MENU
効果的なマニュアル動画の制作方法!活用事例、メリットを解説!

近年では、製品の使用方法や、業務手順などを動画で解説した「マニュアル動画」を制作する企業も増えてきました。

マニュアル動画は、そのわかりやすさから、非常に利便性が高い動画の一つです。

本記事では、マニュアル動画の概要、種類、メリット、活用事例、制作方法について解説しています。

マニュアル動画の制作をご検討されている場合には、ぜひ最後までご覧ください。

マニュアル動画とは?

マニュアル動画とは、製品の使用方法や、業務手順を解説した動画です。

従来マニュアルは紙に印刷した冊子やパンフレットなどを使用するのが一般的でしたが、利便性の高さから、最近ではマニュアル動画を活用する企業が増えていきました。

次からはマニュアル動画の種類について解説します。

マニュアル動画の種類

マニュアル動画には、主に以下の3種類が存在します。

  • 製品・サービスの使用方法を解説する動画
  • 機械や家具などの設置・組み立て方法を解説する動画
  • 社内研修用の動画

それぞれのマニュアル動画について解説します。

製品・サービスの使用方法を解説する動画

マニュアル動画は、製品・サービスの使用方法を解説する形でよく使われます。

たとえば、システムやアプリの画面が表示されて、クリックする箇所が強調されながら、使用方法のナレーションが流れる動画などがあります。

サービス導入者は、サービス契約後にマニュアル動画を見ながら、スムーズにサービスの利用を開始できます。

機械や家具などの設置・組み立て方法を解説する動画

機械や家具などの設置・組み立て方法を解説する目的でもマニュアル動画は活用されます。

実物を見ながらでないと、設置や組み立ては難しい場合があるため、マニュアル動画が非常に役立ちます。

マニュアルを用意する企業側も、テキストやイラストでは説明が難しい場面を動画にすることで、簡単に内容を伝えられます。

社内研修用の動画

業務手順の解説や、電話対応方法など、社内のビジネスルールもマニュアル動画を活用できます。

具体的なシミュレーション映像とともに、重要な箇所をテロップで補足すると、わかりやすいマニュアル動画に仕上げることができます。

マニュアル動画の特徴とメリット

マニュアル動画の主な特徴とメリットは以下です。

  • 動画を見ながら作業できるのでわかりやすい
  • 理解できない箇所は何度でも見返せる
  • 一度作成すれば社内の資産になる

それぞれの特徴・メリットについて解説します。

動画を見ながら作業できるのでわかりやすい

マニュアル動画の最も大きなメリットは、動画を見ながら作業できることです。

動画内の映像に合わせて作業をすることで、正しい動きで作業を進めることができます。

テキストのみでは理解が難しい場面でも、動画であれば簡単に理解してもらえます。

理解できない箇所は何度でも見返せる

マニュアル動画は、理解できない箇所があっても、何度でも見返すことができます。

一度覚えたと思った作業方法でも、時間が経つと忘れてしまうこともあります。

そのような場合でも、マニュアル動画は何度でも見返すことができるので、また同じように作業を進めることが可能です。

一度作成すれば社内の資産になる

マニュアル動画は一度制作すれば、社内の資産にすることができます。

たとえば、新入社員向けの社内業務マニュアルを一度制作すれば、新たな人が入社しても、同じ動画を見てもらうことで作業を覚えてもらえます。

新たな人が入社する度に説明をする必要がなくなるので、教育にかかる工数を大幅に削減することが可能です。

マニュアル動画の活用事例(株式会社Lumii制作動画実績)

ここでは、弊社が制作したマニュアル動画の事例を紹介します。

株式会社永和システムマネジメント

動画の種類アニメーション動画
予算30万円〜50万円程度
ポイントシステムのマニュアル動画を制作しました。実際のUIを使用することで、わかりやすい動画に仕上げています。またサービス紹介用の動画としても併用できるように、サービス導入によるメリットについても伝えています。

株式会社エフェクティム

動画の種類実写動画
予算30万円〜50万円程度
ポイント美顔器のマニュアル動画を制作しました。商品のブランドイメージを意識して高級感のある動画に仕上げています。また落ち着いたBGMを採用し、商品イメージと合わせています。

効果的なマニュアル動画の制作方法

効果的なマニュアル動画は以下の手順で制作します。

  • 動画の目的を明確にする
  • 作業を各工程に分解する
  • 細かい部分まで台本を作る
  • 動画制作に必要なカットを明確にしておく
  • 実物がはっきりと映るように撮影する
  • テロップやBGMなどを活用してより理解しやすい動画に仕上げる

それぞれの工程について詳しく解説していきます。

動画の目的を明確にする

効果的なマニュアル動画を制作するためには、まずは動画の目的を明確にします。

制作する動画によって、どのようなことを達成したいのかを明らかにしましょう。

目的が曖昧になってしまうと、動画制作の段階で、どのような中身にしたらよいのかわからなくなってしまうので、注意が必要です。

作業を各工程に分解する

目的を明確にしたら、マニュアル化したい作業を各工程に分解します。

工程ごとに分解することで、動画内の「目次」が完成します。

目次があることで視聴者も理解しやすく、動画制作の企画もしやすくなります。

細かい部分まで台本を作る

続いて、細かい部分まで台本を作ります。

マニュアル動画は、「理解のしやすさ」が特に重要な動画です。

そのため、台本を事前に細かく作っておき、理解しやすいナレーションになっているのかを確認するのが望ましいです。

台本なしでマニュアル動画を作り始めてしまうと、わかりにくい動画になってしまい、結局撮影をし直す必要が出てしまう可能性があります。

マニュアル動画の制作では、あらかじめ台本を細かく作っておきましょう。

動画制作に必要なカットを明確にしておく

実際の撮影に入る前に、必要なカットを明確にしておくことも重要です。

一般的には「絵コンテ」などを制作することで、必要なカットを整理することが多いです。

事前に必要なカットを明確にしておくことで、必要なカットを撮り忘れないようにしましょう。

実物がはっきりと映るように撮影する

マニュアル動画の制作では、製品や作業現場など、説明の対象物がはっきりと映るように撮影しましょう。

対象物がはっきりとしていないと、せっかくマニュアル動画を制作してもわかりにくい動画になってしまいます。

テロップやBGMなどを活用してより理解しやすい動画に仕上げる

マニュアル動画の編集時には、テロップやBGMを効果的に活用しましょう。

わかりにくい箇所はテロップを入れて補足したり、BGMで重要なポイントを強調したりするなど、編集によって、より理解しやすい動画に仕上げることができます。

マニュアル動画は編集を工夫するだけでも、動画の見やすさが大きく変わるので、編集は重要なポイントです。

マニュアル動画を活用して業務を効率化しよう!

本記事では、マニュアル動画の概要、種類、活用事例、制作方法について解説しました。

マニュアル動画を制作することで、顧客満足度を高めたり、業務を効率化したりできます。

本記事を参考にして、ぜひマニュアル動画の制作をご検討ください。

弊社では、高クオリティなマニュアル動画を業界相場の1/3以下の費用で制作する「Lumii Video Hub」を提供しています。

マニュアル動画の制作をご検討されている場合には、ぜひ詳細をご覧ください。

資料ダウンロード
Lumiiの動画制作・動画マーケティングサービスについて紹介している資料です。Lumiiのサービス詳細や、制作実績をご覧いただけます。

マニュアル動画に関するよくあるご質問

ここでは、マニュアル動画に関するよくあるご質問に回答します。

マニュアル動画とは何ですか?

マニュアル動画とは、製品の使用方法や、業務手順を解説した動画です。

マニュアル動画の作り方は?

マニュアル動画の作り方は以下です。

  • 動画の目的を明確にする
  • 作業を各工程に分解する
  • 細かい部分まで台本を作る
  • 動画制作に必要なカットを明確にしておく
  • 実物がはっきりと映るように撮影する
  • テロップやBGMなどを活用してより理解しやすい動画に仕上げる

詳しくは「効果的なマニュアル動画の制作方法」をご覧ください。

マニュアル動画の価格は?

マニュアル動画の価格は、10万円〜30万円程度です。

ただし、動画内容によって価格は変動するので、具体的なお見積もりが必要な場合には、お問い合わせください。

関連記事
Related post