MENU
3DCG動画とは?メリット、制作ステップを解説!

近年では、映画やテレビCMだけでなく、WebCMやSNSなどでも3DCG動画が使われるようになりました。

3DCG動画はリアルな表現が可能で、場合によっては実写動画よりも制作コストを抑えられる優れた動画フォーマットです。

本記事では、3DCG動画の概要やメリット、用途、制作ステップについて解説します。

3DCG動画の制作を検討していた場合には、ぜひ最後までご覧ください。

3DCG動画とは?

3DCG動画とは、3Dコンピューターグラフィックスを使用して制作した動画です。

3Dコンピューターグラフィックスは、コンピューターを使って、人物やキャラクター、背景、オブジェクトなどを立体的に作成する技術です。

この技術を用いて、動画を制作することで、リアリティのある表現が可能になります。

3DCG動画は映画でよく使われる他に、テレビCMやWebCMなどでも使われます。

また最近では、SNS用の動画やYouTube動画でも使用されることも増えてきました。

3DCG動画を活用するメリット

3DCG動画を制作するメリットは主に以下の3点です。

  • 動画内でリアルな仮想空間を表現できる
  • 制作コストの削減につながることがある
  • 実写動画よりも簡単に修正できる

それぞれのメリットについて解説します。

動画内でリアルな仮想空間を表現できる

3DCG動画を制作する大きなメリットの一つは、動画内でリアルな仮想空間を表現できることです。

人体の内部構造や、宇宙や深海など、本来撮影が困難な映像を3DCG技術によって再現することができます。

その他にも、 企業ロゴなどに3DCGを活用することで、より印象的な動画表現を実現し、視聴者の記憶に残せるというメリットもあります。

制作コストの削減につながることがある

3DCG動画を制作する場合、費用が高額になってしまうイメージをお持ちの方も多いかと思います。

しかし、実際には、実写動画よりも3DCG動画の方がコストを抑えられるケースもあります。

撮影難易度が高い場所での撮影には、多額の費用がかかることも多く、大規模な撮影班が必要になることもあります。

3DCGであれば、撮影コストがかからないので、その分制作コストを削減できます。

実写動画での制作費用が高額な場合には、一度3DCG動画での制作を検討してみることをおすすめします。

実写動画よりも簡単に修正できる

3DCG動画は、実写動画よりも簡単に修正できるというメリットがあります。

実写動画の場合には、素材自体を変更する必要がある場合には、撮り直しが発生してしまい、場合によっては高額な費用がかかります。

また撮影スケジュールの確保が必要なので、想定以上に時間がかかってしまうこともあります。

一方、3DCG動画は、撮り直しなどは必要なく、比較的簡単に修正できます。

修正コストや修正にかかる時間において、3DCG動画は大きなメリットがあります。

3DCG動画の用途

3DCG動画の主に以下の用途があります。

  • 製造業
  • 医療
  • ゲーム

それぞれの用途について解説します。

製造業

3DCG動画は製造業の分野でよく使われています。

3DCG動画を活用することで、機械の構造を視覚化してわかりやすく伝えることができます。

また製造業の分野では、製造工程のシミュレーションなどに3DCG動画が利用されることもあります。

細かいパーツを確認しながら、より詳細な検討ができるのは、3DCG動画ならではのメリットです。

医療

医療分野でも3DCG動画は活用されています。

3DCG動画を活用することで、人体の内部構造などを映像化できるので、手術のシミュレーションなどで使われます。

3DCG動画を見ながら、細かい手術計画を立てられるので、手術の成功率を高めることに貢献します。

また医療における研究結果の発表などの場面でも、3DCG動画を使用すると、わかりやすく研究内容を共有できます。

ゲーム

ゲームは代表的な3DCG動画の用途です。

ゲームのキャラクターや、ステージ、アイテムなど、あらゆる素材が3DCG動画によって制作されています。

3DCG動画を使用することで、リアリティを感じさせる、ハイクオリティなゲームに仕上げることが可能です。

3DCG動画の制作ステップ

ここでは、3DCG動画の制作ステップについて解説します。

3DCG動画の制作ステップは以下の7ステップです。

  • 三角図面の作成
  • モデリング
  • ポリゴンに色を塗る
  • リキング
  • スキニング
  • ライティング
  • レンダリング

それぞれのステップについて解説していきます。

三角図面の作成

3DCG動画を制作する際の最初のステップは、三角図面の作成です。

三角図面とは、対象物を正面・背面・側面から描いたイラストです。

三角図面を作成することで、立体物として違和感がないかを確認できます。

三角図面を用意しておくことで、CGモデリングをする際に、より正確な寸法を把握できるようになります。

モデリング

続いて、CGツールを用いて、モデリングを行います。

モデリングとは、3D空間で立体物を作成する作業です。

作成した三面図をもとにイラストを線でつなぎ、ポリゴンを作成します。

ポリゴンに色を塗る

モデリングで作成したポリゴンに色を塗っていきます。

3DCGの場合には、テクスチャーを利用して、ポリゴンに色を塗ります。

テクスチャーとは、「質感」を意味していて、色の他に凸凹や光沢感なども含めて決めていきます。

たとえば、同じ家の3DCGでも、「木」なのか「コンクリート」なのかで、使用するテクスチャーは異なります。

リギング

続いて、「リギング」と呼ばれる3DCGの「骨」を作る作業を行います。

人物や動物などのキャラクターの手や足、首などの動きをつけていきます。

また細かい表情や、着ている服の動きも調整することで、自然な3DCGに仕上げることが可能です。

スキニング

スキニングでは、3DCGモデルと骨を繋ぎ合わせる作業です。

スキニングが調整できていないと、3DCGの動きが不自然になってしまうため、慎重な調整が求められます。

うまく調整できない場合には、再度リギングを行った上で、スキニングをします。

ライティング

ライティングとは、3DCGに光を当てる作業です。

実写撮影の場合に照明などで光を調整するのと同じように、3DCGではライティングによって、明るさや色味などを調整していきます。

ライティングによって、同じモデルでも雰囲気が大きく変わるので、重要なステップです。

レンダリング

レンダリングは、完成したCGデータを出力する作業です。

レンダリングを行い、出力した際の見た目が問題ないかを確認して、作業は完了です。

3DCG動画は専門の動画制作会社に依頼するのがおすすめ

本記事では、3DCG動画の概要、メリット、用途、制作ステップなどについて解説しました。

3DCG動画はリアリティのある映像が特徴なので、動画で細かい表現を実現したい場合には、おすすめの動画タイプです。

一方で、3DCG動画は制作難易度が非常に高い動画でもあります。

社内で特別な3DCG制作チームを保有していない限りは、3DCG動画の制作は外部の動画制作会社に依頼するのがおすすめです。

弊社では、高クオリティな3DCG動画を業界相場の1/3以下の費用で制作する「Lumii Video Hub」を提供しています。

高額になりやすい3DCG動画の費用を可能な限り抑えて、動画を制作したいという場合には、ぜひサービス詳細をご覧ください。

資料ダウンロード
Lumiiの動画制作・動画マーケティングサービスについて紹介している資料です。Lumiiのサービス詳細や、制作実績をご覧いただけます。

3DCG動画に関するよくあるご質問

ここでは、3DCG動画に関するよくあるご質問に回答します。

3DCG動画とは何ですか?

3DCG動画とは、3Dコンピューターグラフィックスを使用して制作した動画です。

3DCG動画のメリットは?

3DCG動画を制作するメリットは主に以下の3点です。

  • 動画内でリアルな仮想空間を表現できる
  • 制作コストの削減につながることがある
  • 実写動画よりも簡単に修正できる

詳しくは「3DCG動画を活用するメリット」をご覧ください。

3DCG動画の作り方は?

3DCG動画は以下のステップで作ります。

  • 三角図面の作成
  • モデリング
  • ポリゴンに色を塗る
  • リキング
  • スキニング
  • ライティング
  • レンダリング

詳しくは「3DCG動画の制作ステップ」をご覧ください。

関連記事
Related post