【2024年6月】テレビCMにかかる費用は?料金相場や費用を安くする方法を解説!

MENU
【2024年6月】テレビCMにかかる費用は?料金相場や放映料・費用を抑える方法を解説!
テレビCMの費用は?料金相場と費用を抑えるコツ

商品・サービスなどの認知度を短期間で高める方法として、テレビCMは今でも非常に効果的です。

一方でテレビCMには高額な費用がかかるイメージがあり、なかなか実施に踏み込めない企業も多いかと思います。

本記事では、テレビCMの費用構成や、テレビCMの費用相場について、わかりやすく解説しています。

またテレビCMにかかる費用を抑える方法についても解説しているので、テレビCMの実施をご検討中の場合には、ぜひ最後までご覧ください。

テレビCMは制作費と放映費がかかる

テレビCMの費用は大きく「制作費」と「放映費」の2種類に分かれます。

「制作費」はテレビCMを制作するための費用で、「放映費」はテレビCMを放映するための費用です。

制作費は制作する動画の内容によって費用が変動し、放映費は放映するエリアや放送局、時間帯などによって費用が変更します。

ここからは、テレビCMの制作費と放映費について、より細かく解説していきます。

テレビCMの制作にかかる費用と内訳

テレビCMの制作にかかる費用は、総額100万円〜300万円程度です。

しかし、動画の内容や出演するキャストによって、その金額は大きく異なります。

テレビCMの制作費は大きく以下の4つの項目から構成されています。

  • 企画・プランニング費
  • キャスティング・出演費
  • 撮影費
  • 編集・MA費

それぞれの費用について解説していきます。

企画・プランニング費

動画の内容や長さなどによって、費用は異なりますが、テレビCMの企画・プランニング費は10万円〜35万円程度です。

企画・プランニングとは、テレビCMの具体的な内容を決める作業のことです。

商品やサービスの魅力を引き出すために、どのような構成にして、シーンを演出するのかを考えます。

また撮影のロケ地や予算感なども決定し、テレビCM制作の全体スケジュールも決めていきます。

キャスティング・出演費

テレビCMのキャスティング・出演費は数十万円〜数千万円以上と非常に幅が広いです。

実写動画の場合には、テレビCMに合わせた出演者のキャスティングを行います。

キャストによって出演費は大きく異なり、人気タレントなどの場合には、数千万円以上の費用がかかる場合もあります。

契約期間などによっても費用は異なるので、予算の範囲内で、テレビCMのイメージにぴったりのキャストを選びましょう。

撮影費

テレビCMの撮影費は10万円〜80万円程度です。

撮影のロケ地や撮影方法、撮影に必要な人数、撮影機材の品質などによって、テレビCMの撮影費は変動します。

カメラマンが一人で十分な場合や、凝った撮影技術を必要しない場合には、撮影費を安く抑えることができます。

編集・MA費

テレビCMの編集・MA費は15万円〜40万円程度です。

編集は不要な素材をカットしたり、動画全体の色調を調整したりする作業です。

またMAは「Multi Audio」の略で、テレビCMにナレーションやBGMをつける作業のことを指します。

高度な技術力が求められる編集を加える場合には、編集・MA費が高額になります。

テレビCMの放映にかかる費用

テレビCMの放映にかかる費用は、放映の種類や、テレビ局、時間帯によって大きなバラつきがあります。

まず理解しておきたい「タイムCM」と「スポットCM」の違いから見ていきましょう。

放映費は「タイムCM」と「スポットCM」で費用が異なる

テレビCMの放映費は、「タイムCM」と「スポットCM」で費用が異なります。

それぞれの違いについて具体的に解説します。

テレビCMの種類1:タイムCM

特定の番組のスポンサーとなって、テレビCMを放映するのが「タイムCM」です。

「この番組は、〇〇の提供でお送りします。」というアナウンスはタイムCMのスポンサーを紹介するものです。

タイムCMは、提供社として社名が表示されることに加えて、番組放送枠内でテレビCMが放映されます。

30秒、または60秒の動画尺を選ぶことができ、一般的には6ヶ月間の契約期間を締結します。

タイムCMは放送局や番組によって、1ヶ月あたり50万円〜数千万円以上と契約金額の幅が広いのが特徴です。

テレビCMの種類2:スポットCM

スポットCMは、CMを放映する番組を指定せず、放映する時間枠だけを指定するテレビCM方式です。

一般的には15秒間の動画尺でテレビCMが放映されます。

短期間の契約期間でテレビCMを放映できるので、新商品の発売前や、期間限定のキャンペーンなど特定の時期に集中してテレビCMを放映できるのがメリットです。

スポットCMの放映費の目安については、次から解説していきます。

放映費目安の参照元:https://cm.kokoku-direct.jp/price/tvcm

地上波の放映費目安

地域放送局テレビCMの放映費目安(15秒1本あたり)
北海道エリア札幌テレビ放送、北海道放送、テレビ北海道、北海道テレビ、北海道文化放送4万円〜6.5万円
関東エリアテレビ東京、日本テレビ、テレビ朝日、TBSテレビ、フジテレビジョン30万円〜100万円
東海エリア中京テレビ、テレビ愛知、東海テレビ、中部日本放送、名古屋テレビ4万円〜12.5万円
関西エリア読売テレビ、関西テレビ、毎日放送、テレビ大阪、朝日放送4万円〜25万円
福岡エリア福岡放送、テレビ西日本、RKB毎日放送、TVQ九州放送、九州朝日放送2.5万円〜6万円

独立局の放映費目安

地域放送局テレビCMの放映費目安(15秒1本あたり)
関東エリア東京MXテレビ、千葉テレビ、テレビ神奈川、テレビ埼玉、とちぎテレビ、群馬テレビ2.5万円〜4万円
東海エリア岐阜放送・三重テレビ1.5万円〜2.5万円
関西エリアサンテレビ、KBS京都、奈良テレビ、びわ湖放送、テレビ和歌山1.5万円〜4.5万円

BS・CS放送の放映費目安

地域放送局テレビCMの放映費目安(15秒1本あたり)
全国CS1.8万円〜3.5万円
全国BS5万円〜10万円

テレビCMにかかる費用を抑える方法

テレビCMにかかる費用を抑えるには、以下の3つの方法があります。

  • 実写撮影以外の動画を制作する
  • タレントの契約期間を短くする
  • ローカル(地方)局でテレビCMを配信する

それぞれの方法について詳しく解説します。

実写撮影以外の動画を制作する

実写撮影以外の動画を制作することで、テレビCMにかかる費用を下げることが可能です。

実写撮影の場合には、どうしても撮影班の手配や、ロケ地の確保、タレントのキャスティングなどで、テレビCMの制作費が高くなってしまいます。

そこで実写以外のアニメーション動画などを採用することで、テレビCMの制作費を抑えることができます。

アニメーション動画は、無形のものであっても視覚化して表現できるメリットもあるので、場合によっては実写動画よりも理解しやすい動画を制作することも可能です。

タレントの契約期間を短くする

タレントの契約期間を短くすることで、テレビCMの制作費を抑えられる場合もあります。

ただし、契約期間を短くしたことによって、想定していたタイミングで動画が使用できなくなるリスクも考えられるので、契約期間を短くする場合には慎重に行いましょう。

ローカル(地方)局でテレビCMを放映する

テレビCMを放映する場合、視聴者数も多いことから、関東圏の方が費用が高くなります。

そのため、関東圏での放映ではなく、地方での放映に切り替えることで、テレビCMにかかる費用を抑えることができます。

また最初は地方で反響を確認してから、徐々に視聴者数の多い地域に切り替えていくことで、リスクを下げてテレビCMを放映できます。

テレビCMの費用対効果の考え方

テレビCMはWeb広告とは異なり、直接的な効果を判断しにくい広告です。

ここでは、テレビCMの費用対効果をどのように考えるべきかについて解説します。

あらゆる指標から間接的効果を計測する

テレビCMの費用対効果を考える際には、あらゆる指標から間接的効果を計測することが重要です。

間接的効果には以下のような測定指標があります。

  • Web上での指名検索数
  • 来店者数
  • アンケートでの認知度調査

単純な売上金額だけでなく、このような間接的指標がどのように変化しているかを計測することで、テレビCMの費用対効果を考えることができます。

GRPを測定する

GRPとは、番組の平均視聴率にCMの本数をかけた数値で、「延べ視聴率」とも呼ばれます。

平均視聴率10%の番組で、2本のCMを放映した場合には、20GRPとなります。

このGRPを計測することで、どれだけテレビCMが露出されたかを知ることが可能です。

シンプルな数値ではありますが、テレビCMにかけた費用に対して、どれだけのGRPが獲得できたかも、費用対効果を考える上で重要な指標となります。

予算に応じて最適なテレビCM配信をしよう

本記事では、テレビCMの費用がどのように構成されているのか、テレビCMの費用目安、費用を抑えるなどについて解説しました。

テレビCMは一定以上の費用はかかりますが、マスに対して一気に認知を広げることができるので、急速に事業を成長させていく上では、非常に重要な施策です。

本記事を参考にして、ぜひテレビCMの実施をご検討ください。

また弊社では、テレビCMを従来の1/3以下の価格で制作する「Lumii Video Hub」を提供しています。

過去、大手企業の有名テレビCMを担当してきた動画クリエイターが、費用を抑えて高クオリティな動画を制作します。

ご興味がありましたら、ぜひサービスの詳細をご覧ください。

資料ダウンロード
Lumiiの動画制作・動画マーケティングサービスについて紹介している資料です。Lumiiのサービス詳細や、制作実績をご覧いただけます。

テレビCMの費用に関するよくあるご質問

ここでは、テレビCMの費用に関するよくあるご質問に回答します。

15秒のテレビCMはいくら?

15秒のテレビCMの制作費は100万円〜300万円程度です。
動画内容によって制作費は異なるため、お気軽のお問合せください。

テレビCMの放映料はいくら?

テレビCMの放映料は、15秒1本あたり、関東エリアで30万円〜100万円程度、その他のエリアで5万円〜25万円程度です。
テレビ局や、テレビCMの種類、放映エリアによって、費用は異なるので、詳細は事前にご確認ください。

地方テレビ局のCM料金はいくらですか?

地方テレビ局のCM料金は、15秒1本あたり、5万円〜25万円程度です。
放映する時間帯などによっても費用は変動するので、詳細は事前にご確認ください。

関連記事
Related post