MENU
モーショングラフィックスとは?導入メリットや制作のポイントを解説

モーショングラフィックスは、文字やイラストに動きをつけることで、印象的な表現ができる映像手法です。

情報をわかりやすく伝えることができるため、現在では動画広告や、Webサイト、YouTubeなどあらゆる場面で活用されています。

本記事では、モーショングラフィックスの概要、導入メリット、制作ポイント、動画事例、おすすめの制作ソフトなどについて解説します。

ぜひ本記事をモーショングラフィックス活用にお役立ていただければ幸いです。

モーショングラフィックスとは?

モーショングラフィックスとは、文字やイラスト、画像などの素材に動きや音をつける映像手法です。

静止画に動きや音が加わることで、より情報をわかりやすく視聴者に伝えることができます。

最近では、テレビCMや動画広告、YouTubeなど多くの画面でモーショングラフィックスが活用されています。

モーショングラフィックスの導入メリット

モーショングラフィックスの導入メリットは下記の3点です。

  • 情報をわかりやすく伝えられる
  • 印象的なので、記憶に残りやすい
  • 動画制作コストを抑えられる

それぞれのメリットについて解説します。

情報をわかりやすく伝えられる

モーショングラフィックスの大きなメリットの1つは、情報をわかりやすく伝えられることです。

静止画やテキストのみでは、表現の限界がありますが、動きや音をつけることでより多くの情報を短時間で届けることができます。

印象的なので、記憶に残りやすい

モーショングラフィックスは動きや音があることで、静止画やテキストと比較すると、視聴者に印象的なイメージを与えることができます。

そのため、動画を見た記憶が残りやすく、会社名やサービス名などの想起をしてもらいやすくなります。

動画制作コストを抑えられる

モーショングラフィックスは、実写動画や3Dアニメーション動画と比較すると、安価に動画を作ることができます。

モーショングラフィックスの場合、撮影などが必要なく、もともとある素材や販売されている素材を利用して動画を作ることができるためです。

また簡易的なモーショングラフィックスの場合には、市販の動画制作ソフトを利用して動画を作ることもできます。

モーショングラフィックスの制作ポイント

モーショングラフィックスの制作ポイントは下記の3点です。

  • 動画制作の目的を明確にしてから企画を考える
  • アニメーションの動かし方やエフェクトの種類に関する基礎を押さえる
  • デザインや色使いに気を配る

それぞれの制作ポイントについて解説します。

動画制作の目的を明確にしてから企画を考える

モーショングラフィックス動画を制作する際には、動画制作の目的を明確にしてから企画を考えましょう。

動画制作の目的が曖昧なまま、とりあえずモーショングラフィックス動画を作ろうとしてしまうと、動画を作っても思ったような成果につながらない可能性があります。

社内でモーショングラフィックスを制作することを決めた際には、必ず動画制作の目的も明確にするようにしましょう。

アニメーションの動かし方やエフェクトの種類に関する基礎を押さえる

モーショングラフィックスは、アニメーションの動かし方や使用するエフェクトによって、動画のクオリティが大きく変わります。

そのため動画制作を依頼する場合であっても、最低限基本的なアニメーションの動かし方やエフェクトの種類について理解をしておくことが重要です。

また動画の動きは可能な限りシンプルなものを採用し、動画のメッセージが視聴者に明確に伝わるようにすることが重要です。

デザインや色使いに気を配る

モーショングラフィックスは、デザインや動画で使用する色によって、動画から感じる印象が大きく変わります。

動画制作会社に依頼する場合であっても、デザイン・色に関する基本的な知識をインプットしておけると、よりクオリティの高い動画に仕上げることができます。

効果的なデザインや色を選択して、より伝わりやすいモーショングラフィックス動画を制作しましょう。

モーショングラフィックスの動画事例

ここでは、モーショングラフィックスの動画事例を紹介します。

STARBUCKS

STARBUCKSの売上や、店舗数、商品数など、STARBUCKSのあらゆる数字をモーショングラフィックスで表現した動画です。

日本語の字幕はありませんが、モーショングラフィックスならではの動きと、イラストのわかりやすさで誰にでも理解しやすい動画になっています。

Payme

Paymeのサービス紹介動画です。

テンポの良いモーショングラフィックスで動きもユニークなので、飽きずに最後まで視聴することができます。

ANA

モーショングラフィックスを活用したANAのPR動画です。

ANAのイメージカラーであるブルー系の色で統一されたクールで爽快感のある動画です。

モーショングラフィックスの作成におすすめのソフト

モーショングラフィックスの作成におすすめのソフトは下記の3点です。

  • AviUtl
  • After Effects
  • Alight Motion

それぞれのソフトに特徴について解説します。

After Effects

「After Effects」は、Adobe社が開発するモーショングラフィックス制作における代表的なソフトウェアです。

Adobe社の製品との親和性が高いので、Adobe製品を主に使っている場合におすすめのソフトウェアです。

2Dだけでなく、3Dデータにも対応しているので、本格的なモーショングラフィックス制作ができます。

AviUtl

「AviUtl」は完全無料で使用できる動画編集ソフトです。

連携用の多くのプラグインが開発されているので、無料であっても非常に高機能であることが特徴です。

PowerDirector

初心者であっても簡単に編集できることで知られているのが「PowerDirector」です。

モーショングラフィックスを編集するための多くテンプレートが用意されているので、スムーズにモーショングラフィックスを制作できるのが特徴です。

始めて動画編集をされる場合には、おすすめのソフトウェアです。

モーショングラフィックスを導入して動画の効果を高めよう

本記事では、モーショングラフィックスの概要、導入メリット、制作のポイント、動画事例、おすすめの制作ソフトなどについて解説しました。

ぜひ本記事を参考にして、モーショングラフィックスをご活用いただければ幸いです。

また、モーショングラフィックスの制作を依頼されたい場合には、ぜひ弊社にご相談ください。

弊社は、通常相場の1/3以下の価格でモーショングラフィックスの制作が可能な「Lumii Video Hub」と呼ばれる動画制作プラットフォームを運営しています。

ご興味がありましたら、下記より詳細をご覧ください。

資料ダウンロード
Lumiiの動画制作・動画マーケティングサービスについて紹介している資料です。Lumiiのサービス詳細や、制作実績をご覧いただけます。

モーショングラフィックスに関するよくあるご質問

ここでは、モーショングラフィックスに関するよくあるご質問に回答します。

モーショングラフィックス動画とは何ですか?

モーショングラフィックス動画とは、文字やイラスト、画像などの素材に動きや音をつける映像手法です。

インフォグラフィックとモーショングラフィックスの違いは何ですか?

インフォグラフィックは「情報」を理解してもらうことを主な目的としているため、数字などのデータを映像でわかりやすく表現します。

一方モーショングラフィックスは、イラストや画像に動きをつける映像手法です。

モーショングラフィックスのメリットは何ですか?

モーショングラフィックスのメリットは、主に下記の3点です。

  • 情報をわかりやすく伝えられる
  • 印象的なので、記憶に残りやすい
  • 動画制作コストを抑えられる

詳しくは「モーショングラフィックスの導入メリット」をご覧ください。

関連記事
Related post