MENU
建設業界における動画の活用シーンを解説!導入の効果を最大化させるポイントを紹介

建設業界では、大手企業を除いて、まだ動画活用が十分に進んでいない企業が多いです。

しかし、建設のようなモノづくりの分野では、建物の完成イメージや職人の技術を伝えるために、動画が非常に効果的です。

本記事では、建設業界における動画活用のシーンや動画活用のメリット、建設業界における動画導入の効果を最大化するポイント、建設業界の導入事例について解説します。

建設業界で動画活用をご検討されている場合には、ぜひ参考にしてください。

建設業界における動画の活用シーン

建設業界では、動画の活用はまだ一般的ではありませんが、一度動画を制作すればさまざまな場面での活用が可能です。

建設業界における動画の主な活用シーンは下記です。

  • 会社紹介・事業紹介
  • 採用・求人
  • 社内研修・社内教育
  • 建築プロジェクトの共有

それぞれ詳しく解説します。

会社紹介・事業紹介

会社の概要や事業について紹介したい場合、動画の活用は非常に効果的です。

動画を使用することで、会社の特徴や強み、建設実績などをわかりやすく伝えることができます。

会社紹介のために資料を作成したり、説明したりする手間も軽減できます。

また自社のWebサイトに会社紹介動画を掲載することで、訪問者の会社に対する信頼感を高めることができます。

さらに、商談の最初でインパクトのある魅力的な会社・事業紹介動画を共有することで、見込み顧客の期待感を高められます。

字幕を多言語対応することで、海外の見込み顧客に対するアピールも可能です。

採用・求人

動画を求人募集や採用活動に活用することで、求職者への魅力的なアプローチが可能になります。

役員のメッセージ、社員へのインタビュー、仕事風景など、多岐にわたる内容を盛り込むことができるからです。

これにより、自社ならではの特長を引き立て、他社との差別化を図ることができ、建設業界における深刻な人材不足の解消につながります。

求人サイトに文章や画像を載せるだけでは、職場の雰囲気や社員の情熱は伝わりにくいでしょう。

しかし、動画であれば、社員がいきいきと働く姿勢や仕事の様子を伝えることができ、求職者によりリアルな印象を与えることができます。

動画を通じて双方の認識をすり合わせておくことにより、入社後のミスマッチを防ぐことができるのもメリットです。

社内研修・社内教育

業務のノウハウや手順を動画にしておけば、社内のトレーニングや実習を効率化できます。

建設業界では、採用した人材の育成が大きな課題です。

経験豊富なベテラン社員の知識を新しい世代に引き継がなければなりませんが、1対1で指導するのは非効率で、多くの時間と労力がかかります。

また研修を開催して、同じ内容を何度も説明するのも効率が悪いでしょう。

しかし、動画は繰り返し再生することができるので、新しいメンバーが加わった際に何度でも活用できます。

これにより、研修や実習の準備、指導にかかる人件費を大幅に削減することが可能です。

さらに、業務の過程を映像にすることで、日本語があまり得意でない海外出身の社員にも伝えやすくなるでしょう。

建築プロジェクトの共有

動画はプロジェクトに関する情報の共有手段として有用なコンテンツです。

プロジェクトの進捗状況を顧客と共有したい場合、動画を使用することで現場の実際の様子をリアルに伝えることができます。

口頭や文章だけで説明する場合に生じる認識のずれや誤解を減らすことができ、将来的なトラブルを予防できるでしょう。

また建設業界では同じプロジェクトに多くの関係者が関与することが一般的です。

口頭で詳細な進捗状況を共有するのは非効率的ですが、動画を使用することで映像と音声を通じてリアリティのある豊富な情報を提供できます。

例えば、建築物の3D映像などを関係者全員に共有することで、建築物をイメージしやすくなるため、認識の相違を防げます。

建設業界における動画の活用メリット

建設業界における動画の活用メリットは下記の3点です。

  • テキスト・静止画よりも伝わりやすく、興味を持ってもらいやすい
  • 建設業界の魅力が求職者に伝わりやすい
  • 社内育成のコストを削減できる

それぞれのメリットについて詳しく解説します。

テキスト・静止画よりも伝わりやすく、興味を持ってもらいやすい

動画はテキストや静止画と比較すると情報量が多く、興味を持ってもらいやすいメリットがあります。

実際にForrester ResearchのJames McQuivey博士の研究では、1分間の動画は一般的なWebページの3,600ページ分の情報量になることが公表されています。

とくに建設業界では、テキストなどで説明するよりも実物を見てもらった方がイメージしやすい場面が数多くあります。

動画を活用することで、短時間で内容を伝えることができ、より興味を持ってもらいやすくなります。

建設業界の魅力が求職者に伝わりやすい

採用動画を活用することで建設業界の魅力を求職者に伝えやすくなります。

建築業界は、厳しく、大変で、ハードルが高いという印象が一般的で、採用活動が順調に進まないケースがよく見られます。

働く人々の活気ある姿や、良好な職場の雰囲気を映像にすることで、建設業界の魅力が求職者に伝わりやすく、建築業界全体のイメージを向上させるきっかけとなるでしょう。

社内育成のコストを削減できる

建設業界では、動画を活用することにより、社内育成のコストを削減することができます。

集合型研修の場合、研修場所の確保、参加者の交通費、宿泊代など、多くの費用がかかり、1回あたりの研修にかかるコストは大きくなります。

しかし、動画での研修を導入すれば、これらの費用を削減できます。

さらに、作成した研修教材は何度でも繰り返し利用できるため、長期的には研修費用の大幅な削減につなげることが可能です。

建設業界における動画導入の効果を最大化するポイント

建設業界において、動画導入の効果を最大化するためのポイントは下記の4つです。

  • 目的を明確にしてから動画を制作する
  • 動画の尺を長くしすぎない
  • 現場の声を積極的に取り入れる
  • ドローン撮影やVRを取り入れて、より印象的な動画に仕上げる

それぞれのポイントについて詳しく解説します。

目的を明確にしてから動画を制作する

動画を制作する際には、まず動画の目的を明確にすることが不可欠です。

動画の活用には、認知度向上、ブランディング、販売促進、企業紹介などさまざまな目的が考えられます。

目的を具体的に定めることによって、動画を視聴するユーザーに対してどのような行動を期待するかを明確にすることができます。

「自社の認知度を高める」という抽象的な目標ではなく、具体的な目標設定が大切です。

例えば、「自社について知ってもらい、製品やサービスを購入してもらえるよう促す」という目標を設定することで、ターゲット層や動画の内容についても決定しやすくなります。

動画の尺を長くしすぎない

視聴者の興味を引きつけ、飽きずに最後まで視聴してもらうためには、動画の尺を短くし、内容を簡潔にまとめることが重要です。

テーマに関係のない前置きや同じ内容の繰り返しを避け、伝えたいことを整理し、視聴者が必要とする情報に絞り込みましょう。

動画制作の目的に立ち返り、本当に必要な情報は何なのかを整理すること大切です。

現場の声を積極的に取り入れる

建設業界における動画制作では、職人や建築士の視点を取り入れることが重要です。

建設業の実務経験者からの情報を収集することで、より正確で有用な情報を提供できます。

職人たちが現場で培ったスキルや建築士のデザインに対する情熱など、関係者ならではの情報は貴重です。

ただし、職人や建築士が動画制作に精通していることはあまりないでしょう。

そのため、動画制作チームと建設業のプロが協力し、お互いの意見を活かして動画プロジェクトを進行させる必要があります。

ドローン撮影やVRを取り入れて、より印象的な動画に仕上げる

ドローンやVR(仮想現実)などの新しい機器や技術を取り入れると、動画の魅力は一層高まり、視聴者の注目を集めやすくなります。

ドローンを使用すれば、あらゆる角度から撮影でき、建物の細部にいたるまでリアルに映し出すことが可能です。

具体的には、建設実績の紹介や、プロジェクトの進捗状況の共有において非常に役立ちます。

またVR技術を組み合わせれば、臨場感あふれる動画を制作できます。

ただし、これらの機器や技術は高度なものであり、専門的な知識と手間、そしてコストがかかることを理解しておくことが必要です。

建設業界の動画事例

ここでは、建設業界の動画事例を紹介します。
制作する動画のイメージ作りにお役立ていただければ幸いです。

【清水建設】土木系新卒採用ムービー「シミズノヒト」


清水建設株式会社の新卒採用向け動画です。
社員の方がどのような思いを持って働いているのか、どのような人材を求めているのかが伝わる動画になっています。

【3分でわかる】三栄建設 会社紹介


株式会社三栄建設の会社紹介動画です。
インフォグラフィックスを用いた動画で、事業内容、具体的な仕事内容、将来のビジョンがわかりやすくまとまっています。

堀田建設株式会社 会社紹介PV


堀田建設株式会社の会社紹介PVです。
会社の事業紹介とともに、社員のインタビューを入れる構成になっており、仕事のやりがいや社員の方が大切にしている価値観が伝わる動画になっています。

建設業界で動画を活用し、会社の独自性をアピールしよう!

本記事では、建設業界における動画活用のシーン、動画の活用メリット、動画導入の効果を最大化するポイント、建設業界の動画事例について解説しました。

建設業界において、独自性をアピールするために動画を活用することは効果的な手段です。

動画は会社の紹介や事業内容の説明はもちろんのこと、採用活動や社内教育の場面でも活用できます。

人手不足や受注件数の減少といった、建設業界特有の課題に対処するために、動画制作を検討してみることをおすすめします。

建設業界での動画活用をご検討されている場合には、下記ページもあわせてご覧いただければ幸いです。

資料ダウンロード
Lumiiの動画制作・動画マーケティングサービスについて紹介している資料です。Lumiiのサービス詳細や、制作実績をご覧いただけます。

建設業界の動画活用に関するよくあるご質問

ここでは、建設業界の動画活用に関するよくあるご質問に回答します。

建設業界ではどのような動画の活用シーンがありますか?

建設業界での主な動画の活用シーンは下記です。

  • 会社紹介・事業紹介
  • 採用・求人
  • 社内研修・社内教育
  • 建築プロジェクトの共有

詳しくは「建設業界における動画の活用シーン」をご覧ください。

建設業界における動画の活用メリットは何ですか?

建設業界における動画の活用メリットは下記です。

  • テキスト・静止画よりも伝わりやすく、興味を持ってもらいやすい
  • 建設業界の魅力が求職者に伝わりやすい
  • 社内育成のコストを削減できる

詳しくは「建設業界における動画の活用メリット」をご覧ください。

建設業界において動画の導入効果を高めるポイントはありますか?

建設業界において動画の導入効果を高めるポイントは下記です。

  • 目的を明確にしてから動画を制作する
  • 動画の尺を長くしすぎない
  • 現場の声を積極的に取り入れる
  • ドローン撮影やVRを取り入れて、より印象的な動画に仕上げる

詳しくは「建設業界における動画導入の効果を最大化するポイント」をご覧ください。

関連記事
Related post