MENU
動画の解像度とは?動画配信における動画サイズとアスペクト比について解説

動画の視聴体験に大きな影響を与える要素の一つが「動画の解像度」です。

本記事では、動画解像度の概要、種類、決め方、各SNSで推奨される動画の解像度・アスペクト比などについて解説します。

動画解像度の設定にお悩みの場合には、ぜひ本記事を参考にしてください。

動画の解像度とは?

動画の解像度とは、動画の画素数を指し、動画の縦と横のピクセル数で表現されます。

たとえば、よく使われるHDは画素数が「1280×720」、フルハイビジョンと呼ばれるフルHDの画素数は「1980×1080」です。

この画素数が大きければ大きいほど、解像度が高く、画素数が小さければ小さいほど、解像度は低くなります。

代表的な動画の解像度の種類

解像度にはさまざまな種類がありますが、ここでは代表的な動画サイズ(解像度)について紹介します。

動画の種類解像度特徴
SD720×480元々テレビのアナログ放送に使用されていた。
DVDの映像でもよく使われる。
HD1280×720現在の放送の主流。
フルHD1920×1080フルハイビジョンと呼ばれている。
Blu-rayディスクやスマホ向けの動画で使用される。
4K3840×2160フルHDの4倍の画素数。鮮明な映像を視聴可能。
8K7680×4320極めて鮮明な映像を視聴可能。被写体が遠い場合でも、鮮明に写すことができる。

アスペクト比とは?

アスペクト比とは、動画の横と縦のサイズの比率を指します。

PCでの視聴の場合には、主に「16:9」を使用します。

またスマホでの視聴の場合には、「1:1」の正方形のアスペクト比や、「9:16」の縦長のアスペクト比がよく使用されます。

映画では「シネマスコープ」と呼ばれる、「2.35:1」の横に細長いアスペクト比が使用されています。

動画解像度の決め方

動画解像度の設定に迷った場合には、以下2つの基準を確認してみましょう。

  • 動画の使用目的に合わせる
  • データの保存先の容量に合わせる

それぞれ詳しく解説していきます。

動画の使用目的に合わせる

動画解像度の設定で迷った場合には、動画の使用目的に合わせましょう。

動画解像度を高く設定して、きれいな映像にしたいと考えてしまいやすいですが、動画の目的によっては高い解像度の動画が適さない場合もあります。

たとえば、Webで配信する動画を制作する場合、4Kや8Kなどの高解像度の動画を配信しても、ユーザー側のデバイスが対応していないことも考えられます。

一方、4K、8Kに対応したデバイスで動画を視聴してもらうことが前提の場合には、高解像度の動画を用意する必要があります。

まずは動画の使用目的を確認して、それに合わせた解像度の動画を制作しましょう。

データ保存先の容量に合わせる

データ保存先の容量に合わせて動画の解像度を設定することも重要です。

一般的に動画の解像度を高くするほど、データ容量も大きくなります。

動画をダウンロードしてもらうことを想定している場合には、解像度を高めたことで、データ容量が増加し、動画をダウンロードできない可能性が発生します。

また自社サーバーから動画を配信する場合には、データ容量が大きな動画を扱えば、その分サーバーの容量を圧迫します。

不必要に動画の解像度を高めてしまうと、データ容量が大きくなりすぎてしまうので、注意しましょう。

SNSで推奨される動画の解像度とアスペクト比

ここでは、以下のSNSで推奨される動画の解像度とアスペクト比について解説します。

  • YouTube
  • Facebook
  • Instagram
  • Twitter
  • TikTok
  • LINE
  • Vimeo

気になるSNSからご覧ください。

YouTube

YouTubeの推奨解像度・アスペクト比は以下です。

  • 推奨解像度:1280×720
  • 推奨アスペクト比:16:9

またYouTubeはユーザーの視聴環境に合わせて、自動的にサイズを変更するので、視聴者が快適に動画を視聴できます。

Facebook

Facebookの推奨アスペクト比は以下です。

  • フィード投稿:4:5
  • Facebookストリーズ:9:16
  • 動画カルーセルフォーマット:1:1
  • インストリーム動画:16:9

Facebookは投稿方法によって、推奨されているアスペクト比が異なるので、それぞれに合わせた動画が必要です。

Instagram

Instagramの通常投稿では、以下3種類の解像度が推奨されています。

  • 600×315
  • 600×600
  • 600×750

またアスペクト比に関しては、以下の3種類が推奨されています。

  • 1.91:1
  • 1:1
  • 4:5

またストーリーズを使用する場合には、以下の解像度・アスペクト比が推奨されています。

  • 推奨解像度:1080×1920
  • 推奨アスペクト比:9:16

Twitter

Twitterの推奨解像度・アスペクト比は以下です。

  • 推奨解像度:32×32〜1920×1200
  • 推奨アスペクト比:1:2.39〜2.39:1

TikTok

TikTokの推奨解像度・アスペクト比は以下です。

  • 推奨解像度:1080×1920
  • 推奨アスペクト比:9:16

またTikTokで広告運用する場合には、「9:16」「1:1」「16:9」の3種類のアスペクト比が用意されています。

LINE

LINEの場合、以下3種類の推奨解像度・アスペクト比があります。

  • 推奨解像度:240×135~1920×1080
  • 推奨アスペクト比:16:9
  • 推奨解像度:600×600~1280×1280
  • 推奨アスペクト比:1:1
  • 推奨解像度:125×240~1080×1920
  • 推奨アスペクト比:9:16

Vimeo

Vimeoでは、公式で推奨されている解像度・アスペクト比はありません。

ただし、多くの動画が「16:9」のアスペクト比で投稿されているので、「16:9」に合わせるのが良いでしょう。

最適な動画解像度を選択して、快適に動画を視聴してもらおう

本記事では、動画解像度の概要、種類、各SNSで推奨される解像度・アスペクト比などについて解説しました。

快適に動画を視聴してもらうためには、最適な動画解像度を選択することが重要です。

本記事を参考にして、適切な動画解像度を設定するようにしましょう。

資料ダウンロード
Lumiiの動画制作・動画マーケティングサービスについて紹介している資料です。Lumiiのサービス詳細や、制作実績をご覧いただけます。

動画の解像度に関するよくあるご質問

ここでは、動画の解像度に関するよくあるご質問に回答します。

動画の解像度とは何ですか?

動画の解像度とは、動画の画素数を指し、動画の縦と横のピクセル数で表現されます。

アスペクト比とは何ですか?

アスペクト比とは、動画の横と縦のサイズの比率を指します。

関連記事
Related post