインで使い、洗練された印象の動画に仕上げています。

Apaman株式会社

動画の種類実写動画
予算100〜150万円程度
ポイント婚活サービスの販促動画を制作しました。爽やかな印象とともに、軽すぎないBGMを採用することで「真面目な婚活サービス」であることを印象づけています。

効果的な販促動画を制作するポイント

効果的な販促動画を制作するポイントは以下の5つです。

  • 目的を明確にする
  • ターゲットを設定する
  • 競合を徹底的にリサーチして差別化を図る
  • 商品購入の導線を作る
  • 動画のパフォーマンスをもとに改善を繰り返す

それぞれの制作ポイントについて解説します。

目的を明確にする

効果的な販促動画を制作するためには、目的を明確にすることが欠かせません。

販促動画の最終的なゴールは、商品・サービスの販売ではありますが、認知拡大を目的とした動画と、他社との違いを伝えることを目的とした動画では、動画の内容は変わります。

まずは販促動画の制作における目的を明確にしましょう。

ターゲットを設定する

目的を明確にできたら、続いてターゲットを設定します。

動画を視聴してもらいたい人の年齢層、性別、悩み、年収など、可能な限りターゲットを細かく設定します。

ターゲットが明確になっていないと、販促動画を制作しても、思うような効果は得られません。

販促動画の制作前にターゲットの設定を行いましょう。

競合を徹底的にリサーチして差別化を図る

販促動画を制作する際には、競合のリサーチも欠かせません。

なぜなら、競合のリサーチを踏まえて動画を制作しなければ、他社と差別化が図れないためです。

競合他社と同じような内容で訴求したとしても、視聴者からすると何が違うのかわからず、自社を選んでもらえる可能性は高まりません。

競合となり得る会社を徹底的にリサーチすることで、他社と明確に差別化できる訴求軸を見つけましょう。

商品購入の導線を作る

販促動画では、商品購入の導線を作ることが重要です。

販促動画を視聴して、購買意欲が高まったとしても、その後に何をしたら良いかわからなければ、商品を購入してもらえる可能性は下がります。

販促動画の最後に、ブランド名での検索を呼びかけるなどして、商品購入の導線を作るようにしましょう。

動画のパフォーマンスをもとに改善を繰り返す

販促動画は一度制作するだけでなく、効果を見ながら、繰り返し改善をしましょう。

販促動画を配信すると、購入率の変化など、具体的な動画のパフォーマンスを計測することができます。

そのデータをもとにして、さらに改善するための仮説を立てながら、二本目、三本目の動画を制作します。

一度の動画制作だけでは理想としている数値に届かない可能性もありますが、改善を続けていくことでパフォーマンスを高めていくことが可能です。

販促動画の制作に役立つ動画編集ツール

販促動画の制作に役立つ動画編集ツールとして、おすすめの3つのツールを紹介します。

  • Adobe Premiere Pro
  • Filmora
  • Canva

それぞれの動画編集ツールを紹介します。

Adobe Premiere Pro

最も有名な動画編集ツールの一つがAdobe社の「Adobe Premiere Pro」です。

初心者からハリウッドのプロの映像制作者まで、幅広い層に人気がある動画編集ツールです。

本格的な動画編集ツールを探している場合には、まず最初に検討したい動画編集ツールです。

Filmora

「Filmora」はwondershare社が提供する動画編集ツールです。

動画編集の初心者であっても直感的に編集できる、非常に使いやすいソフトです。

PCだけでなく、スマホでも簡単に編集できる使い勝手の良さが魅力です。

Canva

Canvaは無料で使えるデザインツールです。

画像編集ツールとして有名ですが、動画の編集にも対応しています。

豊富なテンプレートが用意されているので、まず無料で形にしたいという場合にぴったりです。

販促動画の活用方法

販促動画には、主に以下の6つの活用方法があります。

  • 自社サイトへの掲載
  • YouTubeチャンネルにアップロードする
  • SNSに投稿する
  • 交通広告などのデジタルサイネージで配信する
  • イベントで利用する
  • 実店舗で利用する

それぞれの活用方法を見ていきましょう。

自社サイトへの掲載

自社サイトへの掲載は、最もメジャーな販促動画の活用方法です。

商品・サービスを販売しているページの上部に掲載することで、ユーザーはページを最後まで読まなくても、商品・サービスの魅力を理解できます。

商品・サービスの使い方を紹介する場面で、ハウツー(How To)動画を掲載しておくことも効果的です。

YouTubeチャンネルにアップロードする

最近では、YouTubeチャンネルを開設している企業も増えており、販促動画をYouTubeチャンネルにアップロードすることも多いです。

YouTubeは世界最大の動画プラットフォームなので、動画をアップロードしておくだけでも、一定数の人々に視聴してもらえます。

また一度YouTubeにアップロードしておくことで、動画の埋め込みや、動画の共有がしやすくなるというメリットもあります。

SNSに投稿する

販促動画をSNSに投稿するのも効果的です。

FacebookやInstagram、Twitterなど、あらゆるSNSで動画を投稿できます。

SNSと特に相性が良いのは、「バズ動画」と呼ばれる拡散性の高い動画です。

ドラマや映画のようなストーリーがある動画や、あるあるネタなどの面白い動画が拡散されやすい傾向があります。

拡散を期待できるような販促動画を制作する場合は、積極的にSNSを活用してみましょう。

交通広告などのデジタルサイネージで配信する

タクシー広告や電車広告、街頭広告のデジタルサイネージで販促動画を配信するケースも多いです。

オフラインの広告は、特定の地域に住む人をターゲットにしたり、経営者など特定の職種をターゲットする場合に向いています。

オンライン広告ではリーチできない層に対しても、販促動画を届けることができるので、より広範囲に認知を拡大させたい場合におすすめです。

イベントで利用する

制作した販促動画はイベントなどでも活用できます。

販促動画が最も活用されるイベントは展示会です。

展示会では、来場者の時間が限られていることもあり、短時間で効率的にサービスの紹介をすることが求められます。

販促動画であれば、数分程度の動画で多くの情報を視聴者に与えることができるので、展示会に非常に適しているといえます。

またブースの入り口で動画を配信することで、ブースに入ってもらうきっかけを作ることができるので、集客数の増加にもつながります。

実店舗で利用する

販促動画は実店舗でも活用可能です。

期間限定の新商品の案内や、お得な割引情報など、さまざまな内容で動画を配信できます。

店舗のスタッフが、一人一人の顧客に対して、販促メッセージを伝えることは難しいですが、販促動画であれば自然な形でメッセージを届けることが可能です。

看板やチラシなどと異なり、簡単な操作で内容を切り替えられるのも、販促動画を実店舗で活用するメリットです。

販促動画の費用相場

ここでは、販促動画の費用相場について、アニメーション動画の場合と実写動画の場合に分けて解説します。

いずれの費用相場もあくまでも目安となるため、詳細なお見積もりをご希望の場合には、お問い合わせください。

アニメーション動画の費用相場

販促動画をアニメーションで制作する場合の費用相場は、30〜50万円程度です。

実写動画と比較すると、撮影などの工数がかからない分、制作費は抑えられる傾向があります。

実写動画の費用相場

販促動画を実写で制作する場合の費用相場は、50〜100万円程度です。

撮影やキャスティングなどが発生するため、アニメーション動画と比較すると費用は高額になる傾向があります。

販促動画を活用して販売効果を高めよう!

本記事では、販促動画の概要、効果・メリット、事例、制作ポイント、活用方法などについて解説しました。

販促動画を活用することで、商品・サービスの認知を拡大したり、購入率を高めたりできます。

本記事を参考にして、ぜひ販促動画の制作をご検討ください。

弊社では販促動画を通常相場の1/3以下の価格で制作する「Lumii Video Hub」を提供しています。

販促動画の制作にご興味がありましたら、ぜひサービス詳細をご覧ください。

資料ダウンロード
Lumiiの動画制作・動画マーケティングサービスについて紹介している資料です。Lumiiのサービス詳細や、制作実績をご覧いただけます。

販促動画に関するよくあるご質問

ここでは、販促動画に関するよくあるご質問に回答します。

販促動画とは何ですか?

販促動画とは、販促を目的とした動画です。
販促動画の活用により、商品・サービスの購入率を高めることが期待できます。

販促動画の活用方法は?

販促動画には、主に以下の6つの活用方法があります。

  • 自社サイトへの掲載
  • YouTubeチャンネルにアップロードする
  • SNSに投稿する
  • 交通広告などのデジタルサイネージで配信する
  • イベントで利用する
  • 実店舗で利用する

詳細は「販促動画の活用方法」をご覧ください。

動画の集客効果は?

動画での集客は、テキストや画像と比較すると、短時間で多くの情報を与えることができます。
そのため、テキストでは伝わりきらない商品・サービスの魅力を十分に伝えることができます。

関連記事
Related post