MENU
3Dアニメーションとは?作成方法やコツ、おすすめのソフトを紹介

今では、3Dアニメーションを活用した高クオリティな動画を企業が活用する場面も増えていきました。

本記事では、3Dアニメーションの概要、3Dアニメーションを動画に取り入れるメリット、作成方法、作成のコツ、おすすめの3Dアニメーションソフトについて解説をします。

3Dアニメーションを活用する際に、ぜひ参考にしてください。

3Dアニメーションとは?

3Dアニメーションとは、3次元空間に、立体的なキャラクターをモデリング・レンダリングし、プログラムによって動きをつける手法です。

2Dアニメーションは、縦軸と横軸の2次元平面ですが、3Dアニメーションの場合には「奥行き」が加わり、臨場感のある映像を表現できます。

3Dアニメーションは、現実世界の人や物に近いリアリティのある映像が特徴です。

3Dアニメーションを動画に取り入れるメリット

3Dアニメーションを動画に取り入れるメリットは下記の3点です。

  • 複雑な内容をわかりやすく伝えられる
  • 独特な世界観を表現できる
  • 視聴者に興味をもってもらいやすい

それぞれのメリットについて解説します。

複雑な内容をわかりやすく伝えられる

3Dアニメーションの1つ目のメリットは、複雑な内容をわかりやすく伝えられることです。

たとえば、テキストだけだと理解しにくい抽象的な概念や、建築物・機械の内部構造などを3Dアニメーションであれば、視覚的にわかりやすく表現することができます。

通常の映像手法では伝えるのが難しい場合でも、3Dアニメーションであれば直感的に伝えることが可能です。

独特な世界観を表現できる

3Dアニメーションは、立体的な映像表現が可能であることから、非現実的な映像を作ることができます。

3Dアニメーションならではの独特な世界観を表現できるので、他の動画とは異なる印象を与えることができます。

視聴者に興味をもってもらいやすい

3Dアニメーションは、リアルな映像であることから、視聴者に強い印象を与えやすく、興味を持ってもらいやすいです。

現在では、非常に多くの情報が溢れているので、視聴者に興味をもってもらうだけでも一定の難易度があります。

3Dアニメーションを活用することで、動画を視聴してもらうきっかけをつくりやすくなります。

3Dアニメーションの作成方法

ここからは、3Dアニメーションの作成方法について解説します。

3Dアニメーションは、下記の工程を経て作成します。

  • 3Dアニメーションのソフトを準備
  • モデリング
  • マテリアル・テクスチャリギング
  • スキニング
  • レンダリング

それぞれの工程について解説します。

3Dアニメーションのソフトを準備

3Dアニメーションを作るためには、3Dアニメーション専用のソフトを用意する必要があります。

3Dアニメーションのソフトは、無料のものから有料のものまでさまざまな種類があります。

初心者の場合には、まずは無料のソフトでも十分クオリティの高い3Dアニメーションを作成することができるので、まずは無料のソフトから始めてみましょう。

おすすめの3Dアニメーションソフトは「おすすめの3Dアニメーションソフト」で解説します。

モデリング

まずは「モデリング」を行い、3Dアニメーション内に登場させる物体の形を作成します。

モデリングを行う際には、「ポリゴン」と呼ばれる三角形や四角形の図形を組み合わせたパーツを作ります。

それらのパーツを組み合わせることで、表現したい物体を形作ります。

ポリゴンは細かければ細かいほど、なめらかな表現が可能です。

マテリアル・テクスチャ

モデリングが完了したら、「マテリアル」で色や光の当たり方を調整し、「テクスチャ」で凹凸や光沢を表現します。

マテリアルとテクスチャによって、モデリングした物体に質感が加わり、よりリアルな表現が可能です。

リギング

生成したモデルに動きを設定することを「リギング」と呼びます。

「スケルトン」と呼ばれる骨格を作成し、それぞれの関節が自然に動くように調整していきます。

細かくリギングを行うことで、自然でなめらかな動きを表現することが可能です。

スキニング

スケルトンを操作できるように設定する作業を「スキニング」と呼びます。

スキニングの際には、「ウェイト調整」を行い、モデルの動きをさらに自然な状態へと調整していきます。

レンダリング

一通りの作業が完了したら、最後に「レンダリング」を行い、データの書き出しを行います。

3Dアニメーションのデータは重くなることが多いため、レンダリングには時間がかかる可能性があります。

スムーズなレンダリングを行いたい場合には、容量の大きなハイスペックなPCを用意することをおすすめします。

3Dアニメーションを作成するコツ

3Dアニメーションを作成する際には、下記のコツがあります。

  • 自分に合った3Dアニメーションソフトを選ぶ
  • 参考書や教本を用意する
  • まずは簡単な3Dアニメーションから作り始める

自分に合った3Dアニメーションソフトを選ぶ

3Dアニメーションを作成するためには、専用のソフトを用意する必要があります。

3Dアニメーションを作成するためのソフトには、さまざまな種類がありますが、その中から自分に合ったソフトを選ぶことが重要です。

多くの人は「高機能なソフトがいい」と考えてしまいますが、初心者の場合には、高機能なソフトは操作が複雑に感じてしまうこともあります。

現在の自分のスキルに合わせた3Dアニメーションソフトを選ぶようにしましょう。

参考書や教本を用意する

3Dアニメーションを作成する際には、参考者や教本を用意することも重要です。

3Dアニメーションを作成するためのソフトさえあれば、とりあえず3Dアニメーションを作り始めることはできますが、基礎的な知識がないと、効率的に作業ができません。

まずは人気のある参考書や教本を何らか1つ選んで、基本的な知識をインプットしながら、3Dアニメーションの制作に取り掛かりましょう。

まずは簡単な3Dアニメーションから作り始める

3Dアニメーションを作成する際には、まずは簡単な3Dアニメーションから作り始めましょう。

3Dアニメーションは完成までの工数が非常に多いため、想像以上に手間と時間がかかります。

最初から複雑な3Dアニメーションを作ろうとすると、難易度の高さから挫折につながってしまいます。

まずは可能な限り簡単な3Dアニメーション作りから挑戦して、雑でも良いので完成まで作業を進めることが重要です。

おすすめの3Dアニメーションソフト

ここからは、おすすめの3Dアニメーションソフトを紹介します。

おすすめの3Dアニメーションソフトは下記です。

  • Blender
  • Meshmixer
  • Maya
  • 3ds Max

それぞれの3Dアニメーションソフトの特徴について解説します。

Blender

「Blender」は無料でありながら非常に高機能な3DCGソフトです。

利用者が非常に多く、アップデートも頻繁に行われています。

ただし、多機能であることから、操作を難しく感じてしまう方が多いソフトでもあります。

Blenderを使いこなせるようになるまでには、一定以上慣れるまでの期間を見ておく必要があります。

Meshmixer

「Meshmixer」は、無料で利用できる3Dアニメーションソフトです。

メッシュモデリング機能を搭載しており、編集の柔軟性が高いことが特徴です。

Maya

「Maya」はハリウッド映画などでも使用される本格的な3Dアニメーションソフトです。

有料のソフトウェアであり、2023年現在では、1ユーザーあたり年間286,000円の費用がかかります。

3ds Max

「3ds Max」は、「Maya」と同様に有料のソフトウェアです。

2023年現在では、1ユーザーあたり年間286,000円の費用がかかります。

プロフェッショナル向けで高機能なソフトウェアですが、初心者でも使いやすく人気があります。

3Dアニメーション動画は外注での制作も可能

本記事では、3Dアニメーション動画の概要、メリット、作成方法、作成のコツ、おすすめのソフトウェアなどについて解説しました。

3Dアニメーションは一般的な動画と比較して、制作の難易度が高く、非常に多くの工数や費用がかかります。

そのため、自社に専門スキルをもった人材が在籍していない場合には、社内で動画を制作するのは難しいと言えます。

3Dアニメーションを制作したい場合には、動画制作の専門会社に依頼するのがおすすめです。

弊社は、3Dアニメーションを得意とするトップ動画クリエイターに依頼できる「Lumii Video Hub」と呼ばれる動画制作プラットフォームを提供しています。

通常相場の1/3以下の価格で3Dアニメーション動画を制作することができるので、ご興味があれば、ぜひ本サービスもご覧ください。

資料ダウンロード
Lumiiの動画制作・動画マーケティングサービスについて紹介している資料です。Lumiiのサービス詳細や、制作実績をご覧いただけます。

3Dアニメーション動画に関するよくあるご質問

ここでは、3Dアニメーション動画に関するよくあるご質問に回答します。

3Dアニメーションとは何ですか?

3Dアニメーションとは、3次元空間に、立体的なキャラクターをモデリング・レンダリングし、プログラムによって動きをつける手法です。

2Dアニメーションと3Dアニメーションの違いは何ですか?

2Dアニメーションは、縦軸と横軸の2次元平面ですが、3Dアニメーションの場合には「奥行き」が加わり、臨場感のある映像を表現できます。
3Dアニメーションは、現実世界の人や物に近いリアリティのある映像が特徴です。

3Dアニメーションを動画に取り入れるメリットは?

3Dアニメーションを動画に取り入れるメリットは下記の3点です。

  • 複雑な内容をわかりやすく伝えられる
  • 独特な世界観を表現できる
  • 視聴者に興味をもってもらいやすい

詳しくは「3Dアニメーションを動画に取り入れるメリット」をご覧ください。

3Dアニメーションの制作時間はどれくらいですか?

3Dアニメーションの制作時間は、5分程度の動画で1ヶ月半〜3ヶ月程度です。

関連記事
Related post