MENU
YouTube広告の6種類の広告メニューを解説!【2024年最新】

YouTube広告は、リーチ数の多さから、認知度を向上させたいあらゆる企業が注目している広告です。

本記事では、YouTube広告のメリットやYouTube広告の種類、課金・料金形態、配信手順などについて解説しています。

YouTube広告の出稿をご検討されている場合には、ぜひ本記事をご参考にしていただければ幸いです。

目次

YouTube広告とは?

YouTube広告とは、YouTubeやYouTubeの関連サイトで配信される広告です。

スマホの普及や5Gの提供によって、今では多くの人が気軽に動画を視聴できるようになりました。

そのような背景からYouTube広告は、昨今非常に注目されている動画広告の1種です。

YouTube広告のメリット

YouTube広告には、主に下記のメリットがあります。

  • リーチ数が多い
  • ターゲティング方法が豊富
  • 目標に合わせた広告配信が可能
  • 無駄なコストが発生しない
  • 詳細な効果検証ができる

それぞれのメリットについて詳しく解説します。

リーチ数が多い

YouTubeはGoogleに次いで世界で2番目にアクセス数が多い巨大プラットフォームです。

2022年にGoogleが発表したデータでは、YouTubeの18歳以上の国内月間ユーザー数は7,000万人です。

参考:https://www.thinkwithgoogle.com/intl/ja-jp/marketing-strategies/video/youtube-recap2022-2/

非常に多くのユーザーがいるため、リーチ数が多く、急速に認知を高めることが可能です。

ターゲティング方法が豊富

YouTube広告はターゲティング方法が豊富なことでも知られています。

年齢や性別、地域などの設定はもちろんのこと、趣味嗜好や興味関心、ライフスタイルなど細かく設定が可能です。

また広告を出したい任意の動画にのみ広告を配信するプレースメントターゲティングも設定できます。

目標に合わせた広告配信が可能

YouTube広告では、自社の目標に合わせた広告配信が可能です。

たとえばYouTube広告では、下記の目標を選択できます。

  • 販売促進
  • 見込み顧客の獲得
  • 商品やブランドの比較検討
  • ブランド認知度とリーチ

目標に対して、簡単に最適な設定ができます。

無駄なコストが発生しない

YouTube広告はテレビやチラシなどの広告媒体と比較すると、無駄なコストが発生しないというメリットがあります。

テレビやチラシは実際に広告を見てもらえているかはわかりませんが、YouTube広告の場合には、クリックや表示回数など明確な指標をもとに課金される仕組みになっています。

YouTube広告は、無駄なコストを発生させずに広告を出稿していきたい企業におすすめです。

詳細な効果検証ができる

YouTube広告では、インプレッション数(広告の表示回数)や再生数、再生時間、リンクのクリック数など、詳細な広告配信データを計測できます。

そのため、広告配信の結果を振り返り、次回の施策の改善につなげていくことができます。

広告配信を行う際には、中長期的にパフォーマンスを改善していくことが重要なので、詳細な効果検証ができることは大きなメリットと言えます。

6種類のYouTube広告メニュー

YouTube広告には、下記6種類の広告メニューがあります。

  • スキップ可能なインストリーム広告
  • スキップ不可のインストリーム広告
  • インフィード動画広告
  • バンパー広告
  • アウトストリーム広告
  • マストヘッド広告

それぞれの広告メニューについて詳しく解説していきます。

参考:動画広告フォーマットの概要(YouTubeヘルプ)

スキップ可能なインストリーム広告

「スキップ可能なインストリーム広告」は、動画の再生前後、再生中に表示されるYouTube広告です。

再生開始から5秒経過すると、ユーザーは広告をスキップできます。

スキップ不可のインストリーム広告

「スキップ不可のインストリーム広告」は、動画の再生前後、再生中に表示されるYouTube広告です。

この広告はスキップができず、15秒以下の広告動画が再生されます。

インフィード動画広告

「インフィード動画広告」は、YouTubeの関連動画欄や検索結果、YouTubeモバイルページなどに表示される広告です。

「インフィード動画広告」は、動画のサムネイル画像とテキストで構成されているため、自然な広告としてYouTube上に表示させることができます。

バンパー広告

「バンパー広告」は動画の再生前後、再生中に6秒以内で再生されるYouTube広告です。

広告をスキップすることはできません。

短く印象に残りやすいフレーズを何度も視聴してもらいたい場合に有効です。

アウトストリーム広告

「アウトストリーム広告」は、音声がない状態で再生が開始され、ユーザーがタップするとミュートが解除されます。

アウトストリーム広告はモバイル専用の広告で、Google動画パートナー上のウェブサイトやアプリにのみ表示される広告です。

YouTube上では利用できない広告なので、注意が必要です。

マストヘッド広告

マストヘッド広告は、YouTubeのホーム画面の上部で最大30秒間、音声なしで自動再生されます。

ミュートアイコンがクリックされると、動画の音声が再生されます。

YouTubeのホーム画面上部に掲載できる広告なので、短期間で大規模なリーチが可能です。

目的別のYouTube広告の選び方

ここからは目的別のYouTube広告の選び方について解説します。

YouTube広告は大きく分けると下記の3つの目的があります。

  • 商品・ブランド認知度の向上
  • 商品・ブランドの比較検討
  • 見込み顧客の獲得・販売促進

それぞれの目的に合わせたYouTube広告について紹介していきます。

商品・ブランド認知度の向上

YouTube広告の出稿目的が「商品・ブランド認知度の向上」の場合は、下記のYouTube広告が適しています。

  • バンパー広告
  • インストリーム広告
  • アウトストリーム広告
  • マストヘッド広告

積極的にリーチを強化し、商品・ブランドの認知度を高められます。

商品・ブランドの比較検討

YouTube広告の出稿目的が「商品・ブランドの比較検討」の場合は、下記のYouTube広告が適しています。

  • スキップ可能なインストリーム広告
  • インフィード動画広告

いずれも商品・ブランドに対する興味関心度合いの高いユーザーが、積極的に視聴するYouTube広告です。

商品・ブランドの比較検討を目的にしている場合には、スキップ可能なインストリーム広告とインフィード動画広告を活用しましょう。

見込み顧客の獲得・販売促進

YouTube広告の出稿目的が「見込み顧客の獲得・販売促進」の場合は、下記のYouTube広告が適しています。

  • スキップ可能なインストリーム広告

購買意欲の高いユーザーをターゲットしたい場合には、「スキップ可能なインストリーム広告」を活用しましょう。

YouTube広告の課金・料金形態

YouTube広告の種類別の課金・料金形態は以下の表をご覧ください。

YouTube広告の種類課金形態
スキップ可能なインストリーム広告ユーザーが動画を30秒間視聴した場合、もしくは30秒経つ前に動画を操作した場合に料金が発生。
スキップ不可のインストリーム広告広告のインプレッション数(表示回数)に基づいて料金が発生。
インフィード動画広告ユーザーがサムネイルをクリックして広告を視聴した場合に料金が発生。
バンパー広告広告のインプレッション数(表示回数)に基づいて料金が発生。
アウトストリーム広告動画が2秒以上された場合に料金が発生。
マストヘッド広告広告のインプレッション数(表示回数)に基づいて料金が発生。※広告出稿には予約が必要。

YouTube広告のフォーマット

YouTube広告の種類ごとのフォーマットは以下をご覧ください。

YouTube広告の種類動画の長さアスペクト比
スキップ可能なインストリーム広告制限なし16:9または9:16
スキップ不可のインストリーム広告6秒〜15秒16:9または9:16
インフィード動画広告制限なし16:9または4:3
バンパー広告6秒以内16:9または9:16
アウトストリーム広告6秒〜15秒16:9または9:16
マストヘッド広告30秒以内ワイドスクリーンまたは16:9

YouTube広告の制作ポイント

YouTube広告には、下記の制作ポイントがあります。

  • YouTube広告の目的を明確にする
  • 「誰の、どんな悩みを、どのように解決するのか」を整理する
  • 動画制作前に広告配信の設計をする
  • 冒頭の5秒間で視聴者の心を掴む
  • 配信データを見ながら改善を繰り返す

それぞれの制作ポイントについて詳しく解説します。

YouTube広告の目的を明確にする

YouTube広告用の動画を制作する際には、YouTube広告の目的を明確にしましょう。

「認知度の向上」を目的にするのと、「販売促進」を目的にするのとでは、制作する動画の内容も大きく異なります。

どのような目的でYouTube広告を制作するのかを明確にしてから、動画制作に臨みましょう。

「誰の、どんな悩みを、どのように解決するのか」を整理する

動画の「訴求軸」はYouTube広告のパフォーマンスに大きな影響を与える重要な要素です。

動画の訴求軸は主に以下の掛け合わせで決まります。

  • 誰の
  • どんな悩みを
  • どのように解決するのか

ターゲットを明確にして、これらの項目を整理していきましょう。

動画制作前に広告配信の設計をする

YouTube広告を制作する前には、あらかじめ広告配信の設計をしましょう。

出稿する広告によって、動画の長さや、サイズなどフォーマットが異なります。

広告配信の設計ができていないと、後から動画の修正が発生してしまう可能性があるので、注意が必要です。

冒頭の5秒間で視聴者の心を掴む

YouTube広告は「冒頭の5秒間」が最も重要なシーンとなります。

なぜなら「スキップ可能なインストリーム広告」は5秒経過すると、広告をスキップすることが可能だからです。

スキップできない5秒間の間にユーザーの興味を引ければ、その後の広告を視聴してもらえる可能性が高まります。

冒頭の5秒間でインパクトのある演出を入れられるように工夫しましょう。

配信データを見ながら改善を繰り返す

YouTube広告は、最初の出稿から必ずしも良い結果が出るとは限りません。

そのため、広告出稿したデータを分析しながら、次の改善に活かしていくことが非常に重要です。

再生時間やクリック率など、各指標を分析して、継続的に動画を改善していきましょう。

YouTube広告の配信手順

YouTube広告を配信する際には、下記の手順で設定を進めます。

  • YouTubeに動画をアップロード
  • Google広告でキャンペーンを作成
  • キャンペーンで達成したい目標を選択
  • 入札戦略・予算を設定
  • ターゲットを設定し、広告グループを作成
  • 動画広告の作成

それぞれの手順について解説します。

YouTubeに動画をアップロード

まずはYouTubeに広告用に作成した動画をアップロードしましょう。

Google広告でキャンペーンを作成

動画のアップロードが完了したら、Google広告でキャンペーンを作成します。

Google広告のアカウントをお持ちでない場合には、Google広告のアカウント作成から始めましょう。

キャンペーンで達成したい目標を選択

キャンペーンを作成すると、「キャンペーンで達成したい目標」を選択する画面が表示されます。

今回YouTube広告を出稿する目的に合わせて、いずれかを選択しましょう。

入札戦略・予算を設定

続いてのステップでは、「入札戦略(課金形態)」や「1日の予算」などを設定します。

ターゲットを設定し、広告グループを作成

続いてターゲットを設定します。

ターゲットの年齢や性別、地域、興味関心など細かく設定できるので、ターゲットに合致する項目を選択し、広告グループを作成します。

動画広告の作成

広告グループの作成が完了したら、広告配信する動画を選択します。

最初のステップでYouTubeに動画をアップロードしているかと思いますので、動画のURLを検索すると、該当の動画を選択できます。

動画を選択したら、クリック後の遷移ページURLや広告見出しなどを設定します。

設定が完了すると広告配信が開始されます。

YouTube広告を活用して効率的に認知を高めよう

本記事では、YouTube広告のメリットや広告の種類、YouTube広告の選び方、広告の配信手順などについて解説しました。

YouTube広告はリーチ数の多さから、非常に効率的に認知度を向上させられる広告です。

本記事を参考にして、ぜひYouTube広告の出稿をご検討ください。

また弊社ではYouTube広告用の動画を従来の1/3以下の金額で制作する「Lumii Video Hub」というサービスを提供しています。

効果の高いYouTube広告の作り方を熟知した動画コンサルタントが、動画の企画作りからサポートするので、ぜひサービス詳細もご覧ください。

資料ダウンロード
Lumiiの動画制作・動画マーケティングサービスについて紹介している資料です。Lumiiのサービス詳細や、制作実績をご覧いただけます。

YouTube広告に関するよくあるご質問

ここでは、YouTube広告に関するよくあるご質問に回答します。

YouTube広告の1再生にかかる金額は?

YouTube広告の1再生にかかる金額は2円〜20円程度です。

YouTube広告の種類や業界、各種設定によって、金額には差があります。

YouTube広告にはどのような種類がある?

YouTube広告には、下記6種類の広告メニューがあります。

  • スキップ可能なインストリーム広告
  • スキップ不可のインストリーム広告
  • インフィード動画広告
  • バンパー広告
  • アウトストリーム広告
  • マストヘッド広告

詳しくは「6種類のYouTube広告メニュー」をご覧ください。

YouTube広告を制作する際のポイントはある?

YouTube広告を制作する際のポイントは下記です。

  • YouTube広告の目的を明確にする
  • 「誰の、どんな悩みを、どのように解決するのか」を整理する
  • 動画制作前に広告配信の設計をする
  • 冒頭の5秒間で視聴者の心を掴む
  • 配信データを見ながら改善を繰り返す

詳しくは「YouTube広告の制作ポイント」をご覧ください。

関連記事
Related post