MENU
不動産業界の動画活用事例を解説!物件紹介動画の制作ポイント

現在、不動産業界では、多くの企業が動画活用に取り組んでいます。

本記事では、不動産業界における動画の活用シーン、物件紹介動画のメリット、動画の制作ポイント、不動産業界の動画事例などについて解説しています。

不動産業界における動画活用についてご検討されている場合には、ぜひ最後までご覧ください。

不動産業界の動画活用シーン

不動産業界には、下記の動画活用シーンがあります。

  • 物件紹介
  • サービス紹介
  • 会社紹介
  • 採用

それぞれの活用シーンについて詳しく解説します。

物件紹介

不動産業界で最もよく動画が活用されるのは「物件紹介」です。

物件紹介動画は、テキストや画像のみでは伝えきれない、物件の立体的な情報を伝えることができます。

実際に内見しているような感覚で動画を視聴できるので、より物件の魅力を伝えられることが特徴です。

また駅からの道案内も撮影することで、実際に物件に住んだときのイメージをよりしてもらいやすくなります。

サービス紹介

不動産業界のサービスを紹介する場面でも動画は活用されます。

「どのようなサービスなのか?」「利用者にはどのようなメリットがあるのか?」などの情報を映像化してわかりやすく伝えることができます。

会社紹介

会社紹介を目的に動画を活用することも多いです。

会社の理念やビジョン、事業内容、社風、ブランドイメージなどを映像化することで、会社の魅力をわかりやすく外部の人々に知ってもらうことができます。

採用

不動産業界の採用の場面でも、動画が活用されることは多いです。

たとえば下記のような動画を採用目的で制作するケースがあります。

  • 会社の経営理念・ビジョンを紹介する動画
  • 代表者や社員のインタビュー動画
  • 社員の1日のスケジュール

不動産業界は企業数も非常に多いので、採用においても他社との差別化が重要です。

採用動画を活用することで他社と差別化し、より採用力を強化していくことができます。

物件紹介動画のメリット

物件紹介動画には下記のメリットがあります。

  • リアルな物件情報が伝わる
  • 他社との差別化につながる
  • 営業力の底上げになる

それぞれのメリットについて詳しく解説します。

リアルな物件情報が伝わる

物件紹介動画を活用することで、写真やテキストでは伝わらないリアルな物件情報を伝えられます。

テキストや画像のみだと伝えられる情報も少ないため、実際の内見時に「想像していたイメージと違った」と思われてしまう可能性もあります。

動画で物件を紹介することで、よりリアリティのある情報が伝わり、このようなミスマッチを減らすことにもつながります。

他社との差別化につながる

テキスト・画像のみの情報と比較して、動画は与えられる情報量が非常に多いです。

そのため、他社が動画を活用していない場合には、より物件を魅力的に伝えられる可能性があります。

現在では、物件紹介動画を活用する企業も増えましたが、まだ活用していない企業も多くあるのが現状です。

効果的な差別化を図るためにも、物件紹介動画の制作を検討してみましょう。

営業力の底上げになる

物件紹介動画はWebサイト上に掲載するだけではなく、対面での営業時にも活用できます。

たとえば営業時に物件紹介動画を視聴してもらうことで、営業担当者のスキルに頼らずに、物件の魅力を伝えることができます。

物件紹介動画の活用により、会社全体の営業力の底上げが可能です。

物件紹介動画の制作ポイント

物件紹介動画を制作する際には、下記のポイントがあります。

  • 動画1本あたりの時間を短くする
  • 動画撮影時の照明を工夫する
  • テロップ・字幕を効果的に使う

それぞれのポイントについて詳しく解説します。

動画1本あたりの時間を短くする

物件紹介動画を制作する際には、動画1本あたりの時間を短くしましょう。

動画の時間が長くなると、物件の魅力が伝わる前に離脱されてしまう可能性があります。

可能であれば1分以内程度に収められるのが望ましいです。

動画撮影時の照明を工夫する

物件紹介動画では、動画撮影時の照明を工夫しましょう。

具体的には、部屋の隅々まで明るく映るように照明をつけます。

全く同じ部屋であっても、照明の明るさによって、部屋の見え方は全く異なります。

動画の撮影時には、明るい照明をつけるように気をつけましょう。

テロップ・字幕を効果的に使う

物件紹介動画では、テロップ・字幕を効果的に使うことも重要です。

物件のアピールポイントなど、強調したいポイントをテロップ・字幕で表示するようにしましょう。

動画を視聴している人は必ずしも音声をしっかりと聞いているわけではありません。

そのよう場合でも、はっきりとポイントを意識してもらえるように動画を編集しましょう。

不動産業界の動画事例

ここでは、不動産業界の動画事例を紹介します。

不動産業界の動画を制作する場合には、ぜひ参考にしてください。

物件紹介動画の事例

物件の外観から動画が始まり、部屋の隅々まで撮影しているため、1本の動画で物件内容が全てわかるようになっています。

内見をするのと変わらないぐらい詳細に部屋の様子がわかるので、非常に利便性の高い動画です。

サービス紹介動画の事例

賃貸サービスの内容を映像化しています。

サービスのメリットをテンポ良く紹介することで、サービスに対する興味度合いを高める構成になっています。

会社紹介動画の事例

会社の経営理念、歴史、事業内容、目指しているビジョンを動画で表現しています。

会社の全体像が4分程度の動画でわかりやすくまとまっているので、視聴者に理解しやすい動画に仕上がっています。

採用動画の事例

採用を目的としたこちらの動画では、熱量のある言葉で語りかけることで、求職者の志望度を高めています。

動画を視聴することで、自分が情熱を持って働いていることをイメージできるような動画になっています。

不動産業界での事業成長に動画活用を検討しよう

本記事では、不動産業界の動画活用シーン、物件紹介動画のメリット、動画の制作ポイント、不動産業界の動画事例などについて解説しました。

動画の制作をされる際には、ぜひ本記事をお役立ていただければ幸いです。

また弊社では、高品質な不動産業界向け動画を従来の1/3以下の費用で制作する「Lumii Video Hub」を提供しています。

不動産業界向けの動画制作をご検討されている場合には、ぜひサービス詳細もご覧ください。

資料ダウンロード
Lumiiの動画制作・動画マーケティングサービスについて紹介している資料です。Lumiiのサービス詳細や、制作実績をご覧いただけます。

不動産業界での動画活用に関するよくあるご質問

ここでは、不動産業での動画活用に関するよくあるご質問に回答します。

物件紹介動画を活用するメリットは?

物件紹介動画には下記のメリットがあります。

  • リアルな物件情報が伝わる
  • 他社との差別化につながる
  • 営業力の底上げになる

詳しくは「物件紹介動画のメリット」をご覧ください。

不動産会社がYouTubeを有効活用する方法はありますか?

不動産会社がYouTubeを有効活用するためには、契約につなげたい物件だけでなく、独特な物件や珍しい物件など、視聴者の興味を引く動画をアップロードするのがおすすめです。

関連記事
Related post