商品紹介動画のかっこいい・面白い事例5選 | 制作ポイントを解説【2024年7月最新】

MENU
商品紹介動画の事例5選!かっこいい・面白い動画事例と制作ポイントを解説【2024年7月最新】
商品紹介動画の事例と制作ポイント

商品紹介動画は、商品の魅力をわかりやすく伝えることができる、非常に効果的な動画コンテンツです。

本記事では、商品紹介動画の概要、活用シーン、メリット、動画事例、制作ポイント、注意点などについて解説します。

商品紹介動画の制作をご検討されている場合には、ぜひ本記事を参考にしてください。

商品紹介動画とは?

商品紹介動画とは、見込み顧客に対して商品の特徴やメリット、使い方などを伝えるための動画です。

動画を活用することにより、テキストや画像のみでは伝えられなかった商品の魅力をわかりやすく伝えることができます。

商品紹介動画の活用シーン

商品紹介動画には下記の活用シーンがあります。

  • 自社のWebサイト
  • SNS
  • YouTube
  • 展示会・セミナーなどのイベント
  • 営業

自社のWebサイト

商品紹介動画は自社のWebサイトで活用されることが多いです。

商品のLPやWebページの上部に商品紹介動画を掲載することで、商品の内容を簡単に理解してもらえます。

特に複雑な商品の場合には、Webサイトのテキストや画像のみだと理解してもらうことが難しいので、Webサイトへの掲載は有効な活用方法です。

SNS

商品紹介動画を自社のSNSに投稿することも多いです。

すでに一定のフォロワーがいる場合には、動画をすぐに視聴してもらうことが可能です。

またTwitterなどの拡散性の高いSNSであれば、フォロワー以外の認知拡大も期待できます。

YouTube

自社でYouTubeチャンネルを開設している場合には、商品紹介動画をYouTubeチャンネルで活用するケースもあります。

YouTubeはGoogleに次ぐ巨大プラットフォームであり、多くの人に動画を視聴してもらえる可能性があります。

またYouTubeに商品紹介動画をアップロードしておくことで、簡単に動画を共有できるなどのメリットもあります。

展示会・セミナーなどのイベント

商品紹介動画を展示会やセミナーなどのイベントで活用することもあります。

商品紹介動画を展示会ブースで流すことで、来場者の足を止めて、集客効果を高められます。

またセミナーなどのイベントのオープニングや、休憩時、エンディングで商品紹介動画を視聴してもらうことで、商品の購買意欲を高める効果も期待できます。

営業

商品紹介動画は営業時にも活用できます。

対面での商談時に商品紹介動画を見てもらうことで、商品への理解を深めてもらえます。

また営業時のメールなどに動画を挿入して視聴してもらうことも可能です。

商品紹介動画のメリット

商品紹介動画には下記のメリットがあります。

  • 短時間で多くの情報を伝えられる
  • 視聴者の購買意欲を醸成しやすい
  • 無形商品も視覚化できる

商品紹介動画のそれぞれのメリットについて解説します。

短時間で多くの情報を伝えられる

商品紹介動画の1つ目のメリットは、「短時間で多くの情報を伝えられる」ことです。

Forrester Research社は、1分間の動画によって伝わる情報量はWebページに換算すると3,600ページ分になるという研究結果を発表しています。

つまり、テキストと比較して動画は圧倒的に効率よく情報を伝えることができるのです。

現在では、スキマ時間にWebサイトを閲覧している人が多いため、短時間で多くの情報を伝えられることは大きなメリットとなります。

視聴者の購買意欲を醸成しやすい

商品紹介動画は、視聴者の購買意欲を醸成しやすいというメリットがあります。

動画は視覚だけでなく、聴覚にもアプローチできるため、気持ちを盛り上げるBGMなどを活用することで、視聴者の感情にも訴えかけやすいコンテンツです。

感情に訴えかけるコンテンツは、購買意欲の醸成にもつなげやすいです。

無形商品も視覚化できる

商品紹介動画の3つ目のメリットは、「無形商品も視覚化できる」ことです。

商品の形が存在しない場合、テキストや口頭のみで内容を伝えることのハードルは上がってしまいます。

見込み顧客も商品のイメージができないため、商品内容がよくわからず、購入に至らない可能性もあります。

動画であれば、アニメーションを活用し、無形商品の内容を視覚化して伝えることが可能です。

視覚化されることで商品内容の理解がしやすくなるので、購入率の改善も期待できます。

商品紹介動画のかっこいい・面白い事例(株式会社Lumii動画制作実績)

株式会社エアウィーヴ様

動画の種類実写動画
予算120万円〜150万円程度
ポイント商品の機能をわかりやすく伝えるために実写映像と実際のUIをイメージしたグラフィック素材を組み合わせています。店頭ディスプレイで使用できるように縦型動画で制作していることもポイントです。

日本マイクロソフト株式会社様

動画の種類実写動画
予算70万円〜90万円程度
ポイント実際の利用シーンをイメージしやすい映像を撮影し、商品紹介動画を制作しました。また実際のソフトウェア画面を表示することで、UIがイメージできるように工夫しています。

イニシャル・ポイント株式会社様

動画の種類アニメーション動画
予算40万円〜60万円程度
ポイント商品の説明が複雑になってしまいやすい、セキュリティサービスをアニメーション動画でわかりやすく映像化しました。アニメーションフォーマットを採用することで、実写では表現できない商品の特徴を可視化しています。

株式会社ユニパック様

動画の種類実写動画
予算20万円〜30万円程度
ポイント動画素材を写真素材を組み合わせた動画にすることで、予算内で印象に残りやすい動画に仕上げています。1分程度の動画で商品の機能・メリットが伝わる内容になっています。

株式会社フリーウェイジャパン様

動画の種類実写動画
予算100万円〜150万円程度
ポイント予実管理ツールの商品紹介動画です。顧客の課題喚起を冒頭で行い、どのような課題を解決できる商品なのかをパッと伝わる動画構成にしています。

商品紹介動画の制作ポイントとコツ

商品紹介動画の制作ポイントとコツは下記です。

  • ターゲットの課題を明確にする
  • 商品の強みを洗い出して訴求点を絞る
  • 商品を利用しているイメージを鮮明にする

商品紹介動画のそれぞれの制作ポイントとコツについて解説します。

ターゲットの課題を明確にする

商品紹介動画を制作する1つ目のポイントは「ターゲットの課題を明確にする」ことです。

視聴者に「商品を買いたい!」と思ってもらう動画を作るためには、ターゲットの課題把握が欠かせません。

ターゲットの課題を明確にできない状態で動画を制作してしまうと、ターゲットの関心ごとからズレた動画になってしまいます。

「ターゲットはどのようなことに悩んでいるのか?」
「ターゲットは何を解決したいと望んでいるのか?」

こういった要素を明確にするところから動画制作を始めるのが重要です。

商品の強みを洗い出して訴求点を絞る

「商品の強みを洗い出して訴求点を絞る」ことも商品紹介動画の制作では重要なポイントです。

商品提供者は、つい商品の良さをいろいろと伝えたくなってしまいますが、さまざまな情報を伝えても視聴者は混乱してしまいます。

そのため、商品紹介動画を制作する際には、訴求点を可能な限り絞ることが重要です。

まずは商品の強みを一通り洗い出し、ターゲットの課題を踏まえた上で、動画内で伝えるメッセージを絞り込んでいきましょう。

商品を利用しているイメージを鮮明にする

商品紹介動画を制作する場合、「商品を利用しているイメージを鮮明にする」こともポイントです。

「商品はどのように利用するのか?」
「商品を利用するとどのようなメリットがあるのか?」

このような商品利用時のイメージを鮮明にできるほど、視聴者は購買意欲が高まりやすくなります。

実際に商品を利用する疑似体験ができるような動画を作りましょう。

商品紹介動画を作るときの注意点

商品紹介動画を作るときの注意点は下記です。

  • 商品紹介動画を作る目的を再確認する
  • 企業が伝えたい情報ばかりの動画になっていないか注意する
  • 音楽や画像などの著作権を確認する

それぞれの注意点について解説します。

商品紹介動画を作る目的を再確認する

商品紹介動画を制作する際には、動画を作る目的を改めて確認しましょう。

動画制作のプロジェクトが進んでいくと、気づいたら目的と逸れた方向性の動画になってしまっていることがあります。

商品紹介動画を作る目的を都度確認しながら、目的を達成できる動画を作りましょう。

企業が伝えたい情報ばかりの動画になっていないか注意する

企業が伝えたい情報ばかりの動画になってしまっていないかにも注意しましょう。

商品紹介動画では、商品の良さを伝えたいばかりに、つい企業側が伝えたい情報を盛り込みすぎてしまう傾向があります。

動画の視聴者は多くの情報を受け取っても処理しきれず、結果的に何も伝わらない動画になってしまいます。

1つの動画で伝えるメッセージは可能な限り絞って、理解しやすい動画を制作しましょう。

音楽や画像などの著作権を確認する

商品紹介動画を制作する際には、音楽や画像などの著作権に注意しましょう。

著作権フリーでない素材を無断で使用してしまった場合、著作権侵害で訴えられてしまう可能性もあります。

また著作権フリーの素材であっても、提供元が必要など、利用にあたってのルールが存在することもあるので注意しましょう。

動画制作会社に依頼する場合には、著作権の問題が発生しないように、あらかじめ契約書などで取り決めをしておきましょう。

商品紹介動画を制作して、多くの人に商品の魅力を伝えよう

本記事では、商品紹介動画の概要、活用シーン、メリット、動画事例、制作ポイント、注意点などについて解説しました。

商品紹介動画を制作することで、これまで以上に商品の魅力を見込み顧客に伝えることが可能です。

本記事を参考にして、ぜひ商品紹介動画の制作をご検討ください。

また弊社では、高品質な商品紹介動画を従来の1/3以下の価格で制作するサービス「Lumii Video Hub」を提供しています。

コストを抑えて高クオリティな商品紹介動画を制作したいという場合には、ぜひサービス詳細もご覧いただければ幸いです。

資料ダウンロード
Lumiiの動画制作・動画マーケティングサービスについて紹介している資料です。Lumiiのサービス詳細や、制作実績をご覧いただけます。

商品紹介動画に関するよくあるご質問

ここでは、商品紹介動画に関するよくあるご質問に回答します。

商品紹介動画とは何ですか?

商品紹介動画とは、見込み顧客に対して商品の特徴やメリット、使い方などを伝えるための動画です。

商品紹介動画のメリットは?

商品紹介動画のメリットは下記です。

  • 短時間で多くの情報を伝えられる
  • 視聴者の購買意欲を醸成しやすい
  • 無形商品も視覚化できる

詳しくは「商品紹介動画のメリット」をご覧ください。

商品紹介動画を制作するコツは?

商品紹介動画を制作するコツは下記です。

  • ターゲットの課題を明確にする
  • 商品の強みを洗い出して訴求点を絞る
  • 商品を利用しているイメージを鮮明にする

詳しくは「商品紹介動画の制作ポイントとコツ」をご覧ください。

関連記事
Related post