MENU
PVとMVの違いとは?定義・動画の種類・動画制作を依頼するときの注意点を解説!
PVとMVの違い。制作を依頼するときの注意点を解説。

「PV」と「MV」という言葉を聞くことは多いかと思いますが、その違いを明確に説明できる人はあまりいません。

本記事では、PVとMVの定義や、違い、PVとMVの種類、PV・MVの制作を依頼するときの注意点について解説します。

PVとは?

「PV」とは、「プロモーションビデオ(Promotion Video)」の略称で、宣伝・販売促進用の動画のことを指します。

MVとは?

「MV」とは、「ミュージックビデオ(Music Video)」の略称で、楽曲の持つ世界観を伝える動画のことを指します。

PVとMVの違い

PVとMVの違いは明確でない場合もありますが、主には下記の3点が異なる場合が多いです。

  • 動画の目的
  • 動画の尺
  • 動画の配信媒体

それぞれ詳しく解説します。

動画の目的

PVとMVでは、動画の目的が異なります。

PVは宣伝やプロモーションを目的として制作される動画ですが、MVは音楽の世界観を伝えることを目的としています。

そのため、PVはあくまでも宣伝を主として、部分的に楽曲の一部を使用することが一般的です。

一方、MVは楽曲全体が使用されます。

動画の尺

PVとMVでは、動画の尺が異なります。

PVはプロモーション用の動画であるため、各媒体の広告枠内の動画にする必要があります。

動画を配信する媒体によって基準は異なりますが、多くの場合、数秒〜60秒程度の短めの動画が一般的です。

一方MVの場合には、動画の尺に関する制限はなく、楽曲分もしくは楽曲分よりも少し長い程度の動画が制作されます。

楽曲によって長さは異なりますが、数分〜10分程度の動画が一般的です。

動画の配信媒体

PVとMVでは、動画の配信媒体が異なります。

PVは宣伝を目的とした動画であるため、テレビCMやWeb広告、街頭ビジョンなど、あらゆる広告媒体で動画が配信されます。

一方MVの場合には、広告媒体で動画が配信されることはほとんどなく、YouTubeチャンネルや公式Webサイトなどで動画が配信されることが一般的です。

PV・MVの種類

PVとMVは、大きく分けて「実写」と「アニメーション」の2種類の動画が存在します。

それぞれの動画の特徴について解説します。

実写

多くのPV・MVで使われているのは、実写動画です。

アーティスト本人が登場して、ライブパフォーマンスを行う動画は誰しも一度は見たことがあるでしょう。

ライブパフォーマンス以外には、アーティスト本人やキャストが出演して、ドラマ風の演技をする場合もあります。

アニメーション

PV・MVをアニメーション動画で制作する場合もあります。

オリジナルのキャラクターをPV・MVで登場させたり、実写では表現できない抽象的な世界を表現したりする場合にアニメーション動画が使われます。

最近では、顔出しをしないアーティストも多数存在するため。アニメーションを活用したPV・MVも多く見られるようになりました。

PV・MVの制作を依頼するときの注意点

PV・MVの制作を依頼するときには下記の注意点があります。

  • イメージに合った過去実績があるか確認する
  • 動画の目的を明確に伝える
  • 複数社から企画案と見積もりをもらう

それぞれ詳しく解説します。

イメージに合った過去実績があるか確認する

PV・MVの制作を依頼するときには、必ず制作会社の過去実績を確認するようにしましょう。

過去実績を確認するときのポイントは、イメージに合った動画があるかどうかです。

動画制作会社によって、得意な動画のテイストは異なります。

そのため、今回作ろうと思っている動画のイメージに近い過去実績があれば、期待通りの動画を作ってもらえる可能性があります。

動画制作会社に問い合わせる際には、過去制作したPV・MVについても情報をもらうようにしましょう。

動画の目的を明確に伝える

PV・MVの制作を依頼するときは、動画の目的を明確に伝えましょう。

たとえば、PVであれば、「認知度を高めたい。」「新たに発売するDVDの購入を促したい。」など、動画に期待する効果を動画制作会社に伝えます。

MVであれば、「映像を見てもらった人にこのような感情を持ってもらいたい。」などの情報を伝えることができます。

目的が曖昧なまま、PV・MVの制作を依頼してしまうと、期待していた動画の方向性と全く異なる動画になってしまう可能性があります。

ズレた動画になってしまわないように、PV・MVの制作を依頼する時点から、目的を明確にして動画制作会社に相談してみましょう。

複数社から企画案と見積もりをもらう

PV・MVの制作を依頼するときには、複数社から企画案と見積もりをもらうようにしましょう。

複数社から提案をもらうことで、クオリティ・費用のどちらの面においてもより最適な動画制作会社を見つけることができます。

あまりに多くの会社に相談すると、選定する工数も増えてしまうので、3社程度を目安に動画制作会社に問い合わせるのがおすすめです。

PVとMVの違いを理解して高品質な動画制作を

本記事では、PVとMVの定義やそれぞれの違い、PV・MVの種類、動画制作会社に依頼するときの注意点について解説しました。

PV・MVを制作することで、プロモーションの効果を高めたり、楽曲の世界観をよりわかりやすく伝えたりできるようになります。

本記事を参考にして、高品質なPV・MVの制作にお役立ていただければ幸いです。

また弊社では、企業と動画クリエイターを直接マッチングすることで、従来の1/3以下の費用で動画を制作できる「Lumii Video Hub」を提供しています。

PV・MVの制作も可能なので、より価格を抑えて高品質な動画を制作したいという場合には、ぜひ本サービスもご覧ください。

資料ダウンロード
Lumiiの動画制作・動画マーケティングサービスについて紹介している資料です。Lumiiのサービス詳細や、制作実績をご覧いただけます。

PV・MVに関するよくあるご質問

ここらでは、PV・MVに関するよくご質問に回答します。

PVとMVの違いは何ですか?

PVとMVの違いは、PVが宣伝や販売促進活動を目的とした動画であることに対して、MVは楽曲の世界観を伝えることを目的とした動画であることです。

PVとMVにはどのような種類がありますか?

PVとMVには主に実写動画とアニメーション動画があります。

PVとMVの制作を依頼するときに注意点はありますか?

PVとMVの制作を依頼するときの注意点は下記です。

  • イメージに合った過去実績があるか確認する
  • 動画の目的を明確に伝える
  • 複数社から企画案と見積もりをもらう

詳しくは「PV・MVの制作を依頼するときの注意点」をご覧ください。

関連記事
Related post