MENU
企業PR動画の成功事例を解説!作り方のコツや必要な準備

企業PR動画は、企業のブランドイメージを向上させ、製品やサービスの認知度を高めるために有効な動画コンテンツです。

本記事では、企業PR動画の概要やメリット、企業PR動画のターゲット、動画の種類、企業事例、制作のコツなどについて解説しています。

企業PR動画の制作を検討されている場合には、ぜひ最後までご覧ください。

目次

企業PR動画とは?

企業PR動画とは、企業をPRするための動画です。

PRは「Public Relations」を略したもので、 公衆とのよい関係づくりのためのあらゆる施策のことを指します。

PRと「宣伝活動」は混同されやすいですが、宣伝は対象の価値を広く伝えていくことを指すので、PRの方がより広い意味の概念といえます。

つまり、企業PR動画とは、「企業が公衆とよい関係をつくるための動画」です。

インターネットの普及により、多くの企業が情報発信をしやすくなった昨今では、PRの重要性が高まっています。

効果的なPRを実現できる企業PR動画は、企業にとって重要なコンテンツの一つとなるでしょう。

企業PR動画のメリット

企業PR動画には下記のメリットがあります。

  • 複雑な事業コンセプトをわかりやすく伝えられる
  • テキスト・画像と差別化できる
  • 拡散されやすいので、効率的に認知拡大できる
  • 採用にも効果がある

それぞれ詳しく解説します。

複雑な事業コンセプトをわかりやすく伝えられる

企業PR動画のメリットの1つは、複雑な事業コンセプトを視覚的にわかりやすく伝えられる点です。

特に最先端の技術や、一般的には馴染みのないサービスを提供している企業にとっては大きなメリットといえます。

アニメーションを活用することで、実写動画では伝えにくいコンセプトも視覚化して理解してもらえます。

また動画の場合には、視覚だけでなく、聴覚情報も伝えられるので、BGMや効果音を適切に利用することで、より理解しやすい企業PR動画を制作できます。

テキスト・画像と差別化できる

現在では、多くの企業が企業PR動画の制作に取り組んでいますが、動画を制作している企業が少ない業界もあります。

動画を制作している企業が少ない業界で、企業PR動画を制作すると、テキスト・画像のみで情報を伝えている企業と大きな差別化をはかることができます。

動画は時間あたりの情報量が多いため、単純に企業のWebサイトを見てもらう場合よりも、数分の動画を視聴してもらう方が理解を深められる可能性があります。

特に企業の雰囲気やカルチャーなど、テキストや画像では表現しにくい内容を企業PR動画では伝えられるので、企業のイメージ向上に大きな効果をもたらします。

拡散されやすいので、効率的に認知拡大できる

企業PR動画は拡散されやすく、効率的に企業の認知度を高められます。

とくにストーリー性のある企業PR動画は、視聴者の共感を生みやすく、自然とシェアされる傾向があります。

企業PR動画を制作することで、広告費などを使わずに自然と企業の認知を拡大できる可能性があります。

採用にも効果がある

企業PR動画は、企業の商品・サービスの販促効果だけでなく、採用活動にも効果を発揮します。

企業PR動画を通じて、企業の文化や働く環境、従業員の声を紹介することで、求職者に対して企業の魅力を伝えられます。

働く場所としての企業の魅力を最大限伝えられる企業PR動画により、優秀な人材を引き寄せることが可能です。

企業PR動画のターゲット

企業PR動画のターゲットは主に下記です。

  • 企業(BtoB)
  • 消費者(BtoC)
  • 求職者(新卒・中途など)

それぞれのターゲットについて解説します。

企業(BtoB)

企業PR動画の代表的なターゲットは「企業(BtoB)」です。

企業のWebサイトやSNS、展示会、イベントなどあらゆる場面で企業PR動画が活用されます。

また最近では企業PR動画をIRなどの場面で活用することも多いです。

事業内容が複雑になりやすいBtoB企業にとって、企業PR動画は重要なコンテンツと言えます。

消費者(BtoC)

企業PR動画は「消費者(BtoC)」もターゲットです。

テレビCMを利用した消費者へのアピールは、最もわかりやすい企業PR動画の活用例です。

企業PR動画を消費者に視聴してもらうことで、企業に対する好感度や信頼性を高める効果が期待できます。

求職者(新卒・中途など)

新卒や中途入社などの「求職者」も企業PR動画のターゲットです。

事業内容、企業文化、働く環境、従業員の声などを企業PR動画内で紹介し、求職者に対して企業の魅力を伝えます。

求職者が動画を視聴することによって、「会社で働く自分」をよりリアルに想像できるので、企業に対する志望度を高めることが期待できます。

採用活動の強化の一環として、企業PR動画を制作することも効果的です。

企業PR動画の種類

企業PR動画には下記の種類があります。

  • 商品・サービス紹介
  • ブランディング
  • 広報PR
  • 採用

企業PR動画を制作する前に、どのような種類があるのかを見ておきましょう。

商品・サービス紹介

商品・サービスの紹介をし、購買意欲を高めることを目的にした企業PR動画です。

商品・サービスの機能や、メリット、使用感などを動画を通じてアピールします。

商品・サービス紹介に動画を活用することで、より効果的な販促活動を実現できます。

ブランディング

企業のブランドイメージを向上させることを目的とした企業PR動画です。

商品やサービスの機能的な説明ではなく、企業の歴史や商品の開発秘話、企業理念などを伝えることで、企業の信頼性や好感度を高めます。

視聴者の共感を生むことで、より人々に好まれるブランドを構築していくことができます。

広報PR

広報PRを目的とした企業PR動画も存在します。

下記のような企業の取り組みを映像化することが一般的です。

  • 企業のCSR活動
  • 企業SDGs活動
  • コンプライアンス遵守など企業が力を入れている取り組み

これらの取り組みをアピールすることで、企業に対する好感度や信頼性を高めることができます。

採用

企業が求職者に向けて企業の魅力を紹介する企業PR動画もあります。

実際に働いている様子をリアルに伝えたり、従業員の声をインタビューにして伝えたりすることで、会社のことをより深く理解してもらえます。

企業PR動画を採用を目的に活用することも有効です。

企業PR動画の成功事例と費用相場(株式会社Lumii制作動画実績)

ここでは、弊社が制作した企業PR動画の事例とそれぞれの費用相場について紹介します。

メディカル・データ・ビジョン株式会社

動画の種類実写動画
予算150万円〜200万円程度
ポイントデータを活用した、医療の前進を可視化するために、実写だけでなく、CGを使いながらテクロジーを連想させる動画に仕上げています。効果音を細かく使うことで、先進性を感じられる動画にしています。

株式会社サテライトオフィス

動画の種類実写動画
予算50万円〜70万円程度
ポイントオートバイレースの臨場感が伝わるような、オートバイの音、疾走感のあるBGM、カット割りを意識して動画を制作しました。

株式会社東京チェンソーズ

動画の種類実写動画
予算50万円〜70万円程度
ポイント林業であることをイメージできるように、森や木を連想させるカットを多く使用しています。あえて外でインタビューをすることで、自然の中で仕事をしていることを印象づけています。

企業PR動画の作り方と必要な準備

ここからは、企業PR動画の作り方と必要な準備について解説します。

企業PR動画は下記の手順で作成をします。

  • 企業PR動画の目的を決める
  • ターゲットを決める
  • 企業PR動画の企画を決める
  • 撮影・素材の制作
  • 編集
  • 完成

それぞれの工程について詳しく解説します。

企業PR動画の目的を決める

企業PR動画を制作する際には、まず企業PR動画の目的を決めましょう。

たとえば企業PR動画の場合には、以下のような目的が考えられます。

  • 企業の認知度を向上させたい
  • 企業の好感度を高めるブランディングがしたい
  • 採用における母集団形成をしたい

目的が明確になっていないと、動画の訴求軸が定まらず、印象に残らない動画になってしまいます。

企業PR動画を制作する際には必ず目的を明確にしましょう。

ターゲットを決める

続いて、企業PR動画のターゲットを決めます。

企業であれば、業種や従業員規模、個人であれば年齢や性別などを整理します。

またターゲットの持つニーズを洗い出しておくことも重要です。

ターゲット像を明確にすることで、より伝わりやすい企業PR動画を制作することが可能です。

企業PR動画の企画を決める

目的とターゲットが明確になったら、企業PR動画の企画を決めます。

企業PR動画の具体的な構成やストーリー、必要になるカット、キャスト、スケジュールなどプロジェクトを具体的にしていきます。

動画制作会社に動画制作を依頼している場合には、企画段階で積極的にコミュニケーションをとり、自社の希望を明確に伝えましょう。

撮影・素材の制作

企画が決まったら、撮影や素材を制作します。

実写の場合であれば、スタジオなどを借りて撮影を行い、アニメーションの場合にはイラストを書き起こして素材を制作します。

編集

企業PR動画の制作に必要な素材が集まったら、動画の編集作業に入ります。

不要なシーンをカットしたり、素材を繋ぎ合わせたりして1本の動画にしていきます。

また編集のタイミングで、テロップ、BGM、ナレーションなどの挿入も行います。

完成

必要に応じて動画の修正・調整を終えたら、完成です。

早速完成した企業PR動画を各場面で活用しましょう。

企業PR動画を制作するコツ

企業PR動画を制作するコツは下記です。

  • PRするターゲットを明確にする
  • 企業としての強みを明確にして動画内で訴求する
  • 話題性を意識した動画の構成にする
  • ポジティブな印象を残せるストーリーにする
  • 動画配信後の効果を計測する

それぞれのコツについて詳しく解説します。

PRするターゲットを明確にする

企業PR動画を制作する際に最も重要なポイントは、PRするターゲットを明確にすることです。

ターゲットを明確にすることで、動画のメッセージやコンセプトがより具体的になり、効果的なアピールを実現できます。

またターゲットによって、適切な動画のトンマナやビジュアル表現なども変わります。

誰に対しての企業PR動画を制作するのかをまずは明確にしましょう。

企業としての強みを明確にして動画内で訴求する

企業PR動画を制作する際には、自社の強みや独自性を明確に把握し、それを効果的に訴求することが重要です。

企業の強みは、競合他社と差別化された価値やサービス、技術、経営理念など、他社には真似できない独自の要素であるべきです。

強みを明確にすることで、視聴者に対して企業がどのような価値を提供しているのか、なぜその企業が選ばれるべきなのかといったメッセージを効果的に伝えることができます。

また、自社の強みを活かしたストーリーやビジュアル表現を用いることで、視聴者の印象に残る企業PR動画を制作することが可能です。

話題性を意識した動画の構成にする

企業PR動画を制作する際には、「話題性」を意識することも重要です。

話題性を生む動画内容の場合、SNSなどで広く拡散される可能性があります。

SNSで拡散されることにより、広告費をかけずに大きな認知度向上が期待できます。

ただし、話題性のみを考えて動画を制作してしまうと、企業の魅力があまり伝わらない動画になってしまうリスクがあります。

話題性を意識しながらも、バランスの取れた動画を制作することが重要です。

ポジティブな印象を残せるストーリーにする

企業PR動画を制作する際には、視聴者にポジティブな印象を残せるストーリーを構築することが重要です。

ポジティブなストーリーは、視聴者に感動や共感を与え、企業に対する好感度や信頼感を高める効果があります。

ポジティブなストーリーを作るためには、企業の価値観やビジョンを伝えるだけでなく、具体的な成功事例や実績を取り入れることが効果的です。

また、従業員や顧客の声、社会貢献活動など、企業が関わる様々な人々や取り組みを紹介することで、視聴者に対して企業の魅力をより強く伝えることができます。

企業PR動画でポジティブな印象を残すことができれば、認知度向上や顧客獲得、採用活動などに効果的に寄与します。

動画配信後の効果を計測する

企業PR動画を制作した後は、効果を計測することが重要です。

効果の計測により、動画が目的に沿った成果を上げているかどうかを把握し、次回の改善点を見つけることができます。

効果の計測方法には、視聴回数、再生時間、シェア数、いいね数、コメント数など、さまざまな指標がありますが、どの指標を採用すべきかは目的によって異なります。

重要なことは事前仮説を立てて、効果を計測した上で、「どこを改善すべきか」を正確に判断することです。

継続的な改善を行い、より効果的な企業PR動画を制作しましょう。

企業の魅力をPR動画で発信しよう

本記事では企業PR動画の概要、メリット、種類、制作のコツ、企業事例について解説しました。

顧客獲得やブランドイメージ向上につながる企業PR動画を制作することは、近年ますます重要性が高まっています。

今後企業PR動画の制作をご検討されている場合には、本記事が参考になれば幸いです。

弊社では、高品質な企業PR動画を従来の1/3の価格で制作する、動画制作サービスを提供しています。

コストを抑えながら、クオリティの高い動画を制作できますので、ご興味がありましたらぜひ詳細をご覧ください。

資料ダウンロード
Lumiiの動画制作・動画マーケティングサービスについて紹介している資料です。Lumiiのサービス詳細や、制作実績をご覧いただけます。

企業PR動画に関するよくあるご質問

ここでは企業PR動画に関するよくあるご質問に回答します。

企業PR動画とは何ですか?

企業PR動画とは、企業をPRするための動画です。

企業が公衆とよい関係をつくることを目的にしています。

企業PR動画の費用はいくらですか?

企業PR動画は50万円〜200万円程度です。

ただし、動画内容によって金額は異なるため、詳細についてはお問い合わせください。

企業PR動画にはどんな種類がありますか?

企業PR動画には、下記の種類があります。

  • 商品・サービス紹介
  • ブランディング
  • 広報PR
  • 採用

詳しくは「企業PR動画の種類」をご覧ください。

企業PR動画のメリットは?

企業PR動画のメリットは下記です。

  • 複雑な事業コンセプトをわかりやすく伝えられる
  • テキスト・画像と差別化できる
  • 拡散されやすいので、効率的に認知拡大できる
  • 採用にも効果がある

詳しくは「企業PR動画のメリット」をご覧ください。

関連記事
Related post