MENU
ブランディング動画とは?メリット、企業事例、制作ポイントを解説!

ブランディング動画は、自社や自社サービスのブランドを映像化して、認知度を高める動画コンテンツです。

商品やサービスが模倣されやすくなり、機能面での差別化が困難な昨今において、ブランドで差別化を図るブランディング動画が非常に注目されています。

本記事では、ブランディング動画の概要、メリット、制作ポイント、活用シーン、制作事例、費用相場などについて解説します。

ブランディング動画の制作をご検討されている場合には、本記事をお役立ていただければ幸いです。

ブランディング動画とは?

ブランディング動画とは、企業や商品・サービスのブランドイメージを向上させる目的で制作される動画です。

商品やサービスの機能面に焦点を当てた動画ではなく、企業理念やビジョンなどをストーリーとともに伝える動画が一般的です。

近年では、あらゆる商品・サービスが模倣されやすく、機能などのスペック面だけで差別化をするのが難しくなっています。

そのため、企業の歴史や、商品開発の背景を伝えることで、企業や商品のファンになってもらおうとする動きが活発です。

ブランディング動画は、機能面ではない、企業の価値を表現できる動画として、非常に注目されています。

ブランディング動画のメリット

ブランディング動画のメリットは以下の3点です。

  • 抽象的なブランドイメージを視覚化して伝えられる
  • 競合他社と価格や機能以外で差別化できる
  • SNSでの拡散が期待できる

それぞれのメリットについて詳しく解説します。

抽象的なブランドイメージを視覚化して伝えられる

ブランディング動画は、抽象的なブランドイメージを視覚化して伝えられます。

企業の理念やビジョンといった抽象的な概念は、テキストで説明しようと思うと、どうしても理解が難しいという課題があります。

ブランディング動画であれば、抽象的な概念であっても、映像として視聴者に見てもらうことができるので、理解がしやすくなります。

ブランドイメージを視覚化できることは、ブランディング動画の大きなメリットの一つです。

競合他社と価格や機能以外で差別化できる

ブランディング動画を活用することで、競合他社と価格や機能以外で差別化することが可能です。

先ほども解説したように、昨今では商品・サービスを簡単に模倣できてしまうので、価格や機能面のみで差別化するのが非常に困難です。

そのような状況においては、企業のブランドイメージで差別化を図ることが重要です。

ブランディング動画を活用することで、視聴者にブランドイメージを印象づけて、競合他社とは異なる存在だと認識してもらえます。

SNSでの拡散が期待できる

ブランディング動画は、SNSでの拡散が期待できるというメリットがあります。

ブランディング動画では、多くの場合、ストーリー性のある動画が用いられるため、視聴者の共感を得やすいという特徴があります。

動画を視聴して感動した視聴者は、他の人にも共有したいという気持ちになり、SNSなどで情報を拡散します。

SNSでブランディング動画が拡散されると、かけた広告費以上に、多くの人々にリーチできるので、費用対効果も高まります。

SNSで拡散されやすいのは、ブランディング動画ならでのメリットといえるでしょう。

ブランディング動画の制作ポイント

ブランディング動画の制作ポイントは下記です。

  • 競合他社にはない自社だからこその価値を整理する
  • 視聴者の共感を得ることを意識する
  • 一貫したメッセージを伝える

それぞれ詳しく解説していきます。

競合他社にはない自社だからこその価値を整理する

ブランディング動画を制作する際には、競合他社にはない自社だからこその価値を整理しましょう。

ブランディング動画を制作する場合、企業や商品のどの「価値」をメインで訴求するのかを決めることが非常に重要です。

どれだけ有名なタレントを起用したり、きれいな映像を撮影しても、伝えたい価値が曖昧なままだと、ブランドイメージを適切に伝えることができません。

競合他社の調査も行った上で、自社だからこその価値はどこにあるのかを丁寧に整理することが重要です。

視聴者の共感を得ることを意識する

ブランディング動画の制作では、視聴者の共感を得ることを意識しましょう。

視聴者の共感を得られるからこそ、ブランドイメージが向上し、SNSなどでも動画が拡散されやすくなります。

視聴者の共感を得るためには、動画にストーリー性を加えて、動画の構成を考えることが重要です。

一貫したメッセージを伝える

ブランディング動画では、一貫したメッセージを伝えましょう。

企業や商品のブランドイメージは一貫性があるからこそ、視聴者に特定の印象を持ってもらうことができます。

企業のWebサイトで発信している内容と動画の内容にズレがあるなど、状況によって発信しているメッセージが異なると、視聴者は混乱してしまいます。

視聴者に伝えたいメッセージにズレがないかを慎重にチェックしながら、ブランディング動画を制作しましょう。

ブランディング動画の活用シーン

ブランディング動画の活用シーンは主に以下の3つです。

  • 動画広告
  • イベント・IR・展示会
  • 採用活動

それぞれの活用シーンについて見ていきましょう。

動画広告

ブランディング動画が最も多く活用されるシーンは、動画広告です。

WebCMや、タクシー・電車などの交通広告、街頭のデジタルサイネージなど、動画広告を配信できる場所は非常に多くあります。

ターゲットと相性の良い媒体を選び、動画広告を配信することで、効率的にブランディング動画を視聴してもらえます。

イベント・IR・展示会

ブランディング動画は、企業のイベントやIR、展示会の場でも活用できます。

イベントの冒頭でブランディング動画を視聴してもらうことで、より企業や商品について理解を深めてもらった状態で、イベントに参加してもらうことができます。

またブランドイメージの向上は、顧客だけでなく投資家に対しても有効です。

Webだけでなく、オフラインの場でも積極的にブランディング動画を活用しましょう。

採用活動

ブランディング動画は、採用活動で活用されるケースもあります。

企業や商品・サービスの魅力を伝えるブランディング動画は、顧客だけでなく、求職者の理解を促すことも可能です。

これまで知らなかった企業や商品の新たな魅力を知ることで、会社への志望度を高めることができます。

ブランディング動画の制作事例(株式会社Lumii制作動画実績)

ここでは、ブランディング動画の参考事例として、弊社が制作した動画を紹介します。

予算目安も記載しているので、ぜひ参考にしてください。

メディカル・データ・ビジョン株式会社

動画の種類実写動画
予算150万円〜200万円程度
ポイント会社のビジョンを表現したブランディング動画です。実写だけでなく、CGを使いながらテクノロジーを連想させる動画に仕上げています。また効果音を細かく挿入することで、先進性を感じられる動画にしています。

株式会社東京チェンソーズ

動画の種類実写動画
予算50万円〜70万円程度
ポイント事業を紹介するブランディング動画を制作しました。林業であることを印象づけるために、ドローンを利用して森や木のカットを多く使っています。

株式会社サテライトオフィス

動画の種類実写動画
予算50万円〜70万円程度
ポイントオートバイレーサーの山中琉聖選手を起用したブランディング動画を制作しました。エンジン音を積極的に取り入れ、オートバイレースの臨場感を演出する動画に仕上げました。

ブランディング動画の制作費用相場

ブランディング動画の制作費用相場は以下です。

  • 撮影ありの場合:100万円〜300万円
  • 撮影なしの場合:10万円〜30万円

ただし、あくまでもブランディング動画の費用相場なので、実際に制作する動画内容によって、金額は異なります。

制作を検討している動画の見積もりが欲しい場合には、お気軽に弊社にご相談ください。

ブランディング動画で企業のイメージアップを図ろう!

本記事では、ブランディング動画の概要、メリット、制作ポイント、活用シーン、制作事例、費用相場などについて紹介しました。

企業や商品・サービスの想いを届けられるブランディング動画は、昨今非常に注目されている動画コンテンツの一つです。

本記事を参考にして、ブランドイメージをアップさせるブランディング動画を制作してみましょう。

資料ダウンロード
Lumiiの動画制作・動画マーケティングサービスについて紹介している資料です。Lumiiのサービス詳細や、制作実績をご覧いただけます。

ブランディング動画に関するよくあるご質問

ここでは、ブランディング動画に関するよくあるご質問に回答します。

ブランディング動画とは何ですか?

ブランディング動画とは、企業や商品・サービスのブランドイメージを向上させる目的で制作される動画です。

ブランディング動画のメリットは?

ブランディング動画のメリットは以下の3点です。

  • 抽象的なブランドイメージを視覚化して伝えられる
  • 競合他社と価格や機能以外で差別化できる
  • SNSでの拡散が期待できる

詳しくは「ブランディング動画のメリット」をご覧ください。

ブランディング動画の制作ポイントは?

ブランディング動画の制作ポイントは下記です。

  • 競合他社にはない自社だからこその価値を整理する
  • 視聴者の共感を得ることを意識する
  • 一貫したメッセージを伝える

詳しくは「ブランディング動画の制作ポイント」をご覧ください。

関連記事
Related post