MENU
コンセプトムービーとは?企業の事例動画や制作ポイントを解説!
コンセプトムービー企業の事例と制作ポイントを解説!

企業の想いやコンセプトを伝えられることで注目を集めている「コンセプトムービー」。

本記事では、コンセプトムービーの概要、コンセプトムービーを制作する理由、企業の事例、制作時のポイントなどについて解説しています。

コンセプトムービーの制作をご検討されている場合には、ぜひ最後までご覧ください。

コンセプトムービーとは?

コンセプトムービーとは、企業の理念・ビジョン、商品やサービスの込められた想いなどの抽象的な概念(コンセプト)を動画にしたものです。

抽象的な概念(コンセプト)は、テキストや画像だけだと伝えることが難しく、動画にすることで視聴者の理解を促進できます。

企業や商品の特徴やメリットなどの機能的な価値ではなく、より情緒的な価値を訴求することが、コンセプトムービーの目的です。

ブランデッドムービー(ブランディング動画)との違い

コンセプトムービーとよく混同されるものに、「ブランデッドムービー(ブランディング動画)」があります。

ブランデッドムービー(ブランディング動画)は会社のブランドイメージ向上を目的に制作される動画です。

一方、コンセプトムービーは商品・サービスの購入や、求人への応募など、視聴者の行動を促すことを目的とする動画です。

このようにブランデッドムービーとコンセプトムービーには、目的の違いがあります。

コンセプトムービーを制作する理由

企業がコンセプトムービーを制作する理由は主に以下の3点です。

  • テキストや画像では伝えにくい内容も伝えられる
  • 他社との差別化が図れる
  • 視聴者の共感を得やすい

それぞれの理由について詳しく解説します。

テキストや画像では伝えにくい内容も伝えられる

コンセプトムービーを制作する理由は、テキストや画像では伝えにくい内容も伝えられるからです。

一般的に企業の「コンセプト」は抽象的な内容なので、テキストや画像で説明されても、受け手はイメージがしにくいです。

一方、コンセプトムービーは「動画」なので、抽象的な概念も視覚化して伝えることができます。

さらにナレーションやBGMも加えることで、より多くの補足情報を付け加えられるので、動画の視聴者は抽象的な内容であってもスムーズに理解できるようになります。

動画だからこそのわかりやすさがコンセプトムービーの大きなメリットです。

他社との差別化が図れる

コンセプトムービーを制作することで、他社との差別化を図ることができます。

商品・サービスは模倣がしやすく、最初は革新的であったサービスもすぐにコモディティ化(商品の市場価値が低下し、一般化すること)してしまいます。

そのような状況においては、商品・サービスのスペック以外の部分で差別化を図ることが重要になります。

その差別化できる要素こそが、企業の歴史や、商品・サービスにかける想い、目指すビジョンなどのコンセプトです。

コンセプトムービーを打ち出すことで、競合他社と似たような商品・サービスを販売していたとしても、見込み顧客からは明らかに異なる存在だと認識してもらえるようになります。

視聴者の共感を得やすい

コンセプトムービーは、視聴者の共感を得やすいという特徴があります。

コンセプトムービーでは、商品・サービスの機能的な価値よりも、企業の想いなどの情緒的な価値に焦点を当てます。

企業がどのような背景からその商品を開発したのか、どのような未来を作りたくてサービスを提供しているのかなど、表面的にはわからない情報を知ることで、視聴者は感情を動かされます。

視聴者の共感を得ることができれば、自然と企業や商品のファンになってもらえる可能性が高まり、商品の購入などにつながります。

コンセプトムービーによって、顧客との信頼関係をより強固なものにしていくことが可能です。

コンセプトムービーの活用方法

コンセプトムービーの活用方法は、主に以下の2つです。

  • 商品・サービスのプロモーション
  • 採用活動

それぞれの活用方法について詳しく解説します。

商品・サービスのプロモーション

コンセプトムービーは、商品・サービスのプロモーションに最適です。

コンセプトムービーで、商品・サービスの開発ストーリーを伝えたり、世の中をどのように変えていきたいのかを伝えたりすることで、視聴者はより深くその商品・サービスについて理解することができます。

コンセプトに共感してもらうことで、顧客は商品・サービスに対して愛着を持ってくれるようになります。

結果的に関係性の強いファンになってもらうことができ、リピーターを増やしていくことができます。

採用活動

コンセプトムービーは、採用活動においても非常に有効なコンテンツです。

採用活動では、仕事内容や年収などの条件はもちろんのこと、創業者のビジョンや企業のカルチャーなども、重要な要素です。

ビジョンやカルチャーは抽象的であるため、どうしてもテキストのみの説明では、求職者に十分理解してもらえない可能性があります。

コンセプトムービーを活用すると、抽象的な概念を視覚化して伝えられるので、求職者は具体的なイメージを持てるようになります。

企業のことをより深く理解してもらうことで、企業への志望度を高めることも可能です。

企業のビジョンやカルチャーを伝える手段として、コンセプトムービーの活用を検討してみましょう。

コンセプトムービーの事例(株式会社Lumii制作動画実績)

ここでは、弊社が制作した企業コンセプトムービー事例を紹介します。

コンセプトムービーの制作をご検討されている場合には、ぜひ参考にしてください。

株式会社永和システムマネジメント

動画の種類アニメーション動画
予算30〜50万円程度
ポイントアニメーションフォーマットを採用したコンセプト動画を制作しました。動画内に実際のシステム画面を挿入することで、システムの使いやすさをアピールしています。

テランクリニック

動画の種類実写動画
予算50〜70万円程度
ポイント大自然の音と香りによる「癒し」がコンセプトの動画です。動画素材をバランスよく使用することで、制作費用を抑えつつ自然の雄大さを表現しています。

株式会社マイホム

動画の種類実写動画
予算150〜200万円程度
ポイント「家を作る体験を変える」というコンセプトを表現をするための動画を制作しました。キャストの表情を細かく作り込むことで、サービスを利用した際の感情を視聴者に伝えています。

コンセプトムービーを制作する際のポイント

コンセプトムービーを制作する際のポイントは以下の3つです。

  • ターゲットを明確にする
  • コンセプトを絞り込む
  • 動画の尺は短くする

それぞれの制作ポイントについて詳しく解説します。

ターゲットを明確にする

コンセプトムービーを制作する際には、ターゲットの明確化が欠かせません。

コンセプトムービーは、抽象的な概念を動画化するので、ターゲットが曖昧なまま制作を進めてしまうと、誰にも響かない動画になってしまいます。

ターゲットの年齢や性別、ニーズ、悩み、性格など、可能な限り動画を届ける相手を明確に定義しましょう。

コンセプトを絞り込む

コンセプトムービーの制作では、コンセプトを絞り込むことが非常に重要です。

基本的に一つのコンセプトムービーでは、一つのコンセプトのみを伝えるのが望ましいです。

企業や商品の魅力を伝えようと思うと、ついいろいろな内容を動画に盛り込みたくなってしまいますが、そのような動画では、視聴者にコンセプトを理解してもらうことは難しいです。

複数のコンセプトを伝えたい場合には、動画自体を複数本作る方がおすすめです。

動画の尺は短くする

コンセプトムービーの動画尺は、3分程度に収めることを意識しましょう。

コンセプトムービーを視聴する人のほとんどは、初めてWebサイトに訪れたような人であることが想定されます。

商品・サービスのことを知ったばかりの状態なので、興味度合いも低く、動画が冗長だと感じられてしまうと、すぐに離脱されてしまいます。

動画を最後まで視聴してもらうためにも、コンセプトムービーの尺は短くして、テンポの良い動画にすることが重要です。

コンセプトムービーの費用相場

コンセプトムービーの費用相場について、アニメーション、インタビュー、ドラマ仕立ての3種類に分けて、紹介します。

具体的なコンセプトムービーの内容によって、費用は異なるので、詳細な金額を知りたい場合には、一度お問い合わせください。

動画の内容費用相場制作期間
アニメーション30〜50万円程度1ヶ月程度
インタビュー10〜30万円程度1〜1.5ヶ月程度
ドラマ仕立て100〜200万円程度2〜3ヶ月程度

コンセプトムービーを制作してコンセプトを魅力的に伝えよう

本記事では、コンセプトムービーの概要、コンセプトムービーを制作する理由、活用方法、企業の事例などについて解説しました。

コンセプトムービーは企業や、商品・サービスの抽象的な想いを伝えられる、非常に効果的な動画コンテンツです。

本記事を参考にして、ぜひコンセプトムービーの活用をご検討ください。

資料ダウンロード
Lumiiの動画制作・動画マーケティングサービスについて紹介している資料です。Lumiiのサービス詳細や、制作実績をご覧いただけます。

コンセプトムービーに関するよくあるご質問

ここでは、コンセプトムービーに関するよくあるご質問に回答します。

コンセプトムービーとは何ですか?

コンセプトムービーとは、企業の理念・ビジョン、商品やサービスの込められた想いなどの抽象的な概念(コンセプト)を動画にしたものです。

コンセプトムービーのメリットは?

コンセプトムービーのメリットは以下の3点です。

  • テキストや画像では伝えにくい内容も伝えられる
  • 他社との差別化が図れる
  • 視聴者の共感を得やすい

詳しくは「コンセプトムービーを制作する理由」をご覧ください。

コンセプトムービーを制作する際のポイントは?

コンセプトムービーを制作する際のポイントは以下の3つです。

  • ターゲットを明確にする
  • コンセプトを絞り込む
  • 動画の尺は短くする

詳しくは「コンセプトムービーを制作する際のポイント」をご覧ください。

関連記事
Related post